サハラ リール。 17サハラ&17セドナ ラインローラーのベアリング交換

ライトショアジギングには必要十分 シマノ・17サハラ4000XGについて

サハラ リール

スピニングリールの最大の弱点、 ラインの糸ヨレ。 それを防ぐために重要なのが、 ラインローラーのベアリング。 ラインローラーがスムーズに回転することで、糸ふけがある場合でも、ラインのヨレを軽減します。 しかし、実売価格が1万円以下のリールの場合、ラインローラーにベアリングが入っていない機種が多いです。 そのような機種のために、ラインローラーののベアリング追加キット等がで販売されています。 便利なキットですが、実はそれには 1つの注意点があります。 ベアリング追加キットを私の 17サハラに入れると、 ローターのバランスがくずれてしまいました!! 今回は、ラインローラーにベアリングを追加する時の注意点をご紹介します。 ラインローラーにベアリングを追加したが…… 家族が釣りに同行する時のための予備タックルとして、私はシマノの 17サハラC2000HGSを持っています。 使用頻度が少ないリールですが、そこは道具いじりが好きな私。 代わりに ローラーブッシュが入っています。 そのため、あまり回転がよくありません。 ラインローラーの回転が悪いと、どうしてもラインの 糸ヨレが発生しやすくなります。 ましてこのリールは、初心者の家族が使うリールです。 写真の下列のパーツに交換します リールのハンドルを回すと、 「 ブルルン ブルルン ブルルン……!! 」 あれ? リールの回転音が変になった?? 勢いよくハンドルを回すと、リールがぶるぶる震える!? 振動の原因は、ローターのバランスに有り!? すでに一度オーバーホールしている、この17サハラ。 ベアリング追加前は、 「 シュイン シュイン シュイン……」 と滑らかに回転していました。 それがなぜ、 このようにリールがブルブル振動するようになったのか。 その答えは、 ブッシュからベアリングに変えたことで、ローターのバランスが崩れたから!! もともと組み込まれていたラインローラーのブッシュ組と、交換すベアリングキットの重さを測ってみました。 どちらでも使用するパーツは省いています。 まずは 純正のブッシュ組。 重さは 1. 04gです。 次は ベアリング組。 重さは 0. 56g。 5gも重さが違います!! ブッシュからベアリングに交換することによって、ラインローラーが約0. 5g軽くなりました。 これによって ローターの重量バランスが崩れたので、ハンドルを回してローターが高速回転すると、ブルブルぶれて振動するようになったのです。 たった0. 5gで? リールは精密機械です!! 5gでバランスが崩れます!! 本当に0. 5gの変化でバランスが崩れたのか? ブレの原因を確認するため、ベアリングで組んだラインローラーに、0. 5gのウェイトを足して、検証します。 まずは適当にウェイトを切ります。 重さは0. 53g。 これをラインローラーの裏に貼ります。 やはり、 0. 5gの重量の差でバランスが崩れ、リールがブルブル震えるようになったようです。 糸ヨレ軽減をとるか、バランスをとるか 今回の検証で、ラインローラーのブッシュをベアリングに交換すると、ローターバランスが崩れるということがわかりました。 作業したリールは 17サハラですが、他に 16ナスキーや 17セドナも、ラインローラー組のパーツが同じです。 それらのリールでは試していませんが、たぶん同じローターのブレが発生すると思います。 とはいえ、 実はゆっくりハンドルを回すだけならば、特にブレは感じられません。 ライトリグを使い、ロッドをシェイキングしながら、ゆっくりリールを巻く、という操作が主ならば、むしろベアリング組に交換すべきでしょう。 その回転スピードならばブレは発生しないでしょうし、弛んだラインをヨレなく巻き取る方が重要です。 私はローターのブレが気に入らなかったので、元のローラーブッシュで組みなおしました。

次の

サハラ|リール 通販・価格比較

サハラ リール

Contents• 釣り道具は軽さが武器になります。 重量では20レブロスに一票ですね。 糸巻き量(20レブロスがオススメ) シーバスフィッシングにおいてはPE1. 0号を使う事が多いです。 そこで、PE1. 0号のラインキャパについて比較します。 PE1. 0号は堤防向けで150m~200mで販売されていることが多いです。 ミノーやジグヘッドワームを大遠投しても100mも飛べば良いほうです。 つまり、400mはオーバーキャパです。 トータルで考えると20レブロスが扱いやすいです。 堤防からの釣りにおいては巻き取り量が多い方が有利です。 なんで?ってなりますよね。 回収量が多いとアタリを取りやすいです。 つまり、リールの感度が上がります。 ただ、巻き取り量が大きくなるとハンドルが重くなります。 ハンドルの軽さは20レブロスが優秀です。 ラインの回収速度とハンドルの軽さをトータルで考えると20レブロスがオススメとなります。 巻き心地(20レブロスがオススメ) ・滑らかな巻き心地が好きな方は20レブロス ・硬い巻き心地が好きな方は17サハラ あと、17サハラはガタツキが大きいです。 ではどちらがよいのか?なりますよね! 20レブロスが一歩リードです。 ベール(20レブロスがオススメ) 【左が20レブロス】【右が17サハラ】 ぱっと見は一緒ですね。 よくよくみてください。 赤の矢印部分を。 ベールアーム形状が違いますよね。 20レブロスはラインローラーへ糸を誘導する部分(赤矢印部)に工夫しておりラインがスムーズにラインローラーへ入っていきます。 ここは20レブロスのプラスポイントですね。 あと、ベールの動きも20レブロスのほうがしっかりしており更にプラスポイントです。 四国に住んでますので釣りのフィールドは多く釣りライフを満喫してます。 ジギングにおいては旅行気分で楽しんでおり徳島県伊島(近所)から室戸や足摺まで遠征し楽しんでます。 年齢は今年で41歳。 年を取るのは早いものですね(じじ臭い・・・) 釣りは3歳からスタート。 僕の記憶にはありませんがガシラの穴釣りから初めてます。 年齢を重ねる事に釣りの幅は広がっておりソルトウォーターだけではなく渓流やブラックバス釣りもしました。 いろいろ経験した結果、僕はソルトウォーターが好きです! 長いこと続けていても釣りに対しての探究心は衰えること無く未だに日々新しい経験や勉強させてもらってます。 自然相手の遊びは面白くもあり奥が深いと日々感じますね。 そんなこんなの日々勉強中なのですが、なるべく有力な情報を発信します。 釣り初心者の方や新しい釣りのジャンルを始めたい方などのお役に立てればと思います。 質問して頂ければ僕が分かる範囲であれば出来るだけ解答させてもらいます。 お問い合わせフォームから連絡ください。

次の

リールのインプレでも 〜シマノ・17サハラ4000XG〜

サハラ リール

2018-10-17 22:00 ナスキーよりも状態が非常にいい為、コアプロテクトは多少、リーリングに影響がありますが、それほど巻き心地に影響が出ないと判断したためです。 パッキン類を移植。 ローラークラッチ周辺のパーツを移植。 ローターリングを移植。 リテーナを装着 一旦完成しました。 追加でした作業ですが、ローターのコアプロテクトと記載されたリングを移植。 リングとピンを取り。 この穴に。 ピンをかぶせて。 この通り。 HG化+ピニオンギア下部のベアリング交換 17セドナC3000HGを入手したので、そこからギア3種を移植します。 セドナはパーツ取りに購入しました。 移植はドライブギアとピニオンギアと摺動子ギアです。 洗浄してから。 移植完了です。 あと、ピニオンギアの下部のベアリングを新品に交換しておきます。 最も巻き心地に影響するパーツですね。 ラインローラーとハンドルノブのBB化 こちらは定番のカスタマイズですね。 作業内容はこちらと同じですので、ご参照ください。 カテゴリー• 154• 118• 102• 200•

次の