婚活サイト omiai。 歴史のある恋活アプリ「Omiai」を徹底調査

Omiaiのスペシャルいいね!ってどうなの?メリットと注意点など全公開!

婚活サイト omiai

もくじ• Omiaiアプリを女性の私が無料で利用した5つのポイントと結果! 星の数ほど溢れかえっているマッチングアプリ。 どのアプリを利用すればよいのか?迷われるかたも多いのではないでしょうか? わたしが「Omiai」を選んだポイントは以下の5つ• 運営会社が株式会社ネットマーケティングという上場企業であった• 有名女性ファッション誌などで多く紹介されていた• 女性は無料で利用できる• 会員数が300万人以上• 活動が知人にバレずらいシステム 最終的に半年で得れた成果• Omiaiアプリを利用するきっかけとなった31歳独身女の背景と焦り! はじめまして!コンレクスタッフの、まゆりです。 6年もつきあっていた彼氏と30歳という年齢で破局。 「こんな年齢までひっぱって、責任とってよ!」という思いから1年経過し、やっと現実を直視できるようになり、「このままではいけない!」と前を向くことにしました。 しかしOLをしている勤務先の30代男性はほぼ既婚者であり、あとはおじさんばかり。 出会いなど知人の合コン依頼ぐらいしかあてがなく、困っていた際に雑誌の「AneCan」の広告で見かけて Omiaiを知りました。 最初はこういったスマホを利用した出会い系には抵抗がかなりあり、色々調べましたが上に記した5つのポイントを把握し「安心できそう」「期待できそう」と思い、ついに挑戦。 結婚相談所や婚活サイトなども考えましたが、恥ずかしい話ですがこんな年齢でお金の余裕もないので、 無料という点が大きかったと思います。 結論から言いますと、「Omiai」は出会えますよ。 ただし私も半年利用して途中でコツが掴めましたので次章よりわたしの思う攻略方法を記しますのでご参考に。 Omiaiアプリを女性が有利に展開する攻略のコツ6選とは!? 会員数が多いアプリだけあり、ライバルもたくさんいる場所ですのでかんたんにご自身のタイプのかたとマッチングというわけにはいきません。 そこで私が約半年利用した経験のなかで、効率を高める 攻略のコツを優先順位とともに以下にご案内します。 掲載写真• 充実したプロフィール• 積極性• マメなログイン• いいね数と足あと• Facebookとの連携 それではひとつづつポイントを解説いたします。 掲載写真が大切であるのはなぜ? なにはともあれ掲載する 写真が1番重要! 会員数を見ればおわかりのとうり桁外れに多いので、スマホに並ぶサムネイルの顔写真をタップしてもらえないとなにもはじまりません。 写真を変更してみるだけで「いいね」の数がまったく変化したりします。 自身で判断するよりも掲載して男性の反応をみるほど正確なことはありませんので、チャレンジしましょう。 ベスト写真をTOPに配置し、他の2枚はご自身の長所をアピールするのが「いいね」につながります。 ちなみに私は、半年で3度も写真をとっかえひっかえし、「いいね」をより多くもらえるセットができあがりました。 ポイントは身長が高くスタイルを褒められることがあったので、あえて2枚目の写真を全身写真にしてアピール。 変更後にはあきらかに「いいね」の数が上がりました。 【 活動当初に掲載した反応が悪かった写真】 掲載写真も2枚のみ 【 試行錯誤して「いいね」が多くもらえるようになった写真】 トップの顔写真も変更。 写真掲載3枚に増やし 2枚目に全身写真を掲載し、「いいね」が1番増えた私のベスト。 誰でも男性が好む女性らしさの長所はあると思います。 武器は使い切るのが攻略のコツではないでしょうか。 男性が本心をライティングした以下の記事の最後の項目など参考になるとおもいます。 参考記事: 2. 充実したプロフィールが大切であるのはなぜ? こちらは「Omiai」にかぎらず、恋活・婚活サービス全般に言えると思いますが、充実したプロフィールは攻略のコツとして必須であると思います。 Omiaiにかぎっていえば、充実させることにより得られる優位性は 以下の2点• お相手探しに対しての本気度が伝わる(好印象)• 検索において拾われやすくなる(確率) 3. 積極性が大切であるのはなぜ? 動かねば何も始まりません。 検索して気になったかたは片っ端から「いいね」するくらいの気持ちでよいと思います。 またOmiaiの場合、女性が無料ということもあり意外と受け身の放置プレイの女性も多くなる傾向となるでしょう。 突出した美人のかたはもちろん放置プレイでも「いいね」の数は多いでしょうが、モテると出会うは別物であり、目的は素敵な男性と出会うことです。 無料であることが、受け身になりがちになる要因であることは事実でしょうから、逆に 積極的に動いてライバルをけおとし素敵な方とお会いされてください。 マメなログインが大切であるのはなぜ? 女性が無料であるため、休憩しがちであることは男性も理解しております。 ただし男性が求めている女性は、現在活発に動かれていることが前提である自分の好みの女性ですので、ログイン順検索をおこなうかたが多いようです。 つまりマメなログインによりあなたのプロフの露出が増えて 確率がアップするということ。 いいね数と足あとって重要? いいね数について 女性の「いいね」数に関しては、多すぎず少なすぎずとさほど 気にする必要はないのでは?というのがわたしの意見。 あまりにも「いいね」数が多い女性• 男性からは「どうせ俺なんかがいいねしたって・・・」と高嶺の花であると思われるのではないでしょうか? あまりにも「いいね」数が少ない女性• そもそもログインさえせず活動してないのでは?と思われるのではないでしょうか? 足あとについて 足あとは私の活動の中では1番重要でした。 足あとがつくってことは多くの候補から自分がタップされたってこと。 つまり足あとを残してくれたかたはとくに日々チェックして感じのよいかたであれば「いいね」を私から送ってました。 マッチング 確率は高かったです。 Facebookとの連携って重要? Facebookとの連携に関しましては、友達の数などが表示されるので相手から見て 安心感はあると思いますが、女性の場合はとくにFacebookなしで登録したからといって不利にはならないと感じます。 マッチングアプリの質問においてよくFacebookで始めると、友人などにOmiaiアプリの利用がバレるのでは?というのを見かけますが、今はOmiaiに限らずマッチングアプリはどこもこのあたりのプライバシーはしっかり守られているので安心してもよいと思います。 以下をご参考に! Omiaiアプリを女性目線で評価!気になる男性会員の全貌とは!? 会員数は多くとも、気になるのはどのような男性が会員としているのかがもっとも女性は気になる点ではないでしょうか? Omiaiの男性会員の全貌を以下の 3点から解説いたします。 年齢層• ルックス• スペック 1. Omiaiアプリの男性年齢層は? びっくりするかもしれませんが、下は18歳から上は70代のおじいちゃんまでいました。 とはいえ 20代後半~30代前半の層が圧倒的に多かった印象が強く、それを考えると20代前半~30代半ばの女性はじゅうぶん利用価値があるかと思います。 Omiaiアプリの男性のルックスは? イケメン・ノーマル・ブサメン 個々それぞれ。 これに関しては、わたしが美人でしたらマッチングするのだと思います。 ちなみに「いいね」数の多いイケメン系と2人マッチングとなったのですが、案の定メッセージがこなかったです(泣)。 Omiaiアプリの男性のスペックは? こちらも個々それぞれとなりますが、お医者さん・パイロット・国家公務員など人気の職種の男性会員も普通にいます。 ただし本気度はまったくわかりません。 ただのヤリモクもいるのかもしれません。 このかたのプロフ写真なんて「医者はモテる」という看板を武器にし、慣れているなと驚きました。 29歳医師・身長180センチ・モザイクにしてますがかなりのイケメンで、どんな女性も食いつくと思います。 もしかしたらこのかたも真剣に出会いを求めて登録したのかもしれませんので、推測で悪くいうのはもうやめておきます。 こんなかたとメッセージをやりとりできるのは大変な美人さんなんでしょうね。 「いいね」の数でだいたい判別できます• いいね数が多い人(100以上):医者や、年収が高い人、かつ見た目がマシで40前半までくらいの人• いいね数が100まではいかないけど、80くらいある人:ルックスがよい人• 40歳後半の男性は需要が少ないのか「いいね」が5以下なことが多い。 しかしその中でも数十個いいねがついてる人はパイロット・国家公務員・年収が1,500万以上といった感じ。 Omiaiアプリのみんなの評価は!? わたしが使ってみた評価はよいですが、感じ方は人それぞれ千差万別のようです。 よい評価もあれば悪い評価もたくさんあります。 GooglePlayのレビューでは このような感じ。 写真審査• 若さに勝るものなし 1. 写真審査 写真を掲載する際、Omiai事務局の審査があるのでそれに通らないと掲載はできません。 審査の時間は10分くらいでした。 わたしの場合、載せる写真を男性と映ってる写真の自分のところだけアップして審査に出したのに「恋人がいると誤認される可能性があるため」ということでNGとなりました。 運営側には拡大して送っても全体画像が見えるのでしょうか・・・・? いまだに不思議ですが、上に記したように最初からなるべくベスト写真の掲載をオススメします。 というのも新しく入会した際は「 NEW」マークが付いて会員に紹介されるのです。 この際に多くの「いいね」がいきなり付いてきます。 男性会員側も「NEW」マークの新会員を狙っているのは確かでしょう。 錯覚 Omiaiを利用しているとけっこう出会えますので、いつでも出会いがあるという錯覚に陥ってしまいがちです。 それはこのてのサービスを利用する者の定めかもしれません。 錯覚をしてしまうと、出会うかた出会うかたそれぞれを軽視しがちになってしまい、 気付いたら常に相手のアラさがしをしている自分がいました。 アラが見えたら、「また次にもっとよいかたと出会えるはず!」と、ありもしない未来を勝手に想像し、その相手のよい面に気付かないうちに終えてしまうのです。 わたしは4人目のかたとお別れしたあとにそこに気付き、5人目のかたからはお相手を見る視点の変更をおこなうよう注意し、次の次のかたとやっとおつきあいにいたりました。 若さに勝るものなし 残念ながら男性の多くは若い子が好きであるようです。 私の年齢で同年代や年下へのアプローチはほとんど無残にマッチングせず終わりました。 みな20代の女性にいくのでしょう。 とはいえ過去に戻れない自分の人生で一番若いのは今!と言い聞かせ頑張りました。 5歳~7歳程度の歳上をターゲットにするのが賢明であると経験をもって理解できましたのでご参考に! 最後に 約半年間「Omiai」を利用しての素直な感想は、普通に出会えます。 わたしの場合、実際に彼氏ができる(長かったけど)ところまでいきましたし。 わたしと同じように職場環境など出会いにめぐまれなく、出会いを求められている女性はマッチングアプリも選択肢のひとつであると思います。

次の

信頼できる婚活アプリOmiaiとは?初心者も安心!口コミ・特長の情報のまとめ

婚活サイト omiai

更新時は初めてハイライト表示を使った直後で効果に感動して書き殴っていますが一応ハイライト表示を4回できる分のOmiaiポイントを購入したので時間や曜日をずらして複数回この機能の性能を確かめてみます。 ハイライト表示で得られた結果を分析してみます! ただいいねをもらってドヤァ!で終わってしまったらただのウザい奴ですし、次に繋げるという意味では不十分ですよね。 データを分析したら色々なことが見えてきました! いいねをもらった時間を30分単位で分割してみます。 時間 足あと いいね 3時間合計 132 12 20:00~20:30 71 7 20:31~21:00 19 1 21:01~21:30 13 1 21:31~22:00 6 1 22:01~22:30 18 1 22:31~23:00 5 1 足あとに対して約9%のいいねという結果になりました。 10%を切ったのは若干の悔しさが残りますが地方のアラサーのおっさんと考えたら十分すぎる結果だと思います。 東京や大阪など都会であれば1. 5~2倍くらいは行けるのではないでしょうか。 こうやってみると20時台にたくさんの足あとといいねがもらえていることがわかります。 時間が経つにつれて数が減っているのは同時間帯にハイライト表示を使っている方が多いためではないかと思っています。 完全に仮説ですが最初の30分だけ異常とも言える多さなのでそんな気がしています。 次回は18時頃から試してこの数値の信ぴょう性を測ってみるのも面白いかもしれません。 年代 足あと いいね 20代前半 0 0 20代後半 73 4 30代前半 30 6 それ以上 26 2 退会者 3 0 改めて集計してみると20代前半(20歳~24歳)が0でした。 正直足あとがあっても見るかわからないレベルの年齢差ですが自分の検索が26~34歳にしてあるのも関係しているのかもしれません。 要は対象外ってことですね。 本当は27歳くらいまでが理想ですが1歳だけ下げて26歳にしています、深い意味はありません。 一応ハイライト表示には 「あなたとマッチングしやすい女性」とあるので 僕の検索条件にマッチした方や女性の検索条件に僕がマッチしていると表示されるのかもしれません。 要は 相性度が関係しているのかも。 これについてはブラックボックスなので詳細は不明です。 いいねがもらいやすい時間帯は20時前後 今回の結果からわかるのは 20時が圧倒的に多く、21時よりも22時に多いということですね。 21時と22時は大差がないので誤差かもしれません。 とにかく20時台に足あとといいねが多いことは一目瞭然ですね。 21時くらいにハイライト表示が終わるようにスタートを切るのがより効果的なのではないかという仮説が立ちます。 ただ、逆にこうやって分析して使える方はこの時間帯を狙ってくる可能性があるため、ライバルもまた多くなる時間帯である可能性が考えられます。 そのため少し時間を前後にずらすなど多少の工夫は必要になるかもしれませんね。 ハイライト表示を使うべきタイミング 完璧な検証結果を得るには何度もハイライト表示を使う必要がありますが正直4回で僕は十分なので今後はただむやみにいいね集めをするつもりはありません。 その他いいねがもらいやすいタイミングを考えると…… Omiaiを使っている時間帯というのが重要になってきます。 どんなタイミングで婚活アプリを開いているのかってところですね。 土日よりも平日が良さそう まず平日か土日という選択肢があります。 一見すると一般的には平日と土日なら土日休みの方が多いし土日の方が時間がある人も多いと考えますが、土日は休日で昼から夜まで外に出ていたり、友人とご飯を食べていたり、婚活以外のことをしている人も多いと考えられます。 なので 暇な人は暇だけど、アクティブな人なんかとは繋がりにくい曜日だと考えられます。 また、平日の中でも月・火・水・木・金とありますが、金曜日なんかは仕事終わりにお酒を飲んだり、遊んだり、その他活動をする方も多くなることが考えられるので、金曜日も少し効率が悪そうな気もします。 もちろんそういう予定のない人が婚活をしていると考えれば穴場とも言えるのかもしれません。 ただ無難に考えれば 狙い目の曜日としては「月・火・水・木」だと考えられそうです。 時間帯はいわゆるゴールデンタイムがおすすめ 次に時間帯。 仕事のスタイルにも昼勤・夜勤がありますが、一般的に言えば昼勤の人が圧倒的多数です。 そう考えると朝・昼は忙しい人も多く、なかなか婚活アプリを見ている時間がないことが考えられます。 となると 勝負は仕事終わりの17時以降ですね。 残業がない人であれば18時頃に仕事が終わって、家について食事をして、余暇を楽しむ。 となると帰宅時からの18時頃からが狙い目な気がしてきますよね。 女性だと寝るのが早い人だと23時過ぎには床に就くと思うので遅くても24時くらいまでがアクティブユーザーの多い時間だと考えられます。 いわゆるゴールデンタイムとも言われる19時(午後7時)~22時(午後10時頃)が狙い目と言えそうです。 ライバルを差し置いて独り勝ちするなら朝と昼はいいかも? ただ、先にも言ったようにハイライト表示を考えて使える人はこういったことを予想して平日のゴールデンタイム(19時~22時頃)に合わせてハイライト表示を仕掛けてくる可能性があります。 普通に考えればハイライト表示を使う人間が同時間帯に増えれば枠の取り合いになるため機会を損失する可能性があると考えられます。 そういったことを避けるために、例えば、朝の通勤時間帯にあえて使ったり、お昼休みなどの時間帯を狙って使うのも良いかもしれません。 ただし、ハイライト表示は「3時間」効果を得られる機能なのでピンポイントで1~2時間を狙うと少し損するハメにもなるかもしれません。 書いておいてなんですが、やっぱり平日の夜、ゴールデンタイムが無難ですね……。 ただ、 「埋もれて見つけられていない人」を考えると朝や昼にあえて使ってみるのは今までに存在にすら気付いていなかった人とのマッチングも期待できるのでやってみる価値はありますよね。 活動時間帯が違うことで巡り合えていなかった人に巡り合える可能性もあるわけなので。 個人的にOmiaiのハイライト表示のゴールデンタイムとしては「平日(金曜日除く)」の「18時以降~24時まで」だと思います。 さらに自分で実際に試した時間帯を掛け合わせるならば… 「平日(金曜以外)」の「18時半~21時半」がベストかなと思います。 何度も使うなら色々ばらしながら使ってみるのがおすすめですが、一度だけの人や試しに使ってみたい人はこの時間に使ってみてはどうでしょうか。 責任は取れないし取らないですけどね。 ちなみにOmiaiポイントは初回購入時のみ半額で買えるので4回分使える1500円分のポイントが個人的にはおすすめですし、僕もこの33ポイントを購入しました。 一気に使うのもいいですし、30日が経過し、30日間のいいねが減ってきたときようにとっておくのもいいと思います。 こうやって色々な使い方ができるのでやはり最低2回分以上のポイントを買ってみるのがおすすめです。 ハイライト表示はかなり使える機能だと思ったので出会いの数を増やしたい人、いいねの数を増やしたい人は使ってみることをおすすめします! ハイライト表示2回目以降の検証結果 2回目:日曜日の17:35~20:35の結果。 時間 足あと いいね 3時間合計 105 9 17:35~18:05 19 0 18:06~18:35 8 0 18:36~19:05 23 2 19:06~19:35 24 2 19:36~20:05 13 2 20:06~20:35 18 4 年代 足あと いいね 20代前半 1 0 20代後半 50 1 30代前半 43 5 それ以上 10 3 退会者 1 0 休日のデータを見たかったのであえての日曜日使用です。 休日なので全時間帯満遍なく足あとがついていますがやはり18時~20時までの時間帯が多くなっています。 ただ、初回よりも足あとが減っているため2度目の検証では平日の方が効果が得られやすいと言えそうです。 3回目:水曜日の18:00~21:00の結果。 時間 足あと いいね 3時間合計 122 7 18:00~18:30 28 2 18:31~19:00 22 1 19:01~19:30 26 0 19:31~20:00 19 1 20:01~20:30 18 1 20:31~21:00 9 2 年代 足あと いいね 20代前半 0 0 20代後半 75 2 30代前半 31 4 それ以上 16 1 やっぱり平日夜のこの時間帯は足あとが多いことがわかります。 ここからは新たに追加された「1時間プラン」と「10分プラン」を検証!4回目が1時間プランで、5回目と6回目は10分プランです。 4回目:月曜日の7:35~8:35の結果。 時間 足あと いいね 1時間合計 104 3 7:35~8:05 74 3 8:06~8:35 30 0 年代 足あと いいね 20代前半 0 0 20代後半 58 2 30代前半 29 1 それ以上 17 0 まだ一度も使っていなかった朝に検証。 Omiaiを使い始めて2ヶ月以上が経って、いつもの時間に(僕の場合夜)にログインすると見た顔が並んでいたので自分の活動時間外である朝にあえてハイライト表示を使ってみました。 1時間ですが予想外に足あとが多くてビックリです!やっぱみんな通勤中は暇なのかな。 朝活ってやつでしょうか。 朝に3時間は時間を無駄にしそうですがピンポイントの1時間利用はかなり使えそうですね!これはやってないけど昼休みなどの昼休憩の時間も同様のことが言えそうです!これもまた狙い目ですね! ちなみに最初の10分間の足あとが「32」だったのでこの時点で10分プランも意外と使えるのかもと感じたんですよね。 てことで残っていた4ポイントを10分プラン2回に突っ込んでみました! 5回目:月曜日の20:00~20:10の結果。 時間 足あと いいね 10分合計 48 1 20:00~20:10 48 1 年代 足あと いいね 20代前半 0 0 20代後半 24 1 30代前半 18 0 それ以上 6 0 平日夜の10分利用ですが予想を上回る足あとがもらえました。 いいねは一つしかもらえませんでしたがこの足あとなので人によってはかなりのいいね数を稼げるかもしれません。 10分は短いですが利用価値はありそうです。 6回目:木曜日の20:00~20:10の結果。 時間 足あと いいね 10分合計 36 6 20:00~20:10 36 6 年代 足あと いいね 20代前半 0 0 20代後半 15 0 30代前半 14 3 それ以上 7 3 5回目同様に10分の利用ですが今回は足あとは少なかったものの奇跡的にいいねがたくさんもらえました。 やっぱりハイライト表示はいいね数よりも足あとの数を見るべきだと思うのでそう考えると木曜よりも月曜の方が足あとが多かったですね。 誤差の範囲かもしれませんが。 全6回のハイライト表示総まとめ 時間と曜日 足あと いいね 合計 547 38 【3時間】20:00~23:00(木) 132 12 【3時間】17:35~20:35(日) 105 9 【3時間】18:00~21:00(水) 122 7 【1時間】7:35~8:35(月) 104 3 【10分間】20:00~20:10(月) 48 1 【10分間】20:00~20:10(木) 36 6 ある程度狙いを定めて使ったのでそれなりの結果が得られたのではないかなと思っています。 もしかしたら東京ユーザーから見たらしょぼく感じるかもしれませんが検証が地方なので東京や大阪ならこの2倍、3倍も期待できるかもしれません。 一般的に社会人がゆっくりしているであろう時間帯を狙ってハイライト表示を使っています。 どれもそれなりの結果を得られたので「仕事終わりの自宅に帰ってからの19時~23時」「朝の通勤時間である7時~9時」「昼休憩の11時~13時」この辺りの時間帯はOmiaiにアクティブユーザーが多いのかハイライト表示を使うタイミングとして良いのではないかと思います。 社会人や学生、その他職業によってこの余暇の時間帯は変わると思うのであなたの出会いたい相手がどんな生活リズムなのかを予測すると出会いたい相手に出会いやすくなるかもしれませんね。

次の

歴史のある恋活アプリ「Omiai」を徹底調査

婚活サイト omiai

婚活サイトを利用している、編集部の中本です。 スマホやパソコンだけで好みの異性と出会えるのが人気の婚活サイト。 ですが、 その手軽さが逆に不安!危ない人とか利用してない?と不安で、婚活サイトの利用に踏み切れない人は多いです。 そこで今回、婚活サイトを利用している私の経験を基に、 婚活サイトを利用する前に知っておくべき注意点を紹介していきます。 この記事の目次• 婚活サイトを利用した出会いが増加中! まずはじめに、婚活サイトは怪しい!使っている人いるの?と思っている人のために、こんなデータを紹介します。 ネットでの出会いといえば、なにやらあやしいイメージが今だにあるようですが、 実際には多くの人が婚活サイトを利用し、出会いを見つけているんですね。 遊び目的ではなく、結婚につながる出会いが見つかるのが婚活サイトです。 引用: 上記はエン婚活エージェントが2020年2月に行った調査結果です。 婚活サービスを利用している人は約20%いますね。 さらにどのような婚活サービスを利用しているかの回答では、婚活サイト・マッチングアプリ(婚活アプリ)が約半数となっています。 次に東京都による調査結果を見てみましょう。 引用: 多くの異性と多くの時間を一緒に過ごすのですから、職場や学校で出会った人が多いのは当然といえば当然です。 調査結果では、3番目に「インターネットで」出会ったとなっています。 婚活サイトに限らないかもしれませんが、少なくとも多くの人がネットを通じて出会っていることがわかりますね。 ネットで出会うことに対するためらいを覚える人もいると思います。 でも、出会いのチャンスが多い婚活サイトを利用しないのはもったいない! 大事なのは、 ネットでの出会い・婚活サイトの安全な利用法を知ることです。 では具体的に婚活サイトを選ぶときの注意点を説明します。 【婚活サイトの選び方】登録する前に注意すべきこと 婚活サイト選びで注意したいこと4つ• インターネット異性紹介事業の届出がされているか• アプリのセキュリティ対策がどうなっているか• 年齢確認がしっかり行われているか• 運営会社の情報が開示されているか 婚活サイトで危ない思いをしない、危ない人と接点を持たないようにするには、まず第一に 「安全な婚活サイト」を選ぶことが大切です。 ひとつずつ「婚活サイト選びの注意点」を解説しますね。 インターネット異性紹介事業の届出がされているか きちんとした婚活サイトであれば、インターネット異性紹介事業の届出が必ず出されています。 引用: 上記はペアーズ公式サイトのトップページに掲載されているものです。 インターネット異性紹介事業の届出済みと明記されていれば安心です。 アプリのセキュリティ対策がどうなっているか• 24時間365日の監視パトロール• ブロック機能などがある• 通報(連絡)ができ運営側が対応してくれる 婚活サイトの運営企業が、要注意人物への対応をきちんと行っているところを選びましょう。 サポートセンターや通報機能があって、あやしいと思ったら相談をすれば相手に警告をだしてくれたり、場合によっては相手のアカウントを停止してくれたりします。 公式サイト上に 「安全に利用するためのガイドライン」や「ヘルプ」があれば、ぜひ読んでおきましょう。 さらに 「結婚・婚活応援プロジェクトMSPJ」加盟業者もセキュリティ対策への信頼性が高いので、安全確認の目安のひとつとなるでしょう。 一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト(MSPJ)とは MSPJ加盟企業は7つの約束(より強固な個人確認の徹底・ルール違反の監視利用者への啓蒙・注意喚起など)を策定しています。 マッチングアプリ大学も加盟しています。 年齢確認がしっかり行われているか 引用: 婚活サイトやマッチングアプリは18歳未満は利用できません。 登録時に年齢確認をしないところは要注意ですね。 クレジットカード(カードをつくる時点で年齢を確認している)による認証、あるいは 公的証明書による年齢確認を行っている婚活サイトを選ぶことが大切です。 運営会社の情報が開示されているか 婚活サイトを運営している会社について、情報が開示されているかどうかも注意して確認したいポイントです。 会社概要がない、あっても所在地や代表者名などが書かれていない場合はおかしいですね。 大手企業が運営する婚活サイトが安心なのは、そもそも運営企業が法律や規則にのっとってサイトを開いているからです。 また大手企業は、たとえば「一般社団法人 日本経済団体連合会」「一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト」等、加盟団体に所属していることが多いです。 安心して婚活サイトを利用するために、 運営企業を見極めることも重要です。 大手企業運営による安全・安心な婚活サイト では、ここからは大手企業による運営で安心して利用できる婚活サイトを紹介します。 ペアーズ|国内最大級の会員数 引用: 安心して利用できる理由• 入念なプロフィール審査• 24時間365日の監視パトロール• 禁止行為に対して違反報告・イエローカードでの注意喚起・強制退会 Omiaiは早くから婚活サイトを開いており、長い運営実績があります。 利用規約に反するような行為をする相手はブロックするだけでなく、運営に違反報告をすれば対処してもらえます。 Omiaiでは違反報告などをもとに 要注意の人物にはイエローカードをだし、本人だけでなく接点のあるユーザーに注意喚起をします。 さらに状況に応じて規約違反の人は強制退会となります。 Omiaiは婚活サイトの中でも「結婚」を意識したユーザーが多く、まじめなお付き合いを望んでいる人が利用しているサイトです。 マッチドットコム|グローバルな婚活サイト 引用: 安心して利用できる理由• 不審点を報告できる• 受信拒否設定ができる• 詳細な安全ガイドライン マッチドットコムはアメリカ発祥の婚活サイトです。 そのため、ヘルプの解説が翻訳のようで少しわかりづらいのですが、たいへん細かく「注意事項」が掲載されています。 安全ガイドラインは必ず読むようにしましょう。 外国人のユーザーも多いため、外国籍の方との交流についての注意喚起もあります。 マッチドットコムはさまざまな国の人、いろいろなタイプの異性と出会えるサイトです。 実際にマッチドットコムで知り合って結婚したカップルも多い、まさに マッチドットコムは「婚活」サイトの代表格ですね。 マリッシュ|再婚活や40代にも人気 引用: 安心して利用できる理由• 公的証明書による入念な年齢確認• オンライン・オフラインともに利用規約違反をしたらペナルティー• 安心ガイド・コミュニティガイドの掲載 マリッシュは再婚活やシンママなどにも人気のある婚活サイトです。 ユーザーの年齢層も30代から40代とペアーズやOmiaiと比べると少し高めです。 24時間365日のサポートと監視体制でセキュリティもしっかりしています。 また、MSPJ(結婚・婚活応援プロジェクト)にも参画しています。 【プロフィール編】婚活サイト内で避けたほうがいい要注意人物の特徴 婚活サイトを利用するとき、最初にお相手のプロフィールをチェックしますね。 プロフィールは自己紹介カードのようなものです。 プロフィールを見るときの注意点をまとめました。 ここに注意!プロフィールでチェック• あまりに好条件すぎる内容• 加工しすぎている写真• コピペ感がある 誰でも自分のことは良く見せたいので、多少はプロフィールを「盛る」ことはあるかもしれません。 それにしても、たとえば年収3,000万で身長180㎝、外車やタワーマンション、趣味は海外旅行にクルージングなど 「ありえないくらいキラキラしている」プロフィールは要注意ですね。 その上、超イケメンや美女、あるいは人工的で加工しているのがわかるような写真を載せていたら、かなりあやしいです。 サブの写真もどこかからとってきたらしい外車や別荘やボートの写真などが載っていたら、ますます注意したいところです。 いっぽう、空欄ばかりでよくわからないプロフィールも違和感があります。 またプロフィールの内容がどこかで見たことがあるようなもので、文言も何かをコピーした感じがわかるときは少し注意をはらったほうがいいでしょう。 要するに 「やり過ぎ」あるいは「やらなさ過ぎ」どちらも要注意ということです。 【メッセージ編】注意すべきメールのやり取り• すぐにLINE交換をしたがる• 住所や勤務先など聞きだそうとする• 弱みやストレスに感じていることを聞く• なんとなく経済的なことを聞いてくる メッセージやメールのやり取りは、相手がどんな人が見極めるチャンスです。 よく注意して、相手の返信を読みましょう。 最初からLINE交換に誘ってきたり、1〜2度のやり取りしかしていないのに 個人情報を聞きだそうとする人には注意してください。 メッセージのなかであなたの悩みや困っていることを聞き出す場合も少し慎重に相手の対応を見ていきましょう。 おおかたは好意から「相談にのる」人ですが、中には弱音を引き出し、それをきっかけに「これ飲むと元気がでるよ」「通っているセミナーに行ってから悩みがさっぱりなくなったから一緒にどう?」と 購買や勧誘する人もいるので注意が必要です。 同じようにさりげなく経済状況を探ろうとする人も要注意です。 【デート編】婚活サイトで知り合った人と会う場所や時間の注意点• 初回から夜遅い時間に誘う• いきなり今から会おうなどと言う• 個室など周囲の視線がない場所で会おうとする• 知られていない場所やなじみのない地域で会おうとする 初回のデートは昼間、なるべく 周囲に人が大勢いるカフェやテラスのような場所が安心です。 普通に考えたら、まだ顔を見たこともない初対面の相手に対して「いきなり、今夜これから会おう」と夜誘うことはないでしょう。 個室やブースで区切られて周囲の視線が届かないようなお店や、まったくなじみのない知らない地域を指定されたら、他の場所にしてほしいとハッキリ伝えます。 相手がどんな人かは会ってみるまでわかりません。 どんなにメッセージ上では良い人であっても、最初は注意してデートの約束をしましょう。 加えて、プロフィールやメッセージの内容などを見ながら、どんな人か危険はないかと判断しましょう。 今回ご紹介した婚活サイトはセキュリティ対策は万全です。 サポートセンターに連絡すれば、対応もしてくれます。 婚活サイトを使うときに、神経質になりすぎる必要はありません。 どこか飲みにいって知らない人に声をかけられたら最初は警戒しますよね?ネット上で異性と出会うときも同じことです。 婚活サイトでは普段出会えないような相手とたくさん知り合えます。 効率的に大勢の相手と出会えるメリットを活かしつつ、安全性に気をつけて婚活サイトを利用するようにしましょう。

次の