奇跡 じゃ なく て いい 歌詞。 奇跡の人の歌詞

JUJU 奇跡を望むなら... 歌詞

奇跡 じゃ なく て いい 歌詞

楽曲名「いいから」とは 「いいから」とは 消極的な態度の者に対して まずは行ってみるようにと 促したり後押ししたりすること という意味になっています。 相手の意見を棚上げさせる 有無を言わせない といったニュアンスも含むそうです。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 完全な下ネタ? wanimaの代名詞と言っても過言ではない 「ワンチャン」という言葉があります。 これについてはライブのMCで ワンチャン狙いに来ました、WANIMAです。 男女が夜にスパーリングすることをワンチャンって言います と 松本健太(Vo, Ba)が紹介していました。 男女の夜のスパーリングと言えば なんとなくわかりますよね。 明らかに下ネタです(笑) 彼らは、インタビューでも おれらはエロカッコイイ音楽が好きだったので。 海外のR&BのPVとか、セクシーでエロカッコイイじゃないですか。 と語っており、 真面目な歌だけじゃなくて 『エロかっこいい』 も武器にしているそうです。 つまり本楽曲 『いいから』も 『エロかっこいい』 を目標に作られている訳です。 内容はどうなっているのでしょうか。 歌詞を細かく解釈していきます。 歌詞 いいから気持ち良くするから 誰にも言わない内緒にするから その体つきはアジアの奇跡 行き先 底なし沼の入り口 嫌な感じ無し 好きな所だけ 教えて?感じて? DonDon ZumZumZum PanPanPan また過ち ビッチの極み 溢れ出すNight wow wow 気分が乗ったら笑ってる wow 見つめ合う度 その目に写ってるwow 軋むベット 渇いた音が響く wow 君の好きな場所を探り当てる wow いいから気持ち良くするから 誰にも言わない内緒にするから 意外としっかりした礼儀 見た目とのギャップやられる夜に 嫌な感じ無し 好きな所だけ 教えて?感じて? DonDon ZumZumZum PanPan 後腐れ無し ビッチの決まり 忘れはしNight wow wow 気分が乗ったら笑ってる wow 見つめ合う度 その目に写ってるwow 軋むベット 渇いた音が響く wow 君の好きな場所を探り当てる wow Ah〜君といたいしたい気持ちは裏腹何だ… 困ってる顔が見たくなった iPhoneの充電0になった 朝帰りメイク落として帰る まるで何も無かったかの様に 気分が乗ったら笑ってる wow 見つめ合う度 その目に写ってるwow 軋むベット 渇いた音が響く wow 君の好きな場所を探り当てる wow 何だっていい 問題外 もう止まらないこの雰囲気 「離れないで…」 恥じらいかけ引き 夜は更け… 7割は演技 気付かず拝む夜に 汗 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 いいから気持ち良くするから 誰にも言わない内緒にするから その体つきはアジアの奇跡 行き先 底なし沼の入り口 前提として、この曲は 完全に 男性目線の楽曲です。 アジアの奇跡 と言ってしまうくらい 魅力的な女性がいたのでしょう。 その女性を主人公は口説こうとしています。 行き先 底なし沼の入り口 という部分から 主人公が行おうとしていることは 長期的な目的のない行為であることがわかります。 つまり、その場限りのことなのです。 嫌な感じ無し 好きな所だけ 教えて?感じて? DonDon ZumZumZum PanPanPan また過ち ビッチの極み 溢れ出すNight wow wow これは行為中の情景が描かれています。 相手の 好きな部分を探す という駆け引きといったところでしょうか。 また過ち ビッチの極み という部分から このような行為は初めてではないようですね。 比較的に相手は 尻軽な女性であることがわかります。 サビ1 気分が乗ったら笑ってる wow 見つめ合う度 その目に写ってるwow 軋むベット 渇いた音が響く wow 君の好きな場所を探り当てる wow 気分が乗ったら笑うような 移り気のあるような軽い女性と 夜を供にしている情景が 引き続き描かれています。 軋むベット 渇いた音が響く wow 君の好きな場所を探り当てる wow などは説明するまでもないですね(笑) 2番 いいから気持ち良くするから 誰にも言わない内緒にするから 意外としっかりした礼儀 見た目とのギャップやられる夜に 意外としっかりした礼儀 見た目とのギャップやられる夜に から見た目は チャラチャラしている女性 であることがわかります。 しかし、意外にも芯が通っていて さらに惹かれてしまうのです。

次の

吉田拓郎 ガンバラナイけどいいでしょう 歌詞

奇跡 じゃ なく て いい 歌詞

2014. 優しくない歌 2. 明日のハッピーエンド 3. 僕らのミュージック 4. 無自覚なプラットホーム 5. 水たまりの成分 6. 普通の歌 7. 優先席 8. 白紙の地図 9. サウンドチェック 10. 奇跡 11. 無罪と罰 12. 自己嫌悪のターミナル 13.

次の

Official髭男dism

奇跡 じゃ なく て いい 歌詞

春のセンバツを観戦したときに、そんな印象を強く受けたので、球児たちが背負ってる宿命を称えて、応援したいという思いで「宿命」という曲を作りました。 と、インタビューコメントをしています。 つまり、髭男の「宿命」は• 背負っているもの• 目標に向けた強い願い といった意味が込められているのです。 まさに、甲子園ソングですね。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 心臓から 溢れ出した声で 歌うメロディ 振り向いた未来 君から 溢れ出した声と 合わさって響いた 群青の空の下 夢じゃない夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの想い 届け 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして 暴れ出すだけなんだ 沈黙が 続いたイヤホン 自分の弱さに 遠ざかってく未来 大丈夫や 頑張れって歌詞に 苛立ってしまった そんな夜もあった 夢じゃない夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない忘れない 手のひらの爪痕 無駄じゃない無駄じゃない それも全て讃えたい もうあと少し 願いの暑さに 汗まみれになったり 期待背負って立って 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー 重なって 照らしあってく フォーエバー 緊張から不安が芽生えて 根を張るみたいに 僕らを支配する そんなものに 負けてたまるかと 今、宿命ってやつを 燃やして 暴れ出す 届け 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして 暴れ出すだけなんだ ただ宿命ってやつを かざして 立ち向かうだけなんだ 作詞作曲:藤原聡 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 藤原さんが語る、歌詞に込められた想い まず、前提としてご覧いただきたいのが、 藤原さんが語る歌詞に込められた想いです。 美しいものばかりじゃなくてもいいし、奇跡みたいなことばかりが起こらなくてもいい、という歌詞がサビの部分にあるのですが、これは僕が伝えたかった思いです。 試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、選手や応援団も含めた「勝ちたい」「戦いたい」「応援したい」という両チームの思いに、言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 そんな思いを込めたつもりです。 とインタビューにて語られていました。 奇跡のようなことが起こらなくても奇跡 とは、これまた深い言葉ですね。 ドラマのように美しさ、奇跡や逆転劇の中にあるのではなくて、一つ一つ選手や周りの応援してくれる人が、積み重ねてきた想いにこそ宿ると言っているのです。 まさに、その通りですよね。 このコメントだけで心に響く、、、 それではいよいよ、この想いが具現化された歌詞に迫っていきます。 1番 心臓から 溢れ出した声で 歌うメロディ 振り向いた未来 君から 溢れ出した声と 合わさって響いた 群青の空の下 作詞作曲:藤原聡 ここは、控えメンバーやブラスバンドが試合会場にて、応援を行う情景が描かれています。 心臓から溢れ出す という表現が、叫ぶように掛け声をしている姿や、熱気あふれる演奏姿を、より鮮明に連想させています。 夢じゃない夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない忘れない 手のひらの爪痕 無駄じゃない無駄じゃない それも全て讃えたい もうあと少し 作詞作曲:藤原聡• 踏ん張ってきたもの• 積み重ねてきたもの その美しさが描かれています。 手のひらの爪痕 というのは、 苦痛や無念さなどを懸命にこらえる姿 を表しています。 例え「勝ちたい」という強い願いが叶わず、挫けてしまうような結果になったとしても、積み重ねてきたものの美しさは変わりないから、無駄なんて一つもないと言っているのです。 サビ2 願いの暑さに 汗まみれになったり 期待背負って立って 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー 重なって 照らしあってく フォーエバー 作詞作曲:藤原聡 サビ2は、これまで述べられてきた歌詞を包括するように描かれていますね。 「勝ちたい」という願いの強さ• 「勝ってくれ」という応援の強さ これらの想いを全て、選手が一人で背負おうとすると、押しつぶされるのも当たり前です。 だからこそ、背中に背負わせるのではなくて、選手も応援する人も、一人一人の瞳の奥にその情熱を宿して、一体になって 重なって 戦おう。 と言っているのです。

次の