セロトニン 症候群 と は。 抗うつ剤で生じる「セロトニン症候群」とはどのような副作用なのか

セロトニン症候群とは?抗うつ薬(セロトニン作動薬)の副作用

セロトニン 症候群 と は

Contents• セロトニン症候群とは セロトニン症候群(Serotonin Syndrome)は、向精神薬の中で特に抗うつ剤で生じる事の多い副作用です。 セロトニン症候群は、神経伝達物質である「セロトニン」が急激に増える事で生じます。 うつ病や不安障害といった疾患は、その原因の1つとして「脳のセロトニンが減少している事」が指摘されています。 抗うつ剤は脳のセロトニンを増やす事でうつ病・不安障害を改善させるはたらきを持ちます。 抗うつ剤によって適正にセロトニンが増えてくれれば多少の副作用ですむところが、特に高容量で抗うつ剤が体内に入るなどすると身体のセロトニン濃度が急激に上昇してしまう事があります。 急激にセロトニンが増えると身体に支障が生じ、これによって起こる一連の症状をセロトニン症候群といいます。 セロトニン症候群の原因 セロトニン症候群は身体のセロトニン濃度が急激に上昇する事で生じますので、セロトニンを増やす作用を持つお薬の服用が原因になります。 特にお薬を飲み始めたばかりの時が最も起こりやすく注意が必要です。 抗うつ剤をある程度服用して慣れてくると薬の量を増やしてもセロトニン症候群を起こすリスクは下がります。 これが抗うつ剤は少量から開始するという理由なのです。 またセロトニン症候群は、セロトニンの量が増えれば増えるほど発症するリスクは当然上がりますので、多剤服用している場合にもセロトニン症候群のリスクを理解しておく必要があるでしょう。 セロトニン症候群を起こすお薬 セロトニン症候群は身体のセロトニン量が急に増える事が原因ですから、主にセロトニンを増やす作用を持っている「抗うつ剤」が原因薬剤となりやすいのです。 抗うつ剤にも様々な種類がありますが、現在うつ病・うつ状態に第一選択薬となっているお薬があります。 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)• ルボックス・デプロメール(一般名:フルボキサミン)• パキシル(一般名:パロキセチン)• ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)• レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)• SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)• NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬) いずれもセロトニン症候群を引き起こす可能性はありますが、セロトニンを集中的に増やすSSRIがセロトニン症候群を一番生じやすい抗うつ剤となります。 特にレクサプロは、開始量がすでに治療量というお薬ですからときにセロトニンが急激に増える反応を起こす方がいらっしゃいます。 抗うつ剤以外にも注意 また抗うつ剤以外にも注意すべきお薬やサプリメントがあります。 セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ) うつ症状を改善させるサプリメントとして販売されていますが、セロトニン活性を高める作用がある事が分かっています。 抗うつ剤との併用に注意しましょう。• トリプタン製剤 偏頭痛の治療薬として使われているお薬で、脳血管のセロトニン受容体を活性化させる事によって頭痛を改善させるお薬です。• メジコン(一般名:デキストロメトルファン) 咳止めのお薬ですが、セロトニンの濃度を上げる作用がわずかにあるため生じるリスクが「0」ではありません。 セロトニン症候群で起こる症状 代表的な症状には、以下のようなものがあります。 精神症状(イライラ、不安、意識障害など)• 自律神経症状(発熱、発汗、心拍数増加、呼吸促拍、腹痛など)• 神経症状(振戦、筋硬直など) セロトニン症候群が一番生じやすいのは、「セロトニンを増やすお薬を飲み始めた時」です。 お薬を初めて服用する時というのは、身体に変化が生じるため、いくら少量から始めても一定期間身体が対応しきれない事があります。 実際、セロトニン症候群はSSRIなどのセロトニンを集中的に増やす作用を持つお薬の服用をはじめて、24時間以内に発症することがほとんどである事が報告されています。 セロトニン症候群の診断 ハンターの診断基準(Hunter Criteria) 〇 セロトニンを増やすお薬の服薬歴 〇 下記の項目のうち、1つ以上に該当する• 自発的なミオクローヌス• 誘発クローヌスと興奮あるいは発汗• 眼球クローヌスと興奮あるいは発汗• 振戦と腱反射亢進• 筋強剛• しかし中にはイライラやソワソワ、興奮、不安などから自傷行為や自殺行動に至ってしまう例もあるので楽観視はできません。 最大の予防は、徐々にお薬に身体を慣らしていくことにあります。 セロトニンの量を急に増やさない(少しずつ増やす)、身体が早く対応できるような服用法を守る(用法を守って服用する)事が大切です。 特に抗うつ剤を飲み初めの時は、少量のためあまり抗うつ効果を期待することはできません。 早く症状を落ち着けようと増やしたりしても意味がないばかりかセロトニン症候群を引き起こす可能性がある事は知っておいて欲しいと思います。 またセロトニンの量が激しく増減するのもセロトニン症候群のリスクとなります。 これを避けるためには、飲み忘れに注意しなくてはなりません。 またセントジョーンズワートなどのサプリメントでもセロトニンを増やすことがわかっていますので安易にサプリメントだからと油断しないことも賢明です。 セロトニン症候群の治療法 セロトニン症候群の症状が軽い不快感程度であればお薬を続けていくうちに身体が慣れて症状は改善していきます。 ただし自傷行為・自殺行動などに至ってしまうこともあるため、特にイライラや衝動性、じっとしていられない感覚(焦燥感)が出た場合にはすぐに中止して(飲み始めたばかりの場合)、主治医に相談しましょう。 セロトニン症候群の治療の原則としては、原因薬の中止が必要になります。 しかしある程度の期間、高用量の抗うつ剤を服用している場合、急に中断するとセロトニン症候群は改善するものの今度はセロトニン濃度が急激に下がる事で「」が生じる事があります。 セロトニンのはたらきを抑えるお薬(セロトニン拮抗薬)を用いる事もあり、症状が強く危険な場合には用いられます。 ペリアクチン(一般名:シプロヘプタジン) ペリアクチンは本来は「抗ヒスタミン薬」と呼ばれるお薬で、花粉症などのアレルギー疾患や急性上気道炎(風邪)に伴うくしゃみ・鼻水などに用いられるお薬です。 ペリアクチンには抗ヒスタミン作用以外にも抗セロトニン作用(セロトニン拮抗作用)もある事が知られており、この作用を狙ってセロトニン症候群の治療に用いられる事があります。

次の

セロトニン症候群とは?過剰分泌で現れる症状は?治療法は?

セロトニン 症候群 と は

抗うつ薬中断症候群 分類および外部参照情報 、 抗うつ薬中断症候群(こううつやくちゅうだんしょうこうぐん、 Antidepressant discontinuation syndrome)とは、の断薬や服用量の減量に続いて生じてくる一連の症状である。 この症状は、用量の減量あるいは完全に断薬した時に生じる可能性があり、各薬剤のおよび患者の代謝による。 初期には離脱反跳(withdrawal reaction)と認識されていた。 対象となる薬物には(SSRI)、、(MAOI)、非定型抗うつ薬(たとえば、、、など)が含まれる。 とくにSSRIにおいては SSRI離脱症候群と呼ばれる。 症状には、風邪のような症状 、不眠 、吐き気 、ふらつき 、感覚障害 、過剰覚醒 が挙げられる。 抗うつ薬治療が6-8週間未満であれば、症状が起こることはまれである。 その症状の詳細は、薬剤の処方数の多さを踏まえて議論されてきた。 それにもかかわらず、 は、統計的また臨床的に有意に、SSRIの中止が困難であるということを実証した。 2003年の(WHO)の報告によれば、研究者が「SSRI中断症候群」のような用語を用い、との関連付けを避けていることも指摘されている。 評論家は、製薬業界が薬物遊びや違法薬物と、抗うつ薬依存との差別化を図るために既得権益を持っていると主張している。 主張によると、「離脱症状」という言葉が、医療を必要としているかどうか、患者を怯えさせ顧客を敬遠させるものであるという。 症状はたいてい弱く、1-2週間ほど続く。 "脳への衝撃"感覚 [ ] 「脳への衝撃」「脳ショック」「脳の震え」などと表現される離脱症状を、抗うつ薬の中断・減薬中に経験すると報告されている。 この症状は、 、電撃の感覚、、、、、混乱、、などを共通として、多種多様に表現されるが、因果関係は分かっていない。 MedDRAにてこの症例の記載は薬物有害反応レポートであり、とされている。 1997年の調査では、一部の医療専門家にとって、これらの症状が抗うつ薬の離脱症状であるとの確信を持っていないとされた。 2005年の有害事象研究では、電撃の症状の報告は、が突出していると報告されている。 機序 [ ] 正確な機序は不明であり、様々な要因に起因する場合がある。 ある観測的研究によれば、症状出現率は以下であり、平均発症日数は2日後、平均症状日数は5日間であった。 予防と治療 [ ] 患者には薬の半減期について告知すべきである。 また患者には、もし(プロザック、日本未発売)のような半減期の長い薬を短いものに変更する時は、薬を定期的に服用することが大切だと告知すべきである。 患者に抗うつ薬を投与する際は、事前に服薬自己中断のリスクについて説明し了解を得るべきである。 フルオキセチンでは、患者は多くの場合、不快感を覚えずに断薬できるが、しかしベンラファキシンや、、・、 のような(10時間作用の)半減期の短いSSRIは、この症状を生じさせる可能性がある。 作用時間の短いSSRIを減薬する際には、半減期の長い(:プロザック、またはシタロプラムなど)を選択し、それらを減薬することで、離脱症候の症状の軽減と断薬の成功率を上げることができる。 症状は、もともとのSSRIを力価の低い類似のSSRIに置換するか、または数週間から数カ月かけてゆっくりと投与量を減量することで防ぐことができる。 しかし、こうした減薬によって離脱症候群が生じないことを保障するものではなく、突然と断薬するよりも安全であるということだけである。 少しずつの減薬は、錠剤を砕いたり溶液化することで実施する。 または粉末形状の薬剤も、減量に用いることができる。 たとえばの20mgゲルカプセルは20、15、10、5、2. 5mgに分割することができる。 治療は、断薬時の反応の重篤度と、さらに抗うつ薬治療が必要かどうかに懸かっている。 さらに抗うつ薬による治療が必要な場合は、抗うつ薬の再投与だけが唯一の方法であり、これはたいてい薬物が患者に不適合だった場合である。 抗うつ薬がもはや必要ないかどうかは、症状の重症度による。 軽度の症状の場合は、励ましのみでよいだろう。 中等度の場合は、症状の管理が必要な場合がある。 は不眠の対応に用いられるが、しかしながら、ベンゾジアゼピンの離脱は重篤で長期間に渡ることを考慮することが非常に重要である。 症状が重篤であったり、治療に効果がない場合、抗うつ薬を再服用し、再度より慎重に減薬する必要がある。 重篤な離脱症状を経験した人は、セロトニン作動性活動の抜本的な低下を避けるため、週5%(または月、あるいはそれ以上)の投与量削減が求められる。 しかしいくつかのケースでは、少しずつ断薬しても離脱症候群が起こっている。 半減期の長いSSRIへ切り替えて、それを減薬することは離脱症状の軽減につながる。 SSRI離脱症候群の患者に、現在の薬の代用として多くの医師が(プロザック、日本未発売)を使用するように助言している。 妊娠中の女性が服用すると、SSRIが胎盤と新生児に影響を及ぼす可能性がある。 SSRIは先天性奇形とは無関係であるが、新生児禁断症候群(NAS)と遷延性症(PPH)の新生児合併症との関係を示唆しているいくつかの証拠がある。 2003年11月の調査でSSRI離脱症候群は、SSRIの使用で新生児けいれんや離脱症候群に合計93例が関連していたと報告されていた。 その後発表された研究では 、医師が慎重に回避したり精神疾患と妊娠中の女性にSSRIの処方を管理するべきであると結論付けた。 妊娠中のSSRIの突然の断薬は、重篤な合併症を引き起こす危険性が高いので、推奨できない。 SSRIの突然の断薬は希死念慮や重度のリバウンド効果等の極端な離脱症状のリスクが高い。 妊婦に精神疾患が存在するなら、妊娠中の母親の入院につながることができ、潜在的に自殺未遂、母、胎児の死を回避できる可能性がある。 SNRIの中止 [ ] は、との両方の再取り込みを阻害する。 SNRIは主にとの2種類が幅広く用いられているされている。 さらにデスベンラファキシンが加わった。 デュロキセチン(製品名サインバルタ)を製造するイーライリリー社は「急激な断薬はすべきではない。 それにより、めまい・ピンや針の感覚、吐気・入眠困難・激しい夢・頭痛・震え・扇動・不安を引き起こす。 離脱症状は一時的なものである」と警告している。 これらは、薬について肉体的依存の可能性があり、SSRI使用者には見られない渇望・衝動的使用・長期間の再発リスクなどの薬物依存がある。 長期の副作用 [ ] 性欲減退、性器麻痺、勃起不全 が、数年間の服用の後に断薬した場合、非常に少ないケースで確認されている。 SSRIの遷延性離脱症候群については、性機能不全以外に文献への記載はない。 離脱症状は、動揺、不安、アカシジア、パニック発作、短気、敵意、攻撃性、気分の悪化、神経不安、泣きまたは情緒不安定、活動過多または活動亢進、離人症、集中力の低下、思考速度の低下、混乱と記憶及び集中の困難でもあった。 一部の人々は、オメガ3魚油のサプリメントがSSRI離脱症状のいくつかが軽減されることを報告している。 歴史 [ ] SSRI中断後に離脱症状が生じるという初の報告は、1992年、に関してであった (商標名はルボックス[米]、Faverin[英]。 ()は、1993年に(パキシル、セロクセイト)に結びついた離脱症状を報告し 、また『米国精神医学』誌( American Journal of Psychiatry)が(ジェイゾロフト)について、翌年に同様の報告をした。 SSRIの離脱症状は、1996年のシンポジウムより「SSRI中断症候群」と呼ばれるようになった。 以来、同等の意味として用いられている。 SSRIはその医学的定義より、依存性はないとされているが、投与の中断により身体的、精神的な症状を発現せている。 、は、を止める際に困難な症状を生じた患者の報告の数が増えていること取り組むためのシンポジウムを後援した。 SSRIは、有害な薬物反応に結びついた依存症についての説明と伝達に関する適切な報告に影響する用語の概念上の混乱状態の仕組みの一例である。 依存症との関連付けを回避するために、離脱症状の代わりに中断症候群という異なる用語を用いる研究者の数が増えている。 1996年に開催された[イーライリリー社]による抗うつ薬の中断症候群のシンポジウムの後の1997年には、国際的な医学論文における検索で、離脱症状に比較して中断症候群のヒット数が増加し始めた。 実際には、同じ市販後調査システムを介して、すべてのSSRIについてのウプサラ・モニタリングセンターに対して依存症が報告されており、離脱症状より有意に少ない依存症の報告が存在する。 — 世界保健機関, WHO Technical Report Series 915, 2003年 同様に世界保健機関は、抗うつ薬による離脱の順位付けについて言及しており、の離脱症状の報告が最も多く、(プロザック)は薬物依存症の報告が多い;報告書は以下のように結論する。 「3種類のSSRIは、ウプサラ・モニタリング・センターのデータベースに薬物依存症が報告されている薬物の一覧の中で30の最高ランクの薬物の中にある;2002年6月の時点で、合計269の報告が寄せられていた(フルオキセチンは109、パロキセチンは91、セルトラリンは69)」。 2013年に発行された『』第5版(DSM-5)では、「抗うつ薬中断症候群」の診断名が追加され、これはSSRIに限った診断名ではない。 出典 [ ]• Am Fam Physician 74 3 : 449—56. 2006. Addict Beha. Oliver J. ; Burrows G. ; Norman T. September 1999. CNS Drugs 12 3 : 171—7. Michelson D, Fava M, Amsterdam J, et al. April 2000. Br J Psychiatry 176: 363-8. Report. World Health Organization. Shelton RC 2006. Journal of Clin Psychiatry 67: 3-7. BMJ 331: 824. Psychiatric Bulletin 29: 219-21. PDF reprint. 2009年4月18日閲覧。 Young AH, Currie A 1997. J Clin Psychiatry 58 Suppl 7 : 28-30. Read, John; Cartwright, Claire; Gibson, Kerry; et al. 2014. Psychiatry Research 216 1 : 67—73. Cartwright, Claire; Gibson, Kerry; Read, John; et al. 2016. Patient Preference and Adherence Volume 10: 1401—1407. Haddad, Peter M. ; Anderson, Ian M. Advances in Psychiatric Treatment 13 6 : 447. Haddad P 2001. Drug Saf 24 3 : 183-97. Csoka AB, Bahrick A, Mehtonen OP January 2008. J Sex Med 5 1 : 227-33. Bolton; Sareen, J; Reiss, JP 2006. J Sex Marital Ther. 4 4 : e327. 2009年3月25日閲覧。 2010年12月3日閲覧。 Szabadi E 1992. Br J Psychiatry 160: 283-4. Gelenberg AJ, ed. 1993. Biol Ther Psychiatry 16: 25-8. Louie AK, Lannon RA, Ajari LJ 1994. Am J Psychiatry 151 3 : 450-1. Tamam L, Ozpoyraz N 2002. Adv Ther 19 1 : 17-26. Stutz, Bruce 2007年5月6日. The New York Times. 2010年5月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 米国家庭医協会 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

薬の副作用で発症する「セロトニン症候群」ってどんな病気?

セロトニン 症候群 と は

セロトニン症候群について 聞きなれない名前のセロトニン症候群。 セロトニンが過剰に分泌されて起こる一連の症候ですが、いったいどんなものなのでしょうか。 ここではセロトニン症候群の概要と主な症状、早期発見のヒントなどについてまとめました。 セロトニン症候群とは何か セロトニン症候群とは、セロトニンが過剰に分泌された際に起こるもので、命にかかわる危険な症状を引き起こす場合があります。 抗うつ薬やその他の薬やハーブの飲み合わせなどで、まれにセロトニンが過剰分泌されてしまった場合に起こります。 また、消化管などにセロトニンを分泌する「カルチノイド腫瘍」ができたために異常にセロトニンが過剰分泌されることが原因で起こる場合もあります。 セロトニン症候群の主な症状 精神科で処方された薬の用量が増えた、複数の薬を服用し始めたなどのタイミングで、それまでは経験のなかった「不安感を感じる」「頭が混乱する」などの感覚があり、さらに興奮、幻覚、頻脈などのいずれかが同時に起きます。 症状が起きても気づかずに薬を飲み続けると、気がつかないうちに症状が悪化してしまうことも。 さらに症状が進むと幻覚やけいれん・意識障害などが起こり、最悪の場合は死亡するケースもあります。 とくに気を付けたい症状はこちらです。 ・精神症状:興奮する、落ち着かない、イライラする、頭が混乱するなど ・運動症状:手足が勝手に動く、体がこわばる、震えるなど ・自律神経症状:発熱、下痢、嘔吐、頻脈、発汗など 参照: いずれかが複数出現した場合はセロトニン症候群の疑いがあります。 セロトニン症候群の兆候が見られた時の対処法 早期発見するには薬が増えたり変わったりしたタイミングが大切 セロトニン症候群の早期発見は、抗うつ剤などの薬の服用をしているかどうかがポイントになります。 特に複数の抗うつ剤を併用しはじめた人、薬の服用量が増えた人、抗うつ剤と同時にハーブ(セントジョーンズワート)などのサプリメントを飲んだ人に症状が現れることが多いので注意しましょう。 薬が変わったり容量が増えたりしたタイミングでは、体の変化を見逃さないようにすることが大切です。 服用開始後数時間で症状が現れることが多いので、薬を飲んでしばらくは体調の変化に注意してください。 セロトニン症候群かなと思った時の対処法 早期の発見が予後に大きく影響するため、セロトニン症候群かなと思ったら、まずは服用している薬を中止します。 そのうえで薬剤師やかかりつけ医に相談しましょう。 または速やかに医療機関を受診します。 意識障害が起きているなど重篤な場合は救急車を呼んで早急に診察を受けることが大切です。 セロトニン症候群は多くの場合、薬の服用を中止してから24時間~数日で症状が改善します。 早期発見して適切な治療を受けられた場合は予後も良好で回復も早いですが、治療やモニタリングのため数日間の入院が必要な場合もあります。 参照:.

次の