ビワ の 食べ 方。 イヌビワはどんな木?実の味や食べ方!葉や花は?花言葉や効能も解説!

びわの食べ方や栄養と保存方法のポイントや皮の剥き方のコツとは

ビワ の 食べ 方

ビワ 枇杷 ってどんな植物? ビワは、樹高2~5mに生長し、高いものだと10mほどの大きさになります。 楕円形をした肉厚な葉っぱには、葉脈がくっきりと浮き上がります。 この特徴的な葉っぱの形が琵琶に似ていることが、名前の由来です。 12~2月に白い小さな花を咲かせ、結実して6月に収穫期を迎えます。 オレンジ色の果実は薄い産毛で覆われており、食べると酸味が少なくわずかな渋味が特徴です。 もともと日本に自生していた種類は種が大きく果肉が少なかったことから、食用には向きませんでしたが、江戸時代に果樹としての品種がもたらされたことで果物としての栽培が開始されました。 ビワ 枇杷 の木の苗木の植え付けや種まきの時期と方法は? 苗木 苗木から育てる場合は、2月下旬~4月に、鉢や地面に植えて育てます。 鉢植えは、7~8号鉢を準備し、植えていきましょう。 地植えは、日当たりと水はけのよい場所を選び、深さと幅40~50cmの植え穴を掘って植えてください。 植えた後は、たっぷりと水を与えてください。 種まき 種まきは、5~6月が適期です。 実をつけるまで8~10年ほどかかることから、じっくり育てたい方や、接ぎ木の台木として育てたい方におすすめです。 今回は、脱脂綿やスポンジを使って発根させる方法をご紹介しますが、洗った種を土の2~3cmの深さに植えてもかまいません。 実から種を取り出し、水洗いして果肉をしっかり落とす 2. 種の周りの茶色い皮をむく 3. 水に湿らせ1~2cmの厚さの脱脂綿やスポンジを容器に入れる 4. 上に種を置く 5. 種が半分つかるくらい水を入れる 6. 1週間ほどして発根したら、育苗ポットなど小さな鉢に植え替える 7. 苗木が十分に育ったら、鉢や地面に植え替える ビワ 枇杷 の木の土作り、水やり、肥料の時期と方法は? 土作り ビワを植える土は、水はけのよい土が適しています。 鉢植えは、赤玉土(小粒)7~8:腐葉土2~3の割合で混ぜた土か、市販の果樹用培養土を使ってください。 地植えは、植え穴を掘った土に腐葉土を2~3割混ぜておきましょう。 水やり 鉢植えは土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えます。 地植えは、特に水やりは必要ありません。 ただ、日照りが続いたときは水やりをするとよいでしょう。 肥料 2~3月、6月、9月、11月の年4回、肥料を施します。 2~3月と6月は速効性化成肥料を9月と11月は堆肥や油かす、骨粉、鶏糞などの有機質肥料を株から少し離れたところに施していきましょう。 ビワ 枇杷 の木の剪定の時期と方法は? ビワは、枝を剪定して風通しをよくし、おいしい実を収穫するために摘蕾・摘果を行います。 剪定 枝の剪定時期は、木の成熟度合いによって違いがあります。 まだ実をつけたことのない木は2月、実をつけるようになった木は8月下旬~9月に剪定していきましょう。 また、品種によって剪定後の樹形が違います。 茂木などまっすぐ上に枝が生える品種は、横に伸びる枝を残す「変則主幹形」に仕立ててください。 一方、田中などのように枝が横に広がる品種は、「盃状形」に仕立てていきましょう。 それぞれの品種に合った樹形に仕上がったら、混みあった枝を間引いて、幹に光が当たるようにすれば完了です。 花芽がその年に伸びた枝につくので、剪定のときに切り落とさないよう注意してください。 そして、横に広がる枝は3~4本、左右互い違いになるよう配置していきましょう。 横に生える枝の上下間隔は、30~45cmほど空けるようにするとよいですよ。 そして、高さが1. 8~2mほどになるよう、それよりも上にある枝は途中で切って高さを揃えください。 摘蕾・摘果 冬に咲いた花を全て結実させてしまうと、行き渡る栄養が分散し、個々の実が小さくなってしまいます。 蕾はかたまってついているので、それぞれに4~5個ほど残すようにするとよいですよ。 また、花数の少ない枝は、切り落としてしまってもかまいません。 さらに、実が小さい段階で、数が多いようであれば、早めにもぎ取ってしまいます。 ビワ 枇杷 の木の植え替えの時期や方法は? 鉢植えは、根詰まりを防ぐために、2~3年に1回、1回り大きな鉢に植え替えをします。 根を傷つけないよう鉢から株を掘り上げ、新しい土に植えてください。 手順は、苗を植える時と同じです。 ビワ 枇杷 の木の増やし方!接ぎ木や挿し木の時期と方法は? ビワは、種まき、接ぎ木、挿し木で数を増やすことができます。 種まきは、上述した方法で行ってください。 接ぎ木や挿し木は、2~3月が適期です。 接ぎ木 1. 種から育てた苗木を台木にする 2. 台木の幹を、高さ10~15cmのところで水平にカットする 3. 皮の内側3cmほどのところに、垂直に切り込みを入れる 4. 増やしたい株から、10cmほどの長さの枝を切り落として接ぎ穂を準備する 5. 接ぎ穂の切り口を斜めにカットし、1~2時間水に浸ける 6. 台木の切り込みに、接ぎ穂を差し込み、接ぎ木テープをまいて固定する 挿し木 10~15cmほどの長さの枝を準備し、切り口を斜めにカットしたら、赤玉土(小粒)や鹿沼土(小粒)に挿して育てます。 挿した枝は、鉢ごとビニール袋で包んで管理しましょう。 土が乾かないよう水やりをして管理すれば、根が生えてきますよ。 ビワ 枇杷 の木の栽培で注意する病気や害虫は? がん腫病 葉や幹、実、根に発生する細菌性の病気です。 葉っぱに褐色の斑点が現れたり、幹にこぶができたりしたら、感染している可能性が高いです。 病気にかかっている部分は回復しないので、切り落として拡大を防ぎましょう。 傷口から菌が入ってしまうので、幹や枝は剪定以外で傷つけないよう注意してください。 ビワ 枇杷 の木の育て方のポイントは? 水はけのよく、暖かい場所で育てるのがポイントです。 他の果樹と違い、真冬に花を咲かせることから、実が未熟なときに寒い環境にあると、収穫量が減ってしまいます。 また、湿気に弱いので、土の水はけに注意し、剪定をして風通しをよくしましょう。

次の

おいしいびわの選び方・見分け方 実際に食べた結果

ビワ の 食べ 方

ビワの簡単なむき方とオススメの食べ方 ビワの果皮は果肉にピッタリと密着しているため、指で果皮をつまんで剥こうとすると手が果汁でベタベタになってしまったり、果肉が果皮にくっついて食べる部分が少なくなってしまうことがあります。 ですが、ビワの皮むきはコツさせ掴めば、誰でも簡単にスルスルッと剥くことができるようになります。 では、さっそく ビワの簡単な剥き方をいくつかご紹介します。 ビワの簡単なむき方 その1 もぎたて新鮮なビワを食べるときや ビワを丸ごと食べたいときにオススメのむき方です。 [手順]• ビワを皮ごと優しく水洗いします。 水気を軽くきり、ヘタと逆側にある「ヘソ」の方からバナナの皮を剥いているようにゆっくりと優しく剥いてゆきましょう。 ビワの簡単なむき方 その2 お家でマッタリとビワを食べたいときや 来客時にビワを出したいときに便利なむき方になります。 [手順]• 「ヘソ」と呼ばれるビワのおしりの方からヘタの方向へ向け、種に沿って十字の切れ込みを入れてゆきます。 手で4等分になるよう開きます。 種が収まっていた部分に薄皮が付いていますので、スプーンを使って削るように取り除きます。 全てのビワの実から果皮を剥き取ったらお皿に盛りつけて完成です。 ビワの簡単なむき方 その3 ビワの実でジャムやコンポート、シロップ漬けを作りたいときに便利なむき方をご紹介します。 [手順]• ビワを縦半分にカットし、軽くひねって2等分にしてください。 ヘタを手で優しく取り除きましょう。 種を取る前に果皮を剥いてゆきます。 皮をキレイに剥いたら、種を取り出します。 スプーンをビワのおしり ヘソ の方から入れ、薄皮をすくうようにヘタの方へと動かしてゆきましょう。 取り残してしまった薄皮を手で優しく取り除いたら完了です。 ビワの変色を防ぐ色止め方法 皮を剥いた状態でビワを放置してしまうと茶褐色に変色してしまいます。 ビワにはタンニンと酸化酵素が含まれているため、皮を剥いたり、包丁でカットした後は 変色を防ぐために色止めをしなければなりません。 ビワの 変色を防ぐ方法として、 ・直ぐ水につける ・塩水につける ・レモンを絞った水につける など、様々な色止め方法がありますが、ビワの実はそのまま食べた方がおいしいので、食べる直前に果皮を剥くのが1番です。 まとめ ビワの食べ方と剥き方、また変色を防ぐ色止め方法についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 ビワを食べると手がベタベタになるからと食べるのを控えていた方や果肉が果皮にくっついてしまいうまく皮を剥くことができなくて困っていた方、お客さんにビワを出したくても剥き方や食べ方が分からなくて悩んでいた方もたくさんいたと思いますが、むき方や食べ方のコツさえ分かってしまえば、誰でも手を汚さずに気持ち良くビワを食べることができるようになります。 是非この機会にご紹介させて頂いた方法で ビワの皮むきに挑戦されてはいかがでしょうか。 あまりの気持ち良さにドハマりすること間違いなしです。

次の

イヌビワはどんな木?実の味や食べ方!葉や花は?花言葉や効能も解説!

ビワ の 食べ 方

あなたに伝えたいこと• イヌビワの実の時期や特徴は? イヌビワは、8月頃に実が熟します。 大きさは、日当たりのよい場所では(イヌビワにとって好条件なので)2cmを超えますが、生えている場所によっていろいろです。 色は、緑から赤、そして黒へと変わります。 緑色〜赤色の時はまだ熟していない(花嚢という状態)なので食べられません。 黒く熟すと、中に種子ができ(果嚢になる)食べることができます。 イヌビワってどんな木なの? イヌビワ(犬枇杷)は、クワ科イチジク属の落葉小高木(冬になると葉が落ちる高さ5m~10m未満のもの)です。 別名は、「イタビ」、「コイチジク」、「ヤマビワ」、「カラビワ」、「姫枇杷」と多くありますね。 (ヒメビワ、これ、かわいくてキレイな名前じゃないですか!… インパクトが足りませんか?w) 雌雄異株(しゆういしゅ・雌花と雄花が別々の個体につく植物のこと)で、葉や実を取ったり、枝に傷をつけたりすると白い液が出てきます。 実がつく前には花ですよね? イヌビワはどんな花を咲かせるんでしょう? イヌビワの花の開花時期や特徴は? イヌビワの花期は4月〜5月頃です。 どこからどう見たって実にしか見えないと思うんですが、イヌビワの花なんです。 ???… どういうことなんでしょう? イヌビワは名前にはビワがつきますが、ビワの1種じゃないんです。 イチジクの仲間です! 花のつき方は、無花果状果序(いちじくじょうかじょ・花をつける枝の先端が多肉の壼状になり、内面に多数の花をつけるもの)と言って、 丸くなった花嚢(かのう・花が入っている袋状のもの)の内側に花が咲きます。 植物のうちでも、かなり特殊な花の咲き方です。 なので、表面から花は見えないんですね。 花を見たい時にはどうするかというと、花嚢を割るしかありません(ちょっとベタベタしますが)。 こちらが雄花嚢です。 やっと花を見ることができましたね。 (雄花だけですけど) じゃあ、雌花も見たいから、雌株の花嚢を割ってみましょうよ!ってなりますよね?普通・・・。 ちょっと待ってください、イヌビワには 雄株の花嚢の中に一緒に咲いている雌花があるので、そっちを先に。 (えっ?) 雌株の花嚢には雌花だけが咲きます。 (なにそれ?どういうこと?) この珍しい(ややこしい?) イヌビワの花嚢には、とっても複雑な、だけどなかなか面白い生活の姿が隠されているんです。 (隠してないかな?外から見えないだけでw) いったい、どんな生活の姿があるんでしょう? これから解説していきま~す! まず、花嚢という閉鎖された空間に咲く花の、花粉はどこからどうやって運ばれ、どのように受粉するのでしょうか?(謎ですよねw) その謎を解くキーは、「イヌビワコバチ」という昆虫にあります。 (体長1. 4mm~1. 7mmほど) 雄花嚢には、このイヌビワコバチが入れるくらい、開いている部分があるんです。 雄株の花嚢の中には雄花と雌花が咲いていますが、雌花の柱頭から産卵管を差し込んで、胚珠(はいしゅ・後に種子になる部分)に産卵します。 イヌビワコバチのメスの成虫は、これで一生を終えます。 この丸い虫えいの中では、卵から孵った幼虫が、メスによって運ばれた花粉で受粉し、発達を始めた胚珠を餌にして成長します。 オスは、翅がなく体色も茶色で、形も全く違います。 成虫になったイヌビワコバチのオスは、メスより一足先に虫えいから出て、メスのいる虫えいに穴を開け交尾します。 そのため、花嚢の中を動き回りやすい平たい体に、虫えいに穴を開ける牙?があるのかも? オスはそのまま生涯、雄花嚢から出ることはありません。 そして、メスだけが外へ出ていくのですが、この時期、雄花嚢の出口?付近には雄花がたくさん花粉をつけています。 中で生活していたイヌビワコバチたちのメスが出て行き、オスが役目を終えて死んだあとの雄花嚢は、枯れてしまいます。 最初に戻りましたね、あれ?せっかく花粉を付けて行ったのにこれではまた産卵して生涯を終えてしまいますよ? 確かに、そういうメスもいます。 (イヌビワコバチの子孫を残す役割のメスですね。 ) では、違う役割、つまりイヌビワに花粉を運んで受粉させ、イヌビワの子孫を残す役割のメスは? います!雌花嚢にもぐりこんで行くんです!(特に選ぶわけではなく、たまたまもぐりこんだ先が雌花嚢だった) こちらが、イヌビワの雌花嚢。 なので、もぐりこんで行く時に、イヌビワコバチのメスは翅が取れてしまいます。 そして、入った途端に入口が閉じてしまうという、まるで罠。 (待ち受けていたかのようですね・・・) しかもこの雌花の柱頭は、雄株の雌花の柱頭より長く、イヌビワコバチの産卵管は、胚珠に届きません。 当然、イヌビワコバチはそのまま死んでしまいます。 イヌビワはというと、運んできてもらった花粉で受粉し、種子を作ります。 1匹のイヌビワコバチが中に入っただけで、入口となる頂部が閉じてしまうわけですから、雌花嚢の中にたくさんの雌花がありますが、1匹が体に付けてきた花粉だけで、1つの雌花嚢にじゅうぶん足りるということみたいですね。 (イヌビワコバチが、あれ?っと中を探りまわっている間に、花粉をまき散らすようです) さて、受粉した雌花嚢の中はこの後、どうなっていくのでしょう。 丸く子房(被子植物のめしべの下部にあって,胚珠が入ってふくらんでいる部分)があるのがわかります。 (めかのうという読みも同じでしたw) 熟した雌果嚢の中。 食べ頃だよ~、甘いよ~、と鳥に教えているようですね。 鳥に食べてもらうことによって、種子を散布するからですが、人が食べても美味しい実です! 8月頃から食べられる黒い果嚢は、雌株のものだったんですね~。 (雄株は8月頃にはあまり花嚢をつけていません、一年中ついてはいますが、夏が一番少ない時ですし、食べようとしても雄果嚢はかたくて食べられません) でも、ひとつ気になることがありませんか?イヌビワコバチのメスが雌花嚢に入って行って受粉させたから実が熟したんですよね?中に死骸が残っているということではないでしょうか? イヌビワの実を食べて腹を壊した人の話は聞いたことがない、イヌビワコバチのメスの死骸を見たという人もいないと言います。 ということは、熟していく段階でイヌビワコバチのメスの死骸はなんらかの形で(皮の辺りで溶かされて、吸収されちゃうとか?)なくなっているようです。 ちなみに、スーパーなどで売っている「イチジク」は、受粉しなくても花嚢が発達する栽培品種なので、中にコバチが入っている心配はありません! このように、 イヌビワは寄生蜂のイヌビワコバチがいないと種子が作れません。 (イヌビワの花粉を運ぶことができるのは、イヌビワコバチだけなんです) また、 イヌビワコバチはイヌビワの雄花嚢の中でしか、子孫を残すことができません。 つまり、 両者は互いに頼りあって生活しています。 (共生している) これが、イヌビワの花嚢にある生活の姿の全容です。 複雑でしたね~。 ところで、「共進化(きょうしんか)」という言葉をきいたことがありますか? イチジク属は700種ほどあって、それぞれのイチジクにイヌビワコバチのように共生する相手のハチが1種類いるそうなんです。 つまり、1対1の関係が700種類も?! イチジクの新しい種類ができるとそれに対応するハチが生まれ、その共生関係は数千万年以上続いていると推定されています。 (これが「共進化」と呼ばれる関係です) これは、なんだか不思議で特殊な関係ですね、計り知れない自然の力を感じるというか。 (だからって、こんなに複雑にしなくても… というかw) あ、さっきの「こいつ」を忘れていました。 イヌビワオナガコバチという名前の昆虫のメスです。 オスも同じ雄花嚢の中で成虫になっているはずですが、ちょっと見えない・・・。 (見かけは、イヌビワコバチのオスと似ていて、少し大きめ) こちらもメスは同じように外へ出て行って、新しい花嚢に産卵します。 しか~し、長い産卵管を使って、花嚢の外側から産卵するので、花粉をつけた体で花嚢の中にもぐりこんでいかないんです。 (イヌビワにとっては何のメリットもないことになります。 (と私は思いました!) 秋になると、ついているのは雄果嚢だけになります。 イチジク属の多くは、熱帯に分布しているんですが、イヌビワは温帯域に適応するために落葉する性質を身につけ、コバチ類が冬を越せるよう、雄果嚢は落とさずにいるんです。 落葉する前には、黄葉するのでキレイですよ~。 先ほどの熟した果嚢から蜜が溢れ出ていたのを思い出しました! 由来はそこからではないでしょうか? イヌビワの葉の効能が凄い!?特徴は? イヌビワの葉には、薬効があるとされています。 何に効くかというと、まず、入浴剤として用いると痔疾患に。 葉を折り取ると出てくる白い乳液状のものを塗り付けるとイボ取り、しらくも、神経痛、脚気の治療になると言われています。 (いずれも民間療法として) イヌビワの葉の特徴は、長さ約8cm~20cm、幅約3cm~8cmの楕円形、先がとがっていて、基の方は円形かハート型をしています。 葉の裏面は、灰白色を帯びています。 関東地方の沿岸部の山地や丘陵に特に多く生えており、暖流である黒潮の影響で気候が温暖なことが理由と考えられます。 まとめ この記事ではイヌビワについて解説していきました! 最初は、イヌビワの実について解説していきました! 特徴は、 ・実が熟すのは8月頃 ・熟した実は黒い ・人が食べられる美味しい実で、甘い でしたね! そして、イヌビワの花について解説していきました! 特徴は、 ・花は、丸い花嚢の内部に咲いているので、外からは見えない ・雌雄異株なので、雄株と雌株にそれぞれ別の花がつく ・雄株の花嚢の中には、雄花の他に雌花も咲いている ・雌株の花嚢の中には、雌花だけが咲いている ・雄株の花嚢の中で、イヌビワコバチという昆虫が生活しており、このイヌビワコバチが雌株の花嚢の中の雌花に花粉を運んでくれる ・イヌビワの花粉を運ぶことができるのは、イヌビワコバチだけ ・イヌビワコバチはイヌビワの雄花嚢の中でしか、子孫を残すことができない ・イヌビワとイヌビワコバチは共生している でしたね! あと、花言葉や葉の特徴についても解説していきました! ・花言葉は「溢れる思い」 ・葉には、薬効がある でした! 最後に、生えている場所について解説しました。 ・イヌビワが生えている場所は、本州関東以西、四国、九州、沖縄の海岸や沿岸部の山地 でしたね! う~ん、それにしてもなんて複雑でわかりにくい樹木なんでしょう、「熟した実は美味しい」ので、それだけでもいいか、ってことにしませんか~?.

次の