渋野 日向子 海外 の 反応。 渋野日向子V “しぶこ節”に海外メディア爆笑「賞金でお菓子を」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

渋野日向子V “しぶこ節”に海外メディア爆笑「賞金でお菓子を」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

渋野 日向子 海外 の 反応

日本人2人目の快挙、各国メディア報道「誰も知る由もなかった全英女子OP覇者」 米女子の海外メジャー最終戦AIG全英女子オープンは4日、首位で出た(RSK山陽放送)が7バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの「68」でスコアを4つ伸ばし、通算18アンダーで初優勝。 男女を通じて日本人史上2人目のメジャー優勝を飾った。 最後は5メートルのバーディーパットをねじ込み、歴史的快挙を達成した瞬間を大会側が動画付きで公開。 海外メディアも「衝撃的なメジャーデビューを飾った」と絶賛している。 最後まで圧巻だった。 最終18番パー4、5メートルの距離から渋野はパットを打ち出す。 ラインに乗ったボールは一直線にカップへ。 まさかと大ギャラリーが息を呑むと、綺麗にカップに消えた。 一気に沸き立つ観客。 パターを持った左手を突き上げた渋野は感極まった表情を浮かべ、ボールを拾い上げる。 すると、自分でも信じられないといった表情で、持ち前の笑みがあふれた。 大歓声を浴びながら、同伴者、ギャラリーらと握手、ハグを交わし、最高の瞬間をかみしめた。 メジャー初出場で優勝。 しかも、日本人42年ぶりという快挙を達成した歴史的瞬間を大会公式ツイッターは動画付きで公開。 世界のファンに「スマイルシンデレラ」の笑顔を届けているが、海外メディアも日本の20歳が演じた快挙について、こぞって称賛を展開している。 英公共放送「BBCスポーツ」は「全英女子オープン:ヒナコ・シブノが初のメジャーで大勝利」と見出しを打って特集。 「先週、英国に到着した際はあまり知られていなかったが、シブノは見ている人もつられて笑顔になるような微笑みで、多くのファンを得た」と伝えた。 米メディア「衝撃的なメジャーデビューを飾った」 英紙「ガーディアン」が「この20歳は、今年最も心なごむ物語を綴った。 彼女のゴルフは立派だった」と報じ、開催国の英国を魅了。 また、米紙「ニューヨーク・デイリーニュース」は「日曜日、彼女は衝撃的なメジャーデビューを飾った」とインパクト十分の優勝をレポートした。 米専門誌「ゴルフワールド」は「誰も知る由のなかった全英女子オープン勝者、ヒナコ・シブノ」と見出しを打ち、「誰も彼女が優勝するとは考えていなかった。 シブノが冷静さを保てなくとも、誰も驚かなかっただろう。 しかし、彼女は毎ショット後に微笑んでいた。 そしてホールの間では、今週に得たファンとハイタッチを交わしていた」と快進撃を伝えた。 世界的に無名だった日本の20歳は4日間の戦いで、その笑顔とともに「Hinako Shibuno」の名を轟かせることになった。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の

渋野日向子の海外の反応やグローブあげた動画は?ウェアのブランドも|あなたとつながりたい!懸け橋ノート

渋野 日向子 海外 の 反応

多くのケースで、ショットを放つまでに長い時間を要さないケプカは「たくさんの遅い選手と回ってきたけど、それが僕のプレーを邪魔すること、影響することはない」という。 矛先を向けるのは、競技委員の試合のコントロールぶりだ。 ことし改訂されたゴルフ規則(5. 6b)には、「障害や気を散らすものがなく、プレーできるようになった後、40秒以内にストロークを行うことを推奨する」と具体的に推奨時間が記載された。 米ツアーでは以前から「40秒」を警告、罰打の対象にしている。 ケプカは「理解できないことがある。 池ポチャをしたら罰打を科せられる。 だってルールブックにそうあるからね。 でも、40秒で打たなければいけないというのもルールブックにあるんだ」と、ツアーの規則が形骸化しているという見方を示した。 同調したのは(北アイルランド)。 「人々(ゴルファー)は僕たちを真似ようとするから、僕たちのレベルから始まる話だ。 大学ゴルフでもすごく時間をかけていると聞いた」と、最高峰のゴルファーたちが手本になるべきと訴えた。

次の

アメリカでも高視聴率。世界を魅了!渋野日向子へのメディア評

渋野 日向子 海外 の 反応

ゴルフの全英女子オープンの最終日が4日(日本時間5日)、英国のミルトンキーンズ・ウォバーンGCで行われ、日本の渋野日向子(20、RSK山陽放送)が通算18アンダーでメジャー初優勝。 1977年に全米女子プロで優勝した樋口久子さん以来42年ぶりとなる日本人史上2人目のメジャー制覇の快挙をやってのけた。 昨年7月にプロテストに合格したばかりで日本では黄金世代と評される渋野は、単独首位で最終日を迎えていたが、3番で痛恨のダブルボギーを叩き5番終了時点で、5人が首位に並ぶ大混戦となった。 だが、粘り強く最終ホールにバーディーを奪い、17アンダーでホールアウトしていたリゼット・サラス(米国)を1打差で突き放して優勝を決めた。 世界的には、ほぼ無名だったシンデレラの誕生を海外メディアは大きく取り扱った。 英国のBBCは「渋野日向子が初のメジャー(タイトル)を見事な勝利で獲得」との見出しを取り、「日本の渋野日向子が全英女子オープンでの驚愕の勝利をつかむために最終ホールでバーディーを奪った」と報じた。 記事は大激戦となった最終日の渋野の最終18番のプレーに注目。 「17アンダーでプレーを先に終了したサラスがプレーオフの可能性を前にパットの練習をしている間、渋野は18番ホールのグリーンに向かい、フェアウェイの両サイドへ向けて手を振り笑顔を見せていた。 初のメジャー大会出場。 しかも、日本国外での大会出場が初めてだったというのに、ルーキー(の渋野)は、まったく緊張した様子も見せず、カップの後ろにぶつけ18フィート(約5. 5メートル)のパットをしっかりと決めた」と伝えた。 yahoo.

次の