ブレインクリニック 横浜。 横浜市のメンタルクリニック 南区・阪東橋駅 原クリニック

【ブレインクリニック東京】は怪しい?その評判は?

ブレインクリニック 横浜

ちなみにこのサイトもtokyo-mentalclinicですが「ブレインクリニック東京」とは関係ありませんので。 ブレインクリニック東京が怪しいとされる所以 発達障害を専門としているということのようですが、その手法としてQEEG検査を前面にだしています。 QEEGは少なくとも日本ではほとんど聞きなれない検査かと思います。 この検査は脳波を定量的にみるものです。 わかりやすく言えば脳波の特徴を一目でわかるように解析する装置といったところでしょうか。 近年、特に米国を中心にQEEGを用いた検査が行われております。 もちろん研究課程にあるものではありますが、米国でも臨床応用されているクリニックもあるのです。 新しい治療や検査を行うクリニックに対して怪しいという批判が集まりやすい背景にはもともとわからない対する疑念から仕方ない部分はあるでしょう。 日本ではどうしても保険適応こそが正義、それ以外は怪しいという風潮が少なからずあります。 保険診療のデメリットである「最先端の方法による検査・治療は遅れがち」を補完するのは自由診療になるわけで一概に「自由診療=間違い」とするのは違うでしょう。 医師は患者の治療のために保険診療内で最善を尽くし、それでも難しい時、説明と同意の上、責任をもって科学的根拠がある方法をとることができます。 この科学的根拠ですが100%を望むのは間違いないでしょうが、状況によっては仮に数十%の可能性でも良いと考える場面もあるでしょう。 新しい治療だから、まだ浸透していない治療だからといってブレインクリニック東京は怪しいと一概に批判するのは違うのかなと思います。 【ブレインクリニック東京】の怪しさは名称のせい? 名称が怪しい・・・ これは私も思っていたことです。 クリニックだから普通に〇〇発達障害クリニックとかにすればいいのに・・・ 院長の川口佑氏のセンスなのでしょうか?? 名称もしかり、根本的な怪しさの問題はアスペルガー症候群などの発達障害の方に対して、保険適応の範囲内では有効な治療がないことです。 カウンセリングは保険適応ですが、改善する訳ではありません。 怪しい治療と思い込んで、シャットアウトすることは治療の機会を失ってしまいます。 ブレインクリニック東京は現在の発達障害やうつ病診療について以下のように述べています。 抗うつ薬が奏功しない難治性のうつ病や適応障害の一部で発達障害が背景に潜んでいることがあります。 その場合、仮にうつ病を治しても根本的な問題は残ったままで、またすぐに職場で問題が生じてしまいます。 この場合また適応障害とかうつ病として休職したり薬物治療を行っても同じことを繰り返してしまいかねません。 また現状自閉スペクトラム症とかADHDがあるかもしれないと言われている方もいらっしゃいますが、それ以上先には踏み込まれないケースも多々あるのです。 そこで背景の発達障害の特性についてを専門に診ることができればと思っております。 現在の発達障害および気分障害の間(闇?)をついているようなコメントです。 私は図星だと思っています。 ここに切り込むことができて、わずかでも患者さんの人生を変えれるのであればむしろ「怪しい」ではなく「正義」とさえ言えます。 ところでその怪しいブレインクリニック東京で診療を受けて大丈夫なの? 発達障害の特性は病気ではありません。 したがって特性はプラスになることもあればマイナスになることもあります(気を付けないと多くは極端にマイナスになりうる)。 発達障害の特徴である「こだわりの強さ」や「好きなことは極端に集中する(過集中)」という側面を活かして優秀な学業を修めてきたが、就職や管理職への昇進など環境の変化をきっかけに不得手な分野が浮き彫りになることがあります。 発達障害の傾向があっても、仕事もプライベートもうまくいっているときには何の問題もありません。 したがって、傾向がある人全員が困っているわけではないでしょう。 もし困っているようであれば、特性を治療で改善するのも一つの手段かと思っています。 ブレインクリニック東京のTMS治療についてですが、そもそもTMSはうつ病治療で有名ですね。 発達障害に効果があるのでしょうか? 実は答えyesですが、この事実意外と知られていません。 そもそもTMSがなぜうつ病で承認されたのかといえば、うつ病の方がTMSを承認させやすいからです。 診断基準や、その評価方法がしっかりしているのです。 しかし、それと同様に発達障害に対するTMS治療も効果があるばかりか患者さんのうける変化の印象は大きいでしょう。 TMSに携わったことがあるDrなら気づいているはずです。 ブレインクリニック東京は怪しいと風評被害を受けておりますが、実際TMS治療を受けておられる方は効果を実感されている方がほとんどの印象です。

次の

ブレインクリニック東京の口コミ・評判(43件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

ブレインクリニック 横浜

日本橋駅から徒歩2分の『ブレインクリニック東京』、専門医在籍・発達障害専門外来、土日も電話対応 日本橋駅から徒歩2分の『ブレインクリニック東京』は、小学校低学年(子ども)から高齢者(大人)までこころとからだの不調、パフォーマンス低下に対して、いつでも気軽に相談を受けられるクリニックを目指しております。 丁寧な診療体制・カウンセリングを重視し、医学的根拠に基づいた診断・治療を行います。 初診の方も、当日予約を可能な限り受け付けております。 発達障害専門外来 アスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)や注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、うつ、不安障害など二次障害、カサンドラ症候群、コミュニケーション障害、吃音を中心に検査、診断、治療を行っています。 うつ病、双極性障害(躁うつ病)専門外来 抑うつ(気分障害)や双極性障害(躁うつ病)などの症状の原因となっている脳神経の活動をリアルタイムで詳しく解析します。 光トポグラフィー検査は抑うつ症状の診断の補助に用いられますが、QEEG検査はより幅広い疾患の脳の状態を解析することが可能です。 睡眠障害専門外来 不眠など睡眠の障害、日中の眠気など過眠症、ナルコレプシーなどの症状の原因となっている頭の中の状態を3次元的に詳しく解析します。 日中の眠気など過眠症はADHD 注意欠陥・多動性障害 に合併する事が多く、鑑別が重要になります。 薬が効かず治療が上手くなされていなかったり、誤診されている症例が見受けられます。 同じ過眠でもADHD 注意欠陥・多動性障害 かナルコレプシーか睡眠時無呼吸症かで治療方針は異なります。 誤った診断を受けて、誤った薬が出されている場合、副作用が出るだけで効果が出ないなどの問題が生じます。 不安障害外来 強迫性障害、パニック障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、トラウマ、摂食障害(神経性無食欲症)、過食症(神経性大食症)など背景に発達障害が隠れている事もあり、薬が効かず治療が上手くなされていなかったり、誤診されている症例が見受けられます 5. 受験生外来 「受験うつ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「受験うつ」と言っても、そういった名称の特別な病気が存在するわけではなく、受験の時期に発症するうつ症状をこう呼んでいるのです。 受験という厳しい状況の中に、うつ病を引き起こす原因は潜んでいます。 幼稚園年長から大人まで、受験うつ、気分の落ち込み、集中力低下、不安、ストレス、緊張、 ネガティブ思考、ケアレスミス、学習障害、意欲の低下、パフォーマンスの低下などを診療しています。 ドクターズインタビュー• 坂 達典 副院長 頼れるドクターが教える治療法 Vol. 027 川口 佑 院長 疾患の多くは生まれ持った脳の神経ネットワークの素因に、環境やストレスの要因が組み合わさって発生すると考えています。 ブレインクリニックこのような状態を医学的に分かりやすく解説し、解決法を提案し、新たな心の持ちようを支援しています。 略歴 2006. 03 筑波大学医学専門学群卒業 2006. 04 静岡県立総合病院初期研修 2008. 04 静岡県立総合病院 勤務 2013. 09 都内精神科クリニック 院長 2019. 01 ブレインクリニック東京 院長 資格 日本内科学会認定総合内科専門医 日本内科学会認定内科認定医 日本脈管学会認定専門医 日本腎臓学会認定専門医 日本透析医学会認定専門医 マインドフルネス スペシャリスト• 坂 達典 副院長 畳み込みニューラルネットワーク CNN などのDeep Learning(深層学習)モデルは、脳神経科学に関するいくつかの知見を与えてくれます。 脳波の時空間ダイナミクスを分析することで、脳の神経細胞(ニューロン)の活動の背後にある疾患、情報表現に対する理解を深め、より高次脳機能を反映した機械学習モデルの確立を目的として、研究に取り組んでいます。 経歴 京都府立医科大学卒業 京都大学医学部附属病院 精神科神経科 ブレインクリニック東京 副院長 資格 JAPAN MENSA メンサ 会員 スタンフォード大学オンライン機械学習 (Machine learning)コース修了 日本認知症学会 日本精神神経学会• 治療を開始して6ヶ月ほどたちます。 TMS治療といううつ病に保険が通っている治療機器だそうですが、うつ病の治療法とは異なる周波数だそうです。 効果は数回くらいから確かに自分でもわかりました。 治療を開始して6ヶ月ほどたちます。 TMS治療といううつ病に保険が通っている治療機器だそうですが、うつ病の治療法とは異なる周波数だそうです。 効果は数回くらいから確かに自分でもわかりました。 眠る時とかに無駄なことを深く考えなくなってきた気がします。 すごく頭の中がスッキリ目覚めているような感覚で視界もクリアー感じがしてビックリしています。 私には合っていると思いました。 ただ1点治療に関して不安があるのは、対応してくれるスタッフさん(技師さん? によって少し当て方の感じが違うな もしくはあてる場所がずれている と思いいつも不安になります。

次の

【受診前に確認】ブレインクリニック東京について

ブレインクリニック 横浜

日本橋駅から徒歩2分の『ブレインクリニック東京』、専門医在籍・発達障害専門外来、土日も電話対応 日本橋駅から徒歩2分の『ブレインクリニック東京』は、小学校低学年(子ども)から高齢者(大人)までこころとからだの不調、パフォーマンス低下に対して、いつでも気軽に相談を受けられるクリニックを目指しております。 丁寧な診療体制・カウンセリングを重視し、医学的根拠に基づいた診断・治療を行います。 初診の方も、当日予約を可能な限り受け付けております。 発達障害専門外来 アスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)や注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、うつ、不安障害など二次障害、カサンドラ症候群、コミュニケーション障害、吃音を中心に検査、診断、治療を行っています。 うつ病、双極性障害(躁うつ病)専門外来 抑うつ(気分障害)や双極性障害(躁うつ病)などの症状の原因となっている脳神経の活動をリアルタイムで詳しく解析します。 光トポグラフィー検査は抑うつ症状の診断の補助に用いられますが、QEEG検査はより幅広い疾患の脳の状態を解析することが可能です。 睡眠障害専門外来 不眠など睡眠の障害、日中の眠気など過眠症、ナルコレプシーなどの症状の原因となっている頭の中の状態を3次元的に詳しく解析します。 日中の眠気など過眠症はADHD 注意欠陥・多動性障害 に合併する事が多く、鑑別が重要になります。 薬が効かず治療が上手くなされていなかったり、誤診されている症例が見受けられます。 同じ過眠でもADHD 注意欠陥・多動性障害 かナルコレプシーか睡眠時無呼吸症かで治療方針は異なります。 誤った診断を受けて、誤った薬が出されている場合、副作用が出るだけで効果が出ないなどの問題が生じます。 不安障害外来 強迫性障害、パニック障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、トラウマ、摂食障害(神経性無食欲症)、過食症(神経性大食症)など背景に発達障害が隠れている事もあり、薬が効かず治療が上手くなされていなかったり、誤診されている症例が見受けられます 5. 受験生外来 「受験うつ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「受験うつ」と言っても、そういった名称の特別な病気が存在するわけではなく、受験の時期に発症するうつ症状をこう呼んでいるのです。 受験という厳しい状況の中に、うつ病を引き起こす原因は潜んでいます。 幼稚園年長から大人まで、受験うつ、気分の落ち込み、集中力低下、不安、ストレス、緊張、 ネガティブ思考、ケアレスミス、学習障害、意欲の低下、パフォーマンスの低下などを診療しています。 ドクターズインタビュー• 坂 達典 副院長 頼れるドクターが教える治療法 Vol. 027 川口 佑 院長 疾患の多くは生まれ持った脳の神経ネットワークの素因に、環境やストレスの要因が組み合わさって発生すると考えています。 ブレインクリニックこのような状態を医学的に分かりやすく解説し、解決法を提案し、新たな心の持ちようを支援しています。 略歴 2006. 03 筑波大学医学専門学群卒業 2006. 04 静岡県立総合病院初期研修 2008. 04 静岡県立総合病院 勤務 2013. 09 都内精神科クリニック 院長 2019. 01 ブレインクリニック東京 院長 資格 日本内科学会認定総合内科専門医 日本内科学会認定内科認定医 日本脈管学会認定専門医 日本腎臓学会認定専門医 日本透析医学会認定専門医 マインドフルネス スペシャリスト• 坂 達典 副院長 畳み込みニューラルネットワーク CNN などのDeep Learning(深層学習)モデルは、脳神経科学に関するいくつかの知見を与えてくれます。 脳波の時空間ダイナミクスを分析することで、脳の神経細胞(ニューロン)の活動の背後にある疾患、情報表現に対する理解を深め、より高次脳機能を反映した機械学習モデルの確立を目的として、研究に取り組んでいます。 経歴 京都府立医科大学卒業 京都大学医学部附属病院 精神科神経科 ブレインクリニック東京 副院長 資格 JAPAN MENSA メンサ 会員 スタンフォード大学オンライン機械学習 (Machine learning)コース修了 日本認知症学会 日本精神神経学会• 治療を開始して6ヶ月ほどたちます。 TMS治療といううつ病に保険が通っている治療機器だそうですが、うつ病の治療法とは異なる周波数だそうです。 効果は数回くらいから確かに自分でもわかりました。 治療を開始して6ヶ月ほどたちます。 TMS治療といううつ病に保険が通っている治療機器だそうですが、うつ病の治療法とは異なる周波数だそうです。 効果は数回くらいから確かに自分でもわかりました。 眠る時とかに無駄なことを深く考えなくなってきた気がします。 すごく頭の中がスッキリ目覚めているような感覚で視界もクリアー感じがしてビックリしています。 私には合っていると思いました。 ただ1点治療に関して不安があるのは、対応してくれるスタッフさん(技師さん? によって少し当て方の感じが違うな もしくはあてる場所がずれている と思いいつも不安になります。

次の