ヒラキ ハウジング。 【ヒラキハウジングの評判】建つんです500は本当にその価格で建つの?

【ヒラキハウジングの評判】建つんです500は本当にその価格で建つの?

ヒラキ ハウジング

「500万円の家を建てたい!」 難しい条件と分かっていても、なるべく安く新築一戸建てを建てることができれば嬉しいですよね。 今では、1,000万円台で建てるローコスト住宅が人気を集めていますが、実はさらに格安となる 500万円台・700万円台・800万円台で家を建てる超ローコスト住宅があるんです。 でも、 「 本当に500万円で新築の家を購入できるの?」 「 低価格だけど家の品質って大丈夫?手抜き工事にならないか心配…」 「 500万円の家って激安だけど間取りってどうなの?」 って気になりませんか? 住宅の購入予算としては安いものの500万円の家は高いお買い物ですし、欠陥ばかりだったり住み心地の悪い家になってしまうような失敗はしたくないですよね。 そこで今回は、超ローコストとなる 500万円で建てる新築一戸建ての家をテーマに、どんな特徴があってどんなメリットやデメリットがあるのかご紹介していきます。 それではここで、気になる格安の『500万円で建てる家』について一緒に見ていきましょう。 新築一戸建てで建てる500万円の超ローコスト住宅 「ほんとにそんな格安で家って買えるの!?」と不安になると思いますが、建築会社によっては500万円で家を建てることが出来ます。 実は意外にも、500万円台はもちろん700万円~800万円台で建てる注文住宅を謳う 超ローコストハウスメーカーがいくつか存在していて、「家が欲しいけど予算がない」「小さい家でいいからとにかく安く建てたい」というニーズに応えています。 家の大きさにもよりますが、ローコスト住宅でも建築費用に1,000万円はかかってしまうのが一般的ですし、大手ハウスメーカーであればうわものである建物本体だけで2,000万円以上かかることはよくある話なので、それが500万円という低価格で一戸建てを建てられるのですから驚きですよね。 新築一戸建て住宅を500万円という格安で手に入れられるのは、超ローコスト住宅の大きな魅力と言えそうです。 ただし500万円の家は「平屋住宅」で「小さい家」のみ 500万円の家だけに限らないのですが、600万円であっても700万円であっても1,000万円以下の超ローコスト住宅で建てる以上、 家の種類は「平屋住宅」になります。 破格の低予算なので2階建て住宅を建てられるほどの建材費・人件費が確保できないこともあり、となると当然ですが住宅の大きさとしても 『1LDK』や『2LDK』などの小さい家がメインとなります。 ですが、1人暮らしや老後に夫婦で暮らす家としては無理のない大きさなので、賃貸暮らしでこの先毎月賃料を支払うことを考えれば、新築平屋を500万円で建ててしまって生活費にゆとりを生むという選択肢も検討してみてもいいかもしれませんね。 500万円の住宅ローンを組んでみると… ちなみに、家を建てるための費用が500万円だったとしても手元にお金がなければ、住宅ローンを利用することになりますよね。 その場合の月々の返済額はいくらくらいになるのでしょうか? 厚生労働省から公表されているによると、夫 厚生年金 166,668円・妻 国民年金 55,615円のケースで合計222,283円の支給額となっています。 また土地も併せて購入する場合、【家500万円・土地600万円・諸費用込み1,300万円】と仮定すると、月々の返済金額は61,247円となります。 子育て夫婦や若い世代であれば35年ローンにすることも可能ですし、500万円の家は10年くらいの居住を見込んで 将来的に建て替えも検討した上で土地探しをするのもおすすめです。 超ローコスト住宅が可能な理由 そもそも、なぜ500万円という超ローコスト住宅を建てることが出来るのでしょうか? そこで、超ローコスト住宅メーカーがいかにしてコストを抑えているのか、格安で家を建てる仕組みについて少し解説します。 の新すまい55にて550万円の家• の555万円の家• の大安心の家5シリーズの500万円台の家 以前には、これらのハウスメーカーでも500万円台の家の商品ラインナップが存在していました。 住宅性能の基準が上がったことと、それに対する品質向上にコスト面が追い付かなくなったこともあり、現在ではそれぞれ1,000万円ゾーンのローコスト価格帯での商品展開に力を入れています。 またLIXILが母体となるアイフルホームでは、インターネットから住宅を注文するという新しい販売形式でコストを抑えていて、web housing「」という商品が700万円台の家を実現しています。 500万円の家の間取り どんな建築会社が500万円の家を建てられるのか分かったところで、次に気になるのは 予算500万円で建てる家がどのようなものなのかということ。 いくら安い金額で注文住宅を建てることが出来るとしても、実際に暮らしていく上で問題なく 快適な生活を送れる家なのかどうかはとても重要なポイントになります。 ということで、ここでは500万円台で建てた新築一戸建ての外観や間取り図の実例をご紹介したいと思います。 580万円で建てる1LDK・17坪の注文住宅 出典元: 延べ床面積 40. 5㎡ 12. 25坪 こちらは、1LDKの間取りの例となります。 洋室5. 4畳・LDK8. 1畳と合計約12坪という小さい家ですが、単身者であれば普通に生活する分には充分と言える広さです。 500万円台という低価格の家なので、余分なものは一切ないシンプルな間取りになっていますね。 については、下記の記事で解説しています。 500万円の家のメリット&デメリット 500万円の家は、安い価格で家を建てられるのでとても魅力的ですが、費用面以外にも利点となる部分はあるのでしょうか? また、どんなデメリットがあるのかについても知っておく必要も出てきますので、ここではメリットとデメリットになるものをそれぞれ挙げていきたいと思います。 500万円の家のメリット 500万円の家は、格安で家を建てられるだけではなく、他にもいくつかメリットがあるのでまとめてみたいと思います。 500万円の家のメリット• キャッシュ 現金 での支払いも検討できる• 住宅ローンが安いので家計を圧迫せずにゆとりが持てる• 家本体を安くできるので土地にお金をかけることができる• 安くても耐震性については住宅基準値を満たしている やはりメリットとなるのは、 価格の安さによって得られる恩恵ですよね。 500万円ほどであればローンを組まずに支払える可能性もありますし、もし手元の預貯金を使いたくない場合でも住宅ローンを組んでも月々の支払いはかなり安いです。 また、建物にかかる建築費用が少ないため、土地購入費用や外構工事にお金をかけることもできますね。 低価格の家なので耐震性が不安ですが、新築住宅を建てる際には 震度6の大地震でも倒壊しない耐震等級1を必ず満たす必要があるため、最低限の基準は満たしている家を建てることが出来ます。 500万円の家のデメリット メリットをお先にご紹介したものの、実は500万円の家にはデメリットの方が多くあります。 事前にしっかりと把握しておかないと、住み始めてから後悔することになりかねませんので、1つ1つチェックしておきましょう。 500万円の家のデメリット• 基本的に平屋住宅のため2階建てに対応できないことがある• 低コスト実現のために規格化されている為オプションの追加費用がとても高い• 外観デザインや間取りなど希望がある場合は不満が残りやすい• 手抜き工事のリスクあり• 断熱性・気密性などの住宅性能は悪い• 住宅設備のグレードが低い・選べない• 超ローコストメーカーの対応地域でないと建てられない 予算が500万円と少ないため、どうしても平屋ベースの家となる上に付帯工事費や諸経費は含まれませんので、結果的に 総額500万円を大きく超えてしまいます。 また住宅会社によって規格化されている家では、間取りや仕様の変更、オプションの追加、これらを実現させようとすると、追加費用が高額になりやすいため、1,000万円を超えてしまうことも多いです。 さらに、利益も少ないために人件費にお金が流れにくいことによる手抜き工事のリスクも忘れてはいけません。 次の「」でもお伝えしますが、やはり家は家族を守る役割を担うものなので、 もう少し費用をかけて家族全員が安心して住むことができる家づくりを検討してみるのも1つの選択肢と言えますね。 500万円の家を建てる前に気を付けたい3つのポイント ここまで、500万円の家の特徴やメリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、「予算500万円で家を建てたい!」という方は実際に家づくりを始める前に、下記のポイントについて気を付けて家づくりを進めていくことをオススメします。 1.価格の安さ以外はこだわらない 「とにかく安い家が欲しい!」ということであれば、『住み心地・利便性・快適性・見た目・機能性』などなど 価格の安さ以外でのこだわりは捨てましょう。 超ローコスト住宅会社が建てる家のデメリットを知ったうえで、価格を優先できる場合にのみ500万円の家を検討するようにして下さい。 2.新築にこだわらず500万円で購入できる中古物件も探してみる 「500万円という予算額は変えたくないけど住み心地もある程度こだわりたい…」という人もいると思います。 そんな時は、 新築を諦めて中古住宅にシフトしてみましょう。 家を建て替えるということでなければ、かならずしも家を建てる必要もありませんので、すでに建っている中古住宅や中古マンションを購入する方が、あなたの条件に合う物件を見付けられる可能性が高くなります。 下記の無料サイトなら、登録しておくだけで 非公開物件を含めた良質な物件情報が届くので、こういったサイトも活用して安い家を探しましょう。 3.建て替えであれば500万円の予算でリフォームやリノベーションを検討してみる 「すでに家を所有している家を建て替えたい」ということであれば、現在の家の躯体さえしっかりしていれば、 リフォームやリノベーションを検討してみる選択肢もあります。 500万円も予算があるのでしたら、リフォームやリノベーションで家の性能を向上させることも可能です。 1,000万円台~2,000万円の家も検討してみては? 500万円という金額で家を建てることが出来ればそれが1番良いのですが、• 想定していたよりも家が小さすぎる。 もう少しゆとりある家を建てたい• せっかくの新築なので性能やデザインにもこだわりたい• 超ローコスト住宅の間取りや住宅設備では納得できなさそう など、超ローコスト住宅では満足のいく家づくりが叶わないと思ったら、 無理のない範囲で予算を引き上げてみるのも検討してみては? やはり マイホームは大切な家族を守ってくれる重要な役割がありますので、快適で頑丈な家を目指すのであればもう少し費用をかけるべきです。 1,000万円台であれば、ローコスト住宅とはいえ長期優良住宅など性能面でも満足のいく家が建てることができますし、2,000万円以上であれば大手ハウスメーカーのこだわりの家を建てることが可能になります。 基本的には平屋住宅で小さい家になる• 本体価格以外にも費用がかかるため500万円では収まらない• プラン変更やオプション追加は高額になる• 家の品質や手抜き工事のリスクの可能性も• 超ローコスト住宅会社が対応していない地域が多い ですが、やはり驚くほど低価格で家を建てることが可能なので、上記について妥協できる方にとってはとても魅力的な家になります。 「定年退職して老後は平屋でのんびり暮らしたいだけだから安い家でいい」という夫婦の方にとっては検討の余地があるかもしれませんが、 居住空間の快適性や住宅の安全面という観点からみると、可能であれば 最低でも1,000万円台で建てるローコスト住宅を視野に入れることをオススメします。 もし1,000万円台で建てるローコスト住宅を探すのであれば、「」の記事があるので、そちらを参考にしてみて下さい。

次の

500万円で家が建つ!超ローコスト住宅の事例と建てる際のポイント

ヒラキ ハウジング

超ローコスト住宅。 気になる相場は? 一般的に、「ローコスト住宅」というと坪単価30万円~50万円ほどで建てられる家のことをいいます。 大手のメーカーだと坪単価70万円、80万円もザラですから、50万円/坪以下で家が建てられるというのは確かにお得ですよね。 ですが、最近はそれよりもっと安い「超ローコスト住宅」も登場! 価格は20万円台/坪も可能だというからビックリです。 総額でいうと、25坪の家なら単純に計算して500万円でマイホームが手に入るわけですよ。 この「500万円」というのは、超ローコスト住宅を語る上での一つの指標となる数字と言えるでしょう。 500万円といえば、ベンツやアウディといった高級車も夢じゃない金額です。 旅行なら、世界一周も夢ではないでしょう。 家買うか、車買うか?旅行するか?と迷ったら、みなさんならどれを選びます? そもそも、なんでそんなに安いの? でも、もしかしたら一生住むかもしれないマイホームがあまりにも安過ぎるというのも不安じゃありませんか? 車で500万円なら高級車ですが、家だとローコスト。 やっぱり、「粗悪な建材を使われるんじゃないか」「どこか手抜き工事されるんじゃないか」と心配になってしまいます。 そうじゃないならナゼそんなに安いのか。 その理由としては、コチラのサイトにもあるようにこんなコトが考えられます。 材料(建材や設備)を大量仕入れしている。 間取りをシンプルにすることで、コストダウンできる。 宣伝広告費を削ることで、余分なコストを削減している。 逆に言えば、これらの条件を満たせる業者でなければ超ローコスト住宅は建てられないということ。 宣伝広告をバンバン打ってる大手メーカーだと、ちょっと難しいかも~・・・ということになりますね。 (大手は宣伝にも大物タレントを起用しているのでコストダウンが難しい) じゃあ、どんなメーカーがあるの? それなら、具体的にどんなメーカーだったら超ローコスト住宅の建築が可能なのか。 一般的には、 「知名度の高いハウスメーカーよりも地元密着の工務店が安い」と言われています。 全国規模で有名な大手メーカーでは無理なコトでも、地元密着型の中小メーカーや工務店なら不可能を可能にしてくれるかもしれませんよ。 例えば、熊本の「ヒラキハウジング」。 「建つんです500」というそのままズバリなネーミングの商品があり、本当に500万円で家が建つんですって! 大型の台風が上陸した際、屋根の改修を依頼したお客様からの一言がキッカケで生まれた商品なんだとか。 超ローコスト住宅ではありますが、標準装備としてこんな設備を備えています。 ベタ基礎• プラ束(防腐対策)• システムキッチン(タカラ。 カラーは5色展開)• システムバス(タカラ。 ホーロー壁パネル)• トイレ(INAX カラーは5色)• 電気温水器• 化粧洗面台(タカラ)• 陶器瓦(カラーは4色。 塗り替え不要)• IHクッキングヒーター(2口IH グリルつき)• 外壁はサイディング通気工法• サッシ、玄関ドア(トステム)• 木製建具、クローゼット ドアフロア材(ノダ)• オール電化• 照明器具(玄関ポーチ、廊下、洗面所、浴室、トイレ、台所手元灯)• 電気工事• 給排水工事(建物1m以内) 500万円でオール電化までついてくるなんて豪華! 超ローコスト住宅を建てる場合のメーカー選びのポイントについてはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。 さて、ここで「タマホーム」とか「アイフルホーム」とか「アイダ設計」とかは超ローコスト住宅ではないの?と疑問を持つ方もいることでしょう。 確かに、いずれも「ローコスト」で知られているメーカーですが、坪単価30万円台~の謳い文句ですから「超ローコスト」には分類できません。 また、例えばタマホームのローコスト住宅である「大安心の家」などは、家本体だけなら500万円台で建てられそうですが各種設備を含めると1000万円がザラとのこと。 アイフルホームも、なんだかんだで1000万円を超えてしまうことも多いようなので、「500万円ポッキリ」の超ローコスト住宅を希望している方にはあまりオススメできないメーカーと言えます。 たとえば、アイフルホームの「i-Prime7」は「700万円で建てられる」ということで超ローコスト住宅のように思われますが、実際の総額は「1200万円超えだった」という声もありますので、軽く2倍ですよね・・・。 それでも市場全体から見れば安いに違いはありませんが、「500万円ならキャッシュで払えるけど、1000万円を超えるとなるとやっぱりローンだな」という方も多いはず。 その「1000万円の壁」って実はものすごく高くてカタイ壁なのです! こちらのサイトでも詳しく解説していますが、超ローコスト住宅をご希望の場合は、「坪単価には何が含まれていて、何が含まれていないのか」をしっかり確認することが大切ですね。 あなたの近くにもある!超ローコスト住宅メーカーの探し方 すでにお伝えしたように、超ローコスト住宅メーカーは大手メーカーのように宣伝や広告にお金をかけません。 ということは、私たち一般消費者がその商品や施工事例を目にする機会がほとんどないということになりますよね。 そんな状態で、どうやってヒラキハウジングさんのような業者を探せばよいのか。 迷った時はこんな方法があります。 周りの友人・知人に聞く みなさんの周りの方々はどんなメーカーで家を建てていますか? 住宅メーカーを聞くとだいたいの値段がわかり、それがそのお宅のお財布事情を表しているとも捉えられるため、あえてメーカー名を言わない方も多いかもしれません。 しかし、例えば二世帯住宅だったりすると「親の知り合いの工務店で」というケースが結構多いです。 (少なくとも私の周りはみんなそうです) 詳しく聞いてみると 、地元の、昔からお付き合いがある工務店さんは大手とは比較にならないくらい安く建てられるんですって。 (みなさん、口をそろえてそう言います) 親しい人で「どこで建てたの?」と聞けるくらいの関係性の方がいるのであれば、ぜひリアルなところを語ってもらいましょう。 SUUMOなどの超ローコスト住宅特集を見てみる 住宅情報サイト大手のSUUMOでは、「1000万円台・坪20万円台から40万円台のローコスト住宅」という気の利いた特集を組んでくれています。 都道府県を指定することで、みなさんのお近くのエリアの超ローコスト住宅メーカーを探すことが可能。 白い壁とナチュラルブラウンの梁や柱の組み合わせが、なんともヘルシーな事例です。 「伝統的な木造軸組工法で最大限可能なスパンと開口を追求した」という実験的な事例で、大きな窓に間仕切りのない間取りは施主さんのリクエストオーダーだったのだとか。 大手だと「構造上の問題でできません」と突っぱねられてしまいそうですが、あえて挑戦してみるというところに地元密着の工務店さんの心意気を感じました。 シンプルな中にもエッジの効いたセンスが光るこの物件が坪単価50万円で建てられるというのはやはりおトク感ありますね。 運命の出会いは新聞広告に埋もれているかも! 住宅メーカー選びをしている段階なら、新聞の広告(特に金・土・日)は必ずチェックしましょう。 超ローコスト住宅メーカーは知名度の低い企業も多く、同じ市内であっても広告を見て初めて「こんなメーカーがあったんだー」と知ることも多いものです。 例えば、静岡県三島市にあるコチラのメーカーさん。 768万円で家が建てられるなら、超ローコスト住宅に間違いないですね。 私の友人は三島に住んでいますが、新聞に入っていたイベントの広告を見て初めてこのメーカーを知ったそうです。 それ以来、朝の広告チェックが日課になっているとか。 「名前を知らないけど安く建てられるメーカーって結構あるよ」と言っていました。 週末は住宅メーカーのイベントも多いので、そのタイミングでモデルハウスなどが載ったチラシを目にする機会も増えるでしょう。 みなさんも、この週末は広告を捨てずにじっくり眺めてみてはどうでしょうか。 情報があふれている時代だからこそ、自分から積極的にアクセスしないと本当に必要な情報は得られないのかもしれません。 ローコスト住宅メーカーの選び方、比較のポイントに着いてはコチラの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。 ちょっと気になるこんなデメリット 一方で、「地元密着系の工務店は、確かに安いんだけどやっぱり大手のほうが良かったかも」という声もよく耳にします。 なぜかというと、 棟梁のこだわりが強過ぎると施主さんの意見が通らなくなる場合もあるから。 私の周りではここ1年以内に新築した人が3人いるのですが、いずれも地元の工務店で。 みなさん口をそろえて言っていたのは、「工務店の人と意見が合わなくて、納期が延びた」ということです。 「こうあるべき」「自分は今までこうしてきた」というこだわりが強く、なかなか話が先に進まなかったとボヤいていました。 施工業者と、施工主。 最初から最後までその関係性はきっちりさせておきたいし、余計な口出しをして欲しくない!ということであれば、どんなにローコストでも地元密着の工務店は避けたほうが良いのかもしれませんね。 (親からの紹介などであれば特に) どんな家が建てられる?超ローコスト住宅の間取りにフォーカス! せっかくのマイホームですから、金額のことばかり気にしていてもつまらないでしょう。 限られた予算内でどんな家が作れるのか、どんな暮らしを実現できるのか。 その具体的な間取りが気になりますよね。 例えば、さきほども例に出した「建つんです500」の間取り実例は、ごくごくシンプルな2LDKの平屋。 LDK(12帖)、その隣に和室(6帖)、洋室(6帖)という構成になっています。 パッと見たところ、個人的な感想としては今どきの新築マイホームには必ずついているといっても過言ではないウォークインクローゼットがないのが残念ポイント。 各部屋に1帖分の収納があるだけなので、物が多いファミリーだとちょっと厳しい間取りかもしれません。 でも、物を増やさない生活を心掛ければそれほど手狭にも感じないはず。 コンパクトな賃貸物件から一軒家にお引越しすると物が増えがちですが、こんな感じの超ローコスト住宅ならその心配はなさそうですね。 もともと、「建つんです500」は「老後に借家に出せる家」をコンセプトに開発した商品だったということなので、あえて収納も最小限に、コンパクトに!ということなのかもしれませんね。 一方、栃木県のシセイハウジングでも超ローコスト平屋住宅の販売に注力を入れていて間取り実例が豊富。 こちらはもっとコンパクトで、1LDKの平屋をメインで紹介しています。 子供が独立した後の建て替えを検討中なら、思い切ってそこまでシンプルでもいいかもしれませんね。 他にも、参考になりそうな間取り実例は色々あります。 家を持つこと、マイホームを建てることの目的さえブレなければ、500万円でも家が建てられるんだ!と、大切なことに気づかせてくれます。 500万円の超ローコスト住宅を建てるということは、家造りの本質に挑戦すること。 そして「暮らすこと」「生きること」を根本から見直して自分なりの答えを導き出すことなのかもしれませんね。 「余計な物を溜め込まなくなって生活がシンプルになった」• 「歳をとってからはシンプルな平屋のほうがラク」• 「価格的にも安心」• 「間取りやデザインにクセがない物件が多いから、将来的に貸家として収入源にもなる」 といった声が聞かれ、おおむね満足している方が多いという印象です。 超ローコスト住宅ですからドでかい家は無理ですが、庭があって適度に解放感のある家を建てることは十分に可能! ただ、コンパクトな分だけ夫婦のプライベートを確保しにくいという問題が出てくるんじゃないかな?とも思うので、その点は間取りの工夫が必要ですね。 また、断熱性能や換気システムが「お値段なり」という点に不満を抱く方も多いです。 この問題はのちのちの健康問題にもつながっていくものですから、 超ローコスト住宅を建てるのであれば断熱材や換気システムにもついてもしっかり勉強を! コンパクトな超ローコスト住宅だからこそ、住宅関係の知識がしっかり身に着いていないと購入は危険だなと感じました。 こちらのサイトにもあるように、「断熱性」という観点をメインで考えれば、500万円で建てられる家よりも省エネ化された2000万円超えの家のほうが本当の意味で超ローコスト住宅と言えるのかもしれませんよ。 費用を抑えたいならそもそも土地の面積も考慮して 近所にあった分譲住宅の建設予定地を通りがかると、いつも「こんな狭い土地に本当に家なんて建てられるの?」と疑問に感じていました。 しかし、数ヶ月後には立派な住宅が建っていたり、場合によってはマンションが建っていたり。 どうやら、 土地の広さというのは「見た感じ」の印象とずいぶん違っているようです。 だからこそ、価格を抑えて家を建てたいのであれば土地の面積もしっかり吟味しなければいけません。 黒石建設さんの社長ブログは、その土地選びのNGに気づかせてくれる内容。 私のように、「こんな土地に本当に家が建つのかな?」と不安になり、広い土地を買って部屋を余らせるという結果になっているのかもしれませんね。 いずれは、コチラの記事でも書いたように減築リフォームをする羽目になるお宅が多いのですから。 上記ブログでもアドバイスされていますが、本当に超ローコストで家を建てたいのであれば土地選びの際にも住宅メーカーさんに同行してもらったほうが良いです。 【まとめ】「安かろう、良かろう」な家造りを叶えるために 500万円でマイホームを持つのも夢ではない時代。 リーズナブルな価格でマイホームを手に入れられるのは、嬉しい反面、「安かろう、悪かろうなんじゃないか?」という不安もついてまわります。 長期的な目で見て「やっぱり建てて良かった!」と思えるように、ここで紹介したポイントを押さえておきましょう。 さまざまなタイプの家を見てみて、やはり平屋建ての広い家というのがいちばんの贅沢かなと思います。 広々とした平屋建てということは、それなりの広さの土地がないとまず不可能ですので、まずは土地から探さなければいけませんね。 高級な家を建てたいと考えていますが、そもそも高級住宅って、どんなものなのかわかっていませんでした。 そのため、どういった創りや間取りであれば、そのような家になるのか。 他の人の例を参考にしながらまとめてみました。 家を建てるなら、老後のことも考えて平屋建てが良いと思っています。 土地の広さなどを考えるとなかなか難しい気もしますが、もし平屋建てにするなら大体どのくらいの価格になるのでしょうか?まずは相場を調べてみようと思います。 平屋建ての家でのんびり暮らしたいという憧れがふつふつと沸き起こっています。 家族構成も、人数が少なければ狭くてもそれなりに快適に暮らせるのではないかと思います。 いったいどれくらいのコストで家を建てられるのでしょうか。 家を建てるとなると、やはりかなり高額になると思うのですが、最近はローコスト住宅という言葉を目にする機会も増えてきました。 ハウスメーカーの情報を見てみると、予想以上に低価格のことがあるので、どんな家になるのかと興味津々です。 家を建てるとなった場合、都心部に建てるか郊外に建てるかなどで条件は変わりますが、いったいどのくらいの価格になるのでしょうか?自分の住む場所のおよその坪単価が分かっていれば、比較もしやすくなるかもしれません。 家は高い買い物ですから、購入前にしっかりと細かい部分まで検討しておきたいですよね。 それに、できるだけ安く抑えることができれば尚良いと思います。 品質を下げずに満足のいく家を建てることはできるのでしょうか? 家を建てるとき、平屋建てにするか二階建てにするかというのも考えるポイントだと思いますが、コストはどのくらい変わるのかを調べてみると、思ったより差はないようですね。 要不要にもよるでしょうが、そこで平屋建てにするという決断は、けっこうリッチな気がしますね。 日本は昔から地震の多い国だというイメージがありますが、最近になってますます地震への対策が重要視されてきている気がします。 地震に強い家に住みたいものですが、実際にはどんな家がより安全なのか見直してみようと思います。 いざ家を建てるとなったとき、どんな家にするか決めるのは、とても重要な部分ですよね。 土地の広さや環境、家族構成などで必要なものは変わってくるでしょうし、いくらくらいで建てられるのかも忘れてはならないポイントです。 家の間取りを決める作業は、楽しいながらも大変な労力が必要になりますよね。 はっきりとしたビジョンが描けていればまだ良いのですが、何が必要かなどを選択する場合、よく分からないこともあります。 まずはいろいろな間取りを見てみるのも勉強になるかもしれませんね。 料理をしているときも寝ているときも、火災の心配は日々つきものです。 火災にならないのに越したことはないのですが、万が一の場合に備えてスプリンクラーを設置してみるのも良いかもしれません。 少しでも安心材料は増やしておきたいですね。 お隣さんに誰が住んでいるか分からなくなってきた昨今の都会では、防犯対策がとても重要になってきます。 つい、事が起きなければ安易に考えてしまいがちですが、やはり建築時からしっかりと対策を講じておく必要がありますね。 安価なものから効果なものまで様々ですから、状況に合ったものを選んでいきましょう。 テレビでは戸建てが500万円台で建ちます!なんてCMをやっていますが、本当でしょうか?私の周りでは1000万以下では無理だという話ですが・・・。 2階を作らなくても半分にはなりませんよね。 何がどう違ってそんな風に安く家が建てられるのかそのからくりが知りたいですね。 家を建てる時の目安になるのが坪単価ですが、モデルハウスなどで素敵だなと思って聞いてみるとだいたい坪単価が70万とか80万という返答が帰ってきます。 高いです。 700万だと10坪の家しか建たないということになりますものね。 いくら質がよくても10坪ではねぇ。。。 平均的には50万ぐらいと言われているようです。 今は、頭金がなくても家が建ちます。 などという宣伝文句がよく聞かれます。 そして家自体も500万円台からと言う時代です。 800万もあればかなりよい家が建つと言うことなのでしょうか。 私たちの常識では考えられないような事ですが、それがほんとうならよい時代になりましたね。 今住んでいる築30年越えのマンションが900万で売却できるというので、それを元手に少し田舎に引っ込んで家を建てようかと思います。 今のマンションは4階建てで階段がないのです。 これから年を重ねていくと階段はしんどくなると言うのは目に見えていますからね。 それにバリアフリーの点も考慮して一大決心です。 家を建てるとなると色々希望が増えて予算をオーバーすることがよくありますね。 そんな時どこでコストダウンするかが問題になります。 躯体は当然対象外です。 備品や設備が一番見直ししやすいところかも知れません。 また、2階を作らないというのも一つの案かも知れません。 当初我が家の新築の予算は総工費2000万でした。 それが、実際にはまず今まで父が住んでいた古い家の解体費が思った以上に高かったこと。 それに土地の調査で地盤が弱いことが解り補強工事が必要になり、ここでも思わぬ出費。 家の設計図が出来る前に既にこんな感じで先行きが不安です。 このところ終の棲家と言う言葉も定着して来たように思いますが、それに伴って減築リフォームも増えているようです。 特に階段を使う2階部分は要らないと言うのが多いのではないでしょうか?当然維持費は安くなりますし、バリヤフリーのメリットも最大限に活かせます。 また、耐震性能も上がるとのこと良いことがいっぱいですね。 子供達もそれぞれが家庭を持ち、家も購入しているので、私たち夫婦が暮らすには現在の二階建ての家は大きすぎます。 そこで今、終の棲家としてローコストでの建て替えを考えているところです。 必要な条件を満たした上で、どこまでコストを削減できるかそれも楽しみの一つです。

次の

格安住宅(500万円の家)で平屋のローコストは建てられる?

ヒラキ ハウジング

最終更新日:2020年05月24日 平屋住宅を格安で建てた人の体験談をもとに、実際に建てる際の注意点をまとめます。 500万円台の超ローコスト住宅はオプション料金がかかり、最終的に1,000万円近くになります。 実際に建てた人の体験談をまとめると、意外と金額がかかったという声が多いです。 できるだけ予算を抑えて家を建てたいと考えている人は、1,000万円程度の金額を想定しておくことをおすすめします。 【目次】格安住宅の仕組みと注意点• 格安住宅を購入した人の体験談 実際に格安住宅を購入した人の体験談を調査してみたところ以下のような声がありました。 営業マンの質の低さ• 工事内容が違う• 連絡が来ない 格安住宅を購入する人はこのような点に気を付けておく必要があるので、失敗しないためにもしっかりチェックしておきましょう。 Aさんの体験談 一番に思ったのは営業さんの質の低さです。 打ち合わせでは、こちらの質問に納得の行く回答をしてもらえることはほぼなく、いつも「確認して後日回答します」というばかりで、一向に打ち合わせが進みませんでした。 そして打ち合わせで決まったことやお願いしたことを合意書として作成してもらっていたのですが、その合意した内容が一切本契約書には記載されていなかったのです。 まさか契約書に合意した内容が書かれていないなんて思いもせず、こちらもしっかりと確認しなかったのが悪いのですが、いざ工事が始まると、その業者や職人さんたちは「契約書に書かれていないことはできない」といって、合意した内容にも関わらず一切対応してもらえませんでした。 超ローコスト住宅でも、全国展開している大きな企業だし大丈夫だろうと思っていたのですが、そもそもその考えが大きな間違いでした。 Bさんの体験談 古家の建て替えをお願いしました。 現在まだ建築中なのですが、打ち合わせのとき「この予算であれば外壁までつくるのは無理」という趣旨のことを言われ、古家の外壁や門戸を残すことに決定していました。 しかし古家の解体時に外壁や門戸をすべて解体されてしまいました。 業者は「地盤の問題で解体するしかなかった」ということでしたが、当然契約した予算内では新しく外壁や門戸を作ってはくれません。 こんなひどい対応に頭にきてますが、もういまさら他の業者に変更することもできないし、この先の建築工事も不安でしかありません。 この場合、どうにかして勝手に壊された外壁や門戸だけでもつくってもらう方法はないのでしょうか。 Cさんの体験談 新築700万円台で家を建てることができるというチラシをみて、住宅展示場に相談にいきました。 対応してくれた営業さんは若い方でしたが、親身に話を聞いてくれて、ご希望の内容で簡単な見積りを出してみます。 見積りが出来ましたら追ってご連絡しますね!と言ってくれたのですが、それから1年以上まったく何の連絡もありません。 さすがに数ヶ月が過ぎた頃に電話で問い合わせをしようと思ったのですが、そんな矢先に大きな震災被害にあいました。 1ヶ月ほどして落ち着いたころホームページをみたのですが、それまで700万円台だったはずの家が、突然900万円台に変更になっていました。 震災によって人件費の確保が難しくなった。 材料の調達が難しくなった!など、価格が上がる理由もいくつか思いつきましたが、それでも震災での需要を見越した値上げのように感じてしまったのが正直な感想です。 もちろん、それっきり連絡は取り合っていません。 超ローコストの格安住宅の体験談を3つ紹介しましたが、「安くて満足している」という声は聞かれませんでした。 このため安くて満足する家を建てたい人は、1,000万円台から検討することをおすすめします。 実際どこの業者が1,000万円台で対応してくれるのか自分で調べるのは大変ですが、「LIFULL HOME'S」などのポータルサイトを使えば簡単に探せます。 があるので、そこで対応しているハウスメーカーを探すと便利です。 格安住宅を建てるハウスメーカー 積水ハウスやダイワハウスなど、大手ハウスメーカーだと建築単価は坪65~80万円で、タマホームやアイフルホームなど、ローコスト住宅と言われる家の建築単価は坪40~50万円です。 ローコスト住宅でも大手ハウスメーカーと比べるとかなり安いですが、超ローコスト住宅はさらに安くなっています。 超ローコスト住宅の建築単価は坪20~30万円と、大手ハウスメーカーの3分の1程度です。 ローコスト住宅と比較しても半分程度の出費でマイホームが建てられる計算です。 aidagroup. 有名芸能人を起用したテレビCMもインパクトがありましたし、日本全国に80もの事業所展開をしている住宅会社です。 以前テレビCMで大々的に放送されていた555万円の家。 本当に一戸建てマイホームがこの値段で建つのか?と耳を疑った人も多いのではないでしょうか。 残念ながら現在555万円の家はありませんが、代わりとなるのが888万円の家です。 実は555万円と888万円家ですが、家の狭さが価格に反映されています。 555万円は家の広さが15. 25坪しかありませんでした。 これは賃貸アパートの1LDKくらいの広さだと思ってください。 一方の888万円も28坪の広さしかありません。 つまり坪数を計算してみると、555万円は1坪あたり34万円、888万円は1坪あたり31. 7万円になります。 結果、アイダ設計の坪単価は32万円~だと考えておくとよいでしょう。 それに付帯工事費などを考慮すると、総額1,500万円は超えてしまう計算になります。 細かいアイダ設計の見積もりが知りたい人は、以下のサイトを利用してみてください。 アイダ設計を含む大手ハウスメーカーの見積もりを取り寄せることができます。 無料なので安心して比較できます。 安くて満足できる家づくりプランが見つかるかもしれないので、検討してみてください。 hiraki-h. 熊本は台風の直撃を受けることも多く、大きな被害を機に超ローコスト住宅が誕生しました。 ヒラキハウジングでは「建つんです500」を販売しています。 住宅価格が500万円で、間取りも自由に変更できるというのが特徴です。 ただし、平屋建てのみの対応で、二階建てを建てることができません。 二階建て住宅向けには「ガンバレ700」という家があります。 ただし、両方とも坪数が決まっているので注意が必要です。 建つんです500の場合は18坪程度で、ガンバレ700の場合は28坪程度になります。 だったら、坪数をオーバーしても、その分の金額が払えばいいんじゃないの?と考える人もいると思いますが、じつはそう簡単な問題ではありません。 仮にガンバレ700(約28坪)で、あと5坪大きな家を建てたいとお願いしたとします。 この家は工場で規格化された材料を使っているので、坪数を広くすると規格から外れてしまい、プラスの費用がかかってしまいます。 ですので、決められた広さ、決められた外観をベースとして、間取りの変更が多少できる家であると考えておくとよいでしょう。 ここまで格安住宅を建てるハウスメーカーを紹介してきましたが、それぞれ安いというメリットがある分、当然デメリットもあります。 もしデメリットが気になる場合は、ワンランク上の予算でどんな家が建てれるかを確認して、どちらにするか判断するのが良いと思います。 当初の予算内で納めることはもちろん大事ですが、完成後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔してはいけないので、予算に関してはある程度前後の価格帯も見ておくことが肝心です。 超低価格で家が建つ理由 超ローコスト住宅に限ったことではありませんが、一戸建てを建てるとなれば本体工事費とは別に、付帯工事費がかかります。 付帯工事費とは、本体工事契約に含まれていない「庭の整地、塀の設置、駐車場、水道引きこみ工事」などのことです。 通常付帯工事費は、本体工事費の2割程度の予算になりますので、本体工事費が2,000万円の家であれば付帯工事費は400万円前後かかります。 500万円の超ローコスト住宅を例にすると、本体工事費は500万円で2割で計算すると100万円になります。 しかし、本体工事費が安いからといって付帯工事費まで激安で出来るとはかぎりません。 付帯工事費は最低でも200万円程度はかかってくると思います。 そうなると本体工事費500万円、付帯工事費200万円、合計で700万円になります。 つまり超ローコスト住宅といっても、本体工事費、さらには付帯工事費まで合計すると、坪単価は35万~40万円ほどになってしまいますが、大手のハウスメーカーの坪単価と比較すれば、かなり安いです。 ではどうしてこのような超ローコストで家が建つのでしょうか?その理由は以下の6つが考えられます。 土地とセット販売しているため• 注文住宅ではなく規格型住宅が多い• 設備品の大量仕入れ• 自社工場をもっている• 設備のグレードが低い• 人件費を削減している 土地とセット販売しているため 一般的に地域密着型の地元工務店などが、格安住宅の販売をする場合、土地とセット販売するケースが目立ちます。 「住宅価格780万円」という広告チラシなどで目を向けさせ興味を引かせるのですが、よく見ると土地と本体価格の合計は1,780万円になっています。 つまり土地で利益を確保して、住宅価格を安くする仕組みです。 よく売り出されている土地に 「建築条件付き」となっているのも、このためです。 注文住宅ではなく規格型住宅が多い 注文住宅には「間取り変更可能」という文字があるので、自由設計だと思っている人が多いのではないでしょうか。 超ローコスト住宅の場合、その多くがある程度間取りや家の形が決まっている規格型住宅が多いです。 その決まった制限のなかで、多少間取りの変更ができる仕組みになっています。 規格型住宅であれば、同じ木材などを同時に多数生産し発注することができるので、建築コストを大幅に減らせる効果があります。 低予算だがどうしても自分の希望する間取りの家を建てたいというのであれば、最初に「自由設計で間取りが決められるのか?」を確認するようにしましょう。 設備品の大量仕入れ 規格住宅の木材と同じように、システムキッチン、浴槽、トイレなどの商品も大量仕入れして価格を抑えるのが、超ローコスト住宅を提供するためには必要不可欠です。 業者によっては、古い商品を低価格で仕入れている場合もあるので、使用される設備は型番などをネットでチェックしておくようにしましょう。 小規模業者などは、自社だけでは大量仕入れすることも難しいので、同じくローコスト住宅業者と共同で仕入れたりすることもあります。 自社工場を持っている 個人経営のハウスメーカーでも規模が大きくなれば自社の加工工場を持っていることもあります。 当然、外部の商品を仕入れるより単価的に安上がりになるので、自社工場をもっている会社なのか事前に調べておくこともポイントだと思います。 自社工場をもっているのであれば多少家の仕様にも融通が利くので、自社工場をもってない業者よりもっている住宅業者に依頼するのがおすすめです。 設備のグレードが低い システムキッチン、トイレなどは、どんどん新商品が発売されますし、グレードも多数用意されています。 同じタカラホーローのシステムキッチンだったとしても、価格が300万円するのもあれば、50万円ほどの商品もあります。 どのメーカーで、どの型番の商品なのかしっかりと調べておきましょう。 超ローコスト住宅によくありがちなのが、一番低いグレードの設備品ばかりを標準仕様にしているケースです。 また意外と盲点になりやすいのが、サッシガラスや断熱材です。 サッシガラスも年々進化しており、時代遅れの商品などは低コストで仕入れることができます。 断熱材も低性能の物も多いので、自分たちの家に使用される断熱材がどの程度のものであるか、ネットなどで調べておく必要があります。 人件費を削減している 戸建て住宅を建てるには、通常着工から引き渡しまで4ヶ月~6ヵ月ほどかかります。 いくら規格型住宅といえども2ヶ月は必要でしょう。 その間、職人さんたちに払う日当だけでも相当な金額になります。 1人15,000円として計算しても、職人さん3人で45,000円(1日)の日当がかかります。 2ヶ月で約200万円の人件費が掛かることになります。 もちろんその住宅会社の営業さんの給料も住宅の売上げでまかなっているはずです。 そうなると2ヶ月の人件費だけでも、最低250万円は見ておく必要があります。 500万円の家なのに、人件費が250万円。 そう考えると不安になりませんか? 500万円の家に合わせるためには、このような人件費をどこまで削ることができるかが勝負になってくるので、職人さんの技術力にも注意が必要です。 職人さんの質や技術を確認するには? どのような職人さんを使っているのか確認する方法ですが、現在建築中の家を教えてもらい、コソッと見学に行くのがおすすめです。 最近は職人さんの確保も難しく、低予算となれば若い人を中心に雇っている住宅会社も多いです。 腕が良くて、しっかりと礼儀作法も身につけていてくれれば若くても問題ないのですが、なかには現場でプカプカ煙草を吸う人や音が大きい車やバイクで毎日現場までやってくる職人さんもいます。 超ローコストで家を建てるときの注意点 超ローコスト住宅を検討したいという人のために、確認しておきたいことを3つあげておきます。 金額だけに目を奪われて後悔しないよう、本当に自分たちが希望するマイホームを建てることができるかをしっかりと確認しておきましょう。 オプションに対応しているか? 希望するシステムキッチンがあるので、それを設置したいと言っても、「対応できない」とか「規格外なので取り付けできない」と言われる可能性があります。 キッチンに限らず、トイレ、浴槽、窓ガラスなどにも同じことがいえます。 とくに床暖房や吹き抜け天井などを希望する場合は、どこまで対応できるか確認しておきましょう。 アフターメンテナンスと保証はどうなのか? タマホームなどのローコスト住宅と比較して、アフターメンテナンスや保証の期間がどれほど違うのか確認してみてください。 大手ハウスメーカーよりもローコスト住宅の方がメンテナンスや保証が充実していることがありますが、超ローコスト住宅が大手ハウスメーカーよりもメンテナンスや保証が充実しているという話はあまり聞いたことがありません。 超ローコスト住宅とローコスト住宅の違いを理解しておく ローコスト住宅と超ローコスト住宅の違いって何ですか?という趣旨の質問を受けることが多々あります。 この記事の冒頭でも書いていますが、この両者はまったく別物の家だと考えるのが良いと思います。 タマホームのようなローコスト住宅は、大手ハウスメーカーとも比較検討できますが、超ローコスト住宅を大手ハウスメーカーと比較検討するのは、あまりにも無謀だといえます。 それではローコスト住宅と超ローコスト住宅を比較検討することはできるのか?これもやはりNOだと思います。 以前はタマホームにも「500万円の家」が商品として存在していました。 しかし今はその商品は販売していません。 理由は500万円の家であっても、一般的な広さの家を建てる場合、どうしても1,000万円や1,300万円という金額になってしまうからです。 「老後を平屋でゆっくりと暮らしたい」というのであれば、500万円や700万円という超ローコスト住宅でも検討できる余地はあると思いますが、子育てをしていく若い世代が建てるマイホームとしては、坪数が小さすぎますし将来的な建て替えの不安が出てしまいます。 超ローコスト住宅という触れ込みに釣られて、最終的に1,200万や1,500万円という家を建てるのであれば、最初からローコスト住宅を検討する方が地震、断熱性、健康住宅、将来的なリフォームの不安が大幅に減らすことができます。 そして何よりマイホームは建ててからが大変です。 アフターメンテナンスや保証問題も住宅会社選びの大事な要素です。 まとめ 「500万円や700万円で家が建ちます!」という宣伝文句の超ローコスト住宅ですが、実際には、付帯工事費などで別途数百万円の費用が追加になります。 できるだけ安く家を建てるには価格だけでなく間取りを含め、なるべく多くのハウスメーカーを比較することが重要です。 一社一社問い合わせるのはかなり手間なので、「LIFULL HOME'S」などのポータルサイトを上手く活用しましょう。

次の