履歴書 添付 メール。 履歴書をメールで添付する場合、どうやって証明写真をデータ化すればいいの?

メールで履歴書を送る場合のマナーとポイント

履歴書 添付 メール

昔々、新卒で就職活動していたころは、履歴書はもちろん手書きだった。 丁寧な字で心を込めて……、そんなようなことが就職指南書に書かれていたように記憶している。 少しでも丁寧な字であることをアピールしようと、私は万年筆で履歴書を書いていた。 黒インクでは野暮ったいから、ブルーブラック色のインクを使っていた。 あれから時は流れて。 ミドルの転職エン経由で連絡をくれた人材紹介会社の方に、 写真添付の履歴書と職務経歴書をメールで送って下さい。 と言われた。 言われたからにはすぐに対応しないと「就職にかける本気度が伝わらない」らしいので、大急ぎで準備にとりかかった。 けれど、なにしろ初めての体験。 履歴書と言えば手書きだとばかり思い込んでいたものだから、とつぜんの展開に予備知識ゼロ。 ネットでの検索だけを頼りに、何とか形を整えた……時の記録がこのエントリーである。 どうしても時間がない場合 極論を言えば、今まで通りの普通の手書き履歴書をスキャナーでスキャンして、それをメールで送るという手がある。 ITリテラシーが低いと思われる可能性は高いが(でも、50代にどれほどのITリテラシーを期待してるだろう)緊急に履歴書を送らなければならない時は、とりあえずこの方法で急場をしのぐしかない。 期日に間に合わないよりは、首の皮一枚でもつなげておいたほうがいい。 このタイプの履歴書をメールで送る時には、時間がなかったので取り急ぎスキャンしたものを送ること、必要であれば後からきちんとデータ化した履歴書をメールすることなどを付け加えておきたい。 履歴書のテンプレート さてここからは、メール添付用の履歴書を作る方法である。 「履歴書」「テンプレート」で検索をかけると、ありがたいことに履歴書を無料で公開してくれているサイトがいくつもある。 どれも形式はほとんど同じなのだが、万が一にも間違いがあっては困る。 なので、安心を手に入れる意味でも、なるべく大手が公開しているものを利用すると、精神衛生上すこぶるよろしい(笑) 大手が公開している履歴書には以下のようなものがある。 ファイル形式:Excel、Word 用意されているテンプレートのほとんどは、PDF、Excel、Word形式のどれかになっている。 ほとんどの人は、ExcelやWordを業務で使っていると思うので、特に指定のない場合は自分の使いやすいソフトに対応した形式を選べば良い。 ただし、保存する時には注意が必要。 相手が古いバージョンのソフトを使っていることを考えて、ファイルの拡張子はWordは 「. docxではなく. doc」で。 Excelは 「. xlsxではなく. xls」にしておくと安心。 これらの拡張子で保存するためには、 Excelだったら Officeボタン>名前を付けて保存>Excel97-2003ブック を。 Wordだったら Officeボタン>名前を付けて保存>Excel97-2003文書 を選ぶと、目的の拡張子のファイルになる。 ファイル形式:PDF PDFファイルは閲覧が簡単で、ディスプレイで見た通りの形に印刷できるので、履歴書はPDF形式で送るべき、と書いているサイトも多い。 PDFにしておけば、エージェント側などで勝手に内容を書き換えられてしまうといったリスクもなくなる。 さて、このPDF形式のファイル、どうやって作るのだろうと思ったら、これが案外と簡単。 まずは、ExcelなりWordなりでいつも通りに書類を作成する。 そして保存するときに Officeボタン>名前を付けて保存>PDFまたはXPS を選ぶだけ。 あっという間に、PDF形式の履歴書が完成する。 添付写真 履歴書につきものといえば身分証明書用の写真。 スピード写真よりも、写真館で撮ったものを使いましょう。 なんて話を時々聞くが、今回は、そんな悠長なことを言っている時間はなかった。 どうやってデジタルデータで証明写真を手に入れるか。 そのことが肝心だった。 写真館で撮影してデータをもらう ネットで調べてみたところ。 ただし、要はデータ化された写真をCD-Rで受け取ることができればいいのだから、ほとんどの写真館で対応が可能と思われる。 一番安心で簡単な方法。 デメリットとしては料金が少し割高になること。 そうして我が家の場合、写真館に出向いて写真を撮るだけの時間的余裕がなかったので、この方法は却下した。 データを受け取れるスピード写真を利用する 世の流れにあわせるように証明写真も進化していた。 Ki-Re-iという名のスピード写真では、撮影した写真データをスマホに保存することができる。 ただし、設置されている場所が限られているのがネックではある。 よって、この方法も却下。 普通のスピード写真をデータ化 時間がなかったら、自前でなんとかするしかない。 最初は、部屋の白壁をバックにしてデジカメで写真を撮ってしまおうかとさえ思ったのだが、それではあまりにもあまりなので、とりあえず家から一番近いところにあるスピード写真機へと向かった。 写真を撮ったら即行帰宅。 今度はこれをスキャナーで読み取って、jpg画像で保存。 1枚1枚切り離さずに、6枚続きのままで読み取ってしまったので、web上で画像加工のできる「Pixlr Express」を利用して、1枚分の写真をトリミングした。 画質がいいとか悪いとか、細かくみたら色々あるのかもしれないが、ぱっと見た感じでは、さしたる不都合はなさそうだ。 やった、出来たよ、出来た! と喜んだのもつかの間。 実際にこの履歴書をメール添付するまでには、もうひとつ乗り越えなくてはいけない壁があったのだが、長くなってしまったのでその話は別記事で。

次の

履歴書・職務経歴書をメールで送る方法。PDF化、パスワード設定のやり方は?

履歴書 添付 メール

履歴書のファイルの作り方 履歴書は「PDF形式」に 作成した履歴書は「PDF形式」に変換してから送ることをおすすめします。 PDF形式に変換することで、送り先のパソコンの使用環境に左右されずにファイルを開くことができるなどの利点があるからです。 PDF形式への変換方法 パソコンで履歴書を作成した場合 WordやExcelのファイルなら「名前を付けて保存」を選択後、ファイルの種類を「PDF」を選んで保存します。 また、その他の形式のファイルでも「PDF作成・変換ソフト」をインストールすればファイル形式をPDFに変換することが可能です。 手書きで履歴書を作成した場合 履歴書を手書きで作成している場合は、履歴書をスキャンしてPDF化しましょう。 家庭用のプリンターでもスキャニングできる機器があります。 また、スキャニングに対応した機器がなくても、コンビニのコピー機でスキャンすることも可能です。 ファイル名のつけ方 ファイルを確認する採用担当者が誰の・どんな内容のファイルなのか分かりやすく、かつ管理しやすいよう「日付」「氏名」のファイル名にしましょう。 誤送信などでの流出を防ぐためにも、メール送信時には履歴書のファイルにパスワードを設定しておくことをおすすめします。 履歴書をメールで送る際のマナー 件名はひと目で履歴書だとわかるように 企業の採用担当者は、応募者とのやり取りや社内業務など毎日多くのメールの送受信をしています。 そのため「件名」だけでメールの「内容」と「名前」がすぐにわかるようになっていると親切です。 メール文面はわかりやすく簡潔に メールの文面は、読んだ相手がわかりやすいよう簡潔に書くのがポイントです。 署名は忘れずに付ける メール文面の最後には「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を記載した「署名」を挿入しておくことをおすすめします。 氏名に読みが難しい漢字が含まれている、あるいは一般的な読み方と異なる場合は、ふりがなを付けると親切です。 メールアドレスは、在職中であっても会社のものではなく個人で使用しているメールアドレスを記載するのが無難です。 履歴書をメールで送付する際の例文 上記の要素を踏まえ、履歴書をメールで送付する際は、見やすさを第一にわかりやすく書くことをおすすめします。 ここでは「企業に直接メールで応募をする場合」「企業から履歴書の送付指示があった場合」「パスワードを送る場合」の3つのケースの例文を紹介します。 こちらのメールに履歴書を添付しております。 ご査収の程、お願い申し上げます。 また、応募書類にはパスワードを設定しております。 後ほど、パスワードを別途お送りさせていただきますので、 ご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、宜しくお願い申し上げます。 ご指示いただきました、履歴書を添付いたします。 お手数ですがご査証のほど、宜しくお願いいたします。 尚、応募書類にはパスワードを設定しております。 後ほど、パスワードを送付させていただきますので、 ご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、宜しくお願い申し上げます。 添付ファイルに設定したパスワードを送付いたします。

次の

履歴書のフォーマットを自動作成

履歴書 添付 メール

履歴書データの作り方 履歴書はパソコンで作成したものを 履歴書は、パソコンを使って作ったものを用意するようにしましょう。 「手書きのものを添付してください」と指示がない限りは、パソコンで作ったものをメール添付すべきです。 ぜひ活用してみてください。 写真の撮り方・貼り方のワンポイント 前提として、顔写真は鮮明なものを選びましょう。 オススメなのが、ショッピングモールなどに入っている写真スタジオを使って、プロに証明写真を撮影してもらうこと。 自然で清潔感のある印象の写真を撮ってもらえるはずです。 価格はスタジオにもよりますが、大体数百円~数千円程度。 最近では、撮影した画像データを入れたCD-Rをくれるスタジオも。 プロが撮影したデータを使って履歴書を作れば、採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。 スマートフォンやデジカメを使って自分で証明写真を撮影することもできますが、どうしても写真が曲がってしまったり、不鮮明なものになってしまったりするものです。 採用担当者によっては「志望度が低いのかな……?」と感じる人もいるそう。 自分の印象を左右する写真だからこそ、多少お金はかかっても写真スタジオに頼むのがいいでしょう。 画像データを取り込んだら、履歴書のフォーマットの所定の位置に貼り付けます。 貼り付け方• 証明写真のデータを選択すれば、貼り付け完了 ファイル名のつけ方や、パスワードに関するマナー ここからは、具体的な「履歴書の送り方」をご紹介します。 メールで履歴書を送付する際は、履歴書ファイルにパスワードを設定すると良いでしょう。 個人情報の管理を徹底する会社が増えている今だからこそ、パスワードつきのファイルを送信することで「情報管理がしっかりできる人」という印象を与えることができます。 ファイル名を見た時に誰の書類なのか分かりやすいように、そして後から探しやすいように分かりやすいファイル名をつけておくのがマナーです。 履歴書をメールに添付する方法• メール作成画面を開いて「ファイルの添付」をクリック• 上で保存した履歴書のファイルを選択すれば、メール添付が完了 2. 履歴書を添付するメールの構成 メールの構成について メールは、以下の様な構成で作成しましょう。 志望動機や自己PRは履歴書内にのみ記入し、メールの本文には記入しないでください。 かえってマイナスの印象になります。 あくまで「応募者から履歴書が送られてきたこと」が伝われば良いと覚えておきましょう。 各項目を作成する際のポイントは、以下の記事で紹介していきます。 件名、本文を書く上でのポイント 件名は短くわかりやすく 件名は「何の用で送っているメールなのか」が分かりやすいようにつけましょう。 採用担当者の中には、 1日に 100通以上のメールのやり取りをする人もいます。 また、分かりづらい件名のメールだとスルーされてしまうこともあります。 また、上で設定した履歴書のパスワードは、別のメールで送信します。 メールで履歴書送付をする際は、「履歴書を添付したメール」「履歴書のパスワードを記載したメール」の 2通に分けて送りましょう。 件名に関しては、以下の例を参考にしてください。 また、ビジネスメールですので(株)(財)といった略語は使わずに、「株式会社」「財団法人」と正式な記載をするようにします。 文末にはビジネスメールの基本でもある「署名」を。 以下のメールテンプレートを参考にして、作成すれば簡単です。 メールにて履歴書等の応募書類を送付させていただきますので、 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 なお、履歴書のファイルには念のためパスワードを設定しております。 後ほどパスワードをお送りいたしますので、 併せてご確認をいただけますでしょうか。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認、ご検討をいただき 一度、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 履歴書に設定したパスワードをお送りいたします。 以下のチェックリストにそって確認すれば、抜け漏れもないはずです。 履歴書フォーマットのDLページ に無料の履歴書フォーマット(Excel版)がありますので、ぜひご活用ください。 また、「履歴書の書き方が分からない」「自己PRの書き方の見本がほしい」という方には、下記のページが参考になるかと思います。 ここまでご紹介してきたポイント・マナーを参考にメールを送れば、基本的には問題はありません。 面接への第一歩である「履歴書の提出」。 印象の良いメールを送って、自信を持って次の選考に進んでください!.

次の