三角 苗字。 「みす」から始まる姓・苗字・名字

甚目寺の家

三角 苗字

更地にして婆さんがトタンで囲った果物屋を通いでやってた。 果物屋が立ち退きになり家が数軒建った。 その後、近所の人が何人も二階に人影を確認し通報していたが、パトロール中の警官三名も確認し中に入ったが出てきた時は、二人が精神病院送り一人が記憶喪失。 四名の肝試しに入った者が二人が精神病院送り一人が記憶喪失一人がなんの変哲もない道で事故死。 旧甚目寺町役場は、二度取り壊しをしようとしたが事故で取り壊し中止となり、不動産屋が管理する事になった。 当時の社長が電気を通し近くにあった居酒屋の大将に夕方から電気を点けてもらう依頼をしたが、店を移転した為電気も止めた。 三名の肝試しに忍び込んだ者が、二人が精神病院送り一人が記憶喪失。 不動産屋の社長が謎の死を遂げた。 自称霊能者が入ろうとしたら記憶喪失。 今でも不動産屋は存在する為、土地所有者は不動産屋であり、近くにあった家も地価が下がった為売れないので、他の家を与え交換した模様。 そして、全部の家が取り壊された。 元甚目寺町役場職員との話 三角取り壊して! 「あそこだけは無理!」 近くで音が鳴るのは企業が大きくなり工場がある為。 但し、見通しのいいT字路で霊感が強いと何かで頭を殴られた感じの頭痛がするという。 肝試し者 全員が精神病院送りや記憶喪失になるわけでもない。 大丈夫だった人も存在しているが、「どんなホラー映画よりも怖い」と口を揃えて言う。

次の

英語の苗字(姓、ファミリーネーム)の意味や由来をタイプ別に解説

三角 苗字

一つ鱗 北条三つ鱗 丸の内三つ鱗 鱗に月 鱗紋は魚の鱗を象ったものといわれる。 古くから、正三角形、あるいは二等三角形を用いた幾何学模様があり、連続した文様として『春日権現験記絵巻』『法然上人伝』などに用いられている。 鱗紋は三角形一つの「一鱗」から九つの「九鱗」など鱗の数によってバリエーションが増えている。 基本パターンとしては「三つ鱗」で、鎌倉幕府執権として権力を振るった北条氏の家紋として有名である。 北条氏の鱗紋に関して『太平記』には、 そのむかし、北条時政は家運隆盛を祈念して、江ノ島弁財天に参籠した。 そして、満願の夜の明け方に、緋の袴をはいた気高い女房が現われて、 「汝は前世に六十六部の法華経を書写し、六十六ケ国に奉納した。 その功徳によって汝の子孫は日本を支配し、栄華を誇ることになろう。 しかし、もし非道なことがあれば、たちまち家は滅亡じゃ。 よくよく身を慎まねばならぬぞ」 と告げて、たちまち二十丈もある大蛇となり、海中に姿を消した。 そのあとに残った三枚の鱗を時政は持ち帰って家の紋にした。 その後、時政は源頼朝の創業を補佐し、子孫は鎌倉幕府の実力者となったとある。 この伝説からみれば、北条氏の鱗紋は大蛇の鱗に象ったものであった。 大蛇の鱗では、龍には勝てなかったというところだろうか。 北条氏滅亡後、三つ鱗の紋は北条氏の後裔を称する横井・平野氏などが伝えた。 戦国時代、小田原を本拠に関八州を支配した後北条氏は、伊勢氏の出身だが、北条氏の家名を相続したことから 三つ鱗を用いるようになった。 関東においては、伊勢氏の紋より北条氏の紋の方が重みがあったのである。 横井氏は中先代の乱を起こした北条時行の子孫といい、平野氏は横井氏の分かれといい、ともに北条氏の後裔であった。 その他、飛騨国吉城郡高原郷の領主として一勢力を築いた江馬氏も「三つ鱗」紋を用いた。 江馬氏の出自は、『飛州志』によれば、「平清盛の弟経盛の妾腹の子輝経が、伊豆の北条時政に養育され、 その土地の名をとって江馬小四郎と名乗った」のが祖であると記されている。 種子島の領主であった種子島氏は 桓武平氏清盛の曾孫信基に始まるというが、北条時政に助けられ、その養子となり時信と名乗ったことから「三つ鱗」 を家紋に用いるようになったという。 神戸市北区に位置する淡河に割拠した淡河氏は北条時房の後裔であったものが、 のちに赤松氏から養子を迎えて赤松一族となったが、家紋は北条氏ゆかりの「三つ鱗」であった。 このように、三つ鱗紋は北条氏の独占紋のようだが、 清和源氏義光流岡田氏、藤原秀郷流中村氏、越智氏河野氏流の河野氏なども用いている。 一方、豊後大神氏流緒方氏の家紋が「三つ鱗(三つ鱗杉)」であった。 豊後大神氏は、宇佐八幡宮の大宮司であった 大神氏の一族で、祖大太(惟基)は高知尾明神の神子、あるいは祖母嶽大明神と堀河大納言伊周の女との間に生まれた 神子となっている。 大神氏は大和大神神社とも関係があり、大神神社の神紋である三本杉を家紋としていた。 のちに三本杉がデフォルメされて「三つ鱗」紋が生まれたようで、その原型は三本杉に他ならない。 もっとも、 大神神社の神使は蛇であり、豊後大神氏の祖は蛇神の子であることから、蛇の鱗をも意識していたものと思われる。 佐伯氏、藤林氏など緒方氏の一族の多くが「三つ鱗=三本杉」紋を用いている。 幕末の蘭方医緒方洪庵も 大神姓緒方氏の後裔で、「三つ鱗=三本杉」紋を用いていた。 ……… 写真:淡河氏の菩提寺跡の「三つ鱗」紋 三本杉 細輪に三つ鱗杉 家紋の由来をみれば、先祖の神霊譚など不思議な体験に因んだものが多いが、鱗紋はその最たるものといえそうだ。 そして、家紋に籠められた呪力も相当なものがあったのではなかろうか。 鱗紋を使用した戦国武将家 ・リンク先のページからこのページに戻るとき をクリックしてください。 どこの家にも必ずある家紋。 家紋にはいったい、 どのような意味が隠されているのでしょうか。 応仁の乱当時の守護大名から国人層に至るまでの諸家の家紋 二百六十ほどが記録された武家家紋の研究には欠かせない史料… そのすべての家紋画像をご覧ください! 戦場を疾駆する戦国武将の旗印には、家の紋が据えられていた。 その紋には、どのような由来があったのだろうか…!?。 2010年の大河ドラマは「龍馬伝」である。 龍馬をはじめとした幕末の志士たちの家紋と逸話を探る…。 これでドラマをもっと楽しめる…ゼヨ!.

次の

苗字から家紋を調べる方法!検索に便利サイトで家の由来・ルーツを探る!家紋一覧表&名字家紋ランキング100

三角 苗字

「柿木」さんの人口分布表 順位 都道府県 人数 1位 約980人 2位 約590人 3位 約410人 4位 約350人 5位 約330人 6位 約280人 7位 約250人 8位 約210人 9位 約170人 10位 約160人 11位 約150人 12位 約150人 13位 約120人 14位 約100人 15位 約100人 16位 約100人 17位 約100人 18位 約100人 19位 約90人 20位 約90人 21位 約80人 22位 約80人 23位 約70人 24位 約50人 25位 約40人 26位 約40人 27位 約40人 28位 約40人 29位 約40人 30位 約30人 31位 約30人 32位 約20人 33位 約20人 34位 約20人 35位 約20人 36位 約10人 37位 約10人 38位 約10人 39位 約10人 40位 約10人 41位 約10人 42位 約10人 43位 約10人 人口数に関しては電話帳に登録された名字数を元に算出した大まかな人数です。 あくまでも参考程度にお考えください。 注意事項・利用にあたって 以下規約にご同意いただけない場合は当サイトをご利用いただくことはできませんのでご了承ください。 当サイトの鑑定結果を利用して相談者から金銭を受け取る行為は禁止しております。 当サイトの鑑定結果は参考程度にお読みください。 占い結果は姓名判断である以上、良い場合も悪い場合もございます。 中には鑑定結果に納得のいかない場合もあるとは思いますが、決してお名前を誹謗中傷するものでなく、姓名の画数の計算によって得られた結果です。 本サイトを利用したことで発生した、いかなるトラブルや損害につきましては、本サイトは一切責任を負いません。 当サイトでは、Googleを含む第三者配信事業者がCookieを使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google広告Cookieを使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウトページでGoogle広告Cookieを使用しないよう設定できます。 また、Network Advertising Initiativeのオプトアウトページでも第三者配信事業者のCookieの使用を無効にできます。 当サイトに掲載する文章および画像を引用する場合は、必ずサイト名「いい名前ねっと」とURLの記載、または当該ページへのリンクをして頂きますようお願い申し上げます。 引用の範囲を超える無断転載・無断コピーはご遠慮ください。

次の