福岡 堅 樹 医学部。 福岡堅樹の家族は医者?両親が歯医者で祖父は開業医?元女優の姉も!|YU FIRST

福岡堅樹 引き留めがヤバい!医学部受験はどこ?筑波大医学群?

福岡 堅 樹 医学部

もくじ• 福岡堅樹の学歴~出身大学の詳細 スポンサードリンク 出身大学: 筑波大学 情報学群情報科学学類 偏差値58(やや難関) 福岡堅樹さんは高校卒業後は、国立大学の筑波大学に進学しています。 スポーツ選手には珍しく体育専門学群ではなく、一般受験で情報学群に合格しています。 実は福岡さんの第一志望は同大の医学群(偏差値68)でしたが、現役と1浪でいずれも不合格となっています。 また筑波大学を選んで進学したのはラグビーの強豪大学でありながら、医学部があるという理由だったことをインタビューで明らかにしています。 国立大の医学部で強いラグビー部がある筑波大の医学群(同大学は医学群と呼ぶ)を目指すことにしました」 また2浪して私立大学の医学部を受験することも検討しましたが、親の経済的な負担を考えてやめています。 「ラグビーの強い私立大学の医学部を受けることも考えましたが、金銭的に親には負担を掛けたくなかったんです。 1年間ラグビーと離れていたことで、その気持ちが勝ったため、筑波大学の情報学群を受験することにしました。 ここが現時点での、僕の人生の分岐点でした」 医学群には入学できませんでしたが、大学時代は同大のラグビー部に在籍しています。 ラグビー部では1年生の時からレギュラーとして活躍して、その年には同大初の大学選手権準優勝に貢献しています。 また大学2年生の時にラグビー日本代表にはじめて選出されています。 大学4年生だった2015年にも同大の大学選手権準優勝に貢献するとともに、イギリスでおこなわれたラグビーワールドカップの日本代表にも選ばれています。 大学卒業後は社会人トップリーグのパナソニックワイルドナイツに入団して主力選手として活躍しています。 またラグビーワールドカップ2019の日本代表にも選出されています。 なお福岡さんは2020年の東京オリンピックでラグビーを引退して、その後は再び医学部を目指すことを公言しています。 スポンサードリンク 福岡堅樹の学歴~出身高校の詳細 出身高校:福岡県 福岡高校 偏差値72(超難関) 福岡堅樹さんの出身校は、県立の共学校の福岡高校です。 この高校は1917年開校の伝統校で、県内では県立修猷館高校や県立筑紫丘高校と並んで「御三家」と呼ばれるほどの進学校です。 同校の2018年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。 東京大学:7名 京都大学:5名 大阪大学:10名 九州大学:91名 早稲田大学:19名 慶応義塾大学:6名 西南学院大学:170名 福岡さんはこの高校に一般受験で入学しており、かなり高い学力を有しています。 高校時代もラグビー部に在籍しており、高校1年生の時から主力選手として活躍しています。 ただし当時の福岡さんは卓越したスピードはあったものの、スタミナがまったくなかったことから「ウルトラマン」と呼ばれていました。 また高校2年生の夏合宿で左ひざの前十字靭帯を断裂する大怪我して手術を受けています。 この怪我をきっかけに福岡さんは練習に取り組む姿勢が変わって、技術だけでなく体を大きくするトレーニングに取り組んで持久力のなさをカバーしようとしています。 ところが高校3年生の時には今度は右ひざの靭帯を断裂する大怪我を負ってしまいます。 その際も手術を受けたのですが、十分に完治しないうちから花園の地区予選に出場しています。 また2度の手術で親身にしてくれた整形外科医に憧れて将来は医学部を目指そうと思ったことをインタビューで明らかにしています。 「花園の県予選はテーピングでガチガチに固めて試合に出場して、本番を合わせると3カ月間ほどじん帯がないままプレーしたんです。 その際にお世話になったのが、整形外科の先生で。 何事もポジティブに考えさせてくれる先生との出会いで、より医師を目指そうという気持ちが強くなりました。 同時に、けがをしたからこそ見えたものもあり。 花園出場で満足することなく、大学でもラグビーを続けてみようと」 ちなみに福岡さんの治療を担当したのは福岡市内で「まえだ整形外科」を営む整形外科医の前田朗さんです。 そして高校3年生の時には「超」のつく進学校にも関わらず、花園にも出場しています。 なお福岡さんは高校時代はよい指導者に巡り会えたことから、ラグビーと勉強を両立できたとも語っています。 加えて高校時代の福岡さんはクラスではリーダー的な存在で、真面目で何事にも一生懸命だったと当時の担任の先生がインタビューで話しています。 高校3年生の時にはクラスメイトとバンドを組んでギターを担当し、文化祭で演奏を披露しています。 学校の成績も非常によく、医学部を目指していただけに数学や物理、化学などの理系の科目が得意だったとのこと。 さらに当時の同校は敷地内に「福高研修学園」という付属の予備校が設置されていたのですが、福岡さんも部活動に打ち込む傍らそちらにも通って勉強に励んでいます。 ちなみに非常に珍しい公立校の付属予備校の福高研修学園は2015年に閉鎖されています。 なお福岡さんは高校時代の大学受験の際には筑波大学の医学群のみを受験して、私立大学の医学部などは受験しませんでした。 またこの年の筑波大学の受験は東日本大震災の影響で、2次試験がおこなわれないなどの不運もありました。 【主な卒業生】 大隅良典(ノーベル医学生理学賞) 倉田真由美(漫画家) スポンサードリンク 福岡堅樹の学歴~出身中学校の詳細 出身中学校:福岡県 古賀市立古賀東中学校 偏差値なし 福岡堅樹さんの出身中学校は、地元福岡県古賀市内の公立校の古賀東中学校です。 中学時代は部活動ではなく、クラブチームの「玄海ジュニアラグビークラブ」に所属してラグビーをおこなっています。 当時の指導者からは「とにかくラグビーを楽しむ」ということを教わっています。 ただし当時の福岡さんは身体が小さかったことから、「ラグビーで上を目指そうとは思わなかった」とインタビューで述べています。 また中学校では陸上部に在籍していました。 ラグビーでも俊足として知られている福岡さんですが、中学3年生の時には福岡県大会の200mで24秒33のタイムで優勝しています。 また100mでも11秒75のタイムで県大会で準優勝しています。 福岡さんは中学3年生の時のラグビーの試合中、スライディングしながらトライをした際にグランドのくぼみにはまって足を骨折しています。 怪我との闘いのラグビー人生ですが、このころから怪我に悩まされています。 ちなみに福岡さんは3歳の頃からピアノをはじめており、中学3年生の頃まで習っていました。 そのためピアノも相当の腕前でベートーヴェンやショパンの楽曲を演奏することができ、持ち味の変幻自在のステップも本人はピアノで養ったリズム感のお陰と述べています。 スポンサードリンク 福岡堅樹の学歴~出身小学校の詳細 出身小学校:福岡県 古賀市立青柳小学校 福岡堅樹さんの出身小学校は、地元古賀市内の公立校の青柳小学校です。 家族構成は両親と姉の4人家族です。 また祖父が内科医で父親が歯科医という医師の家系に育っています。 父親は大阪大学の歯学部を卒業しており、元ラガーマンです。 さらにお姉さんは「劇団四季」に在籍した福岡唯子さんです。 福岡さんは5歳の時にラグビー経験者だった父親の勧めで「玄海ラグビークラブ」に入部してラグビーをはじめています。 小学校時代から勉強もしっかりおこなっており、必ず宿題を終わらせてからラグビーに取り組んだそうです。 そのため両親から「勉強しなさい」と言われたことがないそうです。 当時から勉強もスポーツもできる文武両道型の生徒でした。 ラグビーに関しては小学校時代は上背はなかったものの、足の速さは群を抜いていたとのこと。 当時から福岡さんは体のバネと瞬発力が桁外れで、相手選手は誰も止めることはできませんでした。 その反面スタミナがまったくなく、練習で5キロ走や7キロ走をおこなうといつもビリだったとのこと。 以上が福岡堅樹さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 夢だった医学部とラグビーの掛け持ちはできませんでしたが、ラグビーでは日本代表の有力選手としてチームをけん引するほどの存在です。 また東京オリンピックでラグビーを引退し、医学部を目指すことを公言する異色の選手です。 そのため既に残りの現役生活はわずかとなっていますが、さらなる活躍にも期待が高まります。 スポンサードリンク このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の

福岡堅樹(ラグビー)の実家の父親や医学部進学の噂がすごい!現在の怪我の状態は?|Fun Fun Sports!

福岡 堅 樹 医学部

・福岡選手は筑波大学を卒業している ・筑波大学医学部は、スポーツ医学が有名 この2点です! 詳しく見てみましょう。 福岡選手は筑波大学を卒業している まず1点目の理由としては、 福岡選手が筑波大学情報学群を卒業していると言うことです。 これはかなり大きな理由になるのかなと考えました。 少なからず、 母校への思い入れというのはあると思います。 さらに筑波大学のラグビー部といえば、国立大学ながらも有名私立大学と対等に遣り合うことのできる超名門校。 福岡選手も筑波大学のラグビー部のOBですから、医学部の勉強をしながらラグビー部に関わることも可能そうですね! ちなみに、大学によっては医学部専門の部活やサークルを設けている大学が多いそうですが、筑波大学では医学部の学生が通常の部活動に所属することも可能とのことです。 福岡選手にとっては、最高の環境と言えるのではないでしょうか。 筑波大学医学部は、スポーツ医学が有名 また、筑波大学医学部の特徴としては、 スポーツ医学が有名という点も挙げられます。 全国に数ある医学部の中でも、 スポーツ医学が学べる大学は、珍しいです。 他のスポーツ医学が学べる大学としては、 福岡選手はいつ頃医学部を受験するのかな? さて、ここからは福岡選手の医学部受験時期についても考えていこうと思います。 もともと、福岡選手は東京オリンピックを最後に、ラグビーを引退し、 医学部受験にシフトすることを発表していたようです。 そして未来の2019年のワールドカップと2020年の東京オリンピック。 どちらも日本国内で行われる大会だ。 2020年、アスリートとして肉体的にはピークに近い28歳になる。 彼のターニングポイントは、おそらくその時期となるだろう。 それまではラグビー選手として、プレーを極め、その後、医師への道へシフトして第2の人生を歩むというのが福岡の構想だ。 引用元: 今回は、予定されていたオリンピックが無念にも延期となってしまいましたが、このタイミングでラグビーを断念したということは、もともと福岡選手のなかで、2020年というのは、 ターニングポイントの年として、設定されていたのかもしれません。 仮に、2020年にオリンピックが開催されていたとしたら、• 2020年7月:オリンピック終了・引退• 2022年1月:受験• 2029年3月:医学部卒業• 2031年3月:研修期間が終了• 2031年4月:医者になる このような形で考えていた可能性も高いですね。 現在福岡選手は、28歳なので、仮に2022年1月に受験したとしたら、2031年お医者さんになる頃には、39歳ですね。 このあたりどのように考えているのかは、福岡選手次第ですが、少しでも早く医者になりたいと思うのが定石ではないでしょうか。 福岡選手は、高校時代も1浪しているとのことなので、 早くて2022年1月、遅くとも2023年1月には受験をするのではないでしょうか。 このあたりに受験をする高校生には、福岡選手もライバルとして含まれるということですね。 スポンサーリンク 【福岡堅樹】合格の可能性を予想! 合格の可能性は十分あると思います! 生意気な言い方で本当にすみません。。 私が注目したのは、 福岡選手の元々の学力です。 福岡選手の受験経験を簡単に振り返ります。 福岡選手の出身は福岡県ですが、高校は福岡高校(偏差値72の超進学校) 現役では、医学部合格の夢を果たすことができずに、1浪後、筑波大学医学部を受けるも不合格。 まずは、ラグビーを極めることを目標として、筑波大学情報学群に後期試験で合格しています! 1浪しても、医学部受からなかったら無理なんじゃないの? …と思った方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、みなさまご存知の通り、筑波大学はかなりの難関の大学です。 つまり 受験した当時はこのくらい得点率を取っていたということです。 おそらく福岡選手が当時志望校を下げなかったのは、ラグビーへの思い入れが強かったからではないでしょうか。 現在の福岡選手は、トレーニングの時間以外などは、勉強時間に当てているとのことですので、今度こそ医学部合格の夢をかなえてほしいですね!.

次の

福岡堅樹(ラグビー選手)東京オリンピックで引退後は医学部へ?医者にこだわる理由

福岡 堅 樹 医学部

学士編入も視野に ラグビーW杯決勝進出の立て役者のひとりである福岡堅樹(27)は、6月14日に会見し、7人制代表での東京五輪出場断念を発表した。 すでに福岡に触手を伸ばす大学もある中で、福岡はどこを選ぶのか? *** 福岡は14日、会見でこう話した。 「(東京五輪の)延期がささやかれ始めてから、どうするかをずっと考えていました。 大きな決断をした時には、どの選択が一番後悔しないかを、常に考えていました。 今回の選択もそれが一番大きく、この選択が一番すっきりと受け入れられるものでした」 所属するパナソニックでの15人制では競技を続けるとして、引退については「タイミングはその時になったら、自分から発信します。 今回で明言はできないと思います。 今まで日本代表であったり、7人制の合宿に参加していた時間を勉強にあてられれば、両立することができると思っています」 今年9月で28歳になる福岡。 来年4月から医学生となっても、6年学ぶとしたら30代半ばとなる。 時間は何よりも大事だったのだろう。 福岡の祖父は福岡県下の開業医で父は歯科医。 本人も名門・福岡高校在学中から医学部進学を志していた。 強豪大学でラグビーを続けたかったので、筑波大医学部を志望したものの、センター試験で合格基準に達せず。 浪人して翌年に再挑戦したが前期2次は不合格。 もう1年浪か、レベルを下げてラグビー部のない国立大医学部か、筑波大の別の学部に進学してラグビーは続けて将来的に医学部に入りなおすか……。 この選択肢中で、福岡は筑波大の情報学群を受験して合格した。 ラグビーを諦めなかった福岡は、2015年イングランドW杯、そして19年日本W杯に出場。 特に19年W杯では、大会前の肉離れで初戦のロシア戦は欠場したものの、次戦のアイルランド戦では逆転・決勝のトライを決め、さらに、インターセプト後にあわやダメ押しかという韋駄天ぶりを見せつける。 決勝トーナメント進出を賭けたスコットランド戦でも、相手後方に蹴りだされたボールに瞬時に反応してトライ、そして相手からボールをもぎ取って独走してトライと、世界でも類を見ないスピードスターであることを証明。 日本代表初の8強進出の原動力となったことは間違いない。 かねて福岡は、19年W杯、20年五輪を最後に、インターナショナルの試合からは引退し、医学部に進学することを公言してきた。 五輪が延期になる中、その晴れ舞台からも去ることになる。 では、福岡はどこの医学部を選ぶのか? 福岡の場合、2つのルートが考えられる。 関係者によると、 「普通に医学部を受験する場合と、学士編入するパターンです。 前者はともかく、後者はすでに学士の資格を得た人が合格すれば、医学部の2年次前後からスタートできるという制度です。 社会人を対象としていて、受験科目は少ないのですが、通常の医学部入試よりさらに狭き門。 あわせて読みたい関連本•

次の