上原亜衣ティガレックス。 上原亜衣=ティガレックス!?フシギダネにも似てる?激似の芸能人は?

上原亜衣が冷たい谷のボルドやティガレックスに似てる件を指摘した結果。

上原亜衣ティガレックス

ティガレックスとは、カプコンの「 」シリーズに登場するモンスターである。 ファンからの愛称は『ティガ』・『ティガレ』など。 特徴 強靭な顎と発達した筋肉、丈夫な声帯、そして黄色地に虎のような青い縞模様が特徴的な、のモンスター。 絶滅種として認知されていた古い飛竜の生き残りで、現在確認されている飛竜種の特徴となる前脚由来の翼は未発達な状態にある。 飛行能力は殆どなく、飛ぶというより滑空に近い。 その代わり地上戦の能力が非常に高く、攻撃力と機動力がかなり高い。 さらに、喉や声帯器官がきわめて丈夫で、時折衝撃をともなう大音響の咆哮を上げることがあり、それを至近距離で食らえば吹き飛ばされるなど、無事では済まない。 ほぼすべての部位が武器になるため、熟練のハンターでも油断をすれば命の保証がない恐ろしい相手である。 以上の出典: 名前の由来 をあらわす" tiger "とラテン語で王の意味を持つ" rex "が由来となっている。 キャラのモチーフは、その名前と見た目からわかるように恐竜の王者と認知されて久しい と思われる。 それぞれの語源で呼び表すと「鋭く速い暴君」となる 原種 初登場は『モンスターハンターポータブル 2nd』。 もちろん代表としてパッケージを飾っている。 別名を「 轟竜」と呼び、今ではモンスターハンターシリーズの代表的なモンスターとして人気が高い。 砂漠等の温暖な地域が主な生息地と言われているが、雪山などの寒冷地でも多く目撃されている。 何処で知ったのか雪山に生息する草食モンスターの肉を狙って寒冷地に足を伸ばしている。 ポポは温和な性格で食用から車の牽引等地域問わず家畜として重宝されており、ティガレックスはそういったポポから味を覚えたのかもしれない。 ティガレックスは吹雪く雪山に寝泊まりしている事も確認されているが、毛皮や脂肪等の寒さに耐えるための身体機能を一切持ち合わせていない。 いかにタフなのかがうかがえる。 至近距離で咆哮を聞くと吹き飛ばされダメージを受けるモンスターの一つ。 当初はティガレックスだけだったが、のちに他の牙獣種や飛竜種、その亜種・変種などでもみられるようになった。 咆哮を攻撃に転化させた最初のモンスターである。 しかし、その分咆哮そのものの射程距離が若干短め。 他にもブレスこそ吐かないものの横の攻撃範囲が優秀で、時折1回180度Uターンしたり、或いは120度ほどの急旋回を2回することがある突進や、大岩を3Wayで撃ち出して来たり、隙が少ない飛び掛かり、さらにキレると飛び退って距離を取り、更に咆哮するなどどのタイミングでも攻撃するのが怖くなるほどの攻撃を持つ。 だが、ある程度の高さの段差を超えられないので段差の上からほぼ一方的に攻撃することも可能。 (遠くからの岩飛ばしや咆哮は喰らうことがある。 ) また、閃光玉を使うと視界を奪われて突進できなくなり、定点攻撃しか繰り出せなくなるため、MHP2Gまでは戦闘の際に閃光玉をひたすら投げ続けて動きを封じて倒すやり方が主流であった。 MH3以降は、罠や閃光玉を繰り返し使用しているとモンスターも耐性を得るようになったため、この方法は使えなくなったが、当たり判定が細密化されたり、疲労時に大幅に弱体化するようになったので、以前と比べて罠や閃光玉を乱用しなくてもかなり戦い易くなった。 TGS などに出展されるイベント向け体験版では、2012年出展のでの最上級クエスト担当。 これまでのものを踏襲しながらも 幾つかの新モーションが追加されており、突進や噛み付きのバリエーションが増加。 たとえば、これまでは必ずこちら側に振り向いてから攻撃を繰り出していたが、今作では 突然方向転換して突進を繰り出してきたりと、背後にいる敵に対する対抗策を身につけている。 また、多少の段差があっても構わず突進してきたり、跳躍して飛び越えてきたりするようになっているため、今作では段差の上から一方的にハメることは難しくなっている。 にも登場し、ハンターと激しい戦闘を繰り広げるが、終盤で突然乱入してきたに踏みつけられ、そのまま首の骨をへし折られて絶命するという完全にとしての扱いであった。 絶対強者ェ……。 まぁハンターとの戦いで傷つき、に奇襲されては敗れてしまうのも無理はないだろう。 ではも登場した。 更には2019年5月10日に公開されたアイスボーンPV1弾の最後にティガレックスの咆哮のような声が確認され、同年6月5日突如公開されたアイスボーンPV2弾に正式に姿を現した。 動画内では何と雪山ではなく瘴気の谷に姿を現しており、多くの視聴者やハンター達を驚かせた。 ティガレックスからしてみれば常に死体という食料が蓄積しているこの谷は魅力的な土地なのだろう 更にはとも縄張り争いをしている姿が映し出されており ティガレックスが如何に強力なモンスターか窺える。 しかもそれだけでなくや(亜種も含む)だけでなく、にも挑みかかる。 過去作のモーションを残しつつ追加された新モーションや攻撃の隙の減少、更に2度目のリメイクとなった新BGMに過去作プレイ済みのハンター達は歓喜の声を上げた。 最終的には様々な武器種で0~5分針でのソロ狩り報告やソロ狩り動画が投稿された。 『』にも登場。 こちらでは、デフォルメされた轟竜が見られる。 ちなみに、コラボレーションの縁で『』 発売元:デジタルエンタテインメント にも登場している。 MHFに登場する非常に強力な個体。 やや色合いが濃くなり、右目が潰れて隻眼になっているなど、見た目からして いかにもヤバそうな雰囲気を放っている。 戦闘力も見た目に違わず非常に高く、従来の強力な突進に加え、咆哮を本格的に攻撃に転用するようになり、 咆哮の際に発生する衝撃波をブレスのようにして遠くにいる敵目掛けて飛ばすというとんでもない使い方まで習得してしまっている。 咆哮そのものも威力が強化されており、周辺の地面をえぐり飛ばすほどの凄まじい衝撃波を放つ咆哮を放ったり、また、怒り移行時に攻撃を加えていると バックステップをキャンセルしてその場で咆哮するようになったりしている。 「でも、どうせ閃光玉でハメられるんでしょ? 」と思ったら、これが大間違いで、使用すると 確定で怒り状態になるうえ、 効果中は手が付けられないほど大暴れするためガンナーでもない限りまともに攻撃することはできない。 そもそも、閃光玉の効果時間そのものも非常に短く設定されているので、使用するメリットはほとんどない。 激個体 常に怒りっ放しの個体。 攻撃力も大幅に引き上げられている。 岩飛ばしが強化され、一度に5個岩を飛ばすようになり、さらに叩き付けた前脚に衝撃波が発生する。 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 23:22:18• 2020-07-16 23:22:10• 2020-07-16 23:22:03• 2020-07-16 23:21:48• 2020-07-16 23:21:30 新しく作成された記事• 2020-07-16 23:11:27• 2020-07-16 22:46:50• 2020-07-16 22:27:19• 2020-07-16 22:29:11• 2020-07-16 21:58:07•

次の

上原亜衣とは (ウエハラアイとは) [単語記事]

上原亜衣ティガレックス

閃光弾でチャンスを作れる• 腕を破壊してダウンを狙う• 突進は尖鋭石で止められる• 疲労時は攻撃チャンス 閃光弾でチャンスを作れる ティガレックスは、閃光状態では こちらを探すような硬直モーションを取ることがある。 さらに突進をしなくなるので、危険性が一気に低下する。 攻撃チャンスを生み出すために、閃光弾を持ち込もう。 腕を破壊してダウンを狙う ティガレックスは腕を部位破壊するとダウンする。 さらに、その後は 破壊した腕に怯みが発生する度にダウンするため、優先的に腕を狙っていこう。 肉質が柔らかいためダメージも稼ぎやすい。 突進は尖鋭石で止められる 最大の驚異である突進は、尖鋭石を撃つと止まる。 ティガレックス自身が尖鋭石を落とすので、突進阻止のために拾っておこう。 2回傷つけの武器は特に意識したい。 疲労時は攻撃チャンス ティガレックスは 疲労すると動きが鈍り、突進後に転倒するようになる。 転倒は確定ではないが動き全体にスキが生まれるため、絶好のチャンスだ。 減気武器で素早く疲労させるのも有効。 ティガレックスの主な攻撃と回避方法 ティガレックスの主な攻撃パターン 【危険】 突進 数回の方向転換で、執拗にハンターを狙う。 危険な回転攻撃に派生することが多いため、近づかないのが無難。 【注意】 突進回転 突進の終わりに回転する。 範囲が広く威力も高いため、最大限警戒するべき。 【注意】 回転攻撃 体を反らせる体勢を取ってから、その場で回転する攻撃。 【注意】 玉飛ばし 前方に向けて拡散するように玉を飛ばしてくる。 噛みつき 前方に噛み付く攻撃。 咆哮 ティガレックスの咆哮は近くで受けると吹っ飛ばされダメージを受けてしまう。 飛びかかり ジャンプして一気に距離を詰めてくる。 突進後の回転攻撃に注意 ティガレックスは、突進の終わりに回転攻撃を繰り出すことがある。 前方への範囲が非常に広く威力も高いため、常に警戒しよう。 慣れないうちは、突進中のティガレックスに近づかないのが無難。 尻尾切断で範囲が狭まる 回転攻撃が避けられない場合は、尻尾の切断を優先しよう。 切断後は範囲が少し狭まるため、対処しやすくなる。 尻尾側は比較的安全なので、被弾軽減にもつながる。 素の回転攻撃も危険 ティガレックスは、突進の終わり以外にも回転攻撃を繰り出す。 こちらも範囲が広いため、近接武器は常に警戒すべき技だ。 回転は時計まわりなので、 反時計方向に向かって前転で回避しよう。 中距離では玉飛ばしを警戒 中距離で警戒すべき玉飛ばしは、片手を引く予備動作がある。 玉は放物線を描くように3方向へ放たれるので、横方向への回避でやり過ごそう。 なお 玉を飛ばす手にも攻撃判定があるため、クラッチを当てるなら尻尾がおすすめ。 ウチケシの実があると良い ティガレックスの玉飛ばしは、 水場や雪の上では属性やられが付与される。 スタミナ管理が難しくなるため、ウチケシの実を持ち込んで対策すると良い。 咆哮でダメージを受ける 怒り時のティガレックスの咆哮は、 正面近くだとダメージを受ける。 怒る時は必ず咆哮を行うので、正面から接近するのは避けよう。 攻撃手段としては使ってこない ダメージを伴う咆哮は、怒った瞬間にしか行わない。 攻撃手段として使ってくることはなく、怒り時もバックステップ後に使うので、過剰に警戒する必要はない。

次の

上原亜衣は全身整形しまくりで現在復活!?画像で徹底比較!豊胸も?

上原亜衣ティガレックス

閃光弾でチャンスを作れる• 腕を破壊してダウンを狙う• 突進は尖鋭石で止められる• 疲労時は攻撃チャンス 閃光弾でチャンスを作れる ティガレックスは、閃光状態では こちらを探すような硬直モーションを取ることがある。 さらに突進をしなくなるので、危険性が一気に低下する。 攻撃チャンスを生み出すために、閃光弾を持ち込もう。 腕を破壊してダウンを狙う ティガレックスは腕を部位破壊するとダウンする。 さらに、その後は 破壊した腕に怯みが発生する度にダウンするため、優先的に腕を狙っていこう。 肉質が柔らかいためダメージも稼ぎやすい。 突進は尖鋭石で止められる 最大の驚異である突進は、尖鋭石を撃つと止まる。 ティガレックス自身が尖鋭石を落とすので、突進阻止のために拾っておこう。 2回傷つけの武器は特に意識したい。 疲労時は攻撃チャンス ティガレックスは 疲労すると動きが鈍り、突進後に転倒するようになる。 転倒は確定ではないが動き全体にスキが生まれるため、絶好のチャンスだ。 減気武器で素早く疲労させるのも有効。 ティガレックスの主な攻撃と回避方法 ティガレックスの主な攻撃パターン 【危険】 突進 数回の方向転換で、執拗にハンターを狙う。 危険な回転攻撃に派生することが多いため、近づかないのが無難。 【注意】 突進回転 突進の終わりに回転する。 範囲が広く威力も高いため、最大限警戒するべき。 【注意】 回転攻撃 体を反らせる体勢を取ってから、その場で回転する攻撃。 【注意】 玉飛ばし 前方に向けて拡散するように玉を飛ばしてくる。 噛みつき 前方に噛み付く攻撃。 咆哮 ティガレックスの咆哮は近くで受けると吹っ飛ばされダメージを受けてしまう。 飛びかかり ジャンプして一気に距離を詰めてくる。 突進後の回転攻撃に注意 ティガレックスは、突進の終わりに回転攻撃を繰り出すことがある。 前方への範囲が非常に広く威力も高いため、常に警戒しよう。 慣れないうちは、突進中のティガレックスに近づかないのが無難。 尻尾切断で範囲が狭まる 回転攻撃が避けられない場合は、尻尾の切断を優先しよう。 切断後は範囲が少し狭まるため、対処しやすくなる。 尻尾側は比較的安全なので、被弾軽減にもつながる。 素の回転攻撃も危険 ティガレックスは、突進の終わり以外にも回転攻撃を繰り出す。 こちらも範囲が広いため、近接武器は常に警戒すべき技だ。 回転は時計まわりなので、 反時計方向に向かって前転で回避しよう。 中距離では玉飛ばしを警戒 中距離で警戒すべき玉飛ばしは、片手を引く予備動作がある。 玉は放物線を描くように3方向へ放たれるので、横方向への回避でやり過ごそう。 なお 玉を飛ばす手にも攻撃判定があるため、クラッチを当てるなら尻尾がおすすめ。 ウチケシの実があると良い ティガレックスの玉飛ばしは、 水場や雪の上では属性やられが付与される。 スタミナ管理が難しくなるため、ウチケシの実を持ち込んで対策すると良い。 咆哮でダメージを受ける 怒り時のティガレックスの咆哮は、 正面近くだとダメージを受ける。 怒る時は必ず咆哮を行うので、正面から接近するのは避けよう。 攻撃手段としては使ってこない ダメージを伴う咆哮は、怒った瞬間にしか行わない。 攻撃手段として使ってくることはなく、怒り時もバックステップ後に使うので、過剰に警戒する必要はない。

次の