ウーバーイーツ 配達 手数料。 【Uber Eats(ウーバーイーツ)】料金は高いのか他社と比較!

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を店舗が始めるには?手数料やコストを徹底調査

ウーバーイーツ 配達 手数料

Contents• 注文者が支払う配送料金が変更に 2018年12月より、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送料金が変更になりました。 今まででは、注文者が料理を注文する場合の配送手数料は、距離に関係なく一律380円でした(キャンペーン等で増額などは行われていました。 配送手数料が固定だったものが、店舗から配達先までの距離によって変わる「 変動制」になり、最も安い場合で「110円」まで下がることもあります。 一方で、オーダーがたくさん入る時間帯や、配達パートナーが少ない時、従来通り割増料金が出ます。 これは、料理を頼む側としては、注文料金が下がることもあるため、配送料金が高いことを理由に利用をしていなかった注文者が、利用してくれるきっかけになるかもしれません。 配達パートナーにとっての影響は この結果、良い点としては、注文数が増え、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが配達できる数が今までよりも増加することになります。 一方で、1配達で得ることのできる「配達単価(報酬)」が減少します。 新配送料金に代わってから起こっていることは、以下のとおりになります。 〇配送料金が高いことを理由に利用をしていなかった注文者が、利用してくれるようになった(新規注文者層開拓、待機時間の短縮)。 〇注文者にとって、長距離は値上がりで依頼しづらくなり、値下がりで短距離は依頼しやすくなった(短距離案件の増加、待機時間の短縮)。 ・短い距離での配達が発生した場合、配達報酬が減少 新料金になって、配達パートナーが減収になると思われがちです。 しかしながら、配達数が増加しているため、たくさん配達をこなせば、結果として増収になるとも言えます。 理由は、この先を読み進めてください。 配達パートナー報酬の仕組み お支払い金額をおさらいします。 2 受け渡し料金170円 注文者に商品を渡した際に発生。 3 距離料金1キロメートル当たり150円 店舗から配達先までの距離によって計算。 配達パートナーの配達報酬は、以下のように計算されます。 長距離配達と短距離配達の違い 配送料金が距離による変動制になったため、長距離と短距離では、配達報酬にどの程度違いがあるか算定してみます。 短距離は長距離に比べて、半分の報酬になるということです。 待機時間を加味した時の違い 短距離の報酬が、長距離に比べて少ないからといって、短距離の稼ぎが悪いわけではありません。 配達から次の配達までの待機時間も重要な要素になってきます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)を行っていると、次々にタイミングよく依頼が入ってくるときもあれば、依頼が入りにくい時も多くあります。 この 待機時間が、短時間配達の増加=配達数の増加を背景に、今回の変更によって生まれにくくなっています。 待機時間を以下のとおりに仮定したときの長距離時の総時間は、 【変更後】待機時間5分:15分+5分=20分 【変更前】待機時間10分:15分+10分=25分 1配達あたり、5分の節約ができています。 また、短距離と長距離を比較すると、短距離の方が稼ぎやすい方向へシフトしています(配送料の変動制導入によって、長距離は値上がりで依頼しづらくなり、値下がりで短距離は依頼しやすくなる)。 まとめ まとめると以下のとおりです。 このため、稼ぎやすくなった。 注文者は、長距離は高くなったため注文が少なくなり、短距離は安くなったため注文が多くなる。 このため、短距離の注文が増え、配達パートナーは稼ぎやすくなった短距離を多く配達できる、すなわち稼ぎが増える。 配送料金が変動制になっても、一概に稼げなくなくなるわけでなないというわけです。 【おすすめの記事】.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送料・手数料と利用者層

ウーバーイーツ 配達 手数料

バーミヤンラーメン 539円 マクドナルド チーズバーガーハッピーセット 500円 吉野家 牛丼 並盛 387円 タピオカミルクティー 420円 ウーバーイーツの価格の方が店頭での価格よりもはっきりと高いのがお分かりいただけるかと思います。 ウーバーイーツの価格と店頭価格の比較表 ウーバーイーツ価格 店頭価格 価格差 バーミヤン ラーメン 650円 539円 1. 2倍 マクドナルド チーズバーガー ハッピーセット 550円 500円 1. 1倍 吉野家 牛丼並盛 570円 387円 1. 47倍 タピオカ ミルクティー 550円 420円 1. 3倍 もっとも大きな差が出たのが吉野家の牛丼並盛で、 1. 47倍の差がありました。 対してもっとも差が小さかったのはマクドナルドのチーズバーガーハッピーセットの 1. 1倍でした。 1であればほとんど店頭での価格と変わらない価格となっています。 ではなぜ商品の価格にこれほどまで価格差が出ているのか。 それは ウーバーとレストラン間の手数料が価格に影響しているからです。 商品価格が店頭価格よりも高い理由 ウーバーイーツ上で料理が注文され売り上げが発生すると、売り上げ金の 35%がウーバーの手数料として引き落とされ、レストラン側に支払われる仕組みとなってます。 さきほどマクドナルドは1. 1倍しか料金を上乗せしていないとお伝えしましたが、ウーバーイーツでマクドナルドを注文することは注文者側からするとかなりお得だということが分かります。 これは筆者の推測になってしまうので恐縮ですが、恐らくウーバーイーツとマクドナルドの間の手数料は35%ではなくもっと低い割合で契約しているのではないでしょうか。 ウーバーイーツでマクドナルドを注文できるというのはウーバーイーツからすると非常に大きな宣伝文句となるのは間違いありません。 その証拠としてマクドナルドの配送手数料が無料になるキャンペーンやCMを過去に打ち出していました。 ボクが実際にウーバーイーツの配達を行っていても注文の大半はマクドナルドであり、ウーバーイーツの売り上げ大きな部分を締めていることは間違いなさそうです。 サービス料について:これだけは納得できない サービス料とは、注文した商品代金の10%の金額のこと。 サービス料の計算方法は以下のとおりです。 サービス料は、クレジット カードの取扱手数料やサポートなどの諸費用に充当するため、Uber がレストランに請求する料金です。 :より引用 クレジットカードの手数料やサポート、Uberのシステムなどに当てられている料金となっているようです。 普通 クレジットカードの手数料はサービスの提供者側が支払うものだと思うのはボクだけでしょうか。 クレジットカードを利用しないお客さんもいるわけですから。 また更におかしいのが Uberがレストランに請求する料金ですとなっているのに対して、 注文者がウーバーからサービス料をしっかり請求されてしまっているというのが謎です。 このサービス料という名称の意味もよく分かりませんし、なにかいろいろ納得ができない部分も多々ありますが、まぁそういうことなのでしょう。 少額注文における手数料 ウーバーの注文では、 商品が700円未満のものは一律150円のサービス料が加算されます。 例を出します。 ボクの自宅から1. 5キロほどの場所にあるバーミヤンで比較してみました 1. 5キロ先のバーミヤンラーメンを1つ注文の場合 ウーバーイーツ 出前館 dデリバリー 楽天デリバリー 商品価格 650円 - - - 手数料 605円 - - - 合計 1255円 注文不可 注文不可 注文不可 ウーバーイーツ以外の宅配サービスは注文ができないことが分かりました。 これはウーバーイーツ以外のサービスが 最低注文金額が1500円~となっているためです。 ではバーミヤンラーメン2つの場合を見てみましょう。 5キロ先のバーミヤンラーメンを2つ注文の場合 ウーバーイーツ 出前館 dデリバリー 楽天デリバリー 商品価格 1300円 - - - 手数料 520円 - - - 合計 1820円 注文不可 注文不可 注文不可 バーミヤンラーメン2つの場合でもウーバーイーツ以外のサービスはまだ利用できませんでした。 では商品価格が1500円以上になるように、 バーミヤンラーメン1つにセットの唐揚げ(3個セット)を付けてみました。 5キロ先のバーミヤンラーメンを2つ注文(1つは唐揚げセット付き)の場合 ウーバーイーツ 出前館 dデリバリー 楽天デリバリー 商品価格 1510円 1510円 1510円 1510円 手数料 541円 なし なし なし 合計 2051円 1510円 1510円 1510円 出前館、dデリバリー、楽天デリバリーは3社とも同じ金額となりました。 送料などの手数料に関しては、3社とも同じ無料で行っていました。 1500円以下であればウーバーイーツ、1500円以上の場合はウーバーイーツ以外の3社のどれかを利用するのが良さそうです。 宅配サービスの受付時間比較 各宅配サービスの受付時間について比較してみました。 宅配サービスの支払い方法比較 商品の支払方法について比較してみました。 すべてのサービスでクレジットカード、デビットカード、現金支払いに対応しているようです。 普段よく使う支払い方法があればそれを元に配達サービスを決めていくのも良いかもしれません。 まとめ:使い方によって配達サービスを使い分けるのがおすすめ 今回は、 ウーバーイーツの料金についての仕組みと、各デリバリーサービスの比較について紹介しました。 ウーバーイーツは決して高くはありませんが、サービス料という謎の手数料や、配送料などから他と比較した時に目立って高く感じてしまう印象です。 ウーバーイーツ、出前館、dデリバリー、楽天デリバリーそれぞれの特徴が分かれているので、 使用用途によって使い分ける方法がもっともお得に利用できるのではないでしょうか。 各サービスによって配達ができるお店も違っているので、お気に入りのお店があったら配達できるサービスがあるかどうか調べてみることをおすすめします。 今回の記事でウーバーイーツを利用してみたいと思った方を対象に、初回と2回目で利用できる750円のクーポンコードをご紹介しています。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録店舗に掛かる手数料やコストは?

ウーバーイーツ 配達 手数料

「配達パートナー(配達員)」登録ページから「アカウント登録」をする• 「パートナーセンター」での登録説明会に参加する まずは「専用の会員登録ページ」から「アカウントを作成」します。 「アカウントを作成」した後は、にある「最も近いパートナーセンター(事務所)」で、作成した「アカウント」を有効化してもらい、「」を受け取ったら、すぐに「配達の仕事」をすることが出来るようになります。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」とは 「」の「」とは、登録者が「」となり、「」が委託する「配達業務」を、手伝う人のことです。 「」の「」は「個人事業主」となりますので、「」と「」の間には、「雇用関係」はありません。 「」の「」には、「雇用関係」がない分、誰かに指示をされて仕事をするわけではなく、自分で決めた時間で仕事をしていくようになります また、「雇用関係」がないために、「正社員」や「アルバイト」の人が加入できる、「雇用保険」や「労災」などには「」の「」は入ることが出来ませんので、その点は、注意してください。 僕が考える「」の「」になることで体験する「メリット」と「デメリット」を、整理しましたので、1度、確認してみてください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「メリット」 「」「のメリット」について、以下に記載しましたので、確認しておいてください。 「配達パートナー(配達員)」のメリット• めんどくさい上司がいない• 好きな時に、好きなエリアで働ける• シフトや勤務という「概念」がない• 個人事業主となるので税金や確定申告に詳しくなれる• 働きたい時に働いて、休みたい時に休むことが出来る• 連休が自由に取れるし、旅行なども行きやすい• 頑張れば頑張った分だけ稼ぐ額が増える• 運動の代わりにもなり、運動不足解消にも繋がる 「」の「」になる「最大のメリット」は、とにかく「自由に働ける」ということです。 理不尽な上司もいませんので、「自由に働きたい」「自分が思った通りに働きたい」「副業をしたい」という人などには、最適な「働き方」だと思います。 特に、「副業」を始めて「もう1つの収入源を作りたい人」には、個人的には、最初は「」の「」を、おすすめします。 「会社員」として「雇用保険」や「労災」などの「保障制度」の恩恵を受けつつ、空いた時間や休日を利用して、「」の「配達パートナー(配達員)」として仕事をすることで、もう1つの収入源を得ることが出来るようになります。 また、「」の「配達パートナー(配達員)」になるためには、「書類選考」や「面接」も要りませんので、「会社員」であっても「身バレすることなく」、スムーズに「副業」を開始することが可能です。 「WEB(ウェブ)登録」をして「パートナーセンター」での登録説明会に出席すれば、基本、誰でもなることが出来ますので、どんな身分の人でも始めやすいのが、「」の「配達パートナー(配達員)」のメリットだと思います。 さらに、「企業に雇用される」ような「アルバイト」や「正社員」の「副業」をしてしまうと、「住民税の金額」の増加から、副業が会社にバレやすいのですが、「」の「」は、「アルバイト」や「正社員」のような「企業に雇用される形態ではない」ので、自分で確定申告をする必要は出てきますが、確定申告で「普通徴収」を選択すると、住民税を自分で納めることができ、住民税の増加を見られることで、会社に「副業」がバレることも、未然に防止することが出来ます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「デメリット」 「配達パートナー(配達員)」の「デメリット」について、以下に記載しましたので、確認しておいてください。 「配達パートナー(配達員)」のデメリット• 保障された給料がない• 雇用保険や労災がない• 確定申告を自分でやる必要がある• 病気やケガをすると働けなくなる• 備品の購入やガソリン代などは自分で何とかする必要がある• 稼働できるサービスエリアが都市部にしかない• 配達で街中を動き回るので、体力的に高齢だとキツイ 僕が考える「」の「配達パートナー(配達員)」の「デメリット」は、「自分が働けなくなった時に、稼ぎが止まってしまう」点です。 「会社員」だと「雇用保険」や「労災」などの「社会保障制度」にも守られているため、ケガや病気などで働けなくなった時は、何も考えずとも、補償が受けられますが、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」だけで働くつもりの人は、個人事業主となりますので、個人事業主が加入できる保険や補償制度を見つけて、自分で入ることも考えなければなりません。 ですので、本業で「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」となり頑張る人は、「短期的に一気に稼いでしまい、稼いだお金で、自分の会社を起業する」ことなど、将来を考えながら、取り組むのが良いでしょう。 また、完全に「副業」として割り切って働き、「安定した本業を持ちつつ、足りない給料を、配達パートナーで補う」ことも、賛成です。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」なら会社にもバレにくく、体力的に大丈夫であれば、長く継続して働くことも出来ると思います。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー」登録方法 「配達パートナー(配達員)」WEB登録の仕方について、「登録方法と流れ」を整理しましたので、確認してください。 「配達パートナー(配達員)」WEB登録の流れ• 「会員登録ページ」より「アカウント」を作成する• 「配達に使用する車両」を登録する• 「登録に必要な書類」をアップロードする• 「銀行口座の情報」を登録する• 「Uber Driverアプリ」をインストールする 「WEB(ウェブ)」から「会員登録」をした後は、近くの「パートナーセンター(事務所)」に行き、作成した「アカウント」を有効化してもらってください。 「アカウント」を有効化すると、すぐに「配達パートナー(配達員)」として稼働することが出来るようになります。 「配達パートナー」パートナーセンターでの「登録説明会」 「配達パートナー(配達員)」パートナーセンターでの登録説明会の流れを、以下に記載しましたので、確認してください。 「配達パートナー(配達員)」パートナーセンターでの登録説明会• 「UberEats」の仕組みを説明• 「配達パートナーの業務形態や仕事内容」の説明• 「コミュニティガイドライン」の説明• 「配達パートナーの配送料金」についての説明• 「登録に必要な書類や写真」の確認• 「Uber Driverアプリ」の使い方の説明• 「配達用バッグ」の受渡し• 「配達用バッグ」の使い方の説明• 「配達用バッグのデポジット」の説明• 「紹介キャンペーン」の紹介• 「アカウント」の有効化• 最終チェック この「パートナーセンター」での登録説明会に参加して、を受け取り、アカウントが有効化されると、「配達パートナー(配達員)」として、すぐに稼働することが出来るようになります。 「配達パートナー(配達員)」の「配達のやり方」と「コツ」 では、次に「配達パートナー(配達員)」になった後の、実際の「配達のやり方」と「配達のコツ」のようなものを、簡単に説明していきたいと思います。 「配達パートナー(配達員)」配達の仕事の流れとやり方 「パートナーセンター」での「登録説明会」が終わり、「配達バッグ」を受け取ったら、すぐに配達の仕事を開始することが出来ます。 最初の配達を行うための「流れ」と、配達の時に必要な「アイテム」を、以下に記載しておきます。 初めての配達を始める• 登録した車両• Uber Driverアプリがインストールされたスマホ• 配達用バッグ 配達バッグの中の仕切りや固定する道具は、自分で工夫していく必要があります。 配達バッグを受け取ったそのままで使用すると、商品以外の空間が大きすぎて、配達中に「商品」が動いて、中身がぐちゃぐちゃになってしまうことが起きてしまいます。 ですので、配達バッグを受け取ったら、まず考えるべきは、「商品」以外の空間を埋める工夫です。 僕のおすすめは「サバイバルシート」です。 「サバイバルシート」があれば、これを使用して、配達用バッグの中にできる隙間を埋めることも可能ですし、「サバイバルシート」には、保冷・保湿効果もありますから、一石二鳥となります。 「サバイバルシート」は、安いものであれば、100均ショップやでも売っている場合があるので、数枚買っておいて、配達バッグの中に常に入れておくと、いつでも商品が固定できるので、便利です。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、配達で使用する「これらのアイテムの購入費」は、「経費」として計上することが可能です。 「配達パートナー(配達員)」が貰う「配送手数料」の計算方法 次に「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰える「配送手数料(インセンティブ報酬)」について、見ていくようにしましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が貰える「配送手数料(配達料)」は、以下の計算式で算出されます。 配送手数料=(受取料金+受渡料金+距離料金ーサービス手数料)+インセンティブ(ボーナス) それぞれの項目が、どんな料金のことを示しているのかを、説明していきます。 受取料金 「受取料金」とは、で商品を受け取った時に貰える「料金」のことです。 配達先が「2ヶ所」ある場合でも、受取先(レストラン)が、「1ヶ所」しかなかった場合は、「受け取り」は「1回」としてカウントされ、1回分の「受取料金」が貰えます。 受渡料金 「受渡料金」とは、注文者に商品を渡した際に貰える「料金」のことです。 商品を届ける先が複数ある場合は、それぞれ「受渡料金」が貰えます。 距離料金 「距離料金」とは、「レストランから配達先までの距離」に応じて、貰える「料金」のことです。 配達距離が遠くなれば遠くなるほど、比例して「距離料金」が増えていきます。 また、「複数の配達先」があった場合には、合計の距離が、計算対象となります。 距離料金を稼ぐために、わざと遠回りをすることは、規約で禁止されていますので、もし見つかった場合は、アカウント削除の対象となってしまいます。 注意してください。 サービス手数料 「サービス手数料」とは、「UberEats(ウーバーイーツ)」に取られる「手数料」のことです。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「プラットフォーム」を利用させてもらっている「手数料」として、稼いだ額から、引かれていきます。 また、この「サービス手数料」は、全国一律ではありません。 インセンティブ 「インセンティブ」とは、「受取料金+受渡料金+距離料金ーサービステ手数料」で計算される「配送基本料金」に、上乗せされる「追加報酬(ボーナス)」のことです。 「インセンティブ」の細かいルールに関しては、頻繁に変わっていくので、注意が必要です。 代表的な「インセンティブ」を以下に記載しましたが、これ以外にも「インセンティブ」は用意されていますので、実際に「配達の仕事」をしながら、「インセンティブ報酬」を上手く活用して、効率的に稼いでいって下さい。 時間帯ブースト 配達する時間帯によって、報酬の基本料金部分に掛け算される「ブースト」と呼ばれる制度があります。 お昼のランチタイム、夜のディナータイムなどの「ピークタイム」と言われる混雑時に、ブースト倍率が高くなる現象が見られますので、このような時間帯を狙って、配達を行うと、効率よく稼げる可能性が高まります。 地域別ブースト 配達する地域によって、ブースト倍率が高くなることがあります。 「地域ブースト」が適用される「」を見つけることが出来たら、そこでの配達に集中することで、効率よく稼ぐことが出来るようになります。 例えば「新しくできた配達エリアに配達員を呼び込むため」や「配達員の人手が足りないエリア」で「地域ブースト」がかかる場合も考えられます。 ただし、地域ブーストが掛かる時のルールは、正式に公開されているものではありませんので、「地域ブースト」が掛かったら「ラッキー」という感じで、配達するのが良いでしょう。 雨の日インセンティブ 雨の日に配達すると「雨の日インセンティブ」として、「配達達成件数」ごとに、ボーナス報酬が貰えることがあります。 「雨の日インセンティブ」は、1日前や2日前に、「メッセージ機能」や「メール」で通知されることが多いです。 土日インセンティブ 土曜日や日曜日に「土日インセンティブ」として、「配達達成件数」ごとに、ボーナス報酬が貰えることがあります。 現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。 「配達パートナー(配達員)」配達で稼ぐ方法と配達のコツ 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」として、効率よく稼ぐ方法と、配達のコツを、説明します。 やはり「配達パートナー(配達員)」が効率よく稼ぐには、「ブースト」と「インセンティブ」を、いかに絡めて配達をしていくかにかかっているかと思います。 先ほども説明しましたが、「時間帯ブースト」が掛かる時は、「お昼のランチタイム」や「夜のディナータイム」など「ピークタイム」と呼ばれる混雑時が多いです。 これらの時間帯では、注文が重なり、配達パートナー(配達員)の人手が足りなくなる時で、そのような「配達員が欲しい」時に「時間帯ブースト」が、掛かりやすいという傾向が、なんとなく分かるかと思います。 逆に言うと、配達員の稼働率が比較的少ない「早朝」や「深夜」「雨の日」など、「配達パートナー(配達員)」が配達を嫌がりそうな「時間帯」や「コンディション」の日を狙って、逆に配達を行うことで、いつもと同じ距離を走っているのに、「ブースト」や「インセンティブ」によって、いつもより多く稼げるということもあるのです。 また、「」などは、まだ「配達パートナー(配達員)」の人員が少なく、「配達パートナー(配達員)」が足りていないと考えることもでき、運営側の立場に立つと、このような「」で、「地域ブースト」が掛かりやすいのではないかと、仮説を立てることも出来ます。 このように、大事なのは「」の立場に立ってみて、自分ならどういう時に「ブースト」や「インセンティブ」を出したいかを試行錯誤して、仮説と検証を繰り返しながら、効率よく稼げる方程式のようなものを、編み出していくことだと、僕は思います。 皆さん、一緒に頑張っていきましょう。 まとめ 今回は「」の「」に登録する方法と、「」になった場合の「配達のやり方」や「配達のコツ」などについて、解説してきました。 もし、記事を読んで、「」の「」に少しでも興味を持った人がいましたら、この機会に、是非、会員登録を行ってみてください。

次の