韓国 ドラマ 不滅 の 恋人 最終 話。 最終回「不滅の恋人」第20話あらすじと見どころ:兄チュ・サンウクと弟ユン・シユン最後の戦い!豆知識:若き王は王役ご用達の子役

NHK韓国ドラマ2020の地上波放送予定一覧:見逃しや再放送予定も!

韓国 ドラマ 不滅 の 恋人 最終 話

病弱な国王と2人の大君(イ・ガンとイ・フィ)の三兄弟は、それぞれ別の場所で育った。 王位継承を脅かさないようにと宮廷を出されて育ったイ・ガンは、宮中で育ち、誰からも愛され優秀なイ・フィと比べられることが悔しかった。 ある日偶然イ・フィと朝廷の重臣のチャヒョンが出会った。 イ・ガンもチャンヒョンに恋に落ちるが、チャンヒョンはイ・フィを選んだ。 スポンサーリンク 韓国ドラマ2019NHKBSプレミアム『100日の郎君様』 放送開始日:2019年7月21日〜 BSプレミアム 毎週日曜日午後9:00(全16話) 『100日の郎君様』あらすじやキャスト: 『韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック』の発売まで、あと約1週間。 表紙や裏表紙の内側にも素敵なビジュアルを入れているので、ぜひチェックしてみてくださいね。 王家に生まれた幼いイ・ユルは高官の娘のユン・イソに結婚を申し込みますが、ユルの父らが起こした謀反によってイソの家族は暗殺され、イソも行方不明に。 16年後、ユルが暗殺者に狙われて逃れた際に記憶喪失になってしまい、それ以降ウォンドゥクと名乗り、暮らすことになります。 一方ホンシムと名を変えて暮らしていたユン・イソ。 ウォンドゥクとホンシムはかつてユルが下した命令により結婚することになるのです。 宮廷育ちのウォンドゥクは庶民の暮らしになかなか馴染むことができませんが、不本意に結婚させれらたため自分を受け入れられない彼女に受け入れられようと努力するのです。 オクニョ放送中や直後のNHK での再放送はありませんでした。 日曜日午後11時放送の再放送はあまりないようです。 今回は再放送があるといいですね。 見逃してしまった場合は、配信サービスを利用したいところですが、現在100日の郎君様と不滅の恋人を配信しているサービスはないようです。 動画配信サービスは日々更新されているので、新たに配信されることに期待ですね。 動画配信サービスの中でも最新韓国ドラマの配信が早いのがU-NEXTです。 U-NEXTはオクニョも見放題で全話配信中ですよ。 U-NEXTは月額1990円の動画配信サービスですが、初回登録から31日間は無料で視聴できるので、気になる方は登録してみてくださいね。 \ 韓流ドラマをを見るならこちら/.

次の

不滅の恋人

韓国 ドラマ 不滅 の 恋人 最終 話

2018. 06 不滅の恋人-あらすじ-最終回 20話 -結末は!? 韓国ドラマ-不滅の恋人-あらすじ-19話-の想付きキャスト情報をネタばれありで! キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。 だけど、計画はどこからか漏れていた。 ガンが輿に乗っているかと思ったが影武者だった。 フィは急いで王宮に向かい、ガンと戦った。 ガンはフィに負けてしまい、密宮に幽閉されてしまう。 ウルンたちはルシゲを人質にとり、王宮に入ろうした。 しかし、ルシゲを斬ってしまう。 【不滅の恋人】ネタバレあり 最終回 20話 フィはルシゲを御医に診せたが、回復の見込みがなかった。 フィたちはなんとかお願いしていた。 その時、ルシゲが目を開け、フィの手にフィの名前を書いた。 そして、ルシゲが息を引き取った。 フィとジャヒョンはともに泣き、ギトゥクはルシゲのおでこにキスをして、女真の言葉で泣きながらバカ。 と言っていた。 ギトゥクが一番かわいそう…。 ルシゲはフィが好きだったし、気持ちの持って行くところがない… ミョンは母親キム氏の所に戻った。 ウルンとジャジュンはガンが使う抜け道を使って、ガンとナギョムを連れ出すことにした。 抜け道の先にはホン尚宮が待っていた。 そして、ガンは密宮、ナギョムは交泰殿にいることを聞いた。 ウルンはガンの所に着き、身を隠すことを言うが、ガンは命の心配をしなければならないのか?と怒鳴っていた。 ジャジュンもまたナギョムの所に行ったが、ジョングクと戦っていた。 その様子を見たナギョムはホン尚宮に連れられて逃げようとしていたが、目の前でジャジュンがジョングクに斬られてしまう。 ガンはウルンに 「王宮に戻ってこられるのか?ウンソンとスンピョンも王宮に戻れず策を弄してきた。 ここに残る。 何としても王宮で勝負せねばならぬ。 ウンソンさえ消せば幼いスンピョンや母上ごときは私に逆らえぬ。 」と言った。 ウルンは 「トチョン管が兵を掌握し寝返る内禁衛の兵もおり誰も信じられません。 」と言い、 ガンは 「私は元来誰も信じておらぬ。 」と答えた。 そこに、ナギョムが来た。 そして、ジャジュンが斬られてしまったことを聞き、ホン尚宮にナギョムを頼んだ。 兄の敵を討ち、子を守れ。 ということだった。 ナギョムは、婚姻後の忠誠の話をした。 そして、ガンは、ナギョムに支えられた。 と感謝した。 ガンはそのまま、王宮に戻って行った。 最後はナギョムに感謝したんですね…。 ガンは正殿に向かった。 そして、ウルンにフィを呼ぶように言った。 ナギョムは王宮の外へ逃げた。 ウルンはフィの所へ行った。 ギトゥクが斬りかかろうとした時、ウルンは膝をつき、ガンが正殿で待っていると伝えた。 ジャヒョンは大妃シム氏を呼びに行った。 フィもまた正殿に向かった。 ガンは王座に座っていた。 フィはその座から下りろ。 と言った。 ガンは時間があれば聖君になれた。 と言ったが、フィは 「民の指示を得られなかった。 王座を守れなかったのは不当な方法で王になったからだ。 」と言った。 ガンは 「私とて自覚している。 それゆえ、愛も得られなかった。 最初はお前の女ゆえ惹かれた。 ヨンのように死なせず、お前から奪い、その心も わがものにしたかった。 さすれば、私は価値のある男だと証明できると思った。 」と答えた。 フィは 「兄上にはすでに妻がいる。 」と言ったが、 ガンは 「そんな思いのまま妻を娶り、その後も諦めなかった。 王になれば、すべてが手に入ると思ったからだ。 望みはすべてかなうと。 信じていた。 」と答え、 フィは 「昔に戻るのだ。 私たちの家族に。 そして私の兄に。 王位を失い、刑罰を受けることになるが、流刑で済めば生き延びることはできる。 王でなくなっても家族は寄り添ってくれる。 」と答えた。 ガンは 「来世ではそう生きる。 いや、来世ではこんな選択はしない。 殺してくれ。 恥辱に満ちた人生など御免だ。 一生償うなら命を捨てる。 」と言った。 フィは 「最後は家族のことは考えぬのか?母上を更に苦しめたいのか?」と泣きながら言った。 ガンの本当の気持ちでしょう…。 ガンはフィと戦い始めた。 2人は正殿の外に出た。 そこに大妃シム氏がきたが、ウルンがガンを斬った。 そして、ギトゥクがウルンを刺した。 ウルンは 「ウンソン大君様は王様を斬れぬゆえ、私が斬るよう王様がご命令を。 王様は死ぬつもりでここに来られたのです。 」と言った。 ガンはウルンに正殿に行く前に、斬ることを頼んでいたのだ。 それは、ウルンだけがガンの味方だから、ウルンに任せたかったのだ。 ガンは 「私の愛する人たちが皆ここにいる。 誰も私のために泣かないでくれ。 すべて手放せば、これほど自由になれるとは。 これほど、心安らかになるとは。 」と言い、息を引き取った。 ジャヒョンはガンの目を閉じて、 「生まれ変わったら、どうか愛される人に。 」と言った。 なんか、悲しい終わりですね…。 死ぬことが分かって自由になった気持ちになるなんて… ルシゲの葬儀はジャヒョンの家で執り行われることになった。 ナギョムのところにもガンが亡くなったことが伝わった。 王宮では、ミョンが成長するまで、フィが摂政を執ることになった。 ギトゥクはルシゲを失ったことでフィの傍を離れることにした。 フィはジャヒョンの実家で同居することになってしまった。 まさかの同居。 まぁ、これが一番なのかもしれないですね 10年後。 ミョンは大きく育ち、意見を言えるまで成長していた。 そして、フィは王宮を離れることを決めた。 先にオクを辞職させて、ミョンに中殿を決めてからフィが王宮を離れるということにした。 ジャヒョンの所では宴が開かれていた。 そこに、女の子が来た。 女の子の名前はイ・ソファと名乗り、ジャヒョンに会いに来た。 ジャヒョンはすぐに外に出たが、すでにナギョムはいなかった。 どうして、預けたんでしょうか。 これ以上はダメだと思ったのでしょうか ギトゥクもまた戻ってきた。 ナギョムはガンの墓参りをしていた。 ナギョムは 「ソファをジャヒョンに託しました。 立派に育ててくれます。 そちらはいかがですか?お望み通り、聖君になられましたか? それとも、そちらでも孤独でこの世を恋しくお思いに?そろそろ私もそちらに召してください。 お会いしたいです。 恋しいです。 」と言った。 ジャヒョンはソファと共にガンの墓参りに来た。 ソファはジャヒョンたちの娘として育てることにした。 フィとジャヒョンは一緒に絵を描いていた。 20話(最終回)の感想 ガンの最期があまりにもかわいそうです。 死ぬことで、自由を得て、心が安らかになるなんて…。 どれだけ小さい時から 気を張って生きてきたのだろうか。 でも、出会った人物が悪い気もする。 ヤンアン大君にそんな風に育てられたんだろうなと このガンの最期の言葉で思ってしまう。 だけど、それでも、ヤンアン大君は父親代わりだったんでしょうね…。 なんとも、いえないですよね。 フィとジャヒョンはうまく行って2人も子供が出来たんですね。 だけど、そこに来たのがナギョムとガンの子供ソファ。 ナギョム1人で育てていたけど、途中でジャヒョンに預けた。 それは、そろそろ、ガンの所に行きたかったから?と思います。 ジャヒョンに預ける所もナギョムの気持ちなんでしょうね。 ミョンも王様らしくなっていましたね。 このままよい政治を行ってくれそうな感じです。 ガンの最期は悲しい結末だったけど、フィとジャヒョンが幸せそうでした。

次の

韓国ドラマ

韓国 ドラマ 不滅 の 恋人 最終 話

ルシケは仲間たちに看取られながら、ついに死を迎えます。 長くフィの側近を務め、苦楽を共にしてきた戦友。 その戦友の一人が、クーデター成功と共に華々しく散ったのです。 一方、フィとの戦いに敗れたガンですが、しぶとくまだ生き残っていました。 そして権力への野望を捨てきれず、再起を図ろうとしますが・・。 ヨウル・ウンは今は分が悪いと判断し、ガンに王宮から脱出するよう勧めます。 今はあえて従ったふりをし、しかるべき時が来るのを待つのです・・と。 確かに、今はガンを支持する人間はほとんどいません。 その状況で彼がどれだけ抵抗しても、大火に水滴を垂らすようなものだったのです。 なんということだ・・この私が弟のフィに負けるとは・・口惜しい・・。 結局、ガンはヨウル・ウンの助言を聞き入れず、そのまま王宮に残ります。 一度でも王宮を離れたら、二度と戻って来れないと思ったからです。 そしてまた、天下人になった旨味を忘れられなかったということもありました。 彼は両班の一人ではなく、朝鮮王朝のトップにまで上り詰めたのです。 その地位を簡単に手放すことなど、できるはずもなかったのです。 こうしてガンは水面下で態勢を立て直し、フィに逆襲することになりました。 現状では無謀な発想でしたが、ガンはいたって真剣です。 だからこそ、彼は妻のナギョムを王宮から脱出させたのです・・。 やがてガンは機が熟したと判断し、フィに戦いを挑んでいきました。 そして死力を尽くしての奮闘を見せますが、あえなく剣に倒れ息を引き取ります。 しかも彼に止めを刺したのはフィではなく、部下のヨウル・ウンでした。 そう・・ガンに王宮を脱出せよと進言した男です。 フィはウンがガンを斬ったことに驚きますが、ウンは事情を説明します。 実は王は生前、フィが俺を殺さなければお前が斬れとおっしゃられていました・・と。 こうしてガンは死に、フィとガンの戦いはついに終わりを告げるのでした。 悲喜劇合わせて様々なドラマがあった二人の戦いですが、最後はあっけないものでした。 フィは国家を正常化できたことに満足していますが、ガンの死を前に複雑な思いを抱きます。 俺たちは兄弟だったのに・・なんとか分かり合える方法はなかったものか・・と。 しかし全ては後の祭り、稀代の英雄にして暴君でもあったガンは、この世を去りました。 一方、ナギョムはささやかな希望を抱きつつガンが戻るのを待っていました。 その希望とは、お腹の中にガンの子供がいるということです。 彼女はその子供を産み、立派に育てて、いつの日にか王にすることを望んでいます。 しかしガンが亡くなったことを知り、ナギョムは絶望するのでした。 どうして・・どうしてなの・・私を置いてどうしてあなただけ・・と。 彼女の悲しみを癒せる人間は、残念ながらどこにもいません。 確固として存在しているのは、厳しい現実と勝者だけです。 それでも、ガンがいなくなった王朝は落ち着きを取り戻していました。 まだ幼い先王がフィや大妃に支えられながら執政を開始し、重臣たちもそれに従います。 フィも自らの知識と経験を惜しみなく王に与え、縁の下の力持ちとして政権基盤を支えています。 不安定な部分はたくさんありますが、皆で王を盛り上げていこうという雰囲気がありました。 一方、ガンが死んで悲しみに暮れていたナギョムですが、子供のために気力を取り戻します。 ここで私まで沈んでいたら、お腹の子供に申し訳ない・・ガンにも顔向けできない・・。 そんな思いで彼女は苦労を見事に乗り越え、元気な娘を産むのでした。 そして生まれて来た子供を、フィとジャヒョンも温かく迎えます。 この厳しい環境の中で・・ほんとよく生まれてきたな・・と。 さらにナギョムの意向も汲み取りつつ、フィとジャヒョンはナギョムの娘を引き取ります。 そして二人の子供として大事に育てていくことになりました。 一方、フィの側近として長く使えてきたギトゥクですが、彼は一大決心を固めてフィの元を去ります。 その理由は、ルシケが死んだことで自分なりにケジメをつけたいと思ったからです。 彼の辛い気持ちはフィもよく分かっていたので、フィはギトゥクの申し出を了承します。 今までよく仕えてくれたな・・お前には本当に感謝しているぞ・・。 それから10年の月日が流れ… 王宮は安定を保っていました。 フィが摂政を担当し、王が善政を行えるよう最大限のバックアップをしていたからです。 しかし、ミョンが大きく成長し立派になったのを見て、フィは引退を決意するのでした。 そろそろ潮時かな・・後は若い者らに任せていいだろう・・と。 こうしてまた一つの時代が終わり、フィはオクと共に王宮を離れます。 一方、ナギョムの娘・ソファも成長し、ジャヒョンになついていました。 そして二人は共にガンの墓参りに行き、親子の絆を確認します。 フィはようやく全ての責任と苦労から解放され、安寧の余生を過ごすことに。 もちろん傍らにいるのは、修羅場の中で共に夫婦の誓いを立てた、ジャヒョンです...。 END 感想 ガンに対して見事な勝利を収め、先王を王座に返り咲かせたフィの活躍は立派です。 ただ、最後まで諦めようとしなかったガンの根性にも感心しました。 彼のどぎつい野望は好きになれなかったのですが・・。 飽くなき闘争心と反抗心は、見習えるところもあると思いました。 ただ、仲間を信用せず孤立したことで崩壊を招いたことは、悪い見本です。 逆にガンは、常に仲間を信じて、皆で一緒に事を成そうとしていました。 だから孤立することはなかったし、むしろどんどん仲間が増えていきました。 フィとガンの明暗を分けたのは、その辺にあったんじゃないかと思います。 そして・・ガンがフィではなく、ヨウル・ウンに斬られたシーンも印象的でした。 本来ならフィが自ら止めを刺すべきでしたが、彼はできなかったんですね。 ガンのことを憎みながらも、一抹のリスペクトがあったのかもしれません。 ヨウル・ウンはそれを見て、フィに成り代わってガンを斬りました・・。 そして全てが終わって、フィはようやくジャヒョンと正式に結婚!あらゆる不安とプレッシャーから解放されたような、二人の安堵に満ちた顔・・。

次の