フリーダム ガンダム。 HGCE 「フリーダムガンダム」 レビュー

『ガンオン』で「フリーダムガンダム」「ダブルオーガンダム」など新機体が登場!

フリーダム ガンダム

HGCE 「フリーダムガンダム」 レビュー HGCEから「フリーダムガンダム」のレビューです。 『機動戦士ガンダムSEED』に登場するモビルスーツ。 主人公キラ・ヤマトの搭乗機。 地球連合軍から強奪したG兵器を解析したザフトが、その持てる技術の全てを投入して開発した超高性能MS。 ニュートロンジャマーキャンセラーにより核エンジンの搭載を実現し、大電力を必要とする火器の装備と運用、フェイズシフト装甲の無制限の使用が可能となっている。 背部のウイングバインダーを展開した高機動形態「ハイマットモード」では、 ウイングバインダーの各パーツを可動させるほか、内蔵されたスラスターを用いることで高度な姿勢制御能力を獲得し、大気圏内外で高い機動性と運動性を発揮。 更にこのモードでは、マルチロックオンシステムとの連動によって単機で複数の目標への同時攻撃も可能。 また、戦術強襲機ミーティアとの連動も前提としており、合体時にはより高度な攻撃力を発揮する。 その複雑化したシステムは、コーディネイターの中でも特に優れた能力を持つ者でないと乗りこなすことはできなかったが、 操縦技術、空間認識能力、MSのシステムに関する知識を全て兼ね備えたキラが搭乗するによって、持てる性能を遺憾なく発揮することとなった。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 最新のHGスタイルのフリーダム。 各部アップ。 目にクリアーパーツ。 前のガンダムに続いて上から貼るシールと、発光を良くする裏側のシールの2種。 今回もクリアーパーツそのままに。 各部の赤やウイングの紺など、かつてのHG版では再現されていなかった部分もパーツ割りで再現できるようになっていますが、 レール砲の砲口などはまだシール再現。 肩アーマー側面スラスターの白や、サイドアーマーの紺などはシールでも補完はされていません。 ガンダムと。 数少ない目が黄色いガンダム。 RG版と。 モールド量の違いはありますが、何気に各部のバランスは近いですね。 シルエットにしたらほとんど違いが無い気がする。 以下、可動範囲の紹介。 首の可動。 2重ボールジョイント接続。 襟足が飛び出しているので上が動かしにくいですが、それ以外は十分。 胴の可動。 腹部が2箇所ボールジョイント接続、腰部がボールジョイント接続。 REVIVE共通の構造に更に1つジョイントが追加され、後への可動にも対応するなどREVIVE内でも更に進化しています。 回転も制限はありませんし、素晴らしい可動域です。 肩・腕の可動。 肩は根元が上方スイング+ボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。 今回もジョイントは上に動くので、怒り肩が容易に決まります。 肘が2重スイング。 手首がボールジョイント接続。 下半身の可動。 フロントが左右連結の切り離すことでボールジョイント接続。 サイドが上下スイング+軸接続。 リアは固定。 下半身の可動。 股関節は軸が上下スイング、腿が軸接続+上下スイング+軸回転。 レール砲を備えたサイドアーマーが邪魔ですが、後に動かせば開脚幅は確保できます。 膝が2重スイング。 足首が前後スイング+ボールジョイント接続、つま先がスイング。 カバーがスイング。 前後は動きますが、横はあまり動きません。 つま先が動くのは、スタンドで浮かせるのが前提のフリーダムにはありがたいです。 REVIVE規格で、かつてのHGから12年の時を経て凄まじく可動範囲が進化しました。 デザインの都合か、胴の構造がREVIVE内でも更に手を加えられているのが良いですね。 立て膝はこのぐらい。 少し動かしにくいので、腿装甲の内側角を削っておきました。 以下、ギミックや付属品の紹介。 ウイングは基部が軸接続+前後スイング。 前後の羽がそれぞれ可動。 展開するとパーツの接続部分が見えるのが少し微妙。 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲。 ウイング内部の砲身のみを展開。 ハイマット状態での展開に対応する関節も存在。 砲身の赤はシール再現。 クスィフィアス・レール砲。 サイドアーマーに折り畳まれた砲身を前後に展開。 グリップを起こして持たせられます。 後方の赤はパーツ割りですが、砲口の赤はシール再現。 ルプス・ビームライフル。 青い部分はシール再現。 フォアグリップが可動。 リアアーマーにマウント出来ますが、やはりこの状態ではレール砲の展開は不可能。 開脚用にサイドアーマーを後に下げるのにも邪魔。 ラケルタ・ビームサーベル。 ビーム刃は2本付属。 サイドアーマーにマウントされているグリップですが、落ちない程度の保持力はあるものの、少し触れるぐらいでずれるので厄介。 グリップ底を連結してアンビテクストラス・ハルバードモードに。 ラミネートアンチビームシールド。 淵の赤い部分はシール再現。 白い部分は一体成型になっており、かつてのHGからの技術の進歩に感動しますね。 腕に接続するのではなく、グリップのみで支える構造に。 グリップは根元が四角になっており、持ち手に引っかかるようになっています。 このおかげでグリップのみで前方へ構えることも可能。 以下、適当にポージング。 地上の敵を狙い撃つ時のキラさんお気に入りの逆さ撃ち。 しかしこんなスタイリッシュなポージングの決まるHGフリーダムが出るとは、12年前は思いもしませんでしたね。 フリーダムとパーフェクトストライク。 HGでこのクオリティを並べられるとは本当に素晴らしいことです。 以上、HGCEのフリーダムのレビューでした。 REVIVEシリーズの流れでリニューアルされたHGフリーダム。 キットとしての完成度に可動範囲と、旧HG版とは比べ物にならないレベル。 旧HG版では出来なったバラエーナの展開と、搭載されたギミックも十分。 非常に満足のできるキットでした。

次の

完成品レビュー、MG 1/100フリーダムガンダムVer2.0 | ガンプラレビューブログ ガンプラは病気です!

フリーダム ガンダム

機動戦士ガンダムSEED後半および ガンダムSEED DESTINYに登場する、主役級モビルスーツ。 ニュートロンジャマーキャンセラーを搭載し熱核エンジンににて半永久的な稼働時間をもっています。 「ガンダムSEED」本編34話から登場。 そして最終話のヤキンドゥーエ戦でラウ・ル・クルーゼが乗るプロヴィデンスガンダムを撃破した後、要塞の崩壊に巻き込まれる形で中破。 その後、SEEDの続編にあたる「ガンダムSEED DESTINY」第13話で再登場、この時も軍所属ではなく一方的に自らの正義を貫くべくザフト軍・地球連合の見境なく介入、戦線をかく乱したことからザフト軍に敵と認識され追撃される形に。 シン・アスカのインパルスガンダムとの決戦で対艦刀エクスカリバーにシールドごと腹部を貫かれ敗北、頭胸部を残し爆散しました。 その最大の敗因はパイロットであるキラ・ヤマトの「決してコクピットを狙わない」を突かれたことにありました。 フリーダムガンダム• 形式番号 ZGMF-X10A• 頭頂高 18. 03m• 重量 71. 全備重量 63. 装甲材質 フェイズシフト装甲• 動力源 ニュートロンジャマーキャンセラー搭載型核エンジン• 出力 8826kw• 作り方手順 徹底解説 箱写真 完成写真 ウイングが重いため直立させるのは大変。 たたんだ状態だとウイング自体を支えにして容易にたたせられますが、 アクションベーススタンドを使って装飾させるのが妥当と思います。 この写真は寝かせての撮影です。 当然ながらレールガンの展開も再現されてます。 しかし、弄りすぎるとはずれます。 一旦はずれたら組み直しがタイヘン。 どれがどこにあったっけ、状態。 そのため通常の製作過程と異なり、ほぼ完成形として用意されているフレームパーツを基点として外殻パーツを装飾していく、という感じで組立てがすすんでいきます。 パーツ数はものすごい数なのですが、 いざ組み立ててみると、「すでに完成しているフレームパーツに装甲を飾り付けて行く」ていう感じの製作過程なので、さほど難しくは感じませんでした。 ただそのパーツが異常に多いんですよね。 このフレームパーツのなせる技で、ひざやひじが広範囲に動くわけですね。 なかった場合はネットから。 改良点・塗装について RG自体完成度が高いと思われるので、手を加える必要は通常組み立てについてはほとんど不要でしょう。 それでも不満な点があるなら、といったスタンスで手を加えるのであれば、ちっと覚悟がいると思います。 そもそもパーツ数が多いのでパーツ単体では全体的な把握がしづらい。 塗装についても、色分けは完全にできているので、色に不満がないかぎり塗る必要性は低いと思われます。 ただし白パーツに素材の違いがみられ、組み立てたときに色が異なっているものもありました。 ですがそのまま無塗装、つや消しクリアーを筆塗りした程度にしています。 は、別パーツを追加することで隠れる構造。 さすがRG。 それでも消しくらいは必要でした。 面はポリシングクロスで完全に消してます。 装甲板裏面は水性ホビーカラー、H-69 RLM75グレーバイオレットを塗りクオリティを上げてます。 RLM75グレーバイオレット。 カラーにも同色あります。 02(文具店で入手)と、ハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を両方使用。 エナメルカラー 上 、コピックマーカー 下 その他の必須工具• ニッパー• タミヤセメント 消し用• 瞬間接着剤 合わせ目消し、時間がないとき用• ヤスリ、耐水ペーパー(用)• 筆4種 広面積用平筆、通常用平筆、細部用丸筆、超細部用面相筆 エナメル用、水性用とそれぞれ用意 スマホで閲覧している方へ 写真が見づらい場合は拡大もしくは横スマホで パーツ一覧 RGの特徴ともいえる、フレームパーツですが、実はすでに1つ1つが複数のパーツで構成されており、完成した状態でランナーについています。 すでに完成形でについている、フレームパーツに、土踏まずの四角い板状のもの、そしてつま先の青いパーツをはめこんでいきます。 接着剤は全行程において、未使用。 青のパーツも未塗装。 ゲート跡はペーパーがけしたあとで磨いて跡を消しています。 ペーパーがけの跡のザラザラした表面を磨いて仕上げてくれるありがたい布です。 左右同じ形状なので、同時に組み立てても大丈夫そうです。 つま先が稼働できる仕組み。 さすがRG。 足の甲の部分。 白いパーツ、無塗装です。 青パーツとつなぎます。 それをさきほどの足のつま先部位へ差し込みます。 終始こんな感じで徹底的に色分けされたパーツをつなぎ合わせていきます。 かかとを組み立てています。 青いパーツを上下貼り合わせ。 それを足の後部へ。 足首のアーマー。 左右から挟む形で、足パーツへ。 追加パーツを上からかぶせます。 これをはめこむことで、合わせ目が隠れてくれます。 ここまで、できました。 撮影の順序の都合上がまだのものです ここからは、脚本体部の組み立てです。 脚のフレームパーツは、すでに組み立てられ完成されている状態でランナーについています。 その生産技術、すごすぎですね。 このフレームパーツを軸にして、スラスターや装甲板を、上から装着させていきます。 でもその前に、このフレームパーツの状態で、ひざを曲げて稼働させてみることをオススメします。 フレームの複雑なギミックで関節が曲がっていくのがみられ、その複雑な構造に感動することと思います。 さて、写真の四角い小さいのは,ふくらはぎにあたる部分にある、スラスター。 細かい部分なので画像クリックで拡大画像を用意しました 2枚目。 ふくらはぎのパーツを、はめこんでいきます。 この写真もクリック タップ で拡大します。 これは反対側。 細かい作業がつづきます。 でも、特別なこと何もしておらずただもくもくとパーツを切りはずしてははめ込んで行く、それだけの作業です。 白いのは後部の可動部。 なお画面が小さくて判別しにくい写真なのでクリック タップ で拡大表示できるようにしています。 まだまだフレームパーツの付け足しは続きます。 もはやどこがどの部位なのかわからず説明書見て図形だけで判断、の域。 両サイドにフレームパーツを付けたしてます。 ・・・これは、白い稼働パーツをとめるための黒パーツだったってわけです。 ここまできたら、自分がどの部分を組み立てているのかすらも把握しにくくなりますが、これは太腿付け根のパーツ。 ようやく白いパーツお目見え。 これはひざ下の部分ですね。 長くなりましたので、ページを分けます。 次のページで脚部完成します。 掲載・解説します。

次の

「機動戦士ガンダムオンライン」に“フリーダムガンダム”と“ダブルオーガンダム”が登場

フリーダム ガンダム

HGCE フリーダムガンダム めちゃめちゃかっこいいフリーダムのボックスアート。 そして 色が足りなく、シールも付属しない箇所が多かったのでその辺りを解説していきたいと思います。 付属のシールを使いつつ、全部ではないですが色が足りない箇所は筆塗りで部分塗装後つや消しスプレーにてフィニッシュさせました。 RGの方も良いキットでしたが、こちらの方が後発というだけありポロリする箇所もなく非常にストレスフリーな作りをしていました。 腕は水平以上に上げられ、脚はレール砲が干渉するまで開脚。 膝立ちもでき、腰も回転するので 可動域はかなり優秀です。 ものすごいイケメンフェイスの頭部。 胴体はパーツ分割による色分けが完璧でした。 段落ちモールドのようになっているので合わせ目も出ません。 ここは 前からも一番良く見える場所なので塗り分けた方が良い部分になります。 腕部分は色分けが完璧で パーツの合わせ目がモールド部分になっているので合わせ目消ししなくてもOK。 足裏は肉抜きアリ。 背面のウイングバインダーの影響で自立が難しくなっていますが、一応 バインダー先端を地面に付ければ自立する感じです。 色が足りない箇所は膝下のダクト内レッド、足の甲部分のダクト内グレー。 ふくらはぎのブラック、ふくらはぎを下から見た箇所にあるスラスターも要塗装です。 今回はリアアーマー内部を黒で塗ってみました。 ウイングバインダーはフレキシブルに可動します。 このあたりは接続テンションが丁度良く、RGのようにポロリする事もなかったので非常にストレスフリーでした。 バックパック周辺の ダクト(スラスター?)内部はレッドで要塗装です。 上部分のイエローはシールが付属しますが少し安っぽい印象なので気になる方は塗装してあげた方がいいです。 また、 レール砲サイドにある突起部分は色分けされておらずシールも付属しないので要塗装です。 もう少し突っ込んだ解説をすると、サーベルをマウントする部分は丁度合わせ目になっているのでサーベルを付けたり外したりしているとパーツが外れていき、柄がカッチリはまらなくなります。 という事で、ここのホワイト部はレール砲の可動を損なわないよう気をつけながら接着してしまった方が後々ストレスがかからない部分になっていると思います。 フリーダムガンダム、ラケルタ・ビームサーベルを抜刀! アスランのセイバー解体ショーのポーズを再現。 サーベルの保持はサイズが丁度よいので安定して持つことができました。 ラケルタ・ビームサーベルは地味に要塗装です。 かっこいいですね。 お次は ルプス・ビームライフル。 照準レンズのような部分ブルーは要塗装です。 青いラインはシールで補います。 設定的にゲイツ改、ジャスティスガンダムが装備するライフルと同型です。 保持力は丁度よい感じ。 グリップを持たせるだけの単純な構造です。 ルプス・ビームライフルとラミネートアンチビームシールドを装備。 ウイングバインダーも ハイマットモードにしてみましたが、この状態だとスタンド必須になります。 フリーダムってほんと「ザ・主人公機!」という王道な感じが出ているデザインですよね。 人気なのも頷けます。 フォアグリップを倒し、両手持ちも可能! 次は クスィフィアス・レール砲を展開させてみます。 引き出し式グリップによる保持も可能です。 てか…… 「クスィフィアス・レール砲」って舌噛みそう。 それでは フルバーストモードを再現してみます。 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲は独立して動かす事ができるので、前方へ持っていきます。 このプラズマ砲、ウイングバインダーまわりの作りは本当によく出来ていて、接続強度が丁度良くポーズ付けしやすいので非常に優秀です。 フリーダムガンダム、フルバーストモード! 後ろからみてもウイングバインダーのハイマットモードがド派手ですね。 ピコピコピコ……( チートマルチロックオンシステム起動 無双するスーパーコーディネイターのキラ・ヤマトさん。 HGCEエールストライクガンダムと比較。 HGCEフォースインパルスガンダムと比較。 HGCEストライクフリーダムガンダムと比較。 放映当時のキット、 HGモビルジンと比較。 このモビルジン、2003年発売のキットなのに出来が良過ぎでわたしのお気に入りです。 (合わせ目は多いですが) BB戦士 フリーダムガンダムと比較。 クロスシルエット フリーダムガンダム(CSフレーム時)と比較。 とディスプレイ。 ゲート処理や塗装を完璧にはやらず、サクッと本能で組んだだけなのですが、キットが優秀なので出来が良いです……満足した。 HGCE フリーダムガンダムの感想 という事でHGCE フリーダムガンダムのご紹介でした。 本体部分の目立つ合わせ目は頭部(前後で合わす構造)だけですが、腰両サイドの クスィフィアス・レール砲の銃身部分にガッツリと合わせ目が入ります。 色分けについては 肩内部パーツを中心にちょこちょこ色が足りない箇所がありますが、どこも処理するのは楽な部分でした。 作る前の勝手なイメージと違い、 完全パチ組みで済ますと色が足りない箇所が多いので素組み派のモデラーさんは注意、といった感じです。 長所としては本体、特に ウイングバインダーの可動域が優秀かつ接続強度が堅実に設計されているのでポロリせず、かっこいいポーズ、ハイマットモード、フルバーストモードがガンガン決まるのが最高です。 動かしていて面白いし、何より プロポーションがかっこいいので部屋に飾っておくと惚れ惚れします……(ヨダレ 1家に1台、HGCEフリーダム。 めちゃめちゃ満足しました。 以上、「HGCE フリーダムガンダム」のガンプラレビューでした!.

次の