槙 ようこ 漫画 家。 槙ようこ引退の理由や原因は何?過去の漫画作品や今後の活動も調査!

槙ようこが引退!漫画家を辞める理由は?代表作や顔・年齢などプロフィールもチェック|漫画家どっとこむ☆

槙 ようこ 漫画 家

麻衣の高校デビュー初日、学校で出会ったイケメン石垣泉(せん)。 見た目は麻衣の好みで、同じクラスの隣の席になってドキドキしたのも束の間、麻衣をバカにする泉。 もちろん彼の印象は最悪になりましたが、その後ピンチに陥った麻衣を救ってくれます。 麻衣はあっという間に恋に落ちてしまいます。 そんな麻衣の前に、登場した恋のライバルは泉の小学校時代からの男友達である東八重蔵(あずまやえぞう)で……。 少女漫画で同性愛を扱う本作。 八重蔵の優しく温かい想いが魅力的です。 また普段はなにを考えているかわからないタイプのイケメン泉の、謎の言動にも要注目です。 本作を通して少女時代にグルグル考えていた、好きな人の幸せを願うこと、自分の幸せはなにかといったことを思い出せるはず。 全3巻お楽しみください。

次の

槙ようこ(漫画家)の引退理由はなぜ?今後の活動やみんなの反応を調査!

槙 ようこ 漫画 家

さん makiyokolca がシェアした投稿 — 2019年 7月月2日午後9時14分PDT りぼん7月号で連載を終了した「きらめきのライオンボーイ」ですが、それとともに引退を発表しました。 今後漫画家としての活動はなく、同作が最後の作品となるそうです。 槙先生の引退後の活動はSNSのみ 槙先生のイラストや様子を知れるのは、Instagramのみになります。 しかし、SNSの更新もデビュー20周年期間の2020年3月17日までとのこと。 槙ようこ引退の理由とは? 2008年に体調不良で休載をしたこともありますが、引退に関してそのことには触れられていません。 休載当時も体調不良というだけで、詳しい病状については発表されませんでした。 今回の引退の理由についても同様で、「前向きな気持ちで心に決めていたこと」としか書かれていません。 これまでの作品の発表ペースを見ていると、毎年のように新刊を発売しており、デビューから20年間駆け抜けてきた印象を持ちます。 休載の時には精神的疾患ではないかという噂が流れたのですが、今回の引退ももしかしたら、ハードな生活から抜けて息を抜きたい気持ちがあったのかもしれませんね。 前向きな気持ちと槙先生が言っていますし、Instagramの継続理由として「まだまだお伝えしたいことお知らせしたいこともたくさんあります」と書いてあります。 もしかしたら、今後新しい活動を何か考えているかもしれないので、槙先生のInstagramに注目しましょう。 槙ようこの経歴と作品一覧 鹿児島県出身、1981年生まれの37歳。 1999年 「ラブサービス」で第354回りぼんNEW漫画スクール佳作、第71回SB賞を受賞し、高校2年生でデビュー• 2000年 初コミックス「枯れ気に恋を咲かせます」発売• 同年 初連載「ソラソラ」を雑誌りぼんに発表• 2008年3月 連載中だった「山田善次郎と申します」体調不良を理由に連載を中断。 1年間の活動休止。 2011年 「PARTY!~東日本大震災チャリティー漫画本~」「東日本大震災チャリティー漫画本PARTY! HANA」に寄稿。 2019年 集英社「りぼん」4月号にてデビュー20周年記念特集が組まれる。 2019年7月 集英社「りぼん」にて「きらめきのライオンボーイ」の連載終了とともに引退を発表。 槙ようこの作品一覧• 2000年~2001年 ソラソラ (全1巻)• 2001年~2002年 あたしはバンビ(全3巻)• 2005年 STARBLACKS (全2巻)• 2006年~2007年 たらんたランタ(全2巻)• 2007年~2011年 山田善次郎と申します (全5巻)• 2009年~2010年 勝利の悪魔 (全3巻)• 2012年~2015年 ロマンチカ クロック(全10巻)• 2016年~2019年 きらめきのライオンボーイ 槙ようこ20周年記念サイトが開設中 槙ようこ先生のデビュー20周年を記念し、集英社が記念サイトを公開中です。 これまでに発売されたコミックスの紹介や、20周年を迎えた槙先生のコメントが掲載されています。 槙先生ならではのキラキラした世界が広がっているので、ぜひチェックしてみてください。 妹は漫画家の持田あき 今年話題になったドラマ「初めて恋をした日に読む話」の原作者・持田あき先生は槙ようこ先生の実の妹です。 今回の槙先生の引退について、持田先生のTwitterには、槙先生のインスタが転載されているだけでした。 同時期に「zen zen」も姉妹で連載し、こちらは未完のままです。 どちらも続編も期待されている作品でしたが、槙先生の引退で、ファンにとっては叶わぬ夢になってしまいました。 槙先生引退にりぼんっこから感謝の声が デビューから20年という長期の活躍ということもあり、長年のファンも多くいます。 子供のころに好きだった作品はもちろん、大人になったからこそわかる作品もあります。 ファンからは引退を惜しむ声もありますが、感謝を伝える声の方が多く集まっています。 槙ようこ先生沢山の感動と興奮をありがとう御座いました。 これからも何度も何度も読み返します。 漫画家槙ようこは引退かもしれないですが作品は永遠です。 (反語) 色づかいとか絵とか、先生ならではの独特の世界観があって、本当に大好きだった。 もちろん今も好き。 唯一無二の少女漫画家さんでした。 🌹 na2Hikari 多くの漫画家からも激励コメントが届く 漫画家からも憧れられていた槙先生、その人柄が伺えますね。 同業者だからわかる、槙先生の引退の寂しさが伝わってきます。 槙ようこ先生本当にお疲れ様でした。 20年間変わらず少女漫画の第一線で活躍されている姿はキラキラと輝いていて憧れでした。 その静かだけどあふれる熱量に圧倒されたのが忘れられません。 引退はとても寂しいですが、たくさんの作品を残してくれたことはファンとして喜ばしいことだと思います。 もしかすると、今後は妹の持田先生のところで槙先生の活躍が見れるのかな?と期待もしてしまいます。 引退後の第二の人生も槙先生らしく思いっきり楽しんで欲しいと思います。

次の

愛してるぜベイベ★★

槙 ようこ 漫画 家

さん makiyokolca がシェアした投稿 — 2019年 7月月2日午後9時14分PDT りぼん7月号で連載を終了した「きらめきのライオンボーイ」ですが、それとともに引退を発表しました。 今後漫画家としての活動はなく、同作が最後の作品となるそうです。 槙先生の引退後の活動はSNSのみ 槙先生のイラストや様子を知れるのは、Instagramのみになります。 しかし、SNSの更新もデビュー20周年期間の2020年3月17日までとのこと。 槙ようこ引退の理由とは? 2008年に体調不良で休載をしたこともありますが、引退に関してそのことには触れられていません。 休載当時も体調不良というだけで、詳しい病状については発表されませんでした。 今回の引退の理由についても同様で、「前向きな気持ちで心に決めていたこと」としか書かれていません。 これまでの作品の発表ペースを見ていると、毎年のように新刊を発売しており、デビューから20年間駆け抜けてきた印象を持ちます。 休載の時には精神的疾患ではないかという噂が流れたのですが、今回の引退ももしかしたら、ハードな生活から抜けて息を抜きたい気持ちがあったのかもしれませんね。 前向きな気持ちと槙先生が言っていますし、Instagramの継続理由として「まだまだお伝えしたいことお知らせしたいこともたくさんあります」と書いてあります。 もしかしたら、今後新しい活動を何か考えているかもしれないので、槙先生のInstagramに注目しましょう。 槙ようこの経歴と作品一覧 鹿児島県出身、1981年生まれの37歳。 1999年 「ラブサービス」で第354回りぼんNEW漫画スクール佳作、第71回SB賞を受賞し、高校2年生でデビュー• 2000年 初コミックス「枯れ気に恋を咲かせます」発売• 同年 初連載「ソラソラ」を雑誌りぼんに発表• 2008年3月 連載中だった「山田善次郎と申します」体調不良を理由に連載を中断。 1年間の活動休止。 2011年 「PARTY!~東日本大震災チャリティー漫画本~」「東日本大震災チャリティー漫画本PARTY! HANA」に寄稿。 2019年 集英社「りぼん」4月号にてデビュー20周年記念特集が組まれる。 2019年7月 集英社「りぼん」にて「きらめきのライオンボーイ」の連載終了とともに引退を発表。 槙ようこの作品一覧• 2000年~2001年 ソラソラ (全1巻)• 2001年~2002年 あたしはバンビ(全3巻)• 2005年 STARBLACKS (全2巻)• 2006年~2007年 たらんたランタ(全2巻)• 2007年~2011年 山田善次郎と申します (全5巻)• 2009年~2010年 勝利の悪魔 (全3巻)• 2012年~2015年 ロマンチカ クロック(全10巻)• 2016年~2019年 きらめきのライオンボーイ 槙ようこ20周年記念サイトが開設中 槙ようこ先生のデビュー20周年を記念し、集英社が記念サイトを公開中です。 これまでに発売されたコミックスの紹介や、20周年を迎えた槙先生のコメントが掲載されています。 槙先生ならではのキラキラした世界が広がっているので、ぜひチェックしてみてください。 妹は漫画家の持田あき 今年話題になったドラマ「初めて恋をした日に読む話」の原作者・持田あき先生は槙ようこ先生の実の妹です。 今回の槙先生の引退について、持田先生のTwitterには、槙先生のインスタが転載されているだけでした。 同時期に「zen zen」も姉妹で連載し、こちらは未完のままです。 どちらも続編も期待されている作品でしたが、槙先生の引退で、ファンにとっては叶わぬ夢になってしまいました。 槙先生引退にりぼんっこから感謝の声が デビューから20年という長期の活躍ということもあり、長年のファンも多くいます。 子供のころに好きだった作品はもちろん、大人になったからこそわかる作品もあります。 ファンからは引退を惜しむ声もありますが、感謝を伝える声の方が多く集まっています。 槙ようこ先生沢山の感動と興奮をありがとう御座いました。 これからも何度も何度も読み返します。 漫画家槙ようこは引退かもしれないですが作品は永遠です。 (反語) 色づかいとか絵とか、先生ならではの独特の世界観があって、本当に大好きだった。 もちろん今も好き。 唯一無二の少女漫画家さんでした。 🌹 na2Hikari 多くの漫画家からも激励コメントが届く 漫画家からも憧れられていた槙先生、その人柄が伺えますね。 同業者だからわかる、槙先生の引退の寂しさが伝わってきます。 槙ようこ先生本当にお疲れ様でした。 20年間変わらず少女漫画の第一線で活躍されている姿はキラキラと輝いていて憧れでした。 その静かだけどあふれる熱量に圧倒されたのが忘れられません。 引退はとても寂しいですが、たくさんの作品を残してくれたことはファンとして喜ばしいことだと思います。 もしかすると、今後は妹の持田先生のところで槙先生の活躍が見れるのかな?と期待もしてしまいます。 引退後の第二の人生も槙先生らしく思いっきり楽しんで欲しいと思います。

次の