ギプス。 骨折の治療法

【骨折経験者が選ぶ最新版】骨折のギプス期間に必要なシューズ・お風呂カバー

ギプス

息子がサッカーをやっていて、5月末に足の裏の母指球種子骨、8月中旬に腕を骨折しました。 足が治って試合に復帰できたと思ったら、次は腕を骨折と立て続けに2回骨折。 夏で暑く、汗をたくさんかく季節のギプスで、悩んだのがギプスの臭いとギプスの中がかゆいこと。 2回続けての骨折の経験から見つけたギプスの中がかゆい時の対処法をご紹介します。 ギプスの中がかゆいのはなぜ? 息子が骨折と診断された時に、基本的にギプス固定は、4週間〜6週間はすることになると病院で言われました。 早ければ3週間で取れる可能性もある、でも骨の付きが悪い場合は、8週間以上と長くなる場合もあるとも言われました。 その間は何日間も骨折した脚や腕をギプスに固定するので、洗うことも履くこともできません。 ギプスの中は通気性が悪く、汗や熱がこもり、皮脂や角質がたまり、雑菌が繁殖するためにかゆみを引き起こします。 リンク 4週間後、ギプスを外したら、肌の色が反対の腕や足と違っていたし、少し触っただけで皮膚がボロボロと剥がれ落ちるほどでした。 足の裏はこんな感じでした。 お風呂の中でも、永遠にアカが出てくる感じで気持ち悪いと言っていましたが、こすり過ぎてしまうと今度は皮膚が傷ついたり乾燥してしまうので、毎日少しずつこするようにしていました。 まとめ 脚や腕を骨折してギプスで固定すると、何週間も外せずかゆみが発生して辛いです。 痛みよりもかゆみを我慢するほうが大変ですので、うまく「いい棒」やアルコールタオルを使って乗り切ってくださいね。 ギプスのかゆみと同じくらい悩んだのがギプスの臭い。 どうやってギプスの臭いを解消したのかは関連記事を参考にしてください。 関連記事;.

次の

骨折の治療法

ギプス

息子がサッカーをやっていて、5月末に足の裏の母指球種子骨、8月中旬に腕を骨折しました。 足が治って試合に復帰できたと思ったら、次は腕を骨折と立て続けに2回骨折。 夏で暑く、汗をたくさんかく季節のギプスで、悩んだのがギプスの臭いとギプスの中がかゆいこと。 2回続けての骨折の経験から見つけたギプスの中がかゆい時の対処法をご紹介します。 ギプスの中がかゆいのはなぜ? 息子が骨折と診断された時に、基本的にギプス固定は、4週間〜6週間はすることになると病院で言われました。 早ければ3週間で取れる可能性もある、でも骨の付きが悪い場合は、8週間以上と長くなる場合もあるとも言われました。 その間は何日間も骨折した脚や腕をギプスに固定するので、洗うことも履くこともできません。 ギプスの中は通気性が悪く、汗や熱がこもり、皮脂や角質がたまり、雑菌が繁殖するためにかゆみを引き起こします。 リンク 4週間後、ギプスを外したら、肌の色が反対の腕や足と違っていたし、少し触っただけで皮膚がボロボロと剥がれ落ちるほどでした。 足の裏はこんな感じでした。 お風呂の中でも、永遠にアカが出てくる感じで気持ち悪いと言っていましたが、こすり過ぎてしまうと今度は皮膚が傷ついたり乾燥してしまうので、毎日少しずつこするようにしていました。 まとめ 脚や腕を骨折してギプスで固定すると、何週間も外せずかゆみが発生して辛いです。 痛みよりもかゆみを我慢するほうが大変ですので、うまく「いい棒」やアルコールタオルを使って乗り切ってくださいね。 ギプスのかゆみと同じくらい悩んだのがギプスの臭い。 どうやってギプスの臭いを解消したのかは関連記事を参考にしてください。 関連記事;.

次の

ギプスとは

ギプス

ギブス・ギプスの意味 「ギプス」 の意味を辞書で引くと、 以下のようにあります。 ギプス包帯。 〔石膏せつこうの意。 ギブスとも〕 出典: 三省堂 大辞林 上記のように、 「ギブス」と「ギプス」は 同じ項目として載っています。 つまり、 辞書的な意味ではほぼ同じ ということですね。 だいたいの辞書では、 「ギプス」をメインに書き、 「ギブス」の方は「ギブスとも言う」 などと書くことが多いようです。 意味としては、 「 包帯を石膏で固めたもの」を言います。 「 石膏(せっこう)」とは、 「水と硫酸カルシウムからなる鉱物」のことです。 この「石膏」のことを、 「ギプス」または「ギブス」と呼ぶわけですね。 主に医療業界で使う言葉ですが、 日常生活でも比較的よく使う言葉です。 スポンサーリンク ギブスとギプスの違い 「ギプス」と「ギブス」 の大まかな意味は理解できました。 では、実際のところ、 両者はどう違うのでしょうか? 結論から言うと、 「 ギプス」が正しいので、「 ギブス」は誤り。 となります。 まず、「ギプス」の語源を 確認しておきましょう。 「ギプス」はドイツ語の 「 Gips(石膏)」が由来と言われています。 スペルを見ても分かる通り、 「Gips」は完全に「ギプス」です。 もしも「ギブス」ならば、 「Gibs」と「b」が入るはずですが、 このような単語は存在しません。 この「Gips」が日本に入ってくる時に、 なぜか「ギブス」という間違った読み方が 普及してしまったのです。 では、なぜ間違った読み方が 広まってしまったのでしょうか? 理由については諸説ありますが、 おそらくは発音の問題だと思われます。 「ギプス」と言うよりも、 「ギブス」と言った方が、多少ですが 相手にとっては聞き取りやすいです。 そのため、 「ギブス」という読み方が 広まったのでしょう。 参考までに、 グーグルでの検索結果も調べてみました。 スポンサーリンク 使い方・例文 最後に、「ギプス」の使い方を 例文で確認しておきましょう。 腕を骨折してしまったため、 ギプスで固定してもらう。 ギプスを足に巻いて、安静にするよう努める。 「 ギプス」は、「石膏・焼き石膏」などを意味するドイツ語だ。 重度の骨折なため、 ギプスベッドで入院した。 一般的な ギプスの装着期間は、2~3か月ほどである。 手術する必要はなく、 ギプスをつけるだけで十分です。 ギプスを外した後は、リハビリをしなければいけない。 ようやく、 ギプス装着のかゆみから解放された。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回の内容をまとめると、 「 ギプス」= 包帯を石膏で固めたもの。 「 ギプス」が正しいので、「 ギブス」は誤り。 ということでしたね。 多くの辞書では「ギブス」の方も書かれています。 しかし、 正しくは「ギプス」ですので、 間違えないようにしましょう。 今回は以上となります!.

次の