エラメイ ライブ。 バーチャルYoutuber専用アプリ『メイアライブ』〜カメラ・VR不要でキャラが動く〜Windows・Mac両対応(無料ダウンロード版あり)

Ella Mai(エラメイ)のヒット曲”Boo’d Up”にニッキーらが参加したリミックスが登場

エラメイ ライブ

もう少し下でまとめたほうが無難です。 仮にあなたの前方にそんな髪型の人がいて、その団子1つ分のせいで演者の顔がちょうど見えないって想像したら嫌な気しません? 客数が明らかに少ないライブならそこまで気にしなくても良いんですが。 背の高さはどうしようもないにせよ、靴や服、帽子、アクセサリー、髪型など配慮出来る事は率先して配慮してもらえると周りが助かります。 それがマナー。 ライブに行く時は極力必要最低限の荷物で行ってください。 ライブハウスにロッカーがあればそこに、無いなら最寄りのコインロッカーに「(貴重品以外の)ライブを観るのに必要無いもの」を突っ込んでから来場ください。 間違ってもスーツケースなんか持って来ないように(たまにいます)。 >気を付けておくこと (女性なら)危ないのでヒールは履かない。 暗いので痴漢に注意。 たまに勢いで露骨に肘や腕を胸に押し付けて来る人がいます。 気にするなら女性客の近くを陣取ってください。

次の

松尾潔 Ella Mai『Boo'd Up』を語る

エラメイ ライブ

エラ・メイ『Ella Mai』 エラ・メイ(Ella Mai)がいよいよ日本にやってくる。 昨年、アルバム『Ella Mai』でメジャーデビューを果たしたそのロンドン出身のシンガーソングライターは、10月31日になんばHatchで、11月1日に東京国際フォーラムで、それぞれ公演を行う。 本稿では、そんなエラ・メイについて、来日を機に今だからこそ知っておきたい5つのことを紹介する。 始まりは15秒のIG動画 12歳から17歳までニューヨークの音楽学校に通っていたエラ・メイだが、地元ロンドンに戻ると小売店で働きながら学校に通い、寝室で歌った15秒の動画をInstagramに投稿する日々を送っていた。 そのうち、2パック(2Pac)の代表曲の一つである「Keep Ya Head Up」をカバーした動画がDJマスタード(Mustard)の目に止まり、やがて彼のレーベル<10 Summer Records>との契約に至ったという。 多くのプロデューサーから連絡を受けるなかでマスタードと契約した理由は「彼が粘り強く連絡してくれた唯一の人だったから」なのだとか。 「メンターであり兄のような存在」だというマスタードについて、彼女は次のように。 「私が疑問に思ったことがあると、彼はいつも答えを知ってる。 仕事に関係ないことでも、何か困ったことがあるときは、彼に電話すればいつも味方になってくれる」 2. お母さんは最大の理解者 上述のとおりLAに渡り音楽の道を志すこととなったエラ・メイだが、才能に恵まれているとはいえ、まだ若い娘が海外で夢を追うと聞いて、心配しない親は少ないだろう。 しかし、そんな彼女の可能性を誰よりも信じてくれたのが、ロンドンで教師をしている母親だったのだとか。 () 「21歳の娘が地球の反対側のLAまで行くなんて、多くの人は許さないでしょ? でもうちのお母さんはいつも私の夢に協力的だった。 デビューアルバム『Ella Mai』のスキットは彼が書いたものだという逸話もある。 その実力は大御所からもお墨付き 2017年にケラーニ(Kehlani)のツアーに帯同し、翌2018年にはなんとブルーノ・マーズ(Bruno Mars)のサポートアクトに大抜擢されたエラ・メイ。 『Ella Mai』にもクリス・ブラウン(Chris Brown)、ジョン・レジェンド(John Legend)、H. といった豪華アーティストが参加している。 これは、彼女の実力がそれだけ多くのアーティストに認知されていることの証左といえるだろう。 直接一緒に仕事をしたことのないアーティストから嬉しい言葉を受けることもあるという。 メアリー・J・ブライジ(Mary J. Blige)もその1人だ。 彼女からメッセージを貰った日のことを、エラは次のように。 「私やH. がよく一緒に仕事する作曲家がいるんだけど、彼が『どこに居る? ちょっとFaceTimeできない?』ってメッセージを送ってきたんだ。 私はドレイク(Drake)のコンサートを観ようとしてたから、ちょうどThe Forumに入るところだったんだけど、彼が『メアリーが話したいって』って言うから、『もちろん! 早く電話して』って言ったの(笑)。 彼女は私が今お気に入りのアーティストだって言ってくれた。 ヤバかった、彼女は(自分にとって)大きなインスピレーションだから。 お母さんもメアリー・J・ブライジが大好きだから、私が電話してると知ったら嫉妬すると思うって伝えた」.

次の

来日公演が迫るエラ・メイ:松尾潔と林剛が語るR&Bダークホースであり90年代R&Bの申し子の魅力とは

エラメイ ライブ

なので、「鼓動が早くなる」と意訳しています。 バスケットではジャンプボールから試合が始まることから、「from the jump=始まり」という意味になるそうです。 2018年2月にシングルカットされたことで、ラジオで繰り返し流され徐々に人気に火がつき爆発的ヒットに繋がります。 一方で地元イギリスではアメリカ程ヒットはしませんでした。 可愛いですね! 最後に感想を 翻訳をするのにあたっていろいろなメディアの記事を読み漁るのですが、エラ・メイに関してはビルボードもローリング・ストーンズ誌なども絶賛の嵐でした。 ほぼ無名だったエラ・メイが今年の春あたりにビルボードのチャートに入って、その後上位をキープし続けているのを見ていてずっと気になっていました。 解説にも張ったのですが、まだ見ていない方のためにエラ・メイのインタビュー動画を置いておきます。 見たらきっと好きになると思いますよ! さて、今回は以上になります。 最後まで見て頂きましてありがとうございました。 出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。 意図的にsomething にすることで、何か意味が広がるのでしょうか。 また、 Oh, how many ways can I say that I need you? 遅ればせながらElla Mai聴いています!ど真ん中のラブソングですが、なんだか懐かしい雰囲気もあって安心感ありますねー これからもサイト楽しみにしています!.

次の