シロイルカ。 白いイルカは2種類いるらしい!スナメリとシロイルカの違いとは? | ガジェット通信 GetNews

【VTuber】電脳少女シロとは?シロイルカやサイコパスと呼ばれる理由や魅力を紹介!

シロイルカ

目次 [閉じる]• シロイルカの特徴 シロイルカは大型の白いイルカ的な動物で別名「ベルーガ」とも呼ばれます。 名前から白いイルカと思いがちですが、シロイルカという独立した種です。 イルカの中でも一般的なマイルカはマイルカ科の動物ですが、対してシロイルカはイッカク科の動物です。 イッカクはクジラの一種なのでシロイルカも同じくクジラに近く「シロクジラ」と呼ばれることもあります。 身体的にもイルカのような背びれを持っていません。 イルカとクジラの見分け方の一つに「体長4m未満がイルカ、それ以上がクジラ」という区分があり、シロイルカのオスは体長が5mを超えることから分類的にクジラと考えることができます。 まあ結局イルカとクジラは境目が曖昧な似たような動物なんですけどね。 イルカ・クジラやサメなどは黒っぽい体に白い腹をしていますが、実はこの体色は海で保護色になります。 対してシロイルカは体全体が真っ白であり、一見すると海の中では目立つ色です。 しかしシロイルカの生息域である北極海やその周辺においては氷が多く、この白い体こそが保護色となるのです。 頭が良く社交性も高いため水族館でも人気者で、ガラス越しに観客を楽しませてくれることもあります。 柔軟で前後左右に動かすことができる首を活かしての「おじぎ」、口をアヒルのように突き出して息を輪状に吐きだす「バブリング」など芸も達者です。 シロイルカの生態 生息地 北極海およびその周辺海域に生息しています。 数十頭の家族単位の群れで生活し、季節ごとに回遊します。 浮氷状の氷に隙間がある海域で生活し、ビッシリ凍る季節には南下、氷が溶けてスカスカになれば北上します。 普段の生活 肉食で魚、貝、甲殻類などを食べます。 息を吹きかけて獲物を探したり、海水を吸い込んで獲物を引き寄せたりします。 繁殖と成長 胎生で3~4月に繁殖期を迎え、14か月の妊娠期間を経て1子を出産します。 子は5~9年で成熟し、寿命は30年ほどです。 記事カテゴリ• 139•

次の

シロイルカ通信

シロイルカ

だらだらと続けておりましたミーティアですが完成しておりました。 年末よりリアルの方がなかなかハードモードだったので記事を書く暇がありませんでした。 あ、ハードモードっていうほどじゃないな、単に雑用が多くて余裕がなかっただけですね。 今週末やっと完成画像を撮影しましたので記事アップ。 Gloster Meteor F. 1 at RAF Museum タイトルにもある通り今回はRAFミュージアムのミーティアF. 1の塗装になります。 本物のプロトタイプはエアブレーキが無いらしい(タミヤの考証ミス?)のでなんちゃってプロトタイプですね。 実物もなんちゃって塗装だから笑って許してね。 特に機首周りと主翼フィレット辺りの合いはあまりよくないです。 とは言え形が形なのであまりモチベーションが下がりません 当社比) この機体、作るにあたってV-1の迎撃の逸話ぐらいしか知識が無かったのですが、グラジエーターとセットで作るという企画を思いついたのでデットストックを免れました。 幸運なやつですね 笑 イギリスの初期ジェットはドイツジェット機、なかんずくMe262のような格好良さには程遠くむしろクラシックな外観をしてる機体が多いですが、だいたいのちにエンジンのパワーアップでそれなりの高性能化を果たしてますね。 その辺りのイギリス人の粘り強さには感心いたします。 んで機体規模の割にコクピットは狭くぎっちぎちという形容がふさわしいです。 ただ、視界はかなり良さそうなので、その 凡庸さ故に従来のプロペラ機からの乗員移行が容易だったという点(Wikiより引用)も含めて機材としては良好だったのだろうなぁとは思います。 このF. 1のような初期型は味方の高性能レシプロ機に主役の座を奪われて独戦闘機との空戦などは思いもよらず、運用実績を積むのが仕事、みたいな感じなのでしたが、その凡庸さが幸いして70年代まで連絡機等に使用され続けたらしいので、万事塞翁が馬ということで… 最後に一枚自然光の画像でお別れといたします。 私の部屋のベランダの場合、光の当たり具合が理想的になる時間帯はこの時期午前中の30分ぐらいに限られます。 うまい具合に天気が良いと模型としての格好良さが2割増しぐらいにはなると思ってます 自然光の恩恵は素晴らしいですね。 それではまたノシ お久しぶりでございます。 亀進行ながら現在は喰い散らかし中のミーティアを完成させようと鋭意塗装中です。 保管状況が悪くデカールが死んでしまっているためマーキングも塗装としております。 まずはラウンデルとフィンフラッシュを塗装、デカールをテンプレート替わりにしてサークルカッターを駆使してマスキング。 この辺りの手順はむかしアナログ写真製版で鍛えた技術が役に立っておりますな。 試作機が派手なのは世界共通ですね。 機体上面の二色迷彩、前回グラジエーターはダークアースから塗装したのですが、今回は趣向を変えてダークグリーンを先に塗装してみました。 まあ、特に深い理由はございません。 単に仕上がりの違いを比べて見たかっただけであります。 そして基本塗装終了、マスキングを剥がした状態。 終了と言いつつ、実は胴体のスカイ色の帯を先に塗るのを忘れたので最後に塗装する予定です。 (単純な確認ミス) はたして年内に終了できるだろうか? それではまた。 SH-60シーホーク完成です。 Sikorsky SH-60B Seahawk U. Navy 私には珍しいロービジ迷彩の完成品(タミイタのA-6以来かな) 言わずと知れたシコルスキー社の多用途ヘリコプターですね。 Wikiによると対潜哨戒のみならず 必要に応じてミサイル攻撃を実施する。 副次任務として、レスキューや補給、電子戦、指揮連絡、 沿岸目標の攻撃等、多目的に運用されるとあります。 海上自衛隊でおなじみロクマルの長兄でありますね。 キットはおそらく90年代の生産ロット、初版に近い古い箱に詰まっておりましてデカールは黄ばんでおりました。 とはいえハセキットなので合わせには特に問題無し、ほぼ素組みで仕上げてデカールは可能な限り余白をトリミングして黄ばみを除去しました。 大きすぎるパイロットフィギュアの丈詰めに一番苦労したかな 笑 今回は天気が良かったので自然光下の画像を撮影してみました。 遠景の地平線に近いグレーと機体のグレーがシンクロしており、ロービジ迷彩の効果は高そうですね。 ローターは進行方向逆側をうすうす攻撃、手で癖をつけて自重によるたわみを表現しております。 アクセントになるMAD(磁気探知機)の赤と黄色のチェッカー模様がロービジ機体に映えますなあ。 これに味を占めて自然光下の画像をこれからも使用していこうと思います。 今回は現用に近い機体なので遠景もまあ違和感ありませんが、大戦機とかの時はどうすべか? などと悩みながら皆様さようなら。 またまたご無沙汰いたしております。 やっと涼しくなって模型を作る気力も湧いてきました。 が、食い散らかし傾向はおさまらず、伊-400はあのまま放置になっております。 楽しく作ってはいるので、ブログがアップできない以外には特に不満はございません。 一応生存報告ということで近況を。 チハ改、間違ってお釈迦にした排気管パーツを自作してエッチングメッシュの排気管カバーも新規に作り直しました。 思い込みは失敗のもとという見本であります。 モチベーションが戻ったのでストックからファインの日本陸軍戦車将校を召喚してキューポラに乗っていただきます。 これは占守島の戦車十一連隊にする予定です。 乞うご期待(?) んでもって、こちらも作りかけのSH-60。 ちまちま進めてましたが、先日の台風でロクマルが救助に活躍してたので一気にモチベーションが高まりました。 まずはゾルで窓をマスキングして。 グレー系のロービジ塗装、タミヤアクリルなのでハセの色指定を参考にニュートラルグレーに白を混ぜながら上から順に塗装していきました。 現用機はあまり作らない人なので多少の違和感はご了承ください… てなわけで基本塗装完了。 昨日は一日かけて黄ばんだデカールの縁をトリミングしながらロービジのデカールを貼り込んでました。 途中でうすうす気づいてたんですが、地味だこれ 笑 ロービジの名に恥じない地味っぷりに、普段はデカール一枚貼るたびに上がっていくテンションが低いままであります 笑 まあ、これはこれで。 というわけでデカールは無事貼り終わりあとは吊るしものと細部塗装とウェザリングを残すのみ。 (ここで手が止まるのが最近のお約束) どうなる?俺。 飛行機模型は一休み。 私は箱つぶれ中古キットを300円の格安で入手しましたがアマゾンでもまだ買えますね。 モールドはメリハリが効いて悪くないので セイル艦橋上部の構造物を中心に手を入れます。 アオシマのリニューアル版とは比較してませんが、WEB上で見る限り甲乙つけがたいというか お好み次第という感じですね。 気持ち童友社版の航空機格納塔のサイズが小さめの気がしますが気にならないレベル。 セイル艦橋上部の構造物群、ちょっと手を入れただけで格好良くなりますね。 DUPに当たっては歴史群像シリーズの伊号潜水艦が良い資料になります。 私の場合です…) んで、この三連休で基本塗装敢行。 タミヤアクリルの佐世保工廠色にハルレッド、甲板はデッキタンで塗りました。 タミヤアクリルの常でちょっとのっぺりしてメリハリが無くなってしまいました。 せっかくのモールドが勿体ない…ということで。 エナメルのフラットブラックでスミ入れ後、明るめのグレーでドライブラシ&筆塗りでハイライト表現。 水性ホビーカラーのラストで錆び入れしてみました。 かなりメリハリが付いたのではないでしょうか? と、ここまで作って欲が出てきたので手すりと一部ディティールも追加をすることにしました。 失敗しなければいいが…(フラグ) 完成は来週かな? それでは。 (追記:公開後セイルの定義がよく判らなくなったので修正して艦橋としておきました。 GLOSTER GLADIATOR MK. ACKLINGTON, ENGLAND Oct. マルタ島防衛戦以外にはこれといった逸話のないのが知名度的にいまいちな理由でしょうか。 この前作ったI-153や九五艦戦と同じように二線級の機材としてストップギャップ的に使われてしまうのもこの時期の複葉戦闘機の宿命でしょう(でもこの種のどん詰まりの複葉戦闘機、個人的に大好きです。 ) キットはローデンらしく作る人を選ぶキットかな?グラディエーターが好きでどうしても物にしたい人以外にはオヌヌメしかねます。 私はどうしても作りたかった方の人なのでオクの出物を落として入手しました。 とはいえご覧のようにブリストル・マーキューリーエンジンの造形はなかなかで、塗装に凝ると開口部の広さもあってなかなか見栄えがします。 各部の合いもそこそこでモールドも悪くないんだけど簡易インジェクション特有の位置合わせのあいまいさやインストのテキトーさが許せない人も多いと愚考。 ところでこのキット、通常仕様と熱帯地仕様のコンパチになっております、私の選んだ機体マーキングは英国本土展開の通常仕様機。 胴体のラウンデルの位置が悪かったらしく左右でコードレターの間隔がおかしくなってしまいましたorz 左右同時に見ることはできないので良しとしておきます。 三枚翅プロペラの最終進化形?シーグラディエーターと作り比べてみるのもいいかも(本当か?) 今回張り線の表現は基本に戻ってグレーのポリエステル糸にしてみました。 しかし複葉機の張り線は何度経験してもめんどくさい。 誰か画期的な方法を開発してくれないものだろうか? まあ、完成すると格好いいのでめんどくさいのを忘れてまた作ってしまうんですけどねー、複葉機(笑) ほとぼりが冷めたらまた作ろう。 そうそう、塗装図ですが、上面図と側面図で迷彩の辻褄が合わないというお約束のトラップもありました。 迷彩パターンは決して参考になさらないでくださいね。 次回はミーティアで皆様のご機嫌を伺う予定です。 それでは皆様さようなら。 ご無沙汰いたしました。 模型製作はそれなりに進めていたのですが、ここまで更新しなかった大きな理由はやはりYahooブログの終了宣言ですね。 これまで無料でブログを公開することにもその継続性にも疑問を持っていなかったのですが、こうなるとニフティだっていつまで続けてくれるかわかんねえなこれ…となりました。 微妙にモチベーションダウン。 加えてココログのUI変更に慣れなくて、何度か書きかけのログの保存に失敗したりしたので嫌気がさしました(おこ) 一時はツィッターに完全移行しようかなと思ったくらいです。 (ニフティさん聞いてますかあ?) 有料になってもいいから今まで通りのままにしておいて欲しかったなあ。 閑話休題 さて最近の製作状況。 見事な喰い散らかしで自分でも笑ってしまいます。 具は作り終わって、クリアパーツ&ドアパーツを後付けにするかどうするか迷ったところで手が止まっております。 お次はローデンのグラディエーター。 計器板はクリア成型で裏からデカールを貼り込むタイプ、簡易成型ながら機体表面モールドはなかなかよろしい、あたりのほうの東欧キット。 またまたお次、タミヤのRAFパイロット。 グラディエーターと一緒に作ろうとひっぱり出して来たミーティアについてくるやつですが、ポーズが面接される学生さんみたいだったので頭の向きと右手をいじってポーズ変更させてみました。 ベテランパイロットっぽくなっていい感じ(笑) んで現在進行中なのはグラディエーターとミーティアのグロースター兄弟。 RAF最後の複葉戦闘機と初めての実用ジェット戦闘機ですね。 この間に正式機が存在しないのがグロースター社らしいなぁ。 試作機としてはグロースターF. じゃあその間何をしてたかと言えばハリケーソやタイフーソの量産を手伝っていたのだそうであります。 キットは木製二枚ペラのMk. 初めてですが案外それっぽくできたかな(笑) 機体下面は白黒の左右塗り分け、地上からの視認性を重視したスタイルですね。 味方からの誤射が怖かったのでしょうねぇ。 (英国本土展開の機体) 上面はRAFお約束のダークグリーンとダークアースの地図状迷彩、塗り分けはマスキングテープ二枚重ねで少しぼかしを掛けてみたのですが、ほとんど効果ありませんな(笑) というわけで今回はここまで、次回は棟上げして張線を施せたらいいな…がんばろうっと。 というわけで連続完成エントリー第三弾! こちらは製作過程をまったくブログにアップせず、ツイッターだけで報告していたRAFレスキューのシーキングになります。 エアヒの古い凸リベットのキットでクリアパーツの合わせに難がありました。 Westland Sea King RAF Rescue HAR3 皆様ご存知シコルスキーS-61シーキングの英国ライセンス生産の機体です。 ブリテッシュファントムと同じ理由でエンジンはゼネラル・エレクトリック CT58からロールス・ロイス グノームH1400に換装されております。 Wikiでは性能はオリジナルの米海軍版SH-3を上回るとあります。 RAFレスキュー型に関してはすでにレスキュー任務自体が無くなったため(民間に移譲!)すでに運用終了とありますな。 クリアパーツの合わせに難があるため削り合わせ、マスキングゾルでのマスキングの後ホワイトサフェーサーを吹きましたが、これが大失敗。 サフェーサーとマスキングゾルが一体化して剥がせなくなるというトラブルが生じてしまいました。 新たな知見が増えました。 別窓で開くと失敗箇所がよくわかりますのでやめといてね(はあと) しかしですね、その失敗を差し引いてもこの機体とても格好いいんです。 レスキュー塗装のオレンジと黒系のロゴに蛇の目という組み合わせが鉄板なんでしょうねぇ。 自分が作った完成品の中でも出色でありますな、マスキングの失敗が自分ながら惜しまれます。 時々再販されるようなので(私は中古箱つぶれで300円 税抜き)見かけたら買うが吉でしょうか。 というわけで、非常にコンパクトで格好いいヘリの完成品が出来上がります。 さて、これで溜まっていた完成品の披露も終わりました。 次は何を作りましょうかねぇ。 この時間が一番楽しいといつも思っている次回作の構想に思いをはせながら皆様さようならノシ というわけで連続完成エントリー第二弾! デ・ハビランド・ヴァンパイアFB9完成です。 FB9は戦闘爆撃型FB5のトロピカルタイプとのこと。 だからデカールがイラクとジンバブエ空軍だったのだな 笑。 de Havilland Vampire FB. 9 Iraqi Air Force in 1950's ヴァンパイアといえばミーティアに次ぐイギリス二番目のジェット戦闘機。 後退翼のシーヴィクセンまで続いたデ・ハビランド製双ブームジェット機の初代であります。 まあ、シーヴィクセンのような流麗なシルエット(個人の感想です)とは程遠いジェット創世記の機体ではあります。 格好いいかと聞かれると『そうでもないかな』と言わざるを得ません 笑 今回はお題が小国空軍だったので1950年代 多分 のイラク空軍のマーキングで作成しました。 アラビア系といえば赤白黒の同心円ラウンデルがイメージ強いのでこれは見慣れない国籍マークですね。 なお、国籍マークの横の謎記号はアラビアの数字で338を意味するようであります。 たぶん日本機に漢数字を記入するような感じなのでしょう。 一線級の機体だった時期は短かったと思いますが、各国で練習機としては長く使われておりますので、パイロットのレシプロからジェットへの転換用の機体には最適だったのかもしれませんね(適当) しかしシーヴィクセンが航空ショーで分解事故を起こしていなければ、このタイプの双ブームジェットの系譜が続いていたかと思うと残念ではあります。 (胴体とブームが一体化して結果的にF-16やSu-27やらと同じようなブレンデッドウイングに収斂していく可能性の方が大ですが) あ、そうそうキットはホビクラらしく愛情の感じられない出来で、かなり手を入れても『素組み?』ぐらいの感じにしかなりません。 パネルラインは適当に足して情報量を増やしましたが、参考にした画像や図面が適当なのでまったく資料性はありません。 買うかどうかわからんけど(をい) 本人的にはシーヴィクセンが作りたくなって血中蛇の目度が上がりました。 次も英国面行こうかな。 あ、その前にもう一つ完成品があります。 それもまた次回のお楽しみ~(笑) それではまた。 さてオートジャイロ。 しぞーかで展示したのでお判りでしょうが例の10連休で完成しておりました。 完成画像を撮る時間が無かったので完成記事が書けないまま半月以上。 やっと完成画像を撮影いたしました。 このオートジャイロは模型合宿ビンゴの鉄火巻ちゃんの放出品でした。 箱絵はなかなか魅力的な大塚康生先生のイラストですが、キットの出来は前世紀標準です。 イラストのような躍動感までには遠い出来でありました。 しぞーか用に簡易ベース(ほんとに簡易)を作製してお城の屋上っぽくしてみました。 『警視庁舐めんな!』の有名なシーンになります。 メインのオートジャイロですが、オレンジの成型色はいいとしてもプラの質が独特で加工に向かない感じ。 さらに各翼の後縁が分厚いのでおもちゃ然としておりました。 排気管も実感に乏しいものだったので切り飛ばしてジャンクの排気管パーツに差し替えてみました。 そしてこのキットのキモである回転翼と翼端のラムジェット。 エアモデラー的にはこだわりたい部分ですが、パーツの出来が今二つぐらいの出来でありまして完全にイラストに似せるにはスクラッチのほうが早いレベル。 キットパーツを生かしてそれらしく仕上げるレベルに押さえました。 このオートジャイロ、ラムジェットのおかげで垂直上昇&降下が可能なのだと思いますが、なかなかの謎メカ加減であります。 パヤオワールド全開でありますねぇ。 せいいっぱい寄せてみましたが、私の腕ではこんなもんでしょう 笑 でもね~、今回のしぞーかで私が持ち込んだ完成品ではこれが一番人気があったのです(笑) アニメ人気恐るべし…っていうかスケールモデルうけねえ。 完成品溜まったので次回も完成披露になります(笑) それじゃまたねノシ.

次の

シロイルカ通信

シロイルカ

上の動画では、最初から 凄くブラックで驚きますが、 この 二面性も、シロさんの魅力の1つでしょう。 また、笑い声がイルカに似ている事から、 ファンからは「 シロイルカ」の愛称で親しまれています。 そんなシロさんですが、 何と、 途中で声優が変わっていた事が判明しました! シロの知られざる過去 シロさん、元々はスマホアプリ、 少女兵器大戦のキャラクターとして登場しました。 アプリが発表されてから、 電脳少女youtuberシロの登場まで 2年ほどあったので、 シロは別の声優さんになっています。 しかし、共通点は これだけではありません! 料理が得意 料理には自信があると語る、 シロさんですが、 春菜さんも、抜群に料理が得意です! はゆゆ亭夕食日誌 月 タコライス• 揚げ出し豆腐• ミネストローネ 火 たらスパ• 人参とたらこのサラダ• 〃 水 豚ロース味噌漬け• アボカドと豆腐のサラダ• しそ大根のサラダ• 味噌汁 木 回鍋肉• 小松菜とベーコンのバター炒め• 〃 金 キムチ炒飯• 焼きナス• ナムル• 〃 献立のご参考に🍖 — 結月 春菜 HarunaYuzuki 豊富な種類の料理を作っており、 料理好きというのも共通点ですね! 英語とドイツ語がしゃべれる シロさんは、動画内で 英語や ドイツ語を披露しています。 しかも、 発音が抜群に綺麗なんです。 結月さんも、一緒で ドイツ語と英語がしゃべれます! 「 何で発音がこんな綺麗なんだろう?」 と思ったのですが、これは結月さんが 子供の頃アメリカに住んでいたからです。 また、ドイツに住んでいた時期もあります! そして、ここからは 本人がツイートした証拠に迫っていきます! 証拠2:本人のツイート 結月春菜さんが、意味深な事を話しています。 これは シロの事を指していますね! 今年のクリスマスはこっそりやってることが花開いてなんかもうそれだけでお腹いっぱいです🎂🍗 続けてきてよかったなぁ😹 — 結月 春菜 HarunaYuzuki シロはチャンネル登録者が、1万人を超えるまで 4か月かかるなど、 苦労をしていきたYoutuberです! それが今では、1日で1万人以上増えているのですから 「 花開いた」と表現する気持ちも分かりますよね。 これまでの証拠も含め、 結月春菜さんが、 シロの声優で間違いないでしょう! とても声が合っているので、 春菜さんがシロの声優をしてくれて、 本当に良かったと思いました! 更に、キズナアイの声優も判明しました!!.

次の