ゴーゴー ジャグラー ぶどう。 ゴーゴージャグラー 順押し・逆押しでの打ち方

ゴーゴージャグラーのぶどう確率について解説!共通ぶどうに設定差あり!

ゴーゴー ジャグラー ぶどう

あわせて読みたい >> ゴーゴージャグラーのぶどうをカウントする方法 ゴーゴージャグラーは一体どのようにぶどうを数えるべきなのか、私なりの見解をお答えしようと思います。 結論から言うと、単独ぶどう・共通ぶどうを混合でカウントしていけば問題ないかと思います。 なぜなら、ゴーゴージャグラーのぶどう確率は確率分母が重いため、他の機種よりも設定判別におけるぶどうの影響度合いが他の機種よりも低いからです。 ですので、目押しによる疲労度・消化スピードの2点を考慮すると、順押しチェリー狙いでサクサク消化するのがベストだと思います。 単独ぶどうと共通ぶどうを混合でカウントする方法 1つ目の方法は設定差のない 「単独ぶどう」と設定差のある 「共通ぶどう」を 混合でカウントする方法です。 チェリー狙いのみでOKなので 「消化効率」が優れています。 ただし、デメリットとして、設定判別の精度が 「共通ぶどうのみをカウントする方法より落ちる」ということが挙げられます。 とは言え、ゴーゴージャグラの設定判別はそもそも難易度が高いので、混合カウントでも問題ないかと思います。 共通ぶどうのみカウントする方法 2つ目の方法は設定差のある 「共通ぶどう」のみをカウントする方法です。 この方法のメリットは、設定差のない単独ぶどうを省いてカウントできるので、 「より精度の高い設定判別が可能になる」という点です。 ただし 「毎ゲーム2コマ目押し」が必要になるのはデメリットですね。 目押しが苦手な人がこの方法でカウントすると、消化スピードが落ちるので、高設定を打っている場合はおすすめできません。 「毎ゲーム目押しが苦にならない」という方におすすめな打ち方です。 あわせて読みたい >> ゴーゴージャグラーのぶどうはカウントした方がいい?? ゴーゴージャグラーのぶどう確率は、これまでのジャグラーシリーズと比較すると、 確率分母が非常に重いです。 そのため、 収束させるにはそれなりの試行回数が必要です。 なので、終日回せるような状況であればカウントすべきです。 そうでない場合はぶっちゃけ カウントしなくても大丈夫です。 そもそもゴージャグはぶどう確率だけで押し引きするのは危険です。 ゴーゴージャグラーの設定判別はぶどう確率で押し引きを決められるようなものでもないので、「参考程度」と思いながら、 単独ぶどうと共通ぶどうを混合でカウントしていくのがベストだと思います。 よりストイックな設定判別がしたい場合は、左リール枠上or上段にBARを目押しすることで、共通ぶどうのみカウントすることが可能になります。

次の

ゴーゴージャグラー2|スペック 解析 設定差 設定判別ツール ぶどう プレミア ガックン リセット判別

ゴーゴー ジャグラー ぶどう

スロットで勝ち続ける基本は出玉率 機械割 の高い台に座る時間を長くし、出玉率の低い台に座る時間を短くすることです。 そのためには、もっとも信頼のおける当日のデータを有力視することが有効とされているため、 データが出揃う夕方以降の勝負がジャグラーで立ち回っていくためのセオリーとなっています。 もちろん3000Gよりは4000G、4000Gよりは5000Gの方がリスクは低くなりますが、それと同時に「台に座れるかどうか」という問題が出てきてしまうので、このあたりのバランスは地域性などにも左右されるでしょう。 しかし 「3000Gを制する者はジャグラーを制す」と言っても過言じゃないくらい、3000G時点の挙動はジャグラーで勝っていく上で非常に重要な要素であることは間違いありません。 スポンサーリンク Contents• 9 97. 3 98. 0 99. 7 101. 5 103. 4 106. 2 【単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの見分け方】 単独レギュラーとチェリー重複レギュラーを見分けるためには、上記画像のリール配置図で赤丸を付けた部分 「チェリー付きバー」を狙った順押しが簡単です。 チェリーを引いていないのにペカった場合は単独、チェリーを引いたゲームでペカったらチェリー重複となります。 それらをここにまとめたいと思います。 細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。 3634 勝率:76. これまでに実践してきたアイムジャグラー、マイジャグラー、ファンキージャグラーなどと比較すると、REG確率で 低設定をふるい落とせる数が圧倒的に少なすぎますね。 通常のジャグラーなら設定1は面白いくらいREGが引けなかったのに対し、ゴーゴージャグラーは設定1でも突出してREGが引けないということもなく、3000Gくらいじゃ大きく暴れる展開も見受けられます。 どういうホールで勝負するのかなどにも左右されるとは思いますが、さすがにゴーゴージャグラーで設定4以上を狙って立ち回るという人はいないと思います。 おそらく「設定5以上狙い、できればそれも設定6濃厚という展開からのスタート」というのが理想だと思いますから、 3000G時点でREGが7回以下の台は文句無しに捨てでいいでしょう。 7です。 さて、3000Gの実戦に置いて 「3000GでREG10回を良しとするか悪しとするか」は賛否両論あると思うんですけど、僕なら3000Gからの実戦なら11回のREGは欲しいという考えなので、今回はREG10回のケースは除外しますね。 7の確率差って見た目以上に大きいんだろうか…。 これはちょっと出来過ぎのような気もしますが、とりあえず 高低を見切るという上では1つの目安になるのかなぁというボーダーですね。 とは言え、低設定でもそこまで排除できるわけではありませんし、高設定を確実に拾えるというわけでもありません。 3000GでREG13回以上に注目 表を見て少し思ったのは、 REG13回のボーダーが面白いんじゃないかという点です。 7692となり、ちょうど設定6の数値を上回る確率になるのですが、ここに注目してみましょう。 これなら低設定を引き上げてしまう確率もそこまで高くないですし「ここをクリアしていれば飛びついてOK」という指標には最適かと思います。 決して高設定を確保できる可能性は高くないですが、3000G時点でそれなりにリスクを冒さずに勝負できるラインとしては、この 3000GでREG13回というボーダーはピッタリと言えるのではないでしょうか。 もちろん長期的なスパンで見ていけば安定して勝っていけることは間違いないんですけど、 3000G程度ではかなり暴れる印象ですね。 確かに他のジャグラーでも 「BIG:REGが1:1になるはずの高設定で、大きくBIGに偏ってしまう展開」は無いわけではないのですが、ここまで多いジャグラーシリーズは稀だと思います。 大体偏ったとしても、高設定ならREG2桁は堅いって部分もありますからね。 ちなみにこのような台を積極的に打ってしまうと、低設定に引っ掛かってしまう可能性も爆発的に高くなってしまうので注意してください。 確かにサンプル数を増やしていけば、高設定ほど大きく勝ちやすいという部分はあるでしょうが、その中にもBIGがヒキ強になったパターンが多いため、データだけを見て高設定ぽい挙動をしている台ばかりではありません。 それにBIG確率にもそこまで大きな設定差が用意されているわけでもないので、やはりREGが引けていないことには安心して勝負することはできないと思います。 逆に言えば 「何枚負けていても、高設定である可能性は残されている」って考え方もできるので、大きくREGに偏っている凹み台で勝負するのは面白いかも。 2 単独レギュラーはデータランプからは見抜くことができないので、あくまで 自分で打っている際中にしか判断できない要素ではありますが、コレが分かればトータルレギュラー回数で見るよりも精度の高い設定推測ができると思います。 何より 「左リールにチェリーを狙うだけで分かる」という手軽さなので、稼働する際はぜひチェックしてみてください。 実戦データ 単独REG回数 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 REG3回以下 6 4 1 2 1 REG4回 1 3 2 2 2 REG5回 4 6 5 3 2 3 REG6回 4 2 6 1 3 4 REG7回 7 4 8 5 4 4 REG8回 5 4 5 4 6 7 REG9回 1 3 5 3 REG10回 1 5 1 1 2 3 REG11回 1 1 2 6 1 4 REG12回 1 2 1 1 REG13回 1 1 1 REG14回 2 スポンサーリンク マイジャグラーほどの設定推測要素ではない マイジャグラーでは設定1と設定6の間に約2倍もの設定差が設けられていたので、 ここを見るだけで設定1と設定6は丸裸にできると言っても過言ではないくらいの設定推測要素でしたが、ゴーゴージャグラーのそれはそこまでのヒントにはならないようです。 逆に 「チェリー重複レギュラーに注目したらどうだろうか?」とも考えましたが、いかんせん分母が大きすぎて暴れるので、使いにくい要素と判断しました。 まぁかなり厳しくはなりますが、設定3と設定4の間にそこそこの差が見られそうですし、 低設定を振るい落とせる基準として覚えておくのはアリではないでしょうか。 自分で打っていてこの基準を満たしていれば、一気に高設定の期待度も高まりますね。 53 ゴーゴージャグラーにもぶどう確率に設定差があるのですが、ぶどうフラグは1個じゃないんですよね。 そのためシミュレーターでカウントするのが難しく、データを取っていません。 僕自身、ゴーゴージャグラーを打つこともほとんど無く、ゴーゴージャグラーでぶどうをカウントすることが有効なのかどうかわからないので、ここについては割愛させていただきます。 ちなみにマイジャグラーなんかではブドウカウントは超有効だと思っているので、ぜひカウントしてみてください。 参考 まとめ.

次の

ゴーゴージャグラー ぶどう逆算設定判別ツール

ゴーゴー ジャグラー ぶどう

スロットで勝ち続ける基本は出玉率 機械割 の高い台に座る時間を長くし、出玉率の低い台に座る時間を短くすることです。 そのためには、もっとも信頼のおける当日のデータを有力視することが有効とされているため、 データが出揃う夕方以降の勝負がジャグラーで立ち回っていくためのセオリーとなっています。 もちろん3000Gよりは4000G、4000Gよりは5000Gの方がリスクは低くなりますが、それと同時に「台に座れるかどうか」という問題が出てきてしまうので、このあたりのバランスは地域性などにも左右されるでしょう。 しかし 「3000Gを制する者はジャグラーを制す」と言っても過言じゃないくらい、3000G時点の挙動はジャグラーで勝っていく上で非常に重要な要素であることは間違いありません。 スポンサーリンク Contents• 9 97. 3 98. 0 99. 7 101. 5 103. 4 106. 2 【単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの見分け方】 単独レギュラーとチェリー重複レギュラーを見分けるためには、上記画像のリール配置図で赤丸を付けた部分 「チェリー付きバー」を狙った順押しが簡単です。 チェリーを引いていないのにペカった場合は単独、チェリーを引いたゲームでペカったらチェリー重複となります。 それらをここにまとめたいと思います。 細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。 3634 勝率:76. これまでに実践してきたアイムジャグラー、マイジャグラー、ファンキージャグラーなどと比較すると、REG確率で 低設定をふるい落とせる数が圧倒的に少なすぎますね。 通常のジャグラーなら設定1は面白いくらいREGが引けなかったのに対し、ゴーゴージャグラーは設定1でも突出してREGが引けないということもなく、3000Gくらいじゃ大きく暴れる展開も見受けられます。 どういうホールで勝負するのかなどにも左右されるとは思いますが、さすがにゴーゴージャグラーで設定4以上を狙って立ち回るという人はいないと思います。 おそらく「設定5以上狙い、できればそれも設定6濃厚という展開からのスタート」というのが理想だと思いますから、 3000G時点でREGが7回以下の台は文句無しに捨てでいいでしょう。 7です。 さて、3000Gの実戦に置いて 「3000GでREG10回を良しとするか悪しとするか」は賛否両論あると思うんですけど、僕なら3000Gからの実戦なら11回のREGは欲しいという考えなので、今回はREG10回のケースは除外しますね。 7の確率差って見た目以上に大きいんだろうか…。 これはちょっと出来過ぎのような気もしますが、とりあえず 高低を見切るという上では1つの目安になるのかなぁというボーダーですね。 とは言え、低設定でもそこまで排除できるわけではありませんし、高設定を確実に拾えるというわけでもありません。 3000GでREG13回以上に注目 表を見て少し思ったのは、 REG13回のボーダーが面白いんじゃないかという点です。 7692となり、ちょうど設定6の数値を上回る確率になるのですが、ここに注目してみましょう。 これなら低設定を引き上げてしまう確率もそこまで高くないですし「ここをクリアしていれば飛びついてOK」という指標には最適かと思います。 決して高設定を確保できる可能性は高くないですが、3000G時点でそれなりにリスクを冒さずに勝負できるラインとしては、この 3000GでREG13回というボーダーはピッタリと言えるのではないでしょうか。 もちろん長期的なスパンで見ていけば安定して勝っていけることは間違いないんですけど、 3000G程度ではかなり暴れる印象ですね。 確かに他のジャグラーでも 「BIG:REGが1:1になるはずの高設定で、大きくBIGに偏ってしまう展開」は無いわけではないのですが、ここまで多いジャグラーシリーズは稀だと思います。 大体偏ったとしても、高設定ならREG2桁は堅いって部分もありますからね。 ちなみにこのような台を積極的に打ってしまうと、低設定に引っ掛かってしまう可能性も爆発的に高くなってしまうので注意してください。 確かにサンプル数を増やしていけば、高設定ほど大きく勝ちやすいという部分はあるでしょうが、その中にもBIGがヒキ強になったパターンが多いため、データだけを見て高設定ぽい挙動をしている台ばかりではありません。 それにBIG確率にもそこまで大きな設定差が用意されているわけでもないので、やはりREGが引けていないことには安心して勝負することはできないと思います。 逆に言えば 「何枚負けていても、高設定である可能性は残されている」って考え方もできるので、大きくREGに偏っている凹み台で勝負するのは面白いかも。 2 単独レギュラーはデータランプからは見抜くことができないので、あくまで 自分で打っている際中にしか判断できない要素ではありますが、コレが分かればトータルレギュラー回数で見るよりも精度の高い設定推測ができると思います。 何より 「左リールにチェリーを狙うだけで分かる」という手軽さなので、稼働する際はぜひチェックしてみてください。 実戦データ 単独REG回数 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 REG3回以下 6 4 1 2 1 REG4回 1 3 2 2 2 REG5回 4 6 5 3 2 3 REG6回 4 2 6 1 3 4 REG7回 7 4 8 5 4 4 REG8回 5 4 5 4 6 7 REG9回 1 3 5 3 REG10回 1 5 1 1 2 3 REG11回 1 1 2 6 1 4 REG12回 1 2 1 1 REG13回 1 1 1 REG14回 2 スポンサーリンク マイジャグラーほどの設定推測要素ではない マイジャグラーでは設定1と設定6の間に約2倍もの設定差が設けられていたので、 ここを見るだけで設定1と設定6は丸裸にできると言っても過言ではないくらいの設定推測要素でしたが、ゴーゴージャグラーのそれはそこまでのヒントにはならないようです。 逆に 「チェリー重複レギュラーに注目したらどうだろうか?」とも考えましたが、いかんせん分母が大きすぎて暴れるので、使いにくい要素と判断しました。 まぁかなり厳しくはなりますが、設定3と設定4の間にそこそこの差が見られそうですし、 低設定を振るい落とせる基準として覚えておくのはアリではないでしょうか。 自分で打っていてこの基準を満たしていれば、一気に高設定の期待度も高まりますね。 53 ゴーゴージャグラーにもぶどう確率に設定差があるのですが、ぶどうフラグは1個じゃないんですよね。 そのためシミュレーターでカウントするのが難しく、データを取っていません。 僕自身、ゴーゴージャグラーを打つこともほとんど無く、ゴーゴージャグラーでぶどうをカウントすることが有効なのかどうかわからないので、ここについては割愛させていただきます。 ちなみにマイジャグラーなんかではブドウカウントは超有効だと思っているので、ぜひカウントしてみてください。 参考 まとめ.

次の