トランペット 基礎。 初心者のトランペット基礎教本

基礎力アップ講座|Q&A集

トランペット 基礎

タグ api 教本 演奏会 楽譜 楽団 楽器店 格安 東京 教室 独学 探し方 山野ビッグバンドジャズコンテスト 定期演奏会 安い 失敗談 吹奏楽部 無料で楽器 相場 吹奏楽 運指 音の出し方 難しい 部費 選定 選び方 運指表 赤いきつね 社会人 買い替え 試奏 脱初心者 練習法 練習メニュー 練習 管楽器専門店 吹奏楽団 力加減 Bach カップ トランペットケース トランペットおじさん トランペット セット ストレート コンクール アーバン バルブオイル アンブシュア アクセサリ お手入れ zoom YAMAHA laravel EYS音楽教室 ハーマン プラクティス 力み 中級者 初心者 全日本吹奏楽連盟 値段 係 価格 仲間 中古 プロ ロングトーン レンタル レッスン メンテナンス ミュート マウスピース練習 マウスピース 高音 スポンサーリンク トランペットの基礎知識と初心者でも必要なアクセサリー トランペットに興味がある人が始めるまでに最低限必要な知識をまとめた。 トランペットとは 定義 お堅く説明するとこうなる。 トランペット(短喇叭は当て字)は、金管楽器の一種である。 略称は「Tp」「Trp」など。 語源は貝殻の一種を意味するギリシア語のstrombosであるとされる いわゆるラッパの正式名称がトランペットだ。 形状 ベルがついていてピストン3つあれば大体トランペットである。 最初に買うべき種類もこのトランペットだ。 吹奏楽、オーケストラ、ジャズなどジャンルを問わず使われる。 これだけ持っておけば十分だ。 深堀すると長くなるので、「指使いが違うんだな」くらいの理解でよい。 オーケストラに入ってこだわる人向け ピッコロトランペット 感想 0件 一回り小さいトランペット。 これも主にオーケストラで使用される。 高い音ばかりが出てくる譜面や、キラキラした音色が必要な時に使う。 楽器のバランス上音域が狭くなりすぎるのでピストンが4本ついている。 これもオーケストラでこだわる人向け コルネット 厳密にはトランペットではないが、合わせて持っている人が多いため紹介する。 主に吹奏楽で使用される。 吹奏楽でこだわる人向け。 トランペットの役割 バンドの中では1,2を争う目立つパート。 メロディー担当となることが多く、曲の仕上がりに与える影響は大きい。 ソロ譜を担当する機会も多い。 常に目立っているかというとそうではなく、ここぞというところで繰り出す必殺技的ポジション。 おいしいと捉えるか、緊張すると捉えるかは人それぞれ。 音を出すこと自体が難しい部類に入る楽器なので、緊張がダイレクトに演奏へ影響を与える。 売っている場所 町の楽器屋さんに行けば、いくつか置いてある。 インターネットでも探せば山ほど出てくる。 おすすめは管楽器専門店だ。 品揃えが豊富なので、選択肢が多くなる。 選択肢が多ければ、予算に応じた買い物ができる。 また、専門店だけあって知識が管楽器に特化しているため、細かいことは店員さんに聞けば何でもわかる。 始めるのに必要な道具 マウスピース 楽器の口をつける部分 トランペットはここだけ取り外しができる。 種類がいろいろある。 選び方を紹介しているので、合わせて読んでみてほしい。 プラクティスミュート 部活に入っているなら不要 社会人なら神アイテム 家で個人練習をするなら絶対購入すべき トランペットのメンテナンス メンテナンスについては別にまとめている。 紹介したアイテムの使い道についてはこの記事を参照してほしい。 レッスンを受けよう 楽器を買って早速練習、といきたいところだが何から手を付ければいいかわからなくなるはずだ。 トランペットは独学が非常に難しい楽器といえるので、レッスンを受けることをお勧めする。 トランペットがもらえる音楽教室があるので、紹介する。 費用面でかなり有利なので、これから始めようとする人はぜひ検討してほしい。 楽器がもらえて年間16万円程度で済むということは、1年目は実質6万前後のレッスン料となる。 月2回のレッスンでこの値段は破格の設定だ。 バンド活動を考えているのであれば、団体活動を通して仲間とのつながりも得られる。 趣味を通して人間関係をひろげたい、困難に挑戦することをいとわないような人は、ぜひともトランペットを手に取って始めの一歩を踏み出してほしい。

次の

初心者のためのトランペット基礎練習法|音が出るコツ

トランペット 基礎

トランペットのマウスピースを吹いてみよう まずは、トランペットのマウスピースの吹き方をおさらいしましょう。 マウスピースを吹くときは、顔の筋肉をリラックスさせる、トランペットを鳴らすつもりでしっかり息を吐く、息を吸うときのアンブシュアの崩れに注意をする、という3点を意識しましょう。 マウスピースの持ち方 マウスピースは正しい持ち方をしないと、唇に押しつけすぎてしまいます。 さらに、トランペット本体をつけたときとの違和感を感じることもあります。 特に押しつけすぎると、唇が痛くなったり、腫れてしまう原因にもなるので、注意しましょう。 マウスピースは、バックボアを人差し指と親指で軽く持つのが正しい持ち方です。 この持ち方でも、トランペット本体をつけたときの違和感を感じる場合は、利き手ではないほうの手で唇に当ててみてください。 バズィングの方法 バズィングは、トランペットで音を出すのに必要不可欠な唇の振動です。 唇の振動のさせ方、息の吐き方を確認しましょう。 息の出し方は、口角を横に伸ばし、唇を張ります。 その状態で息を1本真っ直ぐ吐き出してください。 同時に、唇を振動させ音を出してみましょう。 初心者の方は、バズィングだけで音を出すのは難しいかもしれません。 もしできない方は、息が真っ直ぐ出るように意識してみてください。 バズィングができなくても、マウスピースに唇を当てることで、唇を振動しやすくなります。 初めは、少しずつできるようになっていければよいです。 バズィングをしながらマウスピースに唇を当てると、マウスピースの音が出ます。 音感をつけるマウスピースの練習方法 マウスピースの練習は音を出すだけではありません。 マウスピースの吹き方がおさらいできたら、音感をつける練習方法を身につけましょう。 トランペットで音を変化させるときには、息のスピードや口の締め方を変化させますよね。 このコントロールができるようになると、トランペットでも正しい音程を楽に音を出せるようになります。 コントロールができるようになるための練習方法をご紹介します。 マウスピースは口と楽器本体をつなぐパーツなので、とても重要な練習になります。 頑張りましょう。 マウスピースで音程を変える まずは音程を変えるだけの練習から始めましょう。 マウスピースをどの低さでもいいので、出しやすい音から、自分が出せる高い音までを、少しずつ上がってください。 ポイントは急に高い音になるのではなく、音階を上がるように少しずつ高い音にしていくことです。 そして、これ以上高音は出ないというところから、再度低い音に向かって音階を下りていきます。 サイレンの音ようなイメージで行いましょう。 以下の動画の1:30~1:53までを参考にしてみてください。 マウスピースで音程を合わせる 音程を変えることができたら、出したい音をマウスピースだけで出せるようになりましょう。 まずは、マウスピースをトランペットにつけて、出したい音の音程を合わせます。 合わせるにはチューナーをつかいましょう。 何度か吹いて音程を頭でイメージできるくらいになったら、トランペット本体からマウスピースを外し、マウスピースだけで同じ音を出してください。 ポイントは、トランペットで合わせた 音程を頭でイメージをすることです。 カラオケで歌を歌うように、音を頭で覚えておくと、音程が合いやすくなり、音感も鍛えることができます。 例えば以下のフレーズを練習に使ってみてください。 まず、トランペットでこのフレーズを吹いたあとに、マウスピースだけで吹きます。 音感を鍛えるメリットとは ご紹介したマウスピースの練習には、トランペットの上達に重要な音感を鍛えることができるという効果があります。 音程を合わせようと、頭で音を覚えるというクセをつけると、狙った音を出すのにどのくらいの息のスピードが必要なのかを身体が覚えてきます。 その繰り返しをすることで、次第に音程が短い時間で合うようになっていきます。 この状態を音感がつくといいます。 音感がつくことによって、息をコントロールでき、 出したい音を狙いやすくなります。 ハイトーンもこの方法でまずは音程を覚えてから練習するとよいでしょう。 ピアノのように決まった音がすぐ出る楽器ではないので、音感を鍛えることはトランペットの上達において、とても重要な練習です。 マウスピースの練習をするタイミング マウスピースでの練習は、とても重要で効果のある練習方法だとご紹介してきました。 ただし、この練習ばかりをするのは偏りすぎています。 トランペット上達には、マウスピースをトランペットにつけた状態での練習も必要です、つまり、全体的に上手くなっていく必要があります。 また、マウスピースだけを吹いている状態は、演奏中の肺活量より多く息を使っているので、唇が疲れやすくなってしまいます。 マウスピースだけの練習は、 1日15分くらいを目安にして行うと調度いいと思います。 さらに、マウスピースだけを吹いている状態は、実際にトランペット本体を演奏する状態と異なるため、ウォーミングアップには向かないという意見があります。 マウスピースでの練習目的は、トランペット本体をつけないという抵抗感のない中で バズィングの感覚を養うということ、 音感を鍛えるということです。 この目標を達成するためにはウォーミングアップというよりは、基礎練習の途中や最後で取り入れてもいいと思います。 中には、この練習をどうしてもウォーミングアップに入れないと調子が掴めない、という状態になる可能性もあります。 以前からウォーミングアップで実施している方は、そのまま継続するという方もいます。

次の

【トランペット】1日4分のタンギングトレーニング。

トランペット 基礎

私がトランペットに触れるきっかけになったのは、中学校の吹奏楽部でした。 小学校の頃に近くの中学校の吹奏楽部の定期演奏会を見に行き、そのパワフルなサウンドに魅了されました。 でも、この時は、サウンドに魅了されただけで、まさか自分が吹奏楽部に入るとは思ってもみませんでした。 私が中学校に入学し、部活見学して、科学部か吹奏楽部がいいと、家族に伝えたところ、家族会議で 「科学部は地味。 吹奏楽部の方が派手でよい。 」という結論で吹奏楽部に決定。 吹奏楽部に仮入部。 もう入部すると決めていたので、2週間の仮入部期間ずっと、吹奏楽部に行ってました。 入部したはいいですが、担当する楽器がなかなか決まりません。 サックス、トロンボーン、トランペットとたらいまわしされ、結局トランペットに落ち着きました。 別に口がトランペット向きとかそういうのじゃなくて、単に人がいなかったから。 今考えてみると、先輩方の口車に上手いことのせられていたような気もするんですが、 「女子の楽器はやだな~」と軽い気持ちでトランペットをOKしました。 それから仮入部期間が終わり、本入部へ。 仮入部期間が終わった途端に態度が厳しくなった先輩に「あ~あ」と思いながらも、トランペットの練習が始まったのです。 この記事では、 目次• 理由は簡単、 この音しか出せなかったからです。 音はもちろん汚くて。 タンギングをしようものなら、確実に音は出ませんでした。 1か月くらいはこの状態が続きましたね。 まともに曲をできるようになるまでに、 1日2時間練習で、3か月はかかったでしょうか。 その間やった事というと、• アーバン金管教本1巻の最初の簡単な練習曲• 腹筋100回• 1、5㎞のジョギング は鮮明に覚えています。 それを上がったり下がったりパラパラとやってましたね。 アーバン金管教本1巻の最初の簡単な練習曲 中学校にあったアーバン金管教本の最初の方を練習してました。 価格:3,024円(税込、送料別) 腹筋100回 腹筋100回3か月、毎日やってました。 先輩に「やれ!!」と言われて。 ただ、 当時は有効な練習法とされてましたが、現在では腹筋だけ鍛えても意味がないというのが多くの意見です。 1、5㎞のジョギング 毎年、吹奏楽部恒例の体力づくり月間が1か月あって、その時にやったものです。 これもエリック宮城さんによると、 「そんなのやってる暇あったら、トランペットの練習していた方がいい。 」 そうで、今ではすたれ気味ですが、当時は情報もなかったので闇雲にやっていました。 そして1年で、何とかほかのパートの同期にも追いつき、「下手くそ!」と言われなくなりました。 ただ、この時もまだ楽譜は読めませんでしたが、絶対音感を持っていたので、先輩の演奏を耳コピしてしのいでました。 大変なのは最初の1年だけでしたね。 中学2年目から高校3年間は、順風満帆に進んでいきました。 高校でやった事といえば、ハイノートの範囲を伸ばすことくらいでした。 周囲からも「上手い、上手い」とおだてられ、より技術の向上を目指すべく、音楽の専門学校へ進学したのです。 ところが、その専門学校で、一時、音が出なくなるほどの徹底的なフォーム改造を受けることになります。 この記事を見ていただいているあなたにはそうなってほしくないので、どのような状態になっていると改造されるか、書いていきたいと思います。 音色が変わった• 2オクターブの跳躍ができるようになった• 音を外すことが格段に減った• 高音をきれいな音で鳴らせるようになった です。 音色が変わった 中学の仮入部の時、サックスも試奏したせいで、下唇を極端に丸めたアンブシュアで中高と吹き続けていました。 専門学校で「タンギングが不鮮明」「音に張りがない」という指摘を受けて直したものです。 直した後は中高時代ずっと思い続けていた「レコードの音色と自分の音が違う」という悩みが解決されました。 音を外すことが格段に減った 中高時代は特にハイノートで音を外すことが多かったですが、呼吸法を直したことで、ハイノートに余裕ができ、音を外すことが格段に減りました。 HiCは、どんなに唇がつかれていても、出せて当たり前の音になっていました。 高音をきれいな音で鳴らせるようになった これも呼吸法を直したことで、高音を余裕をもって出せるようになり、きれいな高音を手にすることができました。 こちらもHiCまでは余裕をもってだせましたね。 それでは、1か月かけたフォームの改造で、なぜここまで変化が起こったか。 どんな練習をしたのかを次の章で、お伝えします。 私が専門学校で教わり、改造した内容 アンブシュアの矯正 下唇の極端な丸め込みをなくし、普段、口を閉じている状態に矯正。 それと共に、上の歯と下の歯がかみ合うように、下あごを気持ち出す様にしました。 そして、下あごを前後に動かす練習をしましたね。 但し、顎を出すとき、唇がビロ~ンとなってはいけません。 たとえるなら、志村けんさんの「アイ~ン」の唇を横に引っ張らないフォーム。 あれが当てはまります。 ハイノートに行くにしたがって顎が前に出てくるようにしたのです。 これで不鮮明なタンギングが直り、音に張りが出て、2オクターブのアップダウンに耐えられるアンブシュアになりました。 フォームの矯正をして 呼吸法が変わった 中高でも、息を限界まで吸ったり、出したりのトレーニングはしていましたが、力を入れるポイントを矯正することで、もう1ステップ、限界が伸びました。 一番大きかったのは肩。 それまでは息を吸うと肩が上がっていたのですが、これを肩の力を抜いて、息を吸うと肩が後ろへ下がるようにしました。 これで 「すうううう~(肩の力が抜けて)すっ!」ともう一段入る手ごたえを感じました。 この呼吸法に直してから、音を外す回数が劇的に減りました。 音の出し方を変えた これも呼吸法に入るかもしれませんが、音を出すための、体の筋肉の使い方を変えました。 ウォームアップのメニューにストレッチを加え(ラジオ体操第一で十分です)筋肉をほぐし、体全体で音を出すイメージを作りました。 音を出すときの力点は、おへそのあたりに設定し、他の部分は、力を抜き、バネにするようなイメージ。 これで、音が太くなり、ハイノートも楽に出せるようになりました。 これらの練習方法は初心者さんにアリかナシか? 専門学校に行ったことで、正しい知識も手に入り、初心者さんにもシェアできる事ができてきました。 具体的に以下の4項目について、説明しようと思います。 マウスピースを使う練習 初心者さんに向けてというのなら 「ナシ」です。 マウスピース単体で鳴らすと、「アヒルの鳴き声」みたいな音が出ますよね。 では、実験なんですが、トランペットを吹きながら、マウスピースをトランペットから外してみます。 すると、マウスピースからは息の音しかしないんです。 つまり、マウスピース単体で鳴らすのと、マウスピースをトランペットに着けて吹くのでは、違う吹き方をしているということ。 ウォームアップや唇の筋肉をほぐすのに、短時間軽く吹くのならいいですが、 練習といって長時間吹くのはおススメしません。 高音の練習方法 これも初心者さんに向けてというのなら 「ナシ」です。 練習場所 消音ミュートは使っていいか等々 練習場所に関しては、吹奏楽部に入っていれば困ることはまずないでしょうが、さらに個人練習をしたいという方のために言うと、 まず、初心者さんには、ヤマハ・サイレントブラスなどの消音ミュートは、理想を言えば 「ナシ」です。 オープンで吹いたときとの吹奏感があまりにも違いすぎますので。 でも、環境によっては、使わざるを得ないという人もいるでしょう。 個人練習はしたいけれど、近所にスタジオやカラオケボックスがない。 借りるおこずかいがない等。 消音ミュートを使って毎日個人練習するのと、使っちゃダメと言われたからと言って、スタジオやカラオケボックスなどで、不規則な周期で練習するのでは、やはり毎日音を出したほうがいいですから。 だから、あくまで、初心者さんには、 理想を言えば「ナシ」です。 音を出す環境がなければ「アリ」です。 あと、公園とか、河原なんてのもありますが、初心者さんにはハードル高いですね。 何よりも慣れるまでが恥ずかしい。 私も経験がありますが、都市部では、気にも止められないんですが、田舎でやってると、来るんですよね…野次馬が。 なので、度胸のある方向けです。 ただし屋外での練習は、やると、 音の伸びが良くなるというメリットがあります。 練習曲やフレーズ 初心者さん向けの、練習曲やフレーズというのはたくさんありますが。 初心者さんが100人いれば、100通りの練習曲やフレーズが必要になります。 実際にどの辺が問題か、この目で見ないと分からないので「この練習曲がおススメ」といいきれるものが、残念ながらありません。 最後に 私が2度のトランペット初心者時代、何をやってきたのか、書かせていただきました。 ぶっちゃけて言うと、私はトランペットが下手でした。 音自体が出るまでに1か月はかかったでしょうか。 それも当然汚い音です。 それまでは息が出るばかり、マウスピース単体でも、トランペットを構えても。 「吹奏楽部始まって以来の下手くそ」 とも言われました。 当然ですね。 ほかのパートの同期たちは、 音が出せるようになっていて、教則本や曲をやり始めていたのですから。 でも、1年もやってたら、気が付いたら、ほかの同期と同じくらいにやれるようにはなってました。 吹奏楽部という環境で、否応なしに練習しなくちゃならなかったので、当然といえば当然なんですが。 私たちの頃はインターネットなんて言うものがなかったので、「情報を検索する」なんてこともできずに、ただ先輩の言うことを聞くだけしか手段がありませんでした。 なので、初心者さんに合った情報というのもなかなか手に入らなくて苦しみましたね。 今はインターネットで検索すれば、いろいろ情報が出てきます。 なので、その中から、自分に合いそうなものを取捨選択していけばいいと思います。

次の