ファイナンシャルプランナー3級 よくわかる。 FP(ファイナンシャルプランナー)|資格の学校TAC[タック]

ファイナンシャルプランナー3級 独学スタート!│Mamma Ridea マンマリデア

ファイナンシャルプランナー3級 よくわかる

こんにちは。 ペンペン()です。 現在は、物書き業はおやすみしていますが、アラフィフ母さんでも、複数の資格取得を目指して、体調と相談しながら勉強しています。 さて、今頑張っているのは「ファイナンシャルプランナー技能士」で、現在(2020年2月26日)2級の実技は免除を受けているんで、残るは学科試験を合格させることで、正式に2級合格となります。 3級から始まり、最高は1級取得することができます。 ライターでも3級取得者は多く、主婦でも「お金の勉強に」と受験される方はいます。 ファイナンシャルプランナー技能士って、一体どんな資格なのか? ただいま5月の試験に向けて、準備をしているところですが、私で解説できる部分を紹介します。 イメージとしては、家計について手軽に相談できる「ソフトなお医者様」でしょうか? ファイナンシャルプランナーでできることは、「家計全般から診断した見直しプランの提供」です。 これは日本FP協会や金融財政事情研究会のホームページ、もしくはFP関連のテキスト・問題集に出ていますが、 「士業の領域を超えた行為は禁止する」とされています。 例えばこういうことは禁止です 確定申告時期になれば、税理士さんは個人事業主から確定申告の書類作成依頼など相談を受けることは多いでしょう。 しかし、 FPは確定申告の書類作成は禁止されています。 宅建士の資格がないのに、土地売買に関する手続きも禁止です。 その他にも、投資に関する相談で、特定株(上昇しそうな株)の情報提供することも禁止。 つまり各専門家しかできない業務を代行および 実行 することはできません。 ファイナンシャルプランナーができることは、家庭の家計全てを調べて、おおよその将来必要な大まかな金額の提示、現在の家計で見直すべき点、と ざっくりした提案しかすることができません。 FPができる範囲とは? よく試験で出てくるのが「FPは公正証書の証人になれない」と出てきます。 これはOKです。 なぜかというと、公正証書の証人は当事者と関係のない人ができるからです。 重要なのは、 「FPは中立な立場であり、士業ではない」という点です。 あからさまに特定の保険商品を売ることはできませんし、士業しかできない業務を持ち得ていないのに行うことは、禁止です。 そのため、FPの資格を持っていても、FPとの相性がいい資格を同時に取っていることが多いです。 特に宅建士は相性がいいせいか、チャレンジする方が多いです。 (宅建士の勉強でFPの資格を持っていると、勉強しやすいです) FPの資格単体で、事務所を開かれている方はいらっしゃいます。 自分で家計診断をする程度なら3級、プロを目指すなら1級も! そうなの。 実際は2級では「初心者」と言われるぐらい あまり信頼度は低いのよ。 ファイナンシャルプランナーの試験は、学科と実技の2部構成で、どちらも6割点数が取れれば、合格とみなされます。 私のように、実技は合格できているのに、学科が6割超えしていないと 「完全合格」となりません。 資格業界でも、一時は人気のある国家資格でした。 近年「コスパが悪い資格」として紹介されるようになり、FPのみでは食べていくのが難しい資格となっています。 なぜかと言えば「士業ができる業務ができない」という点でしょうか?そして、合格後に勉強したことを実務に活かさない為に、ライター業界でも「この人、本当にこの資格の持ち主なの?」と疑われるケースはあります。 よくプロフィールで「FP3級を持っています」と書かれているライターはいますが、事情に詳しいクライアントから見れば「お金に関する資格のビギナー」としかみなされないので、書かない方がいいです。 ただ、記事を執筆したり、家計相談を受けるに当たっては、実務経験や日頃から情報収集して身につけておかないと、お金について研究している方はたくさんいます。 研究している方が、ある記事を読むと「なんじゃこれ?」と指摘されます。 私もたまに、ファイナンス系などの記事を読んでいますが「これって間違えてないのかな?」という記事はあります。 おそらく、ライターの資格で判断して、監修がつかずさらに編集も資格なしなのでしょう。 びっくりするような記事はたくさんあります。 それでは、ファイナンシャルプランナーの信用をどんどん落とすことになるので、できれば1級試験合格をして、他の士業系資格をとると、 最強ということになります。 まとめとして これは、ちょっと古めの2級のテキストと 問題集。 これだけでは足りないの 3級は、基礎をしっかり抑えていれば合格しやすいと思います。 ただし、2級についてはその時の法令基準日(試験時に法令の基準日)以降の法令を適用する場合もあります。 但書はされますが、「知らなかった」とびっくりする問題もでます。 それと、実技問題では2級は記述方式なので、計算問題で間違えれば減点になります。 1級はさらに難易度が高いのですが、プロとして仕事としてやりたいのなら、1級まで取るのがよいかと思います。 私は、できれば1級まで取得したいと考えています。 しかし、これだけでは足りないので、他の資格も取得する予定です。 体と年齢面で苦労はしますが、めげずに頑張ります。 これから、どういう勉強をしていけばいいか、継続して紹介していきます。

次の

ファイナンシャルプランナーコラム|コラム|ファイナンシャルプランナー(FP)|資格取得なら生涯学習のユーキャン

ファイナンシャルプランナー3級 よくわかる

FPとは?がわかる記事 「ファイナンシャルプランナーって聞いたことあるけど一体なに?」「FPってどんなことができるの?」「得た知識はいつ活かせるの?」「FP資格がいっぱいあって違いがわからない!」といった、「FPって何?」がわかる記事です。• ファイナンシャルプランナーと一口に言っても、いくつかの種類があります。 「どこから目指せばいいの?」「違いは何?」と迷わないために、資格の種類や、初心者の方がまず目指したい資格について解説します。 「結婚したら保険に入った方がいいの?」、「子どもの教育費っていくらかかるの?」、「お給料から引かれている税金っていくらなの?」、「マイホームって・・• ファイナンシャルプランナーという資格名は聞いたことがあっても、「何かお金の勉強をするらしい……。 」というイメージで止まっている人も多いのではないでしょうか。 「お金」と・・・• FPの勉強で得た知識は、節約や貯蓄のお悩みにも役立ちます。 家計の節約はもちろん、住宅購入や保険を選ぶときにも役に立つ、ファイナンシャルプランナーの知識をご紹介・・・• すべての資格が取得したからといってすぐにキャリアアップにつながるわけではありません。 ファイナンシャルプランナーも、資格を活かしやすい業界とそうでない業界とが・・・• ファイナンシャルプランナーの勉強で得られるメリットの一つが、自分の家計の節約や収入アップが期待できること。 知識さえ身につければすぐに取り組めます。 どんな場面で使えるのかをご紹介しましょう。 マイホームが欲しいと思っていても、「いつ買うべきか?」「いくらまでなら買えるのか?」なかなかわからないもの。 状況に応じたマイホームの買い方や、住宅ローンの組み方など・・・• 子どもの教育費は一体いつまでにどのくらい貯めておけば良いのでしょうか?ファイナンシャルプランナーの知識を使えば、自分の子どもの教育費も計画的に準備することができるように・・・• 高齢化が進むとともに老後の資金の準備が大きな課題に。 ファイナンシャルプランナー資格の「ライフプランニングと資金計画」や「金融資産運用」という科目では、そんな心配ごとを解決する・・・• もしものアクシデントに備えるのが生命保険。 しかし、どんな保険に、どのくらいの期間、いつ入っておけばよいのか、自分ではわからない人が多いものです。 生命保険のしくみや種類、選び方などを・・・• 投資には興味があるけれど、「なんだか怖そう」「何から始めればいいかわからない」という人が多いもの。 ファイナンシャルプランナー資格の「金融資産運用」という科目では、投資や金融商品のしくみを・・・• 適切な投資には、自身のリスク許容度や資産の状況をかんがみた「ポートフォリオ」を把握することが大切です。 FP資格では、自分に向いている投資方法を知るために理解しておきたい投資用語や投資の基本・・・• 生命保険は家族のライフプランや資産の状況、働き方によって、生命保険はその都度見直すことが大切です。 ファイナンシャルプランナー講座では、保険の見直しについても学習・・・• 若い世代の方はまだまだ、介護と聞いてもいま一つ自分のこととしてイメージがわかないものです。 FPでは、公的介護保険のしくみについても学習します。 住宅ローンは長期間にわたる返済計画が大切です。 効率的に返済するには、繰上げ返済という方法をとることができます。 ただし、必ずしもすべてのケースで繰上げ返済が有効とは限りません・・・• 保険は病気やけがをしたときの出費をカバーするためにも使えます。 それが、医療保険や医療特約です。 これらの保障を得るためには、健康に関する「告知」が必要です。 FP資格では、保険に・・・• 住宅ローンの効率的な返済には、借り換えという方法をとることもできますが、必ずしもすべてのケースで借り換えが有効とは限りません。 では、借り換えはどのようにすれば効果的なのでしょうか?FP資格では・・・• 会社員の人のほとんどは年末調整によって所得税の納付を完了できます。 このため、「確定申告はいつでも不要」と思っている人も。 しかし、確定申告をすることで、所得税がお得になることが・・・• 転職すると、加入する公的年金の種類が変わることがあります。 ファイナンシャルプランナー資格では、公的年金のしくみについても詳しく学習しますので、その知識をご自身の転職やライフプランの・・・• 株式投資が初めての人にはどのように銘柄を選べばよいのか、どのように購入すればよいのか、わからないこともたくさんあることでしょう。 ファイナンシャルプランナー資格の勉強を・・・• さまざまな形で金融機関を利用するときには、その金融機関が破たんしたらどうなる?ということが気になる人もいるでしょう。 私たちの資産はどのように守られるのでしょうか。 FP資格では・・・ FPってどうやって取るの?がわかる記事 「FPの試験って難しいの?」「どうやって勉強すればいいの?」といった、「FP資格の学習について」がわかる記事です。• ファイナンシャルプランナーと聞くと、「お金の専門家だから、数字に強くなきゃ合格できない」、「計算問題が難しそう」というイメージを抱く方が多いようです。 でも、・・・• ファイナンシャルプランナー試験は独学でも合格できる? それとも通信教育やスクールで受講した方がいい? FPならではの特徴から、検討時に注意したい3つのポイントを紹介します。 試験対策の教育サービスには、おもに資格の通信教育とスクールの2つがあります。 合格に近づくために自分に合った方法を選ぶことが大切。 どんなポイントに注目して検討すればよいのか・・・ FPってどんな試験なの?がわかる記事 「FPの試験はどうやって受けるの?」「どんな試験なの?」「誰でも受けられる?受検資格は?」といった、「FP試験について」がわかる記事です。• ファイナンシャルプランナー資格は、どうすれば取得できるのでしょうか? 試験日程は? 難易度や試験範囲は? 受検前に知っておきたい試験のことをご紹介しましょう。 ファイナンシャルプランナー資格試験の受検資格には何があるのか、受検資格はどうすれば得られるのか、資格取得までの流れを確認しておきましょう。 FP技能検定には、学科試験と実技試験の両方に同時に合格できなくても、どちらかの合格した試験については次に受験をするときに免除される制度があります。 どんな制度・・・• FPには、試験実施団体が2つあります。 「日本FP協会」と「きんざい」です。 各団体の違いや、どちらで受検手続きをすればよいかといったポイントを解説します。 FPの試験には、「実技試験」があります。 ではこの「実技」とはどんな内容なのでしょうか?「どんな問題が出るの?」「実務経験がなくても大丈夫?」など、実技試験に関わる疑問を・・・• 資格試験を受検するときに、必ず行わなければいけないのが受検手続き。 FPの試験は、インターネットでも手続き可能です。 受検の申し込み手続き方法を確認しておきましょう。

次の

FP(ファイナンシャル・プランナー)資格はどう取っていくのか

ファイナンシャルプランナー3級 よくわかる

【このページの目次】 CLOSE• ファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプランナーを日本語に訳すと「資産運用相談員」なんてところでしょうか。 主に資産運用を考えている個人客からの相談を受けて、生命保険や医療保険の見直し、株式投資、国債、預金の運用などの資産運用のアドバイスをおこなうのが主な業務です。 例えば、お客さんに株式投資を勧める場合、リスクを考えて、業種を分散させるなど、長期で安定して利益が出る方法をアドバイスします。 場合によっては不動産投資を勧めたり、金の積み立てを勧めたりもします。 お客さんの資産を守り、いかにリスクを最小限にとどめながら増やしていく方法をアドバイスできるかがファイナンシャルプランナーの腕の見せ所です。 関係団体: 役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? 率直に申し上げて、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格試験に合格しても就職や転職に役立つことはありません。 ネット上でファイナンシャルプランナーについて調べてみると、ほぼ例外なく「就職・転職やキャリアアップに活かせる」などと紹介されていますが鵜呑みにして高い通信講座を申し込んではいけません。 ファイナンシャルプランナーと聞くと、横文字外資系的でインテリっぽく聞こえますが、実際は、生命保険や損害保険、医療保険などのセールスレディが名刺に「ファイナンシャルプランナー」と書くためだけに利用している程度の資格です。 一応は国家試験なので、合格すればそれなりに意味はありますが、特にこの資格を持っていても特別な業務ができるわけでもなく、資格を持っていなくても同様の業務はできます。 転職・就職にはあまりプラス評価の材料とはなりませんが、国家資格ということもあり一応は堂々と履歴書に書くことはできます。 しかし、あまりPRしすぎても、分かる人には「ふ〜ん」といった程度です。 自己啓発のために学習したとPRするぐらいがよいでしょう。 あくまでも「自己満足的」な資格で役立つ機会はほとんどありません。 ファイナンシャルプランナーには1級から3級までありますが、1級はそれなりに難しくなかなか合格できません。 1級まで目指そうと考えるのなら、他の国家資格を目指した方がよいでしょう。 あるいは簿記検定を目指す方が役立つ機会は多くあります。 3級は比較的容易に合格できるので受験しても3級までで止めておきましょう。 関連資格: ファイナンシャルプランナーの将来性を徹底研究! 使い道があまりない資格 資格試験を紹介しているサイトや通信講座の会社のサイトを見ると、「有望資格」や「役立つ資格」、「使える資格」、「将来性のある資格」なんて紹介されていますが、実際はさほど使い道のない名称だけの資格です。 単に教材を売りたいがための資格にすぎません。 ファイナンシャルプランナーの試験に合格したからと言って、資産家が資金の運用に関してアドバイスを求めてくるわけでもありませんし、重大な取引を依頼してくるわけでもありません。 ましてやこの資格があるから特別な仕事ができるわけでもありません。 当サイトの筆者であるぼくもこの資格は持っていますが、なんとなく受験しただけで特に目的があったわけではありません。 就職や転職に使えるなどと過度に期待しない方がよいでしょう。 生保レディーが取得すると名刺に印刷できてよいかもしれませんが、生保レディーは誰でもなれますし…。 ファイナンシャルプランナーは国家資格とはいえ、役立つことも少なく、時間をかけて取得する意味のない国家資格といえます。 試験日 お申込み 試験は通常年3回、1月、5月、9月に実施されます。 試験日の3か月〜2か月前に申し込みます。 受験資格 「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっていますが、特に制限はありません。 どなたでも受験できます。 試験内容 学科と実技がが行われます。 学科も実技もともに筆記です。 実技といっても数字を算出する計算問題などの出題です。 学科の応用問題といったところです。 学科:筆記(マークシート式)は全60問で択一式 実技:筆記(記述式)で40問 【学科】• ライフプランニングと資金計画から10問• リスク管理から10問• 金融資産運用設計から10問• タックスプランニングから10問• 不動産から10問• 相続・事業承継から10問 【実技】• FP総論から2問• 金融資産運用設計から4問• 不動産から3問• リスク管理から4問• タックスプランニングから3問• 相続事業・承継から3問• ライフプランニング・総合問題から21問 試験に関する詳しい情報はをご覧ください。 ファイナンシャルプランナー おすすめテキスト・基本書 最も利用者が多いテキストです。 魔法のようによくわかる、というのは大げさですが、出来るだけ表現を噛み砕いて分かりやすい文章で書かれているのが特徴です。 そのためどの章から学習しても入りやすく、最初から学習しないと全体を理解できないということはありません。 スマホでも学習できるのが大きな特徴です。 これと問題集があれば合格できるのではないでしょうか。 種類 評価 テキスト 初心者でも分かりやすいように無理なく学習を続けるための工夫がしっかりとされています。 テキスト内は1日目、2日目からはじまって31日目と区分けされており、1日で学ぶ分量が決められています。 「1ヶ月で学ぶ」ことを目標にしていますが、もちろんこの通り学習して1ヶ月で合格できるはずはありません。 FP試験の入り口と言える3級の学習を快適にスタートするための最初の1冊です。 後は問題集で実力をつける必要があります。 種類 評価 テキスト ファイナンシャルプランナー おすすめ問題集.

次の