ガスト ドリンク バー のみ。 ガストでドリンクバーのみの値段はいくら? スマホアプリ、クーポン利用でお得に!

【ガスト】メニュー 2019最新版 (モーニング・ランチ・ドリンク・スイーツ)

ガスト ドリンク バー のみ

今回行ってきたのは「ガスト」です! アスキーのグルメ担当ナベコです。 この連載では全国各地に展開しているお酒を飲めるチェーン店をご紹介。 今回は居酒屋ではなく、ファミリーレストランをピックアップしました。 最近はファミレスにも「ちょい飲み」メニューが増え、居酒屋のような感覚で利用する人が増えていると聞きます。 この記事では、お酒や料理のレポートはもちろん、飲んでいて居心地がいいか、他のお客さんはどういう人がいるのか、といった全体的な雰囲気や、細かい設備の部分などもチェックします。 お箸は割り箸か、おしぼりは使い捨てのペーパータオルか、などなど。 一般的な食レポ記事にはない情報をお伝えしますので、友人グループで利用するときにぜひ役立たせてください。 同じチェーン店でも店舗によって環境が異なる場合もあります。 また取材時のメニューが時期の関係でない可能性もあります。 予めご了承くださいませ。 今回行ってきたのは「ガスト」。 ガストはファミレスの中でも日本一の出店数だそうで、全国的にどんなところに行っても見かけるファミレスです。 そんなガストの多くの店舗では、アルコールメニューと、お酒向けの料理を用意しています。 店舗情報 「ガスト」 ジャンル:カフェ&レストラン ビールは満足いく注ぎ方 ハッピーアワーならなおオトク 今晩も飲むべし! 平日20時ごろガストへ向かったところ、入店待ちこそしませんでしたが9割型席が埋まっていて、平日の夜のガストの人気を伺い知りました。 席に案内されそのままの流れで店員さんに「とりあえず生」で。 店内の様子もお伝えしておきます。 居酒屋と違ってファミリー向けですので喫煙、禁煙はエリアがわかれていました。 煙草の煙が気になる人にとって、居酒屋より快く利用できるかもしれません。 照明は明るく、当然ですが座席はみなテーブル。 個室などはなくオープンです。 いかにもファミレスという雰囲気。 ですが、お客さんでお酒を飲んでいる人はあちこちにいる様子でした。 仕事後の飲み会を繰り広げているスーツのグループもいましたし、お酒を飲んでも違和感なく、心地よい環境でした。 店舗の立地状況によるかもしれませんが。 オーダー方法は、席にある呼び出しボタンで店員さんに来てもらって口頭で。 居酒屋チェーンだと専用の端末を取り入れているところは多いですが、考えてみるとファミレスだとあまり専用端末は導入されていませんよね。 私はうっかり手がすべってすごく濃い目のお酒をつくってしまったのですが、強烈な焼酎の香りがたまりませんでした(笑)。 ただ、濃すぎたらまた水などで調整して薄められるのもよいところ。 自分の好みでお酒をつくれて、濃さも調整でき、気軽な家飲みのような感覚になりました。 ドリンクバーでどれが一番お酒に合うでしょうか。 今回はビールなども飲んだので、あまり焼酎が飲めなかったのですが、今度来た時はしこたま酒とドリンクバーの組み合わせを試してみよう! お酒はこのほかにハイボール、日本酒がある程度で、サワーの種類がない、カクテルなどがないなど、バリエーションこそ多くありません。 ですが、基本的なお酒は揃っているので、「飲み会をやろう」という感じではなければ満足できるのではないでしょうか。 山盛りポテトやほうれん草ベーコンなどおつまみメニューも豊富 おつまみのようなサイドメニューもいろいろと用意しています。 しかも、いずれも低価格 今回はポテトで試しましたが、「ソフトフランスパン」(179円)などで試してもおいしそう。 冷めてくると固まってしまうため、温かいうちにどんどん食べるのがオススメです。 安く済む! おいしい! サイコ- ガストではちょい飲みが浸透しているようで、他のお客さんも飲んでいる人が多かったため、気兼ねなく飲むことができました。 座席もゆったりしているので、くつろいでお酒を楽しめます。 魅力はなんといっても安さ。 メニューの価格自体も手ごろだし、お通しが付かないのでそのぶん、お会計が安くなります。 ただ、居酒屋と違っておつまみとお酒のメニュー数が豊富なわけではありません。 そこは仕方ないので、「ポテトをつまみにちょい飲みしよう」という気分の時に飲みにいくといいのではないでしょうか。 お手洗いは男女わかれていて、女性は広い洗面所があり別途個室が2つ用意されていました。 明るくてきれい。 個室の中も広い。 家族向けのレストランなので、トイレの清潔さ、居心地のよさは素晴らしいものがあります。

次の

【ガスト】メニュー 2019最新版 (モーニング・ランチ・ドリンク・スイーツ)

ガスト ドリンク バー のみ

今回行ってきたのは「ガスト」です! アスキーのグルメ担当ナベコです。 この連載では全国各地に展開しているお酒を飲めるチェーン店をご紹介。 今回は居酒屋ではなく、ファミリーレストランをピックアップしました。 最近はファミレスにも「ちょい飲み」メニューが増え、居酒屋のような感覚で利用する人が増えていると聞きます。 この記事では、お酒や料理のレポートはもちろん、飲んでいて居心地がいいか、他のお客さんはどういう人がいるのか、といった全体的な雰囲気や、細かい設備の部分などもチェックします。 お箸は割り箸か、おしぼりは使い捨てのペーパータオルか、などなど。 一般的な食レポ記事にはない情報をお伝えしますので、友人グループで利用するときにぜひ役立たせてください。 同じチェーン店でも店舗によって環境が異なる場合もあります。 また取材時のメニューが時期の関係でない可能性もあります。 予めご了承くださいませ。 今回行ってきたのは「ガスト」。 ガストはファミレスの中でも日本一の出店数だそうで、全国的にどんなところに行っても見かけるファミレスです。 そんなガストの多くの店舗では、アルコールメニューと、お酒向けの料理を用意しています。 店舗情報 「ガスト」 ジャンル:カフェ&レストラン ビールは満足いく注ぎ方 ハッピーアワーならなおオトク 今晩も飲むべし! 平日20時ごろガストへ向かったところ、入店待ちこそしませんでしたが9割型席が埋まっていて、平日の夜のガストの人気を伺い知りました。 席に案内されそのままの流れで店員さんに「とりあえず生」で。 店内の様子もお伝えしておきます。 居酒屋と違ってファミリー向けですので喫煙、禁煙はエリアがわかれていました。 煙草の煙が気になる人にとって、居酒屋より快く利用できるかもしれません。 照明は明るく、当然ですが座席はみなテーブル。 個室などはなくオープンです。 いかにもファミレスという雰囲気。 ですが、お客さんでお酒を飲んでいる人はあちこちにいる様子でした。 仕事後の飲み会を繰り広げているスーツのグループもいましたし、お酒を飲んでも違和感なく、心地よい環境でした。 店舗の立地状況によるかもしれませんが。 オーダー方法は、席にある呼び出しボタンで店員さんに来てもらって口頭で。 居酒屋チェーンだと専用の端末を取り入れているところは多いですが、考えてみるとファミレスだとあまり専用端末は導入されていませんよね。 私はうっかり手がすべってすごく濃い目のお酒をつくってしまったのですが、強烈な焼酎の香りがたまりませんでした(笑)。 ただ、濃すぎたらまた水などで調整して薄められるのもよいところ。 自分の好みでお酒をつくれて、濃さも調整でき、気軽な家飲みのような感覚になりました。 ドリンクバーでどれが一番お酒に合うでしょうか。 今回はビールなども飲んだので、あまり焼酎が飲めなかったのですが、今度来た時はしこたま酒とドリンクバーの組み合わせを試してみよう! お酒はこのほかにハイボール、日本酒がある程度で、サワーの種類がない、カクテルなどがないなど、バリエーションこそ多くありません。 ですが、基本的なお酒は揃っているので、「飲み会をやろう」という感じではなければ満足できるのではないでしょうか。 山盛りポテトやほうれん草ベーコンなどおつまみメニューも豊富 おつまみのようなサイドメニューもいろいろと用意しています。 しかも、いずれも低価格 今回はポテトで試しましたが、「ソフトフランスパン」(179円)などで試してもおいしそう。 冷めてくると固まってしまうため、温かいうちにどんどん食べるのがオススメです。 安く済む! おいしい! サイコ- ガストではちょい飲みが浸透しているようで、他のお客さんも飲んでいる人が多かったため、気兼ねなく飲むことができました。 座席もゆったりしているので、くつろいでお酒を楽しめます。 魅力はなんといっても安さ。 メニューの価格自体も手ごろだし、お通しが付かないのでそのぶん、お会計が安くなります。 ただ、居酒屋と違っておつまみとお酒のメニュー数が豊富なわけではありません。 そこは仕方ないので、「ポテトをつまみにちょい飲みしよう」という気分の時に飲みにいくといいのではないでしょうか。 お手洗いは男女わかれていて、女性は広い洗面所があり別途個室が2つ用意されていました。 明るくてきれい。 個室の中も広い。 家族向けのレストランなので、トイレの清潔さ、居心地のよさは素晴らしいものがあります。

次の

ガストをクーポンやアプリで安くする9つの方法!ドリンクバーも!│せつやる

ガスト ドリンク バー のみ

会計時アプリ呈示で3%オフ• セットドリンクバー219円が179円に• キッズプレート399円〜599円が299円に• 寄せ豆腐のサラダ249円が199円に• ベイクドチーズケーキ299円が99円に 定期的にクーポン内容も変わるのでガスト利用する時は一旦アプリを見てから注文するようにしましょう! アプリ系クーポン以外でガスト安くする方法 オトクーポンを利用してガストを安くする ガストで安く料理を食べるなら、すかいらーくグループのモバイルクーポン『オトクーポン』を利用しない手はないです。 オトクーポンはでスマホから登録する事でクーポンをもらう事ができるのでとっても簡単。 すかいらーく系列のいろんなお店のクーポンがもらえます。 新規登録で全員ドリンクバー無料クーポンがもらえるのでまだの方は真っ先に登録しておきましょう。 デイリーPlusのすかいらーく優待券 すかいらーくご優待券(お食事券)が購入できるのが、このYahoo! JAPANの会員制割引優待サービス「デイリーPlus(ベネフィットステーション)」です。 全国に2500店舗以上あるすかいらーく系列で利用できる優待券で、200円〜500円の割引をうけることが可能。 すかいらーくグループオーナー様割引券・すかいらーくグループご家族優待券以外のクーポンと併用することができるのでかなりお得になりますね。 一人で行くことが多いなら500円の優待券を購入して他のクーポンと併用するのがお得ですね。 デイリーPlusは、月額500円(税抜)がかかりますが、この優待券以外にも映画やレジャーで利用できる割引も多数あるので元は間違いなく取れます。 メルマガクーポンを利用する アプリなどの簡単なプロフィール登録すら面倒だという方におすすめする最後の方法がすかいらーくグループのメルマガに登録する方法です。 これなら空メールを一本送信するだけで定期的にガストからドリンクバー無料クーポンがメルマガで送られてきます。 ライスレギュラー179円・ハーフ119円・大盛229円• 納豆79円• ゆで卵59円• 温泉卵79円• フランスパン149円 店舗・時期によって販売されてない場合や料金が異なる場合がありますのでご注意ください。 まとめ ガストはファミレス中でも価格が安めのチェーン店ですが、これまで紹介してきた方法を利用すれば更にお安く飲食することが可能になります。 定期的にガストへ行かれる方は、最低限ガスト専用アプリとポイント3重取りほ実践していただきたいと思います。 チリも積もれば一食分は間違いなく無料になります。 それも短期間でね。

次の