コードブルー1 8話。 【コードブルー・シーズン3rd】無料動画を1話~最終回までフル視聴!Pandora・Dailymotionまとめ

コードブルー 名言集【ベスト5!】

コードブルー1 8話

そして、いきなり急患のアラームがなり緊張が走る。 緋山が駆け付けるが、なんと機械であそんでいただけだった。 そこに白石もADLを持ってきた 父親はどうやら無事出そうだ 45才のお母さんのも うるさいから部屋かえて 旦那はわがままいうな あなたがたよりないから ドクターヘリのお陰でたすかったありがとう 白石と母親 母親はあれって別料金かかるの いえ よかった ガッキーがへこむ いいつもの4人に冴島 そこに由奈がきる 耕作たいへ おじいちゃんがいなくなった 病院中探しまくる しかし、なんとドクターヘリをいじっていた 由奈が耕作に絡む そこに冴島とおばあちゃんがくる 一言話しかける藍沢しかし、まだ認知症がなおらないす藍沢を他人だと思っている それを見た由奈はさとったような表情をみせる 緋山と80才のじじいが話す あまり素直でないけど、人一番優しくて情にもろい 腹膜炎だ 父親の様態がおかしい おじいちゃんは朝刊損傷の疑いがある 手術しないと真にますどうしますか 決めてよあんた医者でしょ どうする白石 ヘリで患者助けて怖くないの? でも、私はやるしかないので、やるしかないのです。 夫の福島達夫(平賀雅臣)は足を骨折するとともに、木片が左大腿部から腹部に向かって刺さっていた。 達夫の父親の重蔵(織本順吉)、妻の清美(宮地雅子)、そして9歳になる娘・結菜(大作空)も骨折や打撲を負っていた。 重症の達夫のオペも無事成功し、重蔵、清美、結菜も命に別状は無いようだ。 しかし、治療を終え安心した一家は自由勝手にわがままを言い出した。 清美は周りがうるさいから部屋を変えろと騒ぎだし、重蔵も勝手にベッドを抜け出したりして藍沢耕作(山下智久)達を困らせる。 一方、結菜は、藍沢に興味津々の様子で、あの手この手でまとわりつく。 大人ぶった口調の結菜は、かわいらしいが生意気だ。 同じ日、藍沢の祖母・絹江(島かおり)がリハビリ病棟に移る事になった。 廊下を車椅子で押される絹江を見つけた藍沢は声を掛けたが、やはり藍沢の事を孫とは気付いてくれなかった。 その様子を見ていた結菜も、子どもなりに何かを感じた様子だった。 その夜、達夫と重蔵の容体が急変した。 達夫は脳内出血を、重蔵は結腸損傷による腹膜炎を起こし、いずれも緊急オペが必要だ。 目の前で急変する達夫を見た結菜は、、不安に押し潰されそうになっていた。 藍沢は、ひとりでベンチに座っている結菜に気づく。 そして、「この病院で一番の先生が二人、お父さんとおじいちゃんの手術をするから大丈夫。 俺も全力を尽くすから」と結菜の目を見て約束するのだった。 達夫のオペは、脳外科の西条章(杉本哲太)、重蔵は救命のエース・黒田脩二(柳葉敏郎)。 そして藍沢、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)、ナースの冴島はるか(比嘉愛未)が助手を務め、オペは両方とも無事成功した。 ホッと胸をなでおろす妻の清美。 結菜は、がまんしていたせいか堰を切ったように泣き出した。 その夜、いつも大人ぶった結菜が、清美のベッドに潜り込み一緒に寝てる姿を見た藍沢は、その姿に微笑む。 次の日、妻の清美と結菜は体調も回復し退院する事になった。 藍沢は、透明な袋に入った赤い金魚を結菜に手渡した。 結菜が事故に巻き込まれ搬送された時に、無くしたと言っていたものだ。 だが、結菜がなくしたのは黒い金魚だった。 「かわいいところあるじゃん」と結菜は微笑むのだった。 その頃、三井環奈(りょう)は真壁清(阿南健治)の妻と子どもの月命日に墓参りに来ていた。 そこに真壁がやってくる。 真壁は、寺の住職から毎月墓参りに来ている女性がいる事を聞いていた。 「何故提訴を取り下げたのか」と尋ねる三井に、真壁は「ただ話がしたかっただけなんだ、裁判という形をとったのが間違いだった」と答えた。 そして、「同じ日に生まれたという子どもを大切に育ててあげてほしい」という真壁の言葉に三井の目から涙が溢れた。 そんななか、救命センターでは、ドクターヘリの出動要請が入る。 化学工場で爆発が起き、熱傷患者が出たのだという。 黒田、白石、冴島がすぐに現場に急行する。 しかし、まだ情報は少ない。 現場に着くと、すでに何名もの患者が横たわっていた。 すぐに、藍沢と緋山を呼ぶよう白石に指示を出す黒田。 そこへ、「動けない仲間がボイラー室にいる」と作業員が白石に助けを求めた。 すぐに走り出す白石。 それに気づいた黒田も、白石を追いかる。 爆発現場に入るにも、まだ安全確認が出来ていない。 ボイラー室に入っていく白石に追いついた黒田。 呼び止め、安全確認を促した次の瞬間、蒸気が吹き出し天井の鉄骨が崩れ落ちた。 とっさに白石を突き飛ばす黒田。 現場に向かう藍沢達の元には、黒田が事故に巻き込まれたという情報が入っていた。 そして、現場に到着しボイラー室へと急いだ藍沢と緋山は、信じられない光景を目の当たりにする。 鉄骨の下敷きになった黒田。 鉄骨に挟まれた右腕からはおびただしい量の血が流れていた。 白石と冴島は、血まみれで止血をしている。 患者の搬送状況とレスキューが間に合わない事を確認した黒田は、藍沢に腕を切るよう命じた。 藍沢は静かに答えた。 その後、ドクターヘリの機内。 藍沢たちは、黒田をドクターヘリで翔北病院へと搬送する。 黒田の容態を伝えると、翔北病院のスタッフは静まりかえった。 藍沢の足元には、袋に包まれた黒田の右腕があった。 9歳の娘・結菜に気に入られた藍沢は常につきまとまれてしまいます。 いつも冷たい藍沢が子供と触れ合う少し不思議な雰囲気です。 容体が急変した父と祖父の緊急オペに不安を抱える結菜に、藍沢は自身の祖母・絹江の話しをしました。 優しく接してくれた藍沢と話しながら、勇気を貰った結菜。 そして見事、オペは成功。 結菜が退院していく時、藍沢は袋に入った金魚を渡します。 結菜が搬送されてきた時に無くしたと騒いでいた金魚が届いた、と言って。 しかしそれは、少しでも結菜を元気付けようと藍沢が買ってきたものでした。 金魚の色が違い、藍沢の気遣いに気付く結菜。 そんな藍沢に「かわいいところあるじゃん」と結菜。 3番目ぐらいの彼氏にしてあげてもいいらしいです笑 それにしても、何から何までかっこいい藍沢ですね。 医療ミスの訴訟を起こされていた三井も、真壁と和解できたようです。 「同じ日に生まれたという子どもを大切に育ててあげてほしい」と言われ、三井の目から涙が溢れました。 これからも医師として一人でも多くの命を助けてほしいですね。 そんな2人を近くで見て、「自分が誰のために医者をやっているのか」と悩んでいた緋山も少しは心が落ち着くかもしれません。 そんな中で入った、ドクターヘリの出動要請。 救命センターで日々働く彼らには、いつもと同じ毎日でした。 しかし、白石の不注意で事故に巻き込まれてしまった黒田。 現場に着いた藍沢と緋山は悲惨な光景を目の当たりにします。 必死で止血を行う白石と冴島。 鉄骨の下敷きになった黒田。 藍沢は黒田の右腕を切断しました。 藍沢は、救命センターに赴任してすぐの頃、工場で負傷した若者の右腕を同じように切断しました。 そして、戻ってきた藍沢は白石に「おもしろい」と興奮しながら話しました。 今でも同じように思っているのでしょうか。 白石も大きく責任を感じているでしょう。 人一倍感情に敏感な白石は大丈夫でしょうか。 これからの救命センターが気になります。 でもこれ結構良いね、レンタル見つからなくて見たかったアニメも結構あるので色々観たい。 — しゅが syugasyu ちょいと忙殺されてて見れてなかった分のいつ恋をフジテレビオンデマンドで一気に最終回まで見た。。 涙ボロンボロン。。

次の

ドラマ「コード・ブルーS1/S2」無料動画|山下智久主演のドクターヘリ緊急救命ドラマ動画

コードブルー1 8話

0 コードブルー2nd SEASONは、 2010年1〜3月に放送されました。 2008年に放送された1st SEASON(当時は単に「コードブルー」)の続編として作られ、 平均視聴率は16. 1st SEASONに引き続き、救急医の監修によるリアルな医療シーンと、深い人物描写により完成度の高い作品でした。 私は個人的には 2nd SEASONがシリーズ史上最高傑作と思っていますが、同じ感想を抱く人も多いのではないでしょうか。 放送から8年たった今でも 古臭さは全くありませんので、まだ見たことのない人はぜひ映画化前に見てみてほしいと思います。 このサイトでは、3rd SEASONの解説を行ったのち、希望に応える形で1st、2ndと全話解説を行いました。 この記事は、 2nd SEASONのあらすじ総まとめと解説記事の目次ページとしてお使いいただければと思います。 ぜひお楽しみください。 各話のあらすじと解説(ネタバレ) 第1話 聖夜の奇跡 1st SEASONで、指導医黒田(柳葉敏郎)のもとで成長した藍沢(山下智久)ら4人のフェロー達。 2nd SEASONで彼らは 「救えない命」に直面します。 DNR(急変時に延命処置を受けない意図)を示す冴島(比嘉愛未)の恋人、田沢。 そして川で溺れ 心肺停止となった少年を無理やり蘇生した藍沢。 第1話解説記事では、まず2nd SEASONの大きなテーマとも言える DNRの意味を解説しました。 そして、藍沢らの蘇生処置が正しかったのか、 低体温症の仕組みとともに詳しく解説しました。 臨床能力に優れた藍沢を高く評価した黒田と違って橘は、 謙虚で自らの限界を知っている藤川(浅利陽介)を評価します。 なぜ黒田と橘は評価の仕方が違うのか? 藤川が見抜いた 頭蓋底骨折と 「ダブルリングサイン」とは何だったのか? について解説しました。 また後半で登場したのは、通称 「人食いバクテリア」と呼ばれる恐ろしい細菌感染症でした。 これによって緋山(戸田恵梨香)は担当患者を一瞬で失ってしまいます。 この細菌感染と 壊死性筋膜炎について解説しました。 特に印象的だったのが、第3話の スキー板で串刺し状態になった3人の男女でした。 藍沢らフェロー達の必死の救命処置もかなわず、そのうちの1人の男性が彼らの目の前で亡くなってしまいます。 第3話解説記事では、この男性に行った処置として、 コードブルーでよく出てくる現場での 緊急開胸、 大動脈遮断はどのように行うのか? この処置に どれほどの効果があるのか? ということについて詳しく解説しました。 また、スペシャル版での 転落事故後の後遺症で 不整脈に苦しんでいた緋山。 第3話でようやく治療を受けることを決意します。 緋山の不整脈はどういう病気なのか? 受けた治療 「アブレーション」とは? といった内容について解説しました。 腹部大動脈瘤切迫破裂の見逃しでした。 結局、緋山のフォローでことなきを得ます。 白石のミスについて、部長の田所(児玉清)と指導医の橘が振り返りますが、 果たして彼らの指導は正しかったのか? 医療におけるミスへのフィードバックに感じた違和感を書きました。 また後半では、白石が名誉挽回とばかり、緋山と 「クラムシェル開胸」によって患者を救います。 のちに橘にも褒められた、このアクロバティックな開胸術とはどんなものなのか? 図解入りで解説しました。 冴島の恋人で、ALSを患っていた田沢がついに亡くなります。 延命治療を望まなかった田沢に対し、 酸素投与を極力控える処置をとる医療者たち。 呼吸がうまくできない患者さんに対して、 なぜ酸素を投与しすぎるとダメなのか? ドラマ中で詳しい解説がなく、疑問に思った方が多いと思われたポイントを解説しました。 また、田沢の死後に行われた 「病理解剖」という行為についても併せて解説しました。 食道静脈瘤破裂は、 死亡リスクの高い重要な救急疾患ですが、コードブルーではこれまで詳しく描かれたことはありませんでした。 解説記事では、 この疾患がなぜ危険か、ということについてまず解説しました。 そして後半は、コードブルーのストーリーの中でも重要な、 緋山の訴訟問題が描かれます。 ここから3話にわたって描かれたこの問題について、医師の視点から解説してみました。 ヘリに積む救急バッグの中に、現場での処置に必須となる道具 「サテンスキー鉗子」を入れ忘れてしまいました。 現場での大量出血で、 サテンスキーなしでは血流遮断ができない、という絶体絶命の状況で藍沢が行ったのが 「ハイラーツイスト」でした。 このハイラーツイストとは一体どんな処置なのか? 藍沢の動きがなぜ「すごい」のか? 医師なら分かるポイントを詳しく解説しました。 珍しいことに第8話では、 アナフィラキシーが集団発生しました。 特定のアレルギーを持つ人にしか起こらないはずのアナフィラキシーがなぜ集団発生したのか? その原因となった ヒスタミン中毒について解説しました。 そして後半は、ようやく緋山の訴訟問題が収束に向かう過程が描かれます。 弁護士を交えて緋山と患者家族が面談。 そこで 強い口調で緋山は自らの思いを訴えます。 この訴えが患者家族の心を動かし、提訴は取り下げとなりました。 この時 緋山が言ったセリフの意味と、これに多くの医療者が同意する理由について解説しました。 また、 「単独事故がなぜ怖いのか?」について、救急の現場で重要となるポイントを解説しました。 また後半は、スキー選手が事故で 中心性頸髄損傷を負い、翔北に搬送されます。 3rd SEASONでの名脇役「緒方さん」と同じ外傷であるこの「中心性頸髄損傷」の仕組みを解説しました。 また このスキー選手と、緒方さんの病状との微妙な違いについても併せて解説しました。 現場に出動した翔北のスタッフ達は、様々な外傷を体験します。 そんな中、緋山が担当したのが 重度の熱傷患者でした。 それまで普通に話せていた患者が、緋山の目の前であっという間に亡くなってしまいます。 気道の熱傷と、全身の広い熱傷がいかに危険かについて解説しました。 また、この飛行機には循環器内科医である白石の父、博文が乗っていました。 多忙で父になかなか会うことができない白石と、勤務体制に対して真面目に苦言を呈してみました。 飛行機に乗っていた白石の父、博文は、怪我を負っていましたが無事でした。 それどころか、少しでも力になろうと現場での救助作業に参加していました。 途中で白石と合流し、2人で力を合わせて患者を救う、貴重なシーンがあります。 内科医と外科医のタッグが決まった、 「意味が分かると楽しめる瞬間」を解説しました。 また藤川は、骨盤骨折によって足の血流がなくなった患者を FFバイパスによって救います。 このアクロバティックなバイパス術を指導したのが、かつての指導医黒田でした。 このシーンも 臨場感あふれる魅力的な演出があり、わかりやすく解説してみました。 それが 「横隔膜破裂」の患者でした。 この外傷と、それに対して緋山が行った治療について解説しました。 最後は、2nd SEASON全体のテーマとなった、 「奇跡」ということについて藍沢が語ります。 決してハッピーエンドばかりではない、厳しい現実を描いたコードブルー。 その中でリアルな医療について語る藍沢。 医師の視点から、 藍沢のセリフに関する私の解釈を述べました。

次の

コードブルー1 あらすじ ネタバレ 無料動画 8話「避けられぬ決断」待ってる人がいるから逃げたくない

コードブルー1 8話

第6話 「落胆の向こう側」 2017年8月21日放送 視聴率13. 」 自分を変えたいと口で言うだけなら簡単ですが、それを行動に移すのはとても難しいですよね、、 そんな灰谷の背中を押す言葉です。 やらなくていいなら、やらない方を選ぶ。 今日もそうでした。 でも、今やらないで、もしあなたが死んだら、今後自分を許すことは出来ません。 だからお願いします。 やらせてください。 」 灰谷、カッコイイ!! 誰にだって自分を変えたいけど、変えられない部分があって、また今回もダメだったと後で嘆く。 この患者は、正真正銘お前が救った患者だ。 」 自分が成功したんだ!という成功体験は、新人にとってはとても自信になりますよね。 それを感じてもらうために、藍沢が言ったセリフだと思います。 おかげで、随分遠回りもした。 でもその時、ある先生に言われたの。 遠回りすることで見える景色もあるって。 人それぞれでいいんだと思う。 どんな景色が見えるかは。 」 そりゃ遠回りなんかしたくないって誰もが思う。 でも、遠回りしたからこそ、見える景色もあるんだ。 という緋山の深いセリフ。 綺麗事だよな。 ただ誰かが死に誰かが生きる。 それが移植医療だ。 匠くんは臓器提供者になるために生きてきたわけじゃない。 でも彼の死で、日本中の10歳代から60歳代までの6人の命が救われる。 6人の命だ。 凄いことだと俺は思う。 白石のナレーション 「自分に落胆することは悪いことじゃない 心底自分が嫌になって初めて 人は変わろうと思えるから 落胆は成長につながる でもそれは若い人の場合だ 私たちはもう昔の自分じゃない 落胆が成長に繋がる時期は とっくに過ぎてしまった 今の私たちに求められるのは 成長ではなく 結果 それだけだ」 これまた胸に響く名言が出ました。 藍沢や白石達と同じように、新人の時期を超え、中堅と言われる立場の人達には、きっと、胸に響く名言。 藍沢のナレーション 「外科医を続けるなら 賭けに勝ち続けろ かつて恩師から言われた言葉だ たった一度の負けが人生を変えてしまうから そう教わった だが 本当は違う 医者が負けてその代償を払うのは たいていの場合 患者だ 失われるのは 患者の人生だ 医者の人生ではない」 1st seasonで、「賭けに勝ち続けろ」と黒田先生から言われていた言葉です。 「でもさあなたも私も結局自分のためじゃん。 家を出たいとかカッコイイ仕事に就きたいとか。 灰谷先生だけなんだよ。 他人のために医者になったのは。 灰谷先生は、誰かを助けたいって思ったから、医者になった。 私が患者だったら、灰谷先生みたいな医者に診てもらいたいなって思う。 」 自分が落ち込んでいる時にこそ、同期や仲間の存在に、感謝しますよね。 白石のナレーション 「救いたいと思う気持ちが強いほど 患者が払った代償の重みに 医者は苦しむ その苦しみから逃れる方法はない だから気付いて欲しい その重荷を一緒に背負いたいと願う 仲間の存在に」 やはり、ここでも、仲間の大切さを伝えています。 そしたらな、あいつが言うんだよ。 『白石以外にいないじゃないですか』って。 『私や藍沢はタフというよりは、自分勝手なだけだ。 決断力があるように見えるのは、他人のことを考えずに、自分のことだけを考えるからだ』って。 『自分のことを後回しにして、スタッフ達の悩みや苦労に耳を傾けられる、白石みたいな人間がリーダーにはふさわしいんだ』って。 あいつがさ、強硬にお前のこと推したんだ。 お前達は全員、動脈塞栓ひとつ満足に出来ない半人前だ。 だが、3人揃うことで、12歳の子供の命を救った。 お前達がダメだと言ってるんじゃない。 救命はチームだと言ってるんだ。 」 くぅー!! 藍沢の「良くやった。 」がまたキター!!笑 1stシーズンで、黒田先生から藍沢達も言われていた言葉と似ていますね。 それは何度もケガをすることで、痛みを知るためだって。 それで、他人の痛みも理解出来るようになる。 だから、治るケガならたくさんした方がいいって。 あんたは駆け出しの医者。 そして、これは治るケガ。 だから、気にしなくていい。 たまたま同じタイミングで、ここに来たってだけの関係だけど、現場での緊張とか、何も出来ない歯痒さとか、同じように味わってる。 名取先生だってそう。 その気持ちがわかるのは、私たちだけ。 3人だけ。 」 同期ってイイですよねーー。 何だかんだ藍沢先生の方が指導医に向いてるのかもね。 口は悪いけど。 」 藍沢 「人なんかしょせん育てられない。 俺は灰谷を信じたわけじゃない。 ただ周りがあれこれ言って萎縮させるより、好きなようにやらせた方がいいと思っただけだ。 」 白石 「何かあれば、俺がどうにかしてやるからって? いつもハッとさせられるわ、あなたのやり方には。 お前がみんなを引っ張ってくれたから。 いいチームになってきた。 僕が心臓の病気になって、お父さんは他の子供が死ぬのを待つようになった。 今回移植しても上手くいかなかったら? また次の移植を待つ? 僕が死ねば僕の大好きなお父さんに戻れる。 よーく聞いてくれ。 お父さんな、優輔があんなふうに考えてくれてるなんて想像もしなかったよ。 気付いてやれなくてごめんな。 それと、嬉しかった。 優輔が、お父さんの事を大好きだって言ってくれて。 でもな、お父さん、嫌われたっていいんだ。 優輔が移植を受けてくれるなら。 優輔がお父さんの事を好きだって言ってくれたのと同じくらい、お父さん、優輔のことが大好きなんだ。 だから嫌われたっていい。 優輔が生きていてくれるんなら、それでいいんだ。 お父さんは、無理やり移植を受けさせる。 だから、優輔が気に病むことはない。 誰かの心臓をもらったおかげで生きてるとか、自分を責める必要はない。 お父さんが、優輔に生きていて欲しいから、移植するんだ。 」 親子愛を感じられる、感動の名シーンです。 今あなたのキャリアを奪ったら、私、藍沢先生に何も言えなくなる。 それって、近くにいても遠くなる。 そんな関係は嫌。 藍沢先生って、そんなだった? 9年前のあなたは違った。 誰よりもいい医者になる。 そのためなら周りとの摩擦もいとわない。 そこに、私達は憧れた。 何かのせいにして、楽な道を選んだりしないでほしい。 藍沢先生がいなくったって、私達はちゃんとやれる。 あなたが居ない分、強くなろうとする。 きっと、奏さんだってそう。 あなたは、に行くべきだと思う。 白石のナレーション 「数ヶ月前は このチームでやっていけるのかと悩んだ 今はこのチームでやっていきたいと 強く思う だけど ほんの1時間で全てが変わってしまった 私の大好きなチームは あの1時間でバラバラになってしまった」.

次の