楽天 モバイル 無料 サポーター プログラム。 【楽天モバイル】無料サポータープログラムの2次募集に申し込んでみた。終了後の料金プラン・解約手数料は?

第4キャリアへの道険し?楽天モバイル無料サポーターで味わった天国と地獄

楽天 モバイル 無料 サポーター プログラム

スポンサーリンク 楽天モバイル無料サポータープログラムに関する記事第2弾です。 で何とか開通したのち、1か月間使ってみたので他社との速度比較と使用感についてまとめてみたいと思います。 1.他社との速度比較テスト 1 テスト条件 今回速度テストをした条件は以下の通りです。 時間帯別で下り、上りごとに比較し1位に4pt、2位に3pt、3位に2pt、4位に1ptを配点し合計得点でランキング化。 例)休日8時30分の下り スポンサーリンク 1位softbank(4pt)、2位biglobe(au:3pt) 3位楽天(2pt)、4位biglobe(docomo:1pt) 2 テスト結果 上記の条件でテストを実施した結果以下の通りになりました。 12項目中6項目で1位を取っているのはさすが3大キャリアといったところでしょうか。 時間帯別で1位をとったのは2項目と少ないものの、全体的に2位をとっている項目が多かったことが総合得点を押し上げている要因です。 平日のお昼休みは下り、上りともに1位をとっているのは無料サポーター期間中ということもあり混雑が少ないことが功を奏したのでしょうか。 とはいえ全時間帯で十分に速度がでていることが分かります。 上りの成績が足をひっぱったように見えます。 ただ総合得点は27ptと2位の楽天モバイルの31ptと非常に僅差となりました。 格安SIMにしては十分頑張っているのではないでしょうか。 12項目中8項目で最下位をとっており、ほかの回線と比べて明らかに結果が悪かったです。 特に平日のお昼休みはまともに使えたものではないレベルに。 2.実際の使用感 1 データ通信 他社との速度比較結果の通り、データ通信に関しては速度が十分に出ており快適に運用ができています。 今のところデータ通信が途切れるようなこともありません。 外出先で快適に動画を見ることができるので子供も喜んでいます。 2 通話 通話に関しては「不安定」の一言につきます。 ほかの方も多く指摘していますが、以下のような症状が発生しています。 通話中に声が途切れる• 部屋、階を移動すると切れてしまう• 発信しても正常にコールしないことがある メイン回線として使うには正直厳しい品質です。 通話するたびに「今回は問題なくつながるかな?」「途切れないかな?」と考えてしまうので、プライベートはもちろん、仕事で使うなんてもってのほかです。 私はサブ回線として新規契約したので良かったのですが、MNPしてしまった方は相当不便に感じているのではと思います。 3 その他 その他、不便に感じているのはSMS認証に利用できない点です。 いくつかのアプリで試しましたが本人確認のSMSが届きません。 調べたところ同様にpaypayやuberに登録できないといった情報があり、不具合のようです。 こちらは早急に改善してほしいところです。 3.まとめ 通信速度はそこそこ出ているものの、全体的に不安定で修正しながら運用しているという感じが強いです。 現状では安定感が格安SIMにも完敗しているので、メイン回線としての利用はできないクオリティです。 とはいえサービス開始時には全く使い物にならなかったmy楽天モバイルアプリが正常(まだレスポンスは悪いですが・・・)に利用できるようになったりと、この1か月間でいくつか改善された点もあるので、今後のサービス改善に期待したいです。 正式サービス開始までにはキャリアとして安心して利用できる環境になっていることを願います。

次の

楽天モバイルの「無料サポータープログラム」、1人5回線まで申し込める仕様だった 現在は修正

楽天 モバイル 無料 サポーター プログラム

0.無料サポータープログラムとは 無料サポータープログラムとは、自社回線を無料で今年3月末まで使用できるという、無料のモニターです。 私は運よく無料サポーターに当選しました。 なお、落選した人は落選モバイルと揶揄したとか。 以下に使用感をレポートします。 1.の渋谷での通信品質について ブル交差点からセンター街では100Mbps前後のスピードが出るのですが、建物の中では電波が届かない地区があります。 知っている範囲では、の246側、裏、近辺、松濤近辺などは、建物の影響からか、との距離からか、電波が届かないことがあります。 コンビニでコード決済をしようと思っても、通信できず使えないことがかなりあります。 しかも、一旦電波が途切れると、なぜか電波があってもつながるまで数分程度時間がかかります。 私の自宅ではベランダまでしか電波届かずして使っています。 そして、1日10回以上切れる日がほとんどです。 切れるたびに他の予備の端末からします。 これを書いている最中にも2回以上通信切れました。 2.の品質について 千葉県や神奈川県の境では自社回線から回線のに変わりますが、一瞬通信が途切れます。 これは技術的に仕方がないでしょう。 改善しようとしているようです。 なお、はに1GBあたり500円支払っているようです。 私は20GB程度先日使ったので、だいたい1万円程度はに支払ったことになります。 (記事追加)では基本的に電波が途切れることはありませんでした。 自社回線は良く途切れますが、はいわゆる普通のキャリアの電波です。 3.の通話品質について 通話では特に問題は感じなかったのですが、ショートメールが遅い場合があります。 また、ペイペイ等のショートメール認証等ができないなどの例がで多く報告されています。 4.の使用Bandについて はBand3を使っており、はBand18またはBand26を使っています。 band3は比較的高い周波数で、建物内ではつながりにくいです。 Band18やBand26はプラチナバンドという低い周波数を使っており、建物内でもつながりやすいです。 5.スーパーホーダイとの比較 スーパーホーダイとは、ドコモ回線を利用したです。 ドコモの回線が使える端末で使用できます。 以下に、通信速度等を比較します。 しかし、渋谷では通信できない時間が3分の1程あり、実質この時間はlineも繋がらず、低画質も見れません。 都心以外ではつながるとの報告があります。 4G(Generationの略)回線を使っていますので、電波つながるなら音は良いです。 スーパーホーダイ でんわが10分以内通話放題で、10分超えると30秒10円で使用できます。 でんわとは、ドコモの電波を使うけど、の電話回線を使うものです。 でんわを使う時に、DSDS端末で4G回線が使えなかったので、ドコモの3Gの電波を使っているのでしょう。 はBand18またはBand26対応の端末であれば、基本的にはつながります。 しかし、対応であってもできないものもありました。 しかし、で販売されたNOVA Lite3でも通話はできませんでしたので、指定機種以外、使ってみるしかわからないのが現状です。 なお、 SENSE(初代)ではのもので通話も可能でした。 7.電波が届いているのに通信しないことがある(1・19 追記) 先ほど、久しぶりに電波が届いているにもかかわらず通信が一時間近くない状態が続きました。 日常的に、ほぼ毎日このような症状は数分単位でだいたいあるのですが、ごくたまに数時間、場合によっては4時間近く通信しないことがありました。 これはのサポートに報告しても、端末の責任にされるので、もう報告もしないことにしました。 8.まとめ 4月から自社回線のサービスが開始されることが決定的ですが、正直言って、仕事で使う必要がある人や、人間関係大事にする人は使わない方が良いでしょう。 電波繋がらないことでの損失が大きいと思います。 おススメする人は、料金が安ければという前提ですが、電話番号を安価で持ち続けたいという人です。

次の

楽天モバイル無料サポータープログラム(楽天モバイルMNO)の回線品質等について

楽天 モバイル 無料 サポーター プログラム

10月から提供している楽天モバイル「無料サポータープログラム」 無料サポータープログラムは、ネットワークの安定稼働を図るという名目で、5000人にユーザーを絞って提供。 5000人を上回る応募があったため、抽選で5000人に絞る形となった。 しかし1人5回線まで申し込めるとなると、最大で2万5000回線を運用できることになるわけで、5000人ではなく2万5000人にすべきでは? という話になる。 楽天モバイル広報に確認したところ、5回線まで申し込めたことは事実で、原因は「申し込みページの仕様上、5回線まで申し込み可能となっていたため」だという。 10月19日に仕様を改修し、現在は1人1回線までしか申し込めない。 楽天モバイルの公式アカウントも19日に、Twitterで複数回線申し込みの件について同様のコメントをしている。 つまり、本来は1人1回線までの申し込みとしていたが、運用上のミスで、1人5回線まで「申し込めてしまった」というわけだ。 実際、無料サポータープログラムの申し込み条件には、「お申し込みは、おひとり様1回線までとなります」と明記されている。 既に複数回線申し込んでいるユーザーについて、現時点で契約を解消するといったことは予定しておらず、継続して利用できるという。 関連記事• 楽天モバイルが10月1日から7日まで募集する「無料サポータープログラム」。 その参加者に「楽天スーパーポイント」を最大で1万6000ポイントプレゼントすることが明らかとなった。 簡単なエリアマップも公開されている。 10月1日からMNO(携帯キャリア)としてサービスを開始する楽天モバイル。 同社は9月6日に発表会を開催し、ついに全容が明らかになる……と思いきや、発表された主な内容は「プレサービス」と「端末」のみだった。 発表会で明かされた内容をもとに、同社MNOサービスの現況を整理する。 楽天モバイルがMNOサービスの概要を発表。 まず「無料サポータープログラム」からスタートする。 楽天モバイルの基地局開設に遅れが生じ、総務省が計画の修正を求めていたことが判明した。 先日、親会社である楽天の決算説明会で公表された「スモールローンチ」との関係を聞いた。 楽天モバイルが、MVNOサービスの料金プラン「スーパーホーダイ」を2019年10月1日に改定。 これまで設けていた「最低利用期間」と「契約解除料」を撤廃する。 MNOサービスを始める10月1日以降も新規契約は継続して受け付ける。 関連リンク•

次の