子供 頭痛 嘔吐。 頭痛に嘔吐下痢が伴う原因、熱なしや発熱症状で考えられる病気は?

子供の頭痛に要注意!吐き気や熱を伴うのは危険な病気かも!

子供 頭痛 嘔吐

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供が突然嘔吐したら、驚いて慌てるのはもちろんですが、何の病気だろうと不安になるもの。 特に幼児は大人のように体力や免疫力が十分ついていないため、様々なきっかけで嘔吐を起こします。 今回は、子供が嘔吐を引き起こす原因や症状の見分け方、嘔吐した時の対処法についてご紹介します。 子供の嘔吐の原因は、どう見極める? 嘔吐が起こる原因は疾患や怪我などいくつもあるものの、まずは大人が冷静になって嘔吐の原因を分析することが大切です。 たとえば乳児の場合はミルクをたくさん飲みすぎるとげっぷとともにミルクを吐き出すことがあります。 また、幼児の場合は遊びたくて急いでご飯をかきこんだために、喉にご飯が詰まって吐いてしまうといったことも。 体の機能が未発達な子供はちょっとしたことでも嘔吐しやすいものです。 嘔吐する前にいつもと違う行動がなかったか、発熱や下痢、頭痛などほかの症状はないかもあわせてチェックしましょう。 以下、嘔吐の原因や症状を確認して、小児科等の受診を検討してくださいね。 子供の嘔吐は感染症胃腸炎かも? 子供が嘔吐する原因で最も多いのは感染症による胃腸炎で、感染症には細菌性とウイルス性があります。 細菌性の感染性胃腸炎は、集団で発症することがあり夏場に流行しやすいものです。 一方、ウイルス性の感染性胃腸炎は秋から冬にかけて流行しやすく、ノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルスなどのウイルスが体内に入ることで起こります。 それぞれ嘔吐と下痢を併発することが多いため、脱水症状に注意して経過を見ていく必要があります。 細菌性食中毒 主に5~8月に多く発生する細菌性食中毒では、黄色ブドウ球菌、病原大腸菌、サルモネラ菌など様々な種類の原因菌があります。 黄色ブドウ球菌では発熱はなく、嘔吐・下痢・腹痛が短時間で急激に生じます。 ほかの菌では発熱を伴うことが多く、血便がみられることもあります。 関連記事 子供の嘔吐は自家中毒が原因? 子供の嘔吐の中でも、数時間から数日間吐き続ける症状が見られたら自家中毒の可能性があります。 脂肪代謝の乱れによってケトン体が体にたまり、一種の中毒症状を引き起こして吐き気をもよおすとされます。 代謝機能の未熟な2〜10歳くらいの子供に見られ、特に5・6歳の男の子に多く、やせている子供にも多い症状です。 脂肪代謝の乱れの原因ははっきりとは分かっておらず、ストレスといった精神的なものが大きいと考えられています。 例えば、前日は遠出して食事をあまりとらなかった、興奮して眠れなかった、といったことでも起こります。 下痢や発熱を伴うことはあまりなく、急な嘔吐を何度も繰り返すことが特徴で、「周期性嘔吐症」や「アセトン血性嘔吐症(ケトン血性嘔吐症)」とも呼ばれます。 関連記事 子供が嘔吐したら腸重積の可能性も? 腸重積は腸の一部がめり込んでしまい、重なっているように見える病気です。 2歳以下の赤ちゃんに多く、嘔吐や腹痛を生じます。 原因ははっきりと分かっていないものの、感染性腸炎などの下痢症状のときに、はずみで腸が入り込んでしまうのでは、と考えられています。 特徴としては、イチゴジャムのような明らかな粘血便が見られることです。 ほかに、おへその右下あたりが膨らんでいたり、しこりがあって触ると痛がったりすることがあります。 この場合には顔色も悪く、不機嫌になります。 肛門からめり込んだ腸管を元に戻すという治療が早期に必要なため、ひどい腹痛が続くようなら早めに小児科を受診しましょう。 関連記事 子供が嘔吐するのは頭を打ったせい? 遊具から落下したり、運動中に衝突したりして頭部を強く打つと、嘔吐することがあります。 小さな子供が頭部に外傷を負うと、嘔吐中枢が刺激されて、もしくは自律神経が一時的に調節できなくなって嘔吐につながります。 嘔吐すると重症ではないかと考えがちですが、子供の場合は必ずしもそうとはいえません。 ただし、意識が朦朧としている、けいれんがある、激しい頭痛を感じているときには、急ぎ受診しましょう。 子供が嘔吐したときの病院へいく目安は? 子供が嘔吐したら、まずほかにどんな症状が出ているのかをチェックすることが大切です。 頭痛、腹痛、下痢、発熱を伴うか、視点が定まっているか、けいれんしていないかといった体の状態をしっかり観察します。 もし意識がない、けいれんをしている、顔色が悪いなど見るからに危険だと思われる場合は、すぐに小児科を受診してください。 嘔吐はしたものの、顔色が良く比較的元気で、それ以外の症状が出ていない場合はひとまず様子を見ます。 子供が嘔吐したときの対処法は? 子供が嘔吐したときには、家庭での対処も大切になります。 特に脱水症状や家族への感染を防ぐように、以下のような対処を心がけましょう。 水分補給 嘔吐で気をつけたいのは脱水症状です。 ただし、嘔吐した直後は水分補給をしても、すぐに吐き戻してしまうので、嘔吐をしている間の水分補給は最低限にしましょう。 お腹が空になったほうが胃を休められて、吐き出すものがなければ体力を温存することもできます。 嘔吐してから30分ほど経って落ち着いていれば、経口補水液(OS-1など)・お茶・イオン飲料水などを常温でスプーン1杯程度から少しずつ与えてくださいね。 食事 嘔吐しているときは、無理に食事を取らせる必要はありません。 水分を摂れているかに注意して、嘔吐が治まってから食事を考えましょう。 嘔吐の後は、うどんやおかゆ、ジャガイモなどの煮物といった、消化のいい食べ物を少しずつ食べさせましょう。 ただし、肉や魚といった脂質の多いもの、嘔吐を引き起こしやすい柑橘類は避けてくださいね。 感染予防 感染性胃腸炎が疑われる際には、嘔吐物や便のついたオムツを処理した後は、必ず手を洗うなど、消毒をしてください。 嘔吐物がついた服は着替えさせて、消毒液などにつけて滅菌するといいでしょう。 大人への感染の危険性もあるため、マスクをするなどの予防策も大切です。

次の

子どもの頭痛の原因はなんと9種類!熱のあるなし等わかりやすく図表で解説

子供 頭痛 嘔吐

この記事の目次• 小児偏頭痛 偏頭痛を子供が発症した場合、一度きりではありません。 他の諸症状を伴いながら再発する場合が多いのですが、うまく伝えられなくて「わがまま」「落ち着きのない子」というレッテルを貼られがちなのが二次的な問題です。 小児偏頭痛の症状の特徴 突然、偏頭痛がやってきて大騒ぎになったかと思えば、そのうちケロッと治ってしまうのが小児偏頭痛です。 病院に行ったときには症状が消失していて、またサボりたいから仮病を使っただの虚弱体質だのと誤解されるケースは多々あります。 頭痛そのものは2時間で終わってしまうパターンで最長でも72時間です。 腹部の異常を伴うことが多いので自家中毒と勘違いされることもあります。 痛みの出る部位は前頭部になります。 後頭部ではありませんので、後頭部に痛みを訴えたら重篤な疾病につながる可能性を考えて、すぐに受診しましょう。 光や音に対して過敏になります。 この異変は、子供はうまく表現できません。 日常をよく知る大人が観察して、察してあげてほしいところです。 テレビの音を小さくしたり、布団をかぶってじっとしていたり、電気を消したり、イライラ動き回ったり、ゲームの大好きな子供が途中でやめたり、いつもと違う行動が見られるはずです。 発熱はありません。 このために学校生活では理解が難しく、学業の妨げになります。 偏頭痛発作時、体育など血行を良くする活動をすれば、血管が拡張して痛みが更にきつくなります。 それで保健室に行っても、熱がないので受け入れてもらえないことも実際にあります。 担任の先生や養護教諭の理解を得ておくことは保護者の務めです。 あらかじめ連絡帳に「頭痛の訴えあるときは安静にさせてください」「家に連絡してください」と書いておくことは重要です。 また、懇談時に保護者から症状について、詳しく説明しておく方がいいでしょう。 学校だから、こどもの病気に詳しいとは限りません。 無理解な対応から、通学を怖がるようになって登校拒否になるケースも少なくありません。 医師から症状についての証明書を書いていただいて提出するなど、子供が安心して学校生活を送れるように取り計らいましょう。 関連する諸症状 子供が偏頭痛の発作を起こした時、関連して伴う他の症状があります。 周期性嘔吐症候群というのは、周期的な嘔吐がずっと続くものです。 頭痛と嘔吐とが結び付かなくて、食中毒かと思ってしまうのですが、熱がないのでストレスかと心配される症状です。 これも発作が過ぎるとケロッと治って、何でも食べられます。 腹部偏頭痛は、強い腹痛と片頭痛がセットでやってきます。 あまりの疼痛に顔色が変わるくらいで日常生活はできません。 これも発作が終わると、何事もなかったように治ります。 良性発作性めまいは、いきなり何の前兆もなく起こります。 回転性のめまいで、くるくる回る感じです。 これは数分から数時間で自然に治ります。 年少児は、この異変を伝える術がなくて混乱するだけですが、発作的にソワソワしたり異常な行動を示すので大人の観察が必要です。 原因と対策 遺伝が大きな原因といわれています。 だいたい、親や兄弟に経験者がいて身内の誰かは理解者です。 ただ、遺伝だけでなく発作要因が生活の中にもたくさんあります。 遺伝要素は減らせませんが、生活は改善できます。 生活が夜型で子供の成長を促す時間に起きていたり、栄養のバランスが悪かったり、運動不足だったりすると発作回数が増えます。 テレビやゲーム、パソコンなどの液晶画面も発作を誘発するリスクになります。 たとえば夜中に子供がジャンクフードを食べながらゲームに夢中だったりするのが、最も発作を誘発すると考えてください。 遺伝があると予想されるなら尚の事、早寝早起きを慣行して野菜中心のメニューでの生活を心がけましょう。 脳炎 あらゆる頭痛の中で小児科医が最も警戒するのが、この頭痛です。 重い後遺症はもちろんのこと、時に生命に危険が及びます。 脳炎の症状 頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害などが重なると脳の炎症が疑われます。 ウイルスが原因で発症しますが、原因となるウイルスは多岐にわたります。 かつて猛威をふるった日本脳炎は予防接種の普及で、あまり見られなくなりました。 法定伝染病の後遺症によるものは現在、さほど警戒する必要はありません。 気をつけていただきたいのは、無菌性髄膜炎が脳にまで至った場合、髄膜脳炎になります。 誰でもかかるとされる突発性発疹の原因になるヘルペスウイルスも、脳炎をきたす可能性があります。 水疱瘡もヘルペスウイルスなので、水疱瘡の子供が頭痛を訴えたら受診させてください。 脳に炎症があっても、炎症部が悪化するわけではありません。 炎症で腫れて脳圧が上がり、それが頭蓋骨に当たって脳細胞が損傷されるのです。 一度、損傷を受けた脳細胞は再生できません。 しかも炎症部にとどまらず内圧のかかる部位なので、表面積は広がります。 治療としては脳の炎症を止める治療をした後、自然に脳の腫れが引くのを待つのみです。 炎症部の大きさや年齢差、個人差があって何日後に治るとは治るまで決められません。 後遺症は脳圧部がどの場所にそれくらいかかっていたかによりますが、認識能力がかなり低下すると親さえ分からなくなります。 普通に話せていた子供が、意識障害から回復したら言葉を全く解せなくなっていたり、衝動的な言動ばかりになってしまう可能性があるということです。 医療の手を離れた、後遺症を持った子供と親の日常生活は非常に困難なものになります。 その状況を未然に防ぐためには、頭痛その他のサインをしっかり見逃さないことが重要です。 難しい発見 後遺症なく完治できるかどうかさえ、治ったあとで詳しく調べないと分からないのです。 そんなにリスクが高いのに、初期症状は風邪と見分けがつきません。 さすがに意識障害までいくと医師は脳炎を疑いますが、親となると全く見分けがつかないといいます。 ただ、「けいれん」や「ひきつけ」の段階で受診するくらいでしょうか。 少し顔色が悪かったり、生あくびが多い、不可解な言動で脳炎を疑うべきとする指導書もありますが、それではほぼ毎日、脳炎を疑うことになります。 大人からみて、不可解な言動をするのが子供ですから。 初めてけいれんを起こした時は、とりあえず安静にして落ち着いたら念のために受診しましょう。 けいれんを何度も繰り返したり、意識の回復が悪いようなら必ず医師に相談して経過を慎重に観察してください。 ただ、いつもと違う、なんか変、という親独特の直観は信頼に値します。 その感想に、子供が頭痛を訴えれば迷わず病院へ行きましょう。 小児髄膜炎 これも注意したい病気です。 脳や脊髄を覆う髄膜が炎症を起こして頭痛を訴えます。 大きく分けて2種類ありますので、ご参考ください。 無菌性髄膜炎(ウイルス性髄膜炎) 頭痛、発熱、嘔吐、20分くらいのけいれんを急に発症します。 項部(うなじ)硬直、髄液でのリンパ球を主体とした細胞増加を認めます。 風邪やおたふく風邪の後、体力が落ちて免疫力が低下して発症する場合もあります。 予後は良いものが多く、早期発見、早期治療の場合は後遺症もなく完治する場合がほとんどです。 様々なウイルス感染から髄膜炎に移行するので、代表的なものをご説明します。 エンテロウイルスによる髄膜炎が約8割を占めます。 手足口病やヘルパンギーナもエンテロウイルスなので、同じ原因と考えます。 5月~7月が流行のピークで、潜伏期間は4~6日になっています。 感染経路は糞口感染と飛沫感染です。 ムンプスウイルスが原因で髄膜炎を発症することもあります。 ムンプスウイルスとはおたふく風邪のウイルスで、おたふく風邪の合併症として引き起こされます。 冬から春にかけて流行し、潜伏期間は2~3週間です。 感染経路は飛沫感染や接触感染です。 おたふく風邪の2~10%が髄膜炎の合併症になるといわれ、2週間くらいで完治します。 ウイルスが多様で原因として特定できないために、予防薬は開発されていません。 予防としてできることは、手洗い、うがい、規則正しい生活とバランスの取れた食事、という免疫力を高める工夫しかありません。 細菌性髄膜炎 激しい頭痛と高熱が出て、一気に重篤に至る恐ろしい病気です。 発症して24時間後に病態はピークを迎えます。 乳幼児に多いのですが、月齢によって原因となる菌が違います。 インフルエンザのあと、高熱が下がらず頭痛、嘔吐を発症して髄膜炎の合併症を疑います。 インフルエンザをこじらすと脳症も合併する可能性があります。 この場合は極めて危険で、後遺症の可能性も高くなります。 入院して鎮痛、解熱剤、適切な抗菌剤を投与します。 後遺症としては知能障害、運動障害、聴力障害の可能性があるため、迅速かつ慎重な治療が求められます。

次の

子供が熱なしで嘔吐を繰り返す!周期性嘔吐症ってどんな病気?

子供 頭痛 嘔吐

子供って本当にいろんなことが起こりますね〜。 これは緊急に行くべき症状なのか、様子をみてもいいのか、めちゃくちゃ悩むことあると思います。 けれど、心配しすぎてしすぎることはないですよ!とある救急の小児科の先生がおっしゃっていました。 自分で判断しかねる時、怪し過ぎる症状の時はぜひぜひ迷わず病院へ! 以下、今回の我が家のケースは何事もなくて良かった…というものでしたが、なにかの参加になればと備忘録もかねて記しております。 突然の頭痛と嘔吐 夜、上の子が突然の頭痛がするといって、少しすると今度は気持ち悪いと嘔吐、、、ちょっと休ませたらよくなったというので簡単にお風呂をすませて「早く寝ようね」と寝始め1時間後に大量の嘔吐です。 はいて落ち着いたのか、すぐ寝たのですがその30分後くらいにまた嘔吐、その時は激しくお腹も痛がり、、、子供が大きな病気の時は必ず熱がつきものだというから、熱もないしな、、、なんなんだろうって思ってました。 頭痛と吐き気、下痢なし、熱なしの症状をネットで調べたら 自家中毒症っていうものがあってこれか?って思ったのです。 脂肪分の多い食品という面では気になる点ありで、夕方に義母と散歩に出てワッフル食べて、帰宅後に買ってもらったチョコレート食べて、夕飯はとんかつ、、、というすごい組み合わせだったんです、、、なので、それか?!って思って自家中毒症を疑いました。 でも、吐き方が尋常じゃない、、、 とにかく、頭が痛い、痛いといって、、、はじめに嘔吐したのが19時くらいで落ち着いたのが23時ごろ。 それまでは吐かずとも気持ち悪い、、、といってました。 4.5回もどしたかもしれないです。 吐き方がまたすごくて、ドバ〜〜〜っと洪水というか、噴水というか、そんな吐き方だったのでビックリしました。 なので、自家中毒ってよりも、これはノロウィルスとかそちらのものなのかな、、、っと途中で疑い始めたんですよね。 で 突然の噴水のような嘔吐ということで、ノロウイルスだと思いますね。 症状は、全部そろうわけではありません。 腹痛のみ、吐き気のみ、下痢と発熱等、さまざまです。 ノロウィルスだとしたら、本当は水も唇を濡らす程度がいいのですよね、、、とはいえ、喉が乾いてつらそうな子供の顔をみていたら水をあげずにはいられず、、、ノロウィルスと確定したわけでもないですからね、様子をみることに。 とにかく、23時頃には吐き気も落ち着いたので大人もひとまず就寝することにしました。 スポンサーリンク 夜中に発熱38.4度 夜中1時半ごろ、喉が渇いたというので水を飲ませた時、子供の体が熱かったので体温を計ったら発熱38. 噴水みたいな嘔吐だったのでノロウィルスの可能性大と思っていたけど、ノロウィルスはあまり高熱がでないらしいのが特徴のようで、、、ま、個人差はあるのでしょうが、自家中毒症、ノロウィルスの可能性よりもこれはまさかのインフルエンザ?!の可能性が私の中で高くなっていました〜〜〜。 何にしてもこの尋常でない吐きっぷりに、ただの風邪じゃないだろう、、、って気持ちでいました。 頭痛、嘔吐(4回)腹痛、発熱38. 4、、、、いったいこれはなんの病気なんだろぉ〜〜?! 翌朝は解熱37. でも、引き続き、頭痛があり、昼にはまた38度を超える発熱が続き、日曜日だったこともあって近くの救急へ行くことにしました。 噴水みたいな滝のような吐き方。 夜中1時… 水分補給時に熱を測ったら38. 娘は引き続き、頭痛続き。 頭痛といえば2週間前に主人がインフルエンザになった時の症状と全く同じで、インフルエンザか??の疑いです。 食欲なしで、とにかく水しか欲しがりませんでした。 食事がとれなかったので、水ではなく、体の栄養のことも考慮して娘の好きなアクエリアスにしました。 翌昼(症状から2日目) 固形物はまだ食べる気にならないもよう、、、午後になって熱が38. ひたすら寝ています。 去年のインフルエンザと同じような感じ、、、。 とにかく、いつもうるさいくらい元気な子なのにやられています、、、。 可哀想、、、 寝起き14時ごろに再び熱を計ると38. 日曜で主人もいたこともあり、病院行きを拒んでいた上の子を説得して救急に行くことに。 本人は動くことすらしたくなかったようなのです。 スポンサーリンク 病院でのこと 病院で看護師さんに状況説明。 熱を計ると38. めですねとのことでした。 先生の診察 看護師さんの時と同様に詳しく症状をお伝えしましたが、対応は風邪の時と同じで大丈夫で、とりたてて検査しなければならない状態ではないの。 とのことでした。 ノロウィルスやインフルエンザの可能性は? 時期的に可能性としてはあるとのことでした。 症状的にインフルエンザの可能性の方があるかなっとのこと。 そちらの救急ではインフルエンザについては症状がひどい場合のみ検査をするのような案内がありました。 インフルエンザは自然治癒できる病気なこと、解熱鎮痛剤でその間の発熱や痛みは対応するなど、書かれており、そんなわけで娘もインフルエンザの疑いはあるものの、解熱鎮痛剤を処方して頂き、検査することなく帰宅しました。 インフルエンザ?! 2017年 インフルエンザ子供の症状は? 帰宅後も引き続き、寝てばかりの娘、、、私としてはこれはインフルエンザ確定なんじゃないかと思ってます。 最近、インフルエンザに子供がかかったというママ友から話を聞いたら、2017年は頭痛、腹痛、嘔吐らしいです。 症状は子供によっても違うけど、大半が嘔吐、、、マーライオンみたいに吐いていたと言ってました。 うちの娘もブワァ〜〜〜っとすごい勢いで吐いていて、そうそう、マーライオンと言われたらそうだった〜〜って思いました。 吐き気=ノロウイルスって頭があったけど、インフルエンザでもすごい吐き気がある時があるのですね。。。 インフルエンザも毎年流行の型が違うから、症状も違うし、子どもと大人でもまた症状が少し違うのかな、、、って思いました。 でも、 2017年のインフルエンザは大人も子供も頭痛があるようですね。 始まりは 救急の先生は3. 4日熱が下がらなければまた病院を受診してくださいとのことや、別の気になる症状がでたらいつでも来てくださいとのことでした。 始まりは鼻水と咳、、、と風邪みたいな症状からだったとママ友は言ってました。 娘は2016年はじめにインフルになって、今年2017年はじめに主人がインフルエンザになった我が家ですが、 インフルエンザの特徴としては、症状が急にやってきます!!あれ、なんだかおかしいな、、、って思っていたら、急に熱が38度超えてくる、、、そんな印象です。 えインフルエンザになると、普通の風邪とは違って、本当にぐったり感が違いえtす。 娘はスーパー元気ちゃんで年に数回くらいしか熱はださないのですが、38度超えしても意外と元気です。 でも、2016年にインフルエンザなった時は熱がひいてもなんとなく元気がなかったですね。。。 熱は下がっても体の中では菌と戦っていたからなのでしょうかね。 とにかく、普通の風邪の症状とは違うなぁ、、、ってなってみるとわかると思います。 まとめ 2017年はインフルエンザの流行が早かったことや、気温上昇のおかげで、インフルエンザの流行がピークを超えたというニュースを聞きました。 例年は春先まで続くイメージだったとけど、今年はそろそろインフルエンザも終わりですかね。。。 上の子の今回の症状は一体なんだったのか、、、という疑念はあるけど、嘔吐や下痢などお腹の風邪みたいのも流行っているようなので追求はこの辺にしておこうかな、、、って思います。 解熱して3日目はもうすっかり元気です。 嘔吐していたのでずっと食事らしい食事が取れていなかったのでまだ、食欲が追いついてこないみたいですけど、食べても吐かなくなったので一安心です。 っということで、かってに2017年インフルエンザまとめをしてしまいましたが、、、。 とにかく、数日後に下の子が、、、っとならないように願うばかりです。 最後まで読んでくださってありがとうございます。 追記2017.02.27 結局、私も下の子も今も、元気です。 上の子の保育園のクラスでもインフルエンザなしです。 ってことで、今回はお腹の風邪だったのかな、、、って感じです。

次の