翻訳 アプリ 正確。 【2020年】オススメの翻訳サイト・アプリ・ツール20個を徹底比較

【2020年】オススメの翻訳サイト・アプリ・ツール20個を徹底比較

翻訳 アプリ 正確

これら5つのアプリで、翻訳アプリの使い勝手を3つの項目で評価していきたいと思います。 翻訳精度• オフライン対応• それぞれの独自機能 どの程度まで正確に翻訳してくれるのかオフライン対応しているかなど、実力の試される項目で最強翻訳アプリはどれか比較検証していきたいと思います。 翻訳精度から使い勝手まで3つの項目で実力をチェック それではさっそく、翻訳アプリの対決を進めていきたいと思います。 果たして翻訳アプリの頂点に立つのはどのアプリか注目ですよ! 1. 翻訳精度 まず最初は翻訳アプリなので当然気になるのが翻訳精度。 使う例文は以下の通常の文章と日常会話の2つで見ていきますよ。 スマートフォンブームはアップル社の「iPhone」から始まった。 久しぶり!最近調子どう? Long time no see! How are you doing these days? photo credit: via トップバッターは『 Google翻訳』。 それぞれの例文を訳した結果を見ていくと… 例文1: 日本語の英訳はほぼバッチリ。 対して和訳は「AppleのiPhoneを開始しました」だとちょっと意味が違いますね…残念。 例文2: 日本語の英訳がおしい!調子を音階などの調子である「tone」になってしまっています。 そして和訳も完全な直訳に…。 分からないことはないんですがちょっと違いますねえw お次は『 エキサイト翻訳』。 それぞれの例文を訳した結果を見ていくと… 例文1: 日本語・英訳共にバッチリ!どちらもちゃんと意味が通じる訳になっています。 例文2: 日本語の英訳はほぼバッチリ!しかしながら和訳はかなり残念な結果に。 それぞれの例文を訳した結果を見ていくと… 例文1: なんと日英共に『 Google翻訳』とまったく同じ結果に。 もしかするとGoogle翻訳ベースなんですかね?w 例文2: 例文1と同様結果は『Google翻訳』と同様に。 間違え方も同じで惜しい。 4つ目は『 ウェブリオ英語翻訳アプリ』。 それぞれの例文を訳した結果を見ていくと… 例文1: 英訳はほぼOK。 和訳はちょっと違った意味になってしまいました。 例文2: こちらも多少表現は違うものの、意味合い的にはほぼ完璧!やりますなあ。 最後は精度が高いと噂の『 Voice Tra』。 それぞれの例文を訳した結果を見ていくと… 例文1: 翻訳精度に期待していたのですが、なぜか違う内容に…。 そして日本語訳も「リンゴのブームになって」とは原型がなくなっちゃってますw 例文2: 例文1はかなり残念な結果だったのですが、こちらは日英共に完璧!どうやら日常会話には強いようですね。 以上の結果を踏まえ、 「そのままでバッチリな訳」に3点、「意味は通じる訳」に1点、「明らかな間違いがある訳」は0点として集計してみると、このような結果となりました! 1位になったのは終始安定の結果を見せた『 ウェブリオ英語翻訳アプリ』となりました!さすが日本最大級のオンライン辞典の公式アプリだけありますね。 参考元: 2. オフライン対応 せっかく翻訳機能が優れていても、海外で電波の入らない所で翻訳を使いたいなんていう時には困りますよね。 そこでiPhoneを機内モードにした状態で使えるかどうかチェックしてみると…このような結果に! どれか1つくらいオフラインでも使えるものがあればと思ったのですが、残念ながらそうはなりませんでした。 翻訳したい時は最低限Wi-Fiの入る場所を確保しないといけないということですね。 それぞれの独自機能 評価項目はそれぞれのアプリのアピールタイム!特徴的な機能をピックアップしていきます。 まず最初は『 Google翻訳』。 何と言っても目玉機能は 写真撮影での翻訳機能。 撮影するだけで写っている単語や文章を翻訳してくれるんですよ また 音声や手書きでも入力できるので、使い道は幅広くなっています。 翻訳精度はそれなりといったところですが、おおよその意味をつかむ程度には汎用性は抜群ですね。 お次は『 エキサイト翻訳』。 一番の特徴は日本語入力システムATOKで文章を作れるアプリ『ATOK Pad』との連携。 翻訳したい文章の作成にATOKを使えるので、ATOKユーザーにはうれしいところ機能となっています。 また翻訳した文章はSNSだけでなく、Evernoteにも保存できるように。 ATOKでの文章入力の連携とEvernoteへの保存と、ガッツリ使い込みたい方にはピッタリな機能が満載となっています。 アプリの名前の通り一番の特長は音声入力。 設定で切り替えればマイクに向かって喋ることで日本語を英語にしたり、しゃべってもらった英語を和訳してくれますよ。 ヒアリングに自信がない時にはiPhoneに向かって喋ってもらうっていう使い方もできますね。 4つ目は『 ウェブリオ英語翻訳アプリ』。 さすがオンライン辞典の大手のアプリということもあって翻訳結果と一緒に表示される情報が充実しています。 英訳・和訳をしたどちらの場合でも、結果の下には類似の例文やそれぞれの単語や熟語の訳も表示。 ただ翻訳するだけでなく、例文や個別の単語訳など英語の勉強にも使えますね。 最後は『 VoiceTra』。 最初の翻訳精度の結果でもはっきりしていた通り、このアプリが得意なのは会話の翻訳。 ポイントは入力した文章をそのまま翻訳するのではなく、このアプリなりに解釈した文章に変換してから翻訳するところなんです。 この機能のお陰で訳された文章がどんな風に伝わるのか分かるので、会話が噛み合わないなんてこともありませんよ。 以上これらの特長を私ともぞうが独断と偏見で採点したものがこちら!点数は5点満点としました。 1位は翻訳だけでなく豊富な例文など英語学習にも役立つ情報が充実していた『 ウェブリオ英語翻訳アプリ』。 次点は英会話だけの対決だったら間違いなくぶっちぎりであろう『 VoiceTra』としました。 自然な英会話なら間違いなく精度はNo. 1かと思われます。 一番使える「翻訳アプリ」決定戦 総合評価 以上、3つの項目の評価結果をまとめたものがこちら! 栄えある「翻訳アプリ」総合No. 1を手にしたのは『 ウェブリオ英語翻訳アプリ』となりました〜! 対決する前には『 Google翻訳』が当然上位に食い込むかと思われましたが、終わってみれば5アプリ中4位という結果にはちょっと驚きでした。 今回は一つの目安として順位を付けましたが、それぞれのアプリには他にはない特徴があるので自分の使い方にあったアプリを見つけてぜひ使ってみてくださいね。

次の

翻訳アプリは本当に便利なのか?翻訳機との違いを徹底比較

翻訳 アプリ 正確

英語の翻訳アプリっていろいろあるけど、どんなアプリが正確に訳してくれるのか気になるところですね。 数ある翻訳アプリの中で正確で使いやすいもの、また英語の学習に役立つ機能などをお伝えします。 英語翻訳アプリ google翻訳 まず有名なアプリとしてはgoogle翻訳アプリです。 こちらのアプリはなんとスマホに向かって英語や日本語を話すだけで自動で翻訳してくれる優秀なアプリです。 さらに他の翻訳アプリにはない面白い機能として「リアルタイム翻訳」 というものがあります。 まず、Google 翻訳をインストールしてアプリ内のカメラマークをタップします。 スマホのカメラを翻訳したい言語にかざすと・・・ なんとアプリが文字を認識して翻訳された言葉が写しだされるという驚きの機能なんです。 今までは一度カメラで撮影して文字を翻訳するという機能だったのですが、カメラをかざすだけで写っているものをどんどん翻訳してくれます。 まさにSF映画さながらの時代になってきましたね~ ただこちらのカメラ機能の翻訳は正確さにバラつきがあるのですべてが正確に翻訳されるわけではありません。 英語翻訳アプリ LINE翻訳アプリ」 さて次にご紹介する英語翻訳アプリは「LINE翻訳アプリ」です。 みなさんもたぶんLINEは普段からお友達や家族との連絡手段に使われていると思います。 このLINEに実は素晴らしい翻訳機能があったのをご存知ですか? いつものようにラインを送る感じで日本語を送信すると一瞬で翻訳してくれるおすすめの翻訳アプリです。 使い方は、LINE公式アカウント「LINE英語通訳」を友だち登録します。 あとは「LINE英語通訳」を相手に翻訳したい言葉をいつものようにメッセージを送るだけですぐに翻訳された言葉が返信されてきます。 さらにグループトークに入れると同時通訳もしてくれるんです。 例えば、外国の友達とLINEでトークするときは ・あなた ・友達 ・LINE英語通訳 でグループを作ります。 するとお互いの言葉をLINE英語通訳が翻訳してくれるという優れた機能があります。 あなた専用の通訳がいる感じですね! LINEを日頃から使っている人は友だち登録しておくといざというときに使える英語翻訳アプリです。 英語の翻訳だけでなく他の言語も翻訳してくれます。 もちろん完ぺきな翻訳にはならないときもありますが、英語翻訳の手助けとして参考にできるのではないでしょうか。 英語翻訳アプリ Weblio翻訳 次は辞書でおなじみのWeblioの翻訳アプリです。 この英語翻訳アプリの最大の特徴は発音です。 翻訳アプリなのに発音もしてくれるので意味を確認しつつリスニング・シャドウイングにも使えるおすすめの翻訳アプリです。 スピーカーマークをタップすると翻訳して英語をネイティブの発音で聞くことができます。 文法が間違っていてもすごくナチュラルなネイティブ英語で発音してくれるのでそれだけでこの英語は正しいのではないかという風に思ってしまうほどです。 1つの文章に対し、似ている例文も示してくれる機能があるのでただ翻訳して満足するだけでなく他のパターンや言い回しを勉強することができます。 一度翻訳した文はその後も履歴が残っているので、「この翻訳なんだったかな~」と忘れてしまった時でも、その翻訳をすぐに見て、復習することができます。 何度も繰り返すことで脳は記憶を留めやすくなります。 発音だけでも繰り返し聞いてみる、スピーキングしてみるのも効果的です。 このような特徴を持ち、ただの翻訳アプリ以上に便利な機能がついている英語翻訳アプリがこのWeblio翻訳アプリです。 一単語一単語発音してくれる機能もあるので、発音練習、リスニング練習のでも非常に役立つアプリになります。 翻訳アプリを使ってより正確な翻訳をする3つのポイントとは? すべて無料で使える便利なアプリですが機械翻訳はおかしな翻訳結果になることが多いと思っている人もいるでしょう。 ちょっとしたポイントを押さえれば今までよりも正確な翻訳をしてくれます。 英語翻訳アプリ使う際になるべく正確に翻訳するポイントをお伝えします。 1、必ず日本語に主語をつける 日本語の文章に必ず「私は、私が、彼が、彼女が」といった主語をつけて文章を作ります。 普段話すときは主語をつけない場合でも必ず入れるようにしてください。 日本語は主語を省略して話すことが多いですが、英語は必ず主語をつけるのが正しい文法です。 話すときは省略することもありますが、翻訳するときは必ず主語をいれるようにすると、翻訳の精度が上がります。 2、漢字が使える部分には、ひらがなではなくなるべく漢字を使う ・聞いたことがない ・効いたことがない 上の2つの文章はどちらも「きいたことがない」ですが、まったく意味が違ってきますよね? 翻訳アプリが認識しやすいように意味の分かる漢字を使ってみてください。 3、文章はなるべくシンプルに 翻訳する日本語や英語ははなるべく短く、シンプルにすることが正確に翻訳するコツです。 ポイントとしては接続詞で一旦区切って訳すといったイメージです。 接続詞が2つ以上で長い文章になると正確な翻訳にはならない可能性が高いと思ってください。 また、せっかく主語や動詞、目的語をしっかりと入力しても、修飾語が多い文章は翻訳の正確さに欠けます。 長い文章は意味の分かる箇所で一旦区切って、翻訳する文章をわけることで正確な翻訳結果が表示されやすくなります。 長文を翻訳する場合ってどうするの? 論文や長い記事を英語に翻訳したりする時に上記のような方法では、かなり時間がかかってしまいます。 そういう場合は翻訳アプリよりGoogle Translator Toolkit(翻訳者ツールキット)がおすすめです! これは翻訳の機械翻訳と人間の翻訳者によって蓄積された翻訳メモリのデータを使った翻訳支援のためのツールです。 ファイルアップロードやアクセス先の全文翻訳長文テキストの貼り付け動画(字幕)アップロードなどを翻訳することができます。 txt ・Word(. d・リッチ テキスト(. rtf) ・Open Office. odt ・Wikipedia ・knol ぜひ論文などの長文翻訳でお困りの方は試してみてくださいね!! ここまで、翻訳を中心にお伝えしてきました。 しかし、英語は翻訳だけ上達しても実践で使える英語にはなりません。 リスニング力をつけることも、英語力をアップするには、とても大切です。 以下の記事はただ聞くだけよりも4倍も効率的にリスニングができるようになる内容です。 実際に私が試行錯誤してたどり着いた方法です。 そして聞き流すだけの教材がなぜ効果がないかの理由についてもお伝えします。

次の

英語翻訳アプリおすすめ10選!音声や静止画、多言語翻訳にも対応

翻訳 アプリ 正確

Tips to achieve a better translation If the translation doesn't seem right, then try this. If any are missing, supplement the original text to make it complete. 2. Take longer sentences and break it down with each conjunction so that the subject and predicate of each phrase or passage are clear. 3. If you are experiencing mistranslations, it may be due to a mistake in the original text. Here are some common mistakes. 4. Coined words and some unnatural expressions in Japanese using phrases such as "... 的" or "... 化" may cause mistranslations. To the extent possible, also try to avoid ambiguous expressions that rely on the context, and use verbs that are more restrictive in meaning. 5. Make some edits to the articles, pronouns or tense of the translated result will help you create a smoother translated sentence.

次の