メリー クリスマス。 メリークリスマス!の「メリー」ってどういう意味?

メリークリスマスの意味や語源・由来!メリーとはどういう意味?

メリー クリスマス

いよいよクリスマス。 最近の日本では、気の早いお店はハロウィンが終わり次第、クリスマスモードに模様替えのところも多いようですが、クリスマス当日が近づくにつれ「Merry Christmas」の文字を見かけることが多いのではないでしょうか。 一方、近年のアメリカでは「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」を言うことが少なくなっています。 デパートやショップでのプレゼント用の表示は「Holiday Gift(ホリデーギフト)」。 街中のディスプレーは、「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」と「Happy Hanukkah(ハッピーハヌカ)」をあわせて飾るお店や「Happy Holidays(ハッピーホリデーズ)」だけにしているお店があります。 なぜ、こういった変化が起きたのでしょうか? 12月にはユダヤ教の祝日ハヌカもあり、また、仏教徒やヒンズー、イスラム教の人々にクリスマス・ハヌカは関係ないため、おおやけの場で「メリー・クリスマスを使うのはどうなのか?」という動きが広がったためです。 そのため、多くの学校では、さまざまなバックグラウンドの生徒に合わせて「メリークリスマス」とは言わない指導をしているようです。 グリーティングカードのメッセージはなんて書けば良い? 日本から海外の知人友人にこの時期、グリーティングカードを送るという人もいるかもしれませんね。 十分に気心の知れた友達で、クリスマスを単純にイベントとして楽しむタイプだとわかっていれば、シンプルに「Happy Christmas, Best friend!(ハッピークリスマス、親友!)」で大丈夫です。 もちろん、相手が熱心なキリスト教徒なら「May God bless your Christmas(クリスマスに神のご加護がありますように)」でも喜ばれるでしょう。 相手の気を悪くしないか不安ならば、事前に「Do you celebrate Christmas?(クリスマスを祝いますか)」をたずねておくと良いかもしれませんね。 ところが、「Merry Christmas and A Happy New year」という冠詞のAをつけて、文法的に間違った英語表現を書いてしまうの見かけます。 正しくは「Merry Christmas and Happy New year」です。 Aが前につくのは「Wish you a Happy New Year」「Have a Happy New Year」というように文中で使われる場合だけなのが現在では基本です。 新年の挨拶フレーズは他に、 「Cheers to Great New Year!

次の

Weblio和英辞書

メリー クリスマス

雑学クイズ問題 メリークリスマスのメリーはどういう意味? A. 楽しい B. 新しい C. 生誕 D. 贈り物 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! メリークリスマスの意味や語源・由来!メリーとはどういう意味? クリスマスの定番の挨拶 クリスマスのシーズンを迎えると、 何歳になってもなんだかワクワクしてきてしまいますよね。 子供の頃はプレゼントがもらえることに心を躍らせたり、大人になってからは恋人や家族、友人などと大切な時間を過ごす人も多いですよね。 日本ではクリスマスは祝日となっていないため、仕事へ行ったり学校へ行ったりする人も多いかもしれません。 しかし、街中が色とりどりのライトアップで鮮やかになっていたり、 クリスマスの装飾がされているとそれだけで楽しい気分になれます。 ところで、クリスマスには定番の挨拶として「 メリークリスマス!」というものがありますよね。 皆さんはこのメリークリスマス!という挨拶が一体どのような意味を持っているのかを知っていましたか? メリークリスマスとはどういう意味 それではさっそくメリークリスマスという言葉の意味について解説していきます。 メリークリスマスはなんとなく使っている人が多いかもしれませんが、以下のような意味で使われます。 ・楽しいクリスマスを! クリスマスにはこの「メリークリスマス!」を良く聞きますが、実は「楽しいクリスマスを!」という意味の言葉だったんですね。 メリーとは英語で「Merry」となり、 日本語にすると「楽しい」「愉快な」といった意味になります。 そのことが日本でも由来で「メリークリスマス!」という言葉が使われているんですね。 メリークリスマスは日本ではクリスマス当日にしか言わない言葉ですが、 本来はクリスマスを迎えるまで使う言葉なんです。 日本でも年末におそらくその年にもう会うことがない人に対して「良いお年を!」と声をかけますよね。 それと同じで「メリークリスマス!」も 友人などが楽しいクリスマスを迎えられるように、クリスマスの前から使っても良い言葉なんです。 正確にはキリスト教ではクリスマスの準備期間が12月25日から数えて4つ前の日曜日から始まるため、その日からメリークリスマスを挨拶として使うようです。 実はキリスト教以外には伝わらない 日本では色々な国々や色々な宗教のお祝いが行われていますよね。 そこでキリスト教の生誕祭であるクリスマスも日本で行われていて「メリークリスマス!」という言葉が使われています。 しかし、 実はキリスト教以外では「メリークリスマス!」という言葉は使わないのです。 クリスマスはキリスト教のお祭りなので他の宗教で使わないのは当たり前といえば当たり前ですよね。 他の宗教でも12月に色々な祭日があることから 「ハッピーホリデーズ!」というのが正しいようです。 ハッピーホリデーズは「Happy Holidays! 」であり、つまりは「良い休日を!」という挨拶ですね。 日本のように キリスト教徒が少ないのに「メリークリスマス!」が通じるのは極めて珍しい文化なので、他の国では注意が必要です。 以上がメリークリスマスのメリーの意味や由来でした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. 楽しい」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ メリークリスマスには「楽しいクリスマスを!」という意味がある。 メリークリスマスのメリーとは英語の「Merry」のことであり、「楽しい」「愉快な」といった意味をもっている。 クリスマスはキリスト教のお祭りであるため、キリスト教圏ではない国々で「メリークリスマス」は通じない。 普通は「ハッピーホリデーズ」という言葉を使う。

次の

メリークリスマス!の「メリー」ってどういう意味?

メリー クリスマス

「メリー」ってどういう意味? メリークリスマスの「メリー」、綴りは 「Merry」。 「陽気な」「愉快な」「笑い楽しむ」などの意味があります。 つまり「メリークリスマス!」というのは、「楽しいクリスマスを!」というお祝いの言葉になるわけです。 実際正確な英文にすると、 「I wish you a merry Christmas!」となり、この直訳は「私はあなたに楽しいクリスマスを祈ります!」という文章になります。 他にもメリーを使う文章としては、• a merry voice:陽気な声• a merry person:愉快な人• Fortune comes to a merry home:笑う門には福来たる などがあります。 なぜメリーなの?ハッピーじゃだめなの? もちろんハッピーでもいいんです! 日本語でも「楽しい」という意味を「幸せ」や「愉快」などと言い換えたりしますよね? 「happy Christmas! 」でもきちんと、言った相手へクリスマスのお祝いをした意味の言葉になります。 happyを使用する際は、「Happy Holidays! 」という言い回しが多いようです。 欧米のクリスマスは新年の挨拶とも重なることがあるので、その際は 「Merry Christmas and a Happy New Year! 」と言います。 他にも、「素敵なクリスマスと新年になりますように」という意味で、 「Wishing you all a very Merry Christmas and Happy New Year」 などとも言います。 日本では「メリー」はクリスマス、「ハッピー」は新年の挨拶のイメージが強いですが、実際にはそれほど明確にはわかれていないようです。 また、「メリークリスマス」は、キリスト教の色が濃い言葉で、イスラム教徒やヒンズー教徒などは別の言い回しを好むそうです。 ホリデイ中は 「Wishing you a wonderful holiday! 」=「あなたに素晴らしい休日を!」なんて言い方でもお祝いします。 メリークリスマスっていつ、どのタイミングで言うのが正しいの? なんとなく「メリークリスマス」は、24日と25日にしか言ってはいけないと思っていませんか? 自分ではそう思っていなくても、周りがそうしているから合わせている…なんてこともあるかもしれません。 日本では24日のクリスマスイブ、そして25日のクリスマス当日に言う言葉というイメージが強いですよね。 しかし、海外ではクリスマスホリデイ中ならば、基本的にどこでも「メリークリスマス」と声を掛け合っています。 一番長い期間だと、11月20日ごろから1月1日をクリスマスホリデイとしています。 つまり、11月から「メリークリスマス」と言っても全然オッケー! いつまでメリークリスマス? クリスマスホリデイは会社によって違いますが、この一番長い解釈の11月20日から始まるクリスマスホリデイは、ショッピングモールなどが一斉にクリスマスムードになります。 そもそも11月20日ごろはアメリカでのサンクスビギニングにあたり、実際のクリスマス休暇は12月24日ごろから土日を覗く2連休(土日を含む場合は4連休)となるのだそうです。 ヨーロッパだともっとしっかりクリスマス休暇が取れて、クリスマス4週間ぐらい前の待降節 アドベント:Advent から新年まで連続した休暇があり、グリーティングカードもクリスマスカードと年賀状を一緒にしたようなものです。 アメリカは新年がくると同時にクリスマスホリデイは終わりますが、ヨーロッパのカトリックの国だと1月6日の祝日までお休みするようです。 クリスマスツリーも日本と違い、アメリカやヨーロッパでは新年の第1週ころまで展示しているそうで、文化の違いを感じますね。 海外のいろいろなクリスマス クリスマスのイメージは、イブの日眠りにつくと、サンタさんがやってきて枕元にプレゼントを置いてくれる…というものですよね。 そんなサンタさんの発祥の地である「フィンランド」。 なんと、フィンランドのクリスマスは、イブの日の朝にサウナに入るところから始まるのだそうです。 しかもクリスマスツリーを用意するのは24日の朝、プレゼントは24日の夜に開けてしまうのだとか。 それじゃサンタさんの出番がないじゃないか!とお思いですが、実は24日のディナー後、リラックスタイムにサンタクロースは現れます。 煙突からやってくるのではなく、玄関のチャイムを鳴らして! サンタクロースの本場は、ひとあじ違いますね…!! また、ドイツでは11月末からクリスマス本番まで「クリスマスマーケット」が開かれます。 現在では各国で開かれているこのマーケットですが、発祥はドイツだそう。 クリスマスマーケットで是非手に入れたいのが、ドライフルーツやナッツをたくさん入れた「シュトーレン」。 これを薄くスライスして、クリスマス当日まで食べ続けるのがドイツ流。 また、お菓子で作られたドアの飾りなどを見たことはありませんか? あれもドイツのクリスマス菓子で、「レープクーヘン」と言います。 形や材料によって名称は変わります。 マーケットでは、シナモンやオレンジを入れたホットワインである「グリューワイン」を飲みながら買い物を楽しむ人がたくさん。 作り方は簡単なので、寒い冬の時期、ドイツの人の真似をしてグリューワインを飲むのもいいかもしれません。 一年に一度の晴れの日!というイメージのクリスマス。 お祭り的な行事が好きな日本人としては、毎年楽しみたいものですよね。 今年は「メリー」の意味を噛み締めて、言葉をかけた人が楽しいクリスマスを送れるように願いましょう。

次の