楽しい こと したい。 何か楽しいことないかなが口癖の人におすすめの面白いこと17選!

【2020年】やりたいことリスト100!目標を達成する!

楽しい こと したい

転職を考えるとき、仕事を楽しめないことが退職理由になる場合があります。 では、仕事が楽しくないから辞めるという考え方は正しいのでしょうか。 このように考えてしまう人のなかには、今の職場で仕事を楽しむための取り組みを行わないまま、「転職すれば楽しい仕事に出合えるだろう」と期待して仕事を辞めてしまう人がいます。 ひとりでコツコツと行う仕事が好きな人と、大勢とコミュニケーションを取りながら進める仕事が好きな人とでは、同じ仕事でも感じ方が変わってきます。 たとえば、新規クライアント企業へ電話営業を行うAさんとBさんがいたとします。 Aさんは「知らない会社に電話をかけて話すのは、世界が広がって楽しい」と考えていても、Bさんは「テレアポは面倒でつまらない」と感じているかもしれません。 同じ内容の仕事をしていても楽しめる人と楽しめない人がいるように、すべての人にとって楽しいという仕事はほとんど存在しません。 ほかの人が楽しそうに働いている職場であっても、楽しいかどうかは結局、自分の捉え方次第です。 また、転職を何度も繰り返すことで、より仕事を楽しめない状況を自らつくってしまっているケースもあります。 短期間で退職するとスキルが身に付かず成長できないため、いつまでたっても仕事がおもしろくないというわけです。 人気の職種は希望者が多く競争率も高いため、好きなことを仕事にすることは簡単ではありません。 また、好きなことを仕事にしても、うまくいかない人もいます。 「好きなことを仕事にしたい」という人は、あらかじめメリットとデメリットを知っておきましょう。 憧れていた仕事に就けると、どんなことでもおもしろく感じて、大変なときでも頑張れるものです。 また、自分の好きなことなので基礎知識があったり、好奇心でさらに積極的に学んだりしながら仕事の基礎が早く築かれるため、成長もしやすくなります。 たとえばゲーム好きな人がゲーム製作会社で働く場合、その人たちはもともとゲームに興味があり、基礎知識が身に付いています。 業務においても知識が活きてくるので、ゲームにまったく興味がない人に比べて仕事を早く覚えることができます。 また、好きなゲームに携わることができ、自分の手でたくさんの人にプレイされるゲームをつくることにやりがいを感じられると、生き生きと働くことができるでしょう。 好きなことを仕事にしても、「想像していた仕事と違った」「こんなはずではなかった」と感じてしまう場合があります。 たとえば、「華やかなイメージに憧れて広報職に就いたが、実際は地味な業務が多くて不満を感じてしまった」「エンターテインメントの世界に憧れてテレビ業界のAD職に就いたが、想像以上の激務でつらい」など、いずれも好きなことへの憧れが大きすぎて、働き始めるまで仕事の短所が見えていなかったというケースです。 また、好きなことに対する熱が冷める、飽きるということもあります。 好きなことを仕事として始めたものの、うまくいかずに仕事が嫌になり、結果的に好きだったことも嫌いになってしまったというパターンです。 仕事が楽しくないと感じたら、まずは「原因がどこにあるのか」と振り返ってみましょう。 客観的に見てみると、仕事内容以外のことが原因になっているかもしれません。 スキルが不足していると、できる仕事が限られてしまい、満足感を得られなくなります。 また、仕事がうまく進まなくなり、仕事に悩み始めます。 逆に、好きなことを仕事にしていなくても、スキルを身に付けて成果を上げられれば、仕事が楽しくなり、さらにスキルアップに励むという好循環が生まれることもあります。 キャリアプランやビジョンがないと、ただ漠然と毎日仕事をこなすだけになり、その結果、「仕事に対する意欲が湧かない」「やりがいがない」「将来性がない」と感じるようになります。 報告・連絡・相談をはじめとする最低限のコミュニケーションを取らないと、ミスやトラブルにつながり、仕事が円滑に進まず、つまらなくなっていきます。 仕事とプライベートの両立は大切で、プライベートで悩みを抱えていると、仕事に集中できず、ミスやトラブルを招くことがあります。 反対に、仕事とプライベートの両方が充実していれば、どちらの側にも良い影響を与えるものです。 楽しい仕事をするためには、まず自分の考え方や行動を変えることが必要です。 仕事を楽しむためにポジティブに考える癖をつけましょう。 どのような考え方や行動、解決策があるか紹介します。 「単純作業が多い」「待遇に納得がいかない」「人間関係に問題がある」「仕事内容が自分の性格に合っていない」など、楽しめない理由が何かしら見つかるはずです。 理由が見つかれば改善策も考えられますし、その理由を転職先の条件にすれば、同じ失敗を繰り返すことなく不満を解消できます。 働く条件において「仕事内容」を優先したいのであれば、待遇や環境、企業の知名度がどんなに素晴らしくても、本当にやりたい仕事でないかぎり、心が満たされることはありません。 憧れの仕事やどうしてもやりたいことがある人は、思いきって一度その職種にチャレンジしてみましょう。 仕事内容に満足すれば、楽しく働けるようになるかもしれません。 何事も「やりたくない」と思わずに、最初は小さなことから目標を見つけ少しずつ頑張れば、結果を出せる可能性は高まります。 仕事がうまくいって、周囲から感謝されたり必要とされたりすると、自分の存在意義を確認でき、前向きに仕事に取り組めるでしょう。

次の

退屈な毎日を変えたい主婦におすすめの「楽しいこと」リスト18選

楽しい こと したい

と悩みました。 サラリーマン時代、「仕事はお金のためにやるもの」で「仕事は楽しくないもの」だった。 だから続けられなかった。 何かを続けていくには、 自分がやってて楽しいことじゃないとダメだって実感したんですよね。 これから何かを仕事にするにしても、自分が楽しいと思えることをしたい。 そう考えたら、まず 何を「楽しい」と思えるかが大切になってきます。 「嬉しくて楽しい」と思えた出来事 これは私の場合ですが、陶芸で一から何かを作るのはすごく楽しんです。 だけど最近、喜びにも似た楽しさを見つけました。 それが 「自分が作ったものを人に使ってもらうこと」なんです。 自分の作った器を使ってもらうと、めちゃくちゃ嬉しくなる。 自分の分身を愛でてもらってるみたいで。 もう、ほんとに幸せだなぁ。 そこで購入してくれた方が、実際に器を使ってくださってたんですよね。 (以前から作る約束をしていたので完成が早い) キャベツとじゃがいもの白味噌汁と納豆。 朝ごはんみたいなお夕飯。 小皿もごはん茶碗も POTTERY。 って思えた。 まだまだ初心者の自分が作品を売るなんて、って気持ちもあったけど、自分のショップを作って販売を始めてみて良かった。 始めてなかったら、こんな楽しいことや嬉しいことには気付けなかったから。 「何をしたら楽しいのか?」を見つける方法 自分が何をしたら「楽しい」と思えるか、分からない人っていると思うんです。 少なくとも、サラリーマンやってた頃の私はそうだったから。 なんとなく楽しめることはあっても、 ずっと続けたいと思えるほど楽しいことってあんまりなかったんです。 だけど、会社を辞めて陶芸に打ち込んだりネットショップを開いたり…色んなことをやってみて「楽しい」と思えるものに気付けた。 そう、「何をしたら楽しいのか?」に気付く方法は一つ。 やってみること だと思います。 実際にやってみないことには「自分が何を楽しいと感じるか」なんて分からないから。 上手くいくか分からなくても、 やってみたいと思ったらやってみる。 やってみたこと全てが「楽しい」とは思えなくても、いつか「楽しい」に出会える。 だから、気になったことは何でもやってみたらいいんじゃないかな。 私もまだまだ自分の「楽しい」を見つけるために、これからも色んなことに挑戦していきたいなと思ってます。 ユキガオ search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss.

次の

楽しいことの見つけ方8個!なんか最近つまらない人必見です

楽しい こと したい

スポンサーリンク 楽しい事したい時のコツ 行動力を持つ 楽しい事したいと思ったら、行動力を持ちましょう。 これだ!と思いついた楽しい事があったら、即行動に移しましょう。 あれこれと考えていると次第に面倒になり結局計画がとん挫してしまうなんて事はよくあります。 まずは、実行に移してみる事です。 頭で考えるよりも動きながら考える方がより、現実に沿った計画を練ることが出来ます。 机上の空論で終わらせては結局何もしていないのと同じなのです。 楽しい事を書き留めておく 楽しい事したいと思ったら、楽しい事を書き留めておきましょう。 今は、忙しくまとまった時間が取れない時に限って、楽しそうな事を思いつくものです。 そんな時は書き留めておき、まとまった時間が取れたら実行してみましょう。 人間、今置かれている状況と逆の状況を考える事の方がはかどる時もあります。 仕事で忙しくやる事がたくさんあるのに、楽しい事が湯水のように湧いてくるそんな時「仕事が一段落したらやってみよう」と考えるのですが、仕事が一段落すると身体を休めるので精いっぱいで楽しい事など後回しになってしまいがちです。 いざ、思い出そうと思っても、何を考えてたか忘れてしまう事もあります。 そんな時に、楽しい事を書き留めておけばノートを開きその時楽しいと思った事を見返す事で本当に楽しそうな事を実行すればいいのです。 その時だけテンションが高く冷静に成って見ると「これの何が楽しい事なのか?」となるものも中にはあるでしょう。 しかし、中には本当に楽しそうな事が隠れているかもしれません。 スポンサーリンク 仲間を集める 楽しい事したいと思ったら、仲間を集めましょう。 楽しい事は1人でやっても楽しいでしょう。 しかし、大勢で楽しめばその楽しさは何倍にもなります。 一緒に楽しみを共有できる仲間を集めましょう。 同じことをやっていてもその楽しみ方は人それぞれです。 その楽しみ方の違いをコミュニケーションを通じて分かち合うと楽しい事がさらに楽しくなる事でしょう。 折角、楽しい事をするのですから興味のある人、気心の知れた友人などを誘って一緒に楽しむのです。 「楽しい」と感情を表に出す 楽しい事をしたい時は、「楽しい」事を表現してみましょう。 楽しい事をしているのに何故だか心から楽しめないと感じる時があります。 そんな時は、楽しい気持ちを表に出して見ましょう。 声に出して「これ凄く楽しいね!」と言ってみたり、身体を使って楽しさを表現したり、大きな声で笑ってみる等感情をもっと表に出すといいでしょう。 楽しいハズなのに楽しめないのは、感情を抑制してしまっているからです。 本来楽しい事をしている時、人はリラックスしている状態ですから、自然と感情も表に出てきます。 しかし、楽しい事に何かしらのイレギュラー要素があるとリラックス状態にならず緊張状態になり楽しめません。 例えば、カラオケが好きな人でも、カラオケに行く面子によって楽しめるか楽しめないかハッキリ別れます。 一緒に行く人がいつも遊んでいる仲間であれば、とても楽しいカラオケになりますが、会社の上司や先輩だらけの所でのカラオケは気を使ってしまい楽しめないでしょう。 この様に同じ事をしていても、環境によってひとは楽しめるか楽しめないかが別れてしまうのです。 スポンサーリンク 楽しもうと言う前向きな気持ち 楽しい事をしいたいと思ったら、楽しもうと言う前向きな気持ちを持ちましょう。 「本当にこれ楽しいの?」「これの何が楽しいの?」と懐疑的な気持ちをもってしまったら楽しむことは出来ません。 楽しい事を誰かから提案された時に素直に「楽しい事なのか楽しみだな」と言う素直な気持ちを持ちましょう。 懐疑的な気持ちから楽しもうとしても、どこかに楽しめないポイントが見つかると「やっぱり楽しくない」と感じてしまい心から楽しめません。 楽しい事は物事を他面的に見る事で発見できます いかがでしたか? 楽しい事と言うのは早々簡単に見つかるものでは無いでしょう。 簡単に見つかってしまう人は人生を楽しんでいるとても幸せな人です。 自分の行動範囲の中で楽しい事が無ければ行動範囲を広げてみましょう。 新しい事を始めるのも、未知の分野へのわくわくやドキドキは味わえます。 初めは楽しめてたのに次第につまらなくなるものもあるでしょう、そんな時は少しその分野から離れ違う事をしてみるとまた戻った時に違った視点で楽しみを見つける事が出来るかもしれません。 楽しい事をしたいのであれば、様々な関係性から多面的に物事を見る事で見えてくるものではないでしょうか。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の