洗脳 ミーム。 洗脳から身を守る方法!?『洗脳護身術』

毒親からの洗脳を解く3つの方法。毒親から抜け出す!毒親からの脱出

洗脳 ミーム

北朝鮮(というか全体主義体制)が国民を洗脳する手手口として、「単語を制限する」ことがあげられます。 自由、平等、人権、そもそもそのような単語を知らなければ、概念さえも知らないことになり、知らなければ不満を覚えることもありません。 北朝鮮はこれを今でもやっています。 そのために祖父金日成の容貌と行動をそのまま模倣する「アバター(分身)戦略」をとり、金日成時代に対する北朝鮮住民の郷愁を刺激し、父金正日の「遺訓」をもって統治を始めた。 その一方で世襲に対するいかなる批判や不満に対しても厳しく統制し、世襲を正当化・制度化した (北朝鮮の辞書から世襲という言葉を削除した)。 『』 P25-26 世襲という単語を辞書から削除。 こういうところが全体主義の恐ろしいところであり、洗脳の真髄と言えます。 全体主義の恐ろしさを知る良書として、ジョージ・オーウェルの『』があります。 古い言葉=オールドスピーク、新しい言葉=ニュースピークとして、本の中でニュースピークの事典編纂に携わる人と主人公のやり取りが、全体主義の洗脳手法をよくあらわしています。 そこではこう書かれています。 「辞典の進行状況はどんな具合なんだ?」ウィンストンはそのしゃべり声に負けまいと声を張り上げた。 「時間がかかるね」サイムが答える。 「形容詞を担当しているんだが、実に面白い」 (中略) 「・・・おそらく君はわれわれの主たる職務が新語の発明だと思っているだろう。 ・・・」 (中略) 「君はニュースピークの真価を理解していないな、ウィンストン」彼の口調はほとんど悲しげだった。 「 君はニュースピークで書いていても、まだオールドスピークで考えているんだ。 君が《タイムズ》に時折書いているものはいくつか読ませてもらっている。 なかなかいいと思うよ。 だがあれは翻訳なんだ。 心の中ではオールドスピークをあくまで守りたいと思っている。 その曖昧さや意味の無駄なニュアンスなんてものを含めてね。 ことばの破壊が持っている美しさが分かっていない。 ニュースピークが年ごとに語彙を減らしている世界で唯一の言語であることを知っているかい?」 (中略) 「分かるだろう、 ニュースピークの目的は挙げて思考の範囲を狭めることにあるんだ。 最終的には〈思考犯罪〉が文字通り不可能になるはずだ。 何しろ思考を表現することばがなくなるわけだから。 必要とされるであろう概念はそれぞれたった一語で表現される。 その語の意味は厳密に定義されて、そこにまとわりついていた副次的な意味はすべてそぎ落とされた挙句、忘れられることになるだろう。 すでに第十一版で、そうした局面からほど遠からぬところまで来ている。 しかしこの作業は君やぼくが死んでからもずっと長く続くだろうな。 年ごとに語数が減っていくから、意識の範囲は絶えず少しずつ縮まっていく。 今だってもちろん、〈思考犯罪〉をおかす理由も口実もありはしない。 それは単に自己鍛錬、〈現実コントロール〉の問題だからね。 しかし最終的には、そうしたものも必要なくなるだろう。 言語が完璧なものとなったときこそが〈革命〉の完成。 ニュースピークは〈イングソック〉であり、〈イングソック〉がニュースピークなのだ」 そう付言する彼は霊感によって充足感を得たみたいだった。 「 考えたことがあるかい、ウィンストン、どんなに遅くとも二〇五〇年までには、いまぼくたちの交わしているような会話を理解できる人間は一人として生きていなくなるってことを」 『』 P79-83 戦慄を覚えるやりとりです。 北朝鮮が辞書から「世襲」を削ったのも同じでしょう。 言葉を知らなければ概念も理解できず、概念を理解していなければ不満も覚えることができません。 韓国から北へ飛ばす風船ビラで、自由だの平等だのと書いたビラをばらまいても北朝鮮の人民には大して響かないのは、そもそもそういう概念を理解できないし、生まれてから実感することもないからです。 理解できるのは脱北した人たちだけでしょう。 ソ連の人民にショックを与えたのは、自由でも民主主義でもなく、スーパーの棚に並んだあふれんばかりの食料品でした。 北も同じです。 言葉を奪えば概念を獲得することもできない。 ジョージ・オーウェルの『』で洗脳の真髄が描かれています。 「目的は思考の範囲を狭めることにある」 「最終的には〈思考犯罪〉が文字通り不可能になる。 なぜなら思考を表現することばがなくなるから」 「年ごとに語数が減っていくから、意識の範囲は絶えず少しずつ縮まっていく」 「言語が完璧なものとなったときこそが〈革命〉の完成」 これらに洗脳神髄が凝縮されていると言えます。 洗脳の第一歩は言語の強奪でしょう。 そういう教育を子供のころから受けているからこそ、北朝鮮の報道や政府の発言はいつも判で押したように同じものばかりになるのだと思います。 朝鮮学校の教育も同じです。 北より徹底していないからといって問題なしとはなりません。 そもそも人間を高射砲でひき肉にするような狂人に子供の命を預けるなど狂っているとしか思えない。 修学旅行先に、ISISの支配地域を指定しているようなものです。 ぐだぐだ言い訳を並べて朝鮮学校を擁護してしまう人たちも、洗脳教育の犠牲者と言えます。 本当に民族教育が大事だと思うのであれば、在日同胞数万人を収容所で人間以下に貶めて虐殺した相手を愛する教育をやめるべきでしょう。 ちょろっと学校設立金を出したくらいで、万を越える同胞を虐殺されたことを忘却させるなどありえないでしょう。 いい加減、目を覚ましてほしいと思います。 関連投稿:• 関連投稿• 朝鮮学校を支援する=従北団体と思ってほぼ間違いない。 北の手先、朝鮮総連の機関紙『朝鮮新報』に韓国の従北団体がどこか教えてくれるありがたい記事がありました。 朝鮮学校に対する差別問題解決に取り組む南朝鮮の支援団体である「ウ […]• なぜ朝鮮学校問題が解決しないのか、分かりやすいように説明します。 朝鮮学校を盲腸で苦しむ子供とします。 手術しようとすると、「あいつは盲腸だ!殺せー!!」と、ありえない主張で手術室に乱入してくる右翼が絶好のタイミングで登場 […]• ロシア人映画監督が、北朝鮮の検閲をうまくかわして作った映画『太陽の下で -真実の北朝鮮- […]• そ […]• 別投稿で東京都のHPから朝鮮学校の調査報告書が削除されている件を書きました。 (関連投稿:東京都のHPから消えた朝鮮学校の調査報告)小池都知事がこの調査報告書の再掲載を指示したようです。 めでたいですね。 注意す […]• 朝鮮学校のプロパガンダ本、『朝鮮学校物語 あなたのとなりの「もうひとつの学校」』ですが、表紙にかわいい子供を使いつつ、書いている内容がありえなくてかなり引きます。 朴正煕と民団の偉業である、「朝総連同胞訪韓墓参団事業」 […]• 昨日の続きです。 ロシア人映画監督が、北朝鮮の検閲をうまくかわして作った映画『太陽の下で -真実の北朝鮮- […]• 人が死には二つある。 一つは実際に死んだとき。 もう一つは忘れられたとき。 後者を魂の殺人と呼びます。 まさにこの忘却という魂の殺人行為をしているのが『チマ・チョゴリ制服の民族誌—その誕生と朝鮮学校の女性たち』の著者 韓東賢さ […] 最近の投稿.

次の

洗脳を解くのも洗脳のうち、どう思いますか?

洗脳 ミーム

25 ID:RGRUIi9y9 ・モーニングショーはオウム真理教の洗脳ビデオそっくりだな。 「コロナ恐いぞ、コロナ恐いぞ、東京も2週間後にはニューヨークになるぞ、地獄になるぞ、PCRしか救われる道はないぞ、 陽性率が信用ならんぞ、でも大阪の陽性率は信用できるぞ、科学的根拠はなくて印象で評価するぞ、 サイトカインとか細部にこだわっても恐怖を持続させるぞ、コロナ恐いぞ、コロナ恐いぞ、 でも夏になればコロナは弱体化するっていつの間にか認めてるぞ、科学的根拠はアメリカの発表だけだぞ、 データ見て信じたわけじゃなく、なんとなくそう思うんだぞ、インフルエンザと同じと内心思ってるからだぞ、コロナ恐いぞ、コロナ恐いぞ」 最近は岡田晴恵が麻原彰晃に、玉川徹が上祐史浩に見える。 データをしっかり見ると、現在の感染者数が2週間前の結果なら、もうコロナは終わっている。 5月末までの自粛なんて、超ナンセンスで馬鹿馬鹿しい。 国に逆らって自治体の長が勝手に判断するのなら、自治体の長に逆らって個人が勝手に判断してもいいはずだ。 レストランと飲食店を真っ先に再開してくれ。 次に映画館も再開してくれ。 デパートも再開しないと、わしのシルクのパンツが買えない。 自粛強要プロパガンダをしてきた根拠が次々に崩壊する状態に岡田も玉川も大混乱!これは凄かった」 小林よしのり「岡田晴恵が夏に拡大が止まると認めた。 17 ID:fvQXx6py0 PCR検査をもっとすべき!って言ってるだけの人と地下鉄にサリンを蒔いて6000人以上も死傷させた人を同列に語るとか・・・ ホント、こいつ頭壊れちゃったな。 04 ID:t14nYz6I0 洗脳番組なのは昔からだろ。 71 ID:xbJzjvcP0 怖い怖いといい続けるだけで、解決法は決して教えない感染症の専門家。 万全な感染症対策を公開して欲しい。 08 ID:d9UrWkqV0 テレ朝は自分たちでウィルス感染しながら港区でウィルスばらまいてるしな サリン撒いて自分たちも中毒になってたオウムそっくり.

次の

【コロナ】小林よしのり「モーニングショーはオウム真理教の洗脳にそっくり。岡田晴恵が麻原彰晃に、玉川徹が上祐に見える」

洗脳 ミーム

真のコピーライターは 深層心理レベルから広告を作るのです。 そうです。 洗練されたマーケティングチームほど、 常日頃から広告代理店と手を組み 消費者の心理レベル、 いや、、深層心理レベルから 消費者に強力な影響力を与える為の 広告作りの手助けをしている事をご存知でしょうか? … えげつない言葉を使えば 洗脳でありマインドコントロールです。 でもそれは現実なのです。 でも驚くことはありません、 広告とはそういうものなのです。 そしてあなたがもし 何か買ったものに満足しているなら それもまた広告を通じてあなたは 何かを買った事になるのです。 マインドを買うと言う風に コントロールされた結果なのです。 広告とはコミュニケーションの一部である セールスとは広告の一部である 説得はセールスの一部である …そして、、 心理的駆け引きは説得の一部である この方程式を覚えておいて下さい。 いずれにせよ全ての前者は後者の一部と言う事 すべては心理的駆け引き、 すなわち人間の心理に通じているのです。 本当のコピーライターは 深層心理にまで深く入り込むのです。 説得と影響力や マインドコントロールとか聞いて、 「でも、私は人に良い情報を与えたいんです。 なにか説得とか、影響とか、説き伏せたり そんなことはしたくないんです」 …そう思う人もいるかもしれません。 でもその考えは馬鹿げています。 くだらない広告を打つ方が悪 私たちはビジネスマンです。 だったらその社会的責任を 果たさなければなりません。 仮にあなたがうどん屋を経営してるとします。 私にはその理由が分かります。 あなたのうどんを 買いたいか買いたくないか、 その意思決定を 見込み客(まだ購入してないお客さまの事) に委ねたくはないからです。 見込み客に変わって 「あなた」が意思決定をしたいのです。 広告を使って店まで強引にでも きてもらいうどんを口に入れさせたいのです。 そして「うまかった」と言われ お金を、現金を頂きたいのです。 それが説得と言うものです。 結果的に、見込み客は買って買って買いまくる。 説得を影響力を行使した結果です。 くだらない広告を打つ方が 社会にとっては悪とも言えます。 何も生み出さないならば、 山にでもこもっているべきです。 深層心理から広告を作ろう そうです。 広告を作る際に深層心理から 人の心を動かし、 心理的駆け引きをすることは 決して悪いことではありません。 あなたの広告をより効果的にするために ただただ以下の事を学ぶだけです。 1.人は何を求めているのか? 2.人は自分の求めているものをどう思っているのか? 3.なぜ人はそういう行動を取るのか? これだけです。 それが分かれば、以下の事が可能になります。 1.お客様を満足させる方法が分かる 2.より多くの人にものを 買いたいと思わせる事ができる 3.良質な製品を多くの人に届けることができる 4.人々の生活により多くの 満足感を手にすることをサポートできる 悪い話ではないハズです。 よい洗脳もあれば悪い洗脳もあります。 コピーライターはお客様に よい洗脳をするのです。 そして同時にあなたの銀行口座にも たくさんの残高が増えていくのです。 良質な商品を売れば、 それなりに売れるのは間違いありません。 もちろん、買ってすぐ 壊れるような質の悪い製品を 買わせることは、悪い事です。 でも強力な広告を作る事ができれば、 良い商品をたくさんの人に届けられます。 コピーライターの仕事は 深層心理から見込み客を動かす事です。 ある意味積極的マインドコントロール を仕掛けていかねばいけないのです。 心理トリガーを使う事に躊躇しない …残念ながら、、 政治で大衆煽動をする政治家 詐欺で弱者から金を巻き上げる詐欺師 新興宗教でインチキを売る教祖 などがいる事は事実です。 そして彼らも巧みに深層心理から 人の心を操り、洗脳し、 心理的駆け引きをすることに長けています。 そういった輩が事件を起こし ネガティブなニュースになったりするから、 そうした強力な心理トリガーを使った 説得や影響を与える事に 躊躇してしまうのかもしれません。 もちろん深層心理を使って 悪事を働いてはいけません。 モラルを捨ててはいけません。 でもお金の罪悪感を持ってもいけません。 お金を稼ぐ事は良い事です。 ビジネスは人に価値を与える事なのです。 包丁で人を殺す事もできます。 が調理をする事もできます。 火で世界を破壊する事もできますが、 世界を癒す事も可能です。 用は使い手次第なのです 安心してください。 広告で「人殺し」を強要することは 絶対に不可能ですし、 完全な洗脳コントロールは不可能です。 ただ、コピーライティングの力で お客様に大きな影響を 与えなければいけない という事も事実です。 私たちビジネスマンは お客様に価値を与える 商品を届けるのが使命です。 躊躇しては行けません。 良い商品、サービスを 爆発的に人々に伝える為に、 その起爆剤をこのサイトでは 提供するつもりです。 準備は良いでしょうか? それではいよいよ本題に入って行きましょう。

次の