電動 自転車 通勤。 自転車通勤の最適な距離と時間は?限界は片道何kmまで?

[通学・普段使い自転車]通学・通勤向け自転車

電動 自転車 通勤

Contents• なぜ通勤手段に電動自転車を選んだか? ぼくが移動手段に求める条件は次の通りです。 気軽に乗れる• 維持費が安い• 初期費用が安い• 片道10キロくらいまでの移動に使いたい 10キロくらい移動するならバイクという選択肢もあるのですが 電動自転車と比較した場合... バイクだと初期費用と維持費が高い。 自転車はほぼ維持費がかからないのでまあ当然なのですが。 参考記事はこちら 10キロの通勤の使用してみてどんな感じ? 電動自転車は買ってほんとうによかったと思います。 普通の自転車だと10キロはちょっときつい…と感じてましたが 電動自転車は移動がとっても楽です!• 体を鍛えたい• 運動不足を解消したい• 自転車が好き! など理由があれば電動アシスト無しでもいいんでしょうけど、 ぼくはなるべく疲れないようにに移動したいので... 電動自転車は普通の自転車とは全く別の乗り物だと感じました。 電動アシストが思ったよりも効いていて ほぼ疲れずに移動することができます! 電動自転車を通勤に使用してのメリット・デメリット 実際に使用してみて感じた メリット・デメリットをまとめてみました。 電動自転車を使用してみて感じたメリット メリットに感じたこと• 10キロ程度の移動ではほぼ疲れない• 坂道でもあまり関係ない• 渋滞の影響が無い• 行動範囲が広がるので思いがけない発見がある 10キロ程度の移動ではほぼ疲れないです。 (もちろん個人差があります) ぼくの場合は 10キロの中で2キロくらいが急な上り坂 という環境なのですが、平均時速20キロで移動して だいたい30~35分で到着する感じです。 駅に近づくにつれて信号の影響を受けるので その分で時間にバラつきが出る感じですね。 坂道でも立ち漕ぎで必死になることもなくスイスイ登ります。 それから、思いがけないメリットとしては ちょっと行ってみたいけど車だと行きづらいな という場所にに気軽に行けるようになったことです。 自転車なので狭い場所でも移動できるし 駐車スペースもほぼ気にならないし、駐車料金もかからないので 家の近所でちょっと気になっていたお店や史跡などに行きやすくなりました。 まめ知識:電動アシストについて 電動アシスト自転車は時速24キロに達するまで 電気の力でアシストしてくれます。 参照: ぼくの使用方法ではおおむねアシストが効くので非常に楽だと感じます。 電動自転車を使用してみて感じたデメリット ぼくがデメリットと感じたこと• 雨の日の移動がつらい• 充電切れを気にしなくてはいけない• 普通の自転車に比べ初期費用がかかる 雨の日や悪天候時の移動はやはり辛いですね。 これは電動自転車に限らず、2輪なら避けては通れないところですね。 雨の日の対策(カッパなど)やバスなど代替えの移動手段は 準備しておく必要があります。 ぼくは毎日天気予報のアプリを見るようになりました。 雨が降りそうならカッパを持っていく。 朝から雨ならカッパを脱ぎ着する時間が余計にかかるので 早めに家を出るなど対応が必要です。 結局、雨の場合いつもより道路が混むので バスの到着時刻があまりあてにならずカッパを着て自転車で通勤することが多いです。 通勤にかかる時間が読めないと嫌なのでぼくは雨でも自転車がいいです。 ちなみに電動自転車は雨の日の使用も問題ないようです。 参照: 充電については忘れると次の日の朝大変なことになるので 気をつけなければいけません。 ただ、10キロ程度移動なら電池残量はそこまで神経質になる必要もないです。 最悪切れてしまっても普通の自転車として走れるので。 電動自転車のハンドルに充電残量が表示されるので それを見て充電する感じですね。 電動アシストの量を切替できるので ぼくの場合は、常に「強モード」で走行していて 電池残量持たないかな…というときには 「エコモード」に切り替えて使用すればOKです。 充電の手間を考えるなら走行可能距離の長いモデルを選ぶのがおすすめです! 初期費用は普通の自転車と比べるとどうしても高くなります。 ぼくはたまたま安くなっているモデルをネットで見つけたのでオトクに購入することができました。 電動自転車は機能が完成している感があるので 特にこだわりが無ければお買い得モデルや年式落ちのモデルでも全然問題ないと思います! サイトを定期的にチェックするのがよいですよ~ まとめ 今回は電動自転車を10キロの通勤に使用してみた感想をまとめてみました。 自転車で移動したあとには一日仕事をしなくてはいけないので やはり楽に移動できるというのは大切だと思います。 デメリットもありますが それを補っても余りある魅力を感じました。 車のように渋滞の影響を受けずに移動できるので 時間通りに移動することができ気持ちにも余裕ができます。 行動範囲が広くなるというのも魅力の一つです。 それから、電動アシストしてもらってる間 モーターがヒューンヒューンと音を立てるのですが それがなんとも愛らしいんですよ! ご検討されているかたは、 実際に乗って体験してみることをおススメします!.

次の

電動自転車で通勤6kmってどうなの?パート主婦が走ってみたよ。

電動 自転車 通勤

まずは適切な距離を知ろう 自転車ブームや健康志向の高まりから注目されている自転車通勤。 「自転車での通勤は大変そう・・・」と思う人もいるかもしれませんが、最近では長距離を走っても疲れにくい高性能の自転車が多く販売されていて、想像しているよりずっと快適に自転車通勤をすることができます。 とは言え、実際に自転車通勤をする場合、自宅から会社までがどのくらいの距離なら可能なのでしょうか?自転車通勤にかかる時間と、自転車を漕ぐことによる運動量から、通勤が可能な距離を考えてみましょう。 METs(メッツ)とは厚生労働省が定めた運動の強さを表す単位で、座って安静にしている状態を1METsとして表したもの。 電動アシスト自転車は3. 0METs、普通自転車は4. 5METsとして計算。 自転車を漕ぐことによる運動量は、電動アシスト自転車だとウォーキングと同じくらい、普通自転車だとその1. 5倍くらいの運動量です。 「体力に自信がない」「普段運動をしていない」という人は、片道10キロ以内の距離がおすすめです。 「体力に自信がある」「日頃からよく運動している」という人は、10キロから15キロくらいまでの距離でも大丈夫でしょう。 【自転車通勤のメリット】• 適度な運動になり健康維持やストレス解消に最適• 定期代・ガソリン代など交通費がかからないので経済的• 自宅から駅までの距離が遠い人や、電車の乗り換えが多い人などは、自転車通勤の方が通勤時間が短くなる場合がある• 自動車通勤に比べて環境に優しい• 通勤途中での寄り道がしやすい 「自転車に乗る」という運動は、ウォーキングやジョギングなどに比べて、膝や腰への負担が少ないと言われています。 自転車漕ぎは有酸素運動なので、メタボ解消など健康維持にも最適です。 また、毎日続けることで下半身の筋力アップにもつながります。 自転車通勤に興味はあるけれど、 「体力的に心配」、「坂道が多いので大変」といった場合は、電動アシスト自転車での自転車通勤がおすすめです。 電動アシスト自転車を利用した場合の運動量は、歩行時の運動量とちょうど同じくらいなので、日頃運動をしてない方や女性でも無理なく続けることが可能です。 毎日でなくても、気候の良い季節や天気の良い日だけ自転車で通勤するのもおすすめです。 自転車で街の風景を見ながら通勤することで、気分もリフレッシュできるかもしれませんよ。 自転車通勤の注意点と準備すべき物 自転車通勤を快適に行うためには、服装や安全対策などの準備が大切です。 自転車通勤を始めるにあたって用意すべきものや、安全に走行するための注意点について解説します。 服装と持ち物は? 【動きやすい服装がベスト】 自転車通勤の場合、ある程度の距離を乗ることになるので、服装は動きやすさや汗による蒸れ防止などを考慮する必要があります。 スーツ姿で自転車を漕いでいるサラリーマンも見かけますが、スーツのズボンは伸縮性が少ないので足が動かしづらく、股の部分がサドルとの摩擦で傷みやすくなってしまいます。 会社に更衣室がある場合は、動きやすい服装で自転車に乗って、会社でスーツに着替えることをおすすめします。 また、最近では自転車に乗ることを想定して作られたスーツも販売されています。 伸縮性があるので足が動かしやすく、しわになりにくいのが特徴です。 自転車用のスーツは丸洗いできるタイプも多く、汗が気になる季節の自転車通勤に特におすすめです。 女性の場合は、自転車通勤をするなら断然パンツがよいでしょう。 足元はパンプスやヒールの高い靴だとペダルを踏み外しやすいので、自転車にはスニーカーなどで乗り、会社に着いてから仕事用の靴に履き替えるのがベストです。 【バッグは軽くて防水性のあるものを】 自転車通勤を行う場合のバッグは、 「軽い」「防水性がある」といった機能を重視することが大切です。 おすすめなのはナイロン製のリュックタイプや、「メッセンジャーバッグ」と呼ばれる肩から斜めがけするタイプのバッグです。 長所 短所 リュック 長所 ・重さが両肩にかかるのでバランスが良い ・荷物がたくさん入る 短所 背中が汗で蒸れやすい メッセンジャーバッグ 長所 ・背中がむれにくい ・普通のショルダーバッグに比べて、体への密着性が高いので、走行中に荷物がずれにくい 短所 荷物が重い場合、片方の肩に負担がかかる どちらのタイプも素材は 撥水素材や 防水素材のものを選んでおくと急な雨などに対応できるので安心です。 【自転車通勤の「三種の神器」ヘルメット・グローブ・サングラス】 自転車を安全に運転するために欠かせないアイテムが、ヘルメット・グローブ・サングラスです。 自転車は道路交通法上「軽車両」扱いになるので、歩道ではなくて「車道」を走ることになっています。 朝の通勤時間帯は、通勤の車と自転車、歩行者が入り乱れるので、事故の危険も考えなければなりません。 事故や怪我を防止するために、ヘルメット・グローブ・サングラスを用意することをおすすめします。 ヘルメット 転倒時に頭部を守るために必ず着用しましょう。 自転車用の通気性の良い軽い素材のヘルメットがおすすめです。 グローブ 冬は防寒対策に必須ですが、自転車通勤にはオールシーズン必要です。 自転車転倒時には手のひらを怪我することが多く、グローブは転倒時のケガ防止に有効です。 また、ハンドルグリップは汗で滑りやすいので、滑り止めのついたグローブを使用することで安全に運転することができます。 サングラス サングラスといえば目への紫外線を防ぐために使用するものですが、 サングラスには車が巻き上げたゴミや、虫などが目に入るのを防ぐ役割もあります。 走行中に目にゴミや虫が入るととても危険です。 安全な走行のためにもサングラスを着用するようにしましょう。 雨の日対策 自転車通勤で最も困るのが雨の日です。 雨の日の自転車の運転は視界が悪く、タイヤも滑りやすいので、ひどい雨の場合は自転車通勤を控えた方がいいでしょう。 そうでなければ、レインウエアなどで雨対策をすれば自転車通勤は可能です。 また、自転車通勤の途中で急に雨に降られることもあるので、 降水確率が高い日は雨の日の準備をしておいたほうが安心です。 自転車を運転しながらの傘差しは道路交通法違反になりますので、雨の場合はレインウエアを着て自転車を運転することになります。 レインウエアには様々なタイプがあるので、用途やお好みで選ぶといいでしょう。 上下セパレートタイプのレインウエア 自転車通勤に最も適しているタイプです。 自転車を漕ぐ動作を妨げず、洋服が濡れることもほぼありません。 ただし、夏などはかなり暑くて蒸れるので、透湿性の高い素材を使用したものがおすすめです。 ポンチョタイプのレインウエア ポンチョタイプのレインウエアは脱ぎ着がしやすく、急な雨でもサッと着用できるのでおすすめです。 ポンチョタイプの中には、ハンドルや前かごまですっぽり覆うタイプのものもあります。 ポンチョタイプの欠点は足元が濡れやすいことと運転中にポンチョの裾がペダルや車輪に絡まりやすいことが挙げられます。 女性におすすめ「顔が濡れない」レインウエア 雨の日の自転車通勤で困るのがレインウエアを着ても「顔が濡れてしまう」ことです。 眼鏡を掛けている場合は視界が悪くなって危険ですし、メイクをしている女性は顔が濡れると困りますよね。 顔が濡れるのを防ぐには、顔部分に透明のガードが付いたレインウエアや、 「レインバイザー」といって顔をガードする透明の雨よけなどを利用するといいでしょう。 靴にはシューズカバーを レインウエアを着ても濡れてしまうのが顔ともう一つ、「足元」です。 靴や靴下が濡れてしまうと大変不快ですよね。 長靴を履くという方法もありますが、荷物がかさばるのが難点です。 そんな時役立つのがシューズカバー。 靴を履いたまま上から履くようにして被せるだけで雨から靴を守ってくれます。 撥水素材を使用した繰り返し使えるタイプのものと、ビニール製の使い捨てタイプのものがありますので状況に合わせて使い分けてみてください。 通勤用に!おすすめ自転車の選び方 自転車通勤の準備が整ったらいよいよ自転車選びです。 自転車通勤に使う自転車の選び方を解説します。 長距離を乗っても疲れにくい自転車を選ぶ 自転車通勤で長距離を乗る場合、重視するのは「疲れにくい」ということです。 疲れにくい自転車を選ぶポイントは以下の通りです。 タイヤの直径が大きめ• 振動が少ない(タイヤが太めのもの、サスペンションのついたものなど)• 電動アシスト機能が付いている(アシスト機能で坂道がラク) 2. パンクしにくいタイヤを選ぶ 自転車を運転している時にタイヤがパンクすると当然困りますよね。 通勤で毎日乗るものだから、点検はしっかり行うことが大切ですが、パンクしづらいタイヤを選んでおくとさらに安心です。 パンクしづらいタイヤには「タイヤのゴムを厚くしたもの」や「ゴムの内部に特殊シートを挟み込んだもの」などがあります。 電動アシスト自転車の場合は、バッテリー容量の大きいものを選ぶ 自転車通勤に電動アシスト自転車を使う場合は、「毎日使う」ことと「長距離を走る」ことで、バッテリーを多く消費します。 バッテリー容量が小さいと頻繁にバッテリーの充電が必要になり、手間がかかります。 また、バッテリーは充放電を繰り返すことで劣化が進むので、できれば充電回数は少なくしたいもの。 その点 バッテリー容量が大きければ、充電の手間も省け、バッテリーを長く使用することができます。 バッテリー容量が大きいと、「通勤途中でバッテリーが切れたら・・・」という心配も少なくなりますよ。 振動を吸収し長距離も疲れにくい 【ハリヤ】 【ハリヤ】は高剛性・軽量のオリジナルアルミフレームを採用した、スポーツタイプの電動アシスト自転車です。 オンロードに適した走行性能で、長距離でも快適な自転車通勤が可能です。 ハリヤのおすすめポイント• フロントサスペンションが車体の振動を抑え、快適な乗り心地を実現。 衝撃の吸収性が高い「セミスリックタイヤ」を採用。 スポーティーな走りに対応する、外装7段変速機付き。 暗くなると自動点灯する「LEDスポーツバッテリーライト」で暗い夜道も安心。 クッション性に優れた幅145mmのワイドサドル「アナトミックデザインサドル」採用で快適な乗り心地。 ゆとりがあって乗り降りしやすい! 【ティモ・I】 【ティモ・I】は、乗り降りしやすいWループフレーム採用で、スカートを履いているときも乗りやすい電動アシスト自転車です。 手の小さい方でも握りやすいスリムツートングリップや少ない力でも立てやすいスタンドで、女性の自転車通勤におすすめの電動アシスト自転車です。 ティモ・Iのおすすめポイント• スクールバッグが収まりやすく、小物が落ちにくい 底面メッシュ&プレート採用。 エコナビ液晶スイッチ4SL。 (バッテリー残量表示、残り走行時間表示、オートライト機能付)• リトルLEDビームランプ2(リフレクター一体式でワイドに照らす。 サドルガードマン(簡単にサドルが抜き取られない。 軽く踏むだけですっと立つ「かろやかスタンド2」採用。 女性でもラクにスタンドが建てられます。 くるピタ(ハンドル部を固定し、駐輪時の転倒を防止。 お支払い方法 お支払い方法は下記方法が選べます。 (商品によって、支払い方法が限定されることがございます) 代金引換、クレジットカード、Pay-easy(ペイジー)、コンビニ決済、銀行振込、分割払い 領収書などの 証憑発行について ショッピングカート画面で見積書 PDF を発行できます。 領収書は、お支払方法により、発行の可否、及び手続きが異なります。 クーポンについて クーポンは、対象商品の購入特典としてついていたり、雑誌や店舗のメールマガジンなどで発行しています。 また、会員ランク限定のクーポンなど、より魅力的なクーポン・チケットが発行されることもあります。 ご利用可能なクーポンは、Myページよりご確認いただけますが、雑誌やメールマガジンなどで配布したクーポンは、Myページには反映されませんので、大切に保管してください。 商品の発送について パナソニックストア会員様は、税込2,000円以上のお買い物で送料無料でお届けいたします。 パソコン、家電品は、ヤマト運輸(宅急便)にて、消耗品など一部の小物商品は、ネコポスにてお届けいたします。 各種自転車は提携自転車店からの配送または店舗での受け取りとなります。 大型の商品(テレビ40インチ以上、洗濯機、冷蔵庫、マッサージソファ、エアコン、リサイクル)など、別途定めた商品は、上記と異なる配送会社にて、お届けする場合があります。 キャンセル・ 変更について 発送予定日時によって、キャンセルの手続きをしていただけます。 (ただし、カスタマイズレッツノート、ダウンロードソフト、モニター商品、その他、別途定めた商品は除く) カスタマイズレッツノートについては、入金後のキャンセルはできません。 ご注文後に、商品変更、数量変更、指定した配送先変更、支払方法変更 等がある場合は、該当のご注文をキャンセルし、改めてご注文の手続きをお願いします。 返品について 商品到着後8日以内にご連絡の上、商品を指定された宛先に元払いにてご返送ください。 但し、については、返品・交換はお受けできません。 会員の方は、より返品のご依頼を承ります。 会員にならずにご購入いただいたお客様は、カスタマーセンターにお問い合わせお願いいたします。

次の

E

電動 自転車 通勤

電動自転車の種類 一般的な「電動アシスト自転車」 国内の大手メーカーを中心に販売されている電動自転車の多くは、電動アシスト自転車に分類されます。 アシストは時速24キロまで、ペダルを回さないと走ることができないということが特徴です。 電動アシスト自転車は時速24キロまでのアシストが可能なので、スポーツバイクのような使い方をせずに、一般的に使う用途としては充分といえます。 走行時に免許が必要な「フル電動自転車」 ペダルを回さなくても、アクセル機能を使って電動走行が可能な自転車をフル電動自転車といいます。 自分の力を使わずに進むことができるので、原動機付自転車、すなわちスクーターなどと同じくくりになります。 そのため、公道を走るときは免許やヘルメットなども必要で、スクーターや二輪自動車のような扱いになります。 自走、アシスト走行、フル電動走行の3つのパターンの切り替えができることが多いですが、車体自体がフル電動自転車に分類されるので、購入時には気をつけてください。 電動自転車の選び方 タイプで選ぶ 普段乗りには「シティサイクルタイプ」 出典: チャイルドシートはあとから取り付けることもできますが、子どもを乗せる用途で使う人は、はじめからチャイルドシートが装着されているタイプを選ぶと便利です。 バランスをとりやすいようにタイヤが小さく、重心が低めに設定されているのと、比較的身長が低い人でも足が地面に着くように設計されています。 子どもを乗せる場合は、子ども用のヘルメットも忘れずに購入しましょう。 バッテリー容量の大きさで選ぶ 現在はリチウムイオン電池が主流で、容量も数年前から比べると格段にアップしています。 とはいえ、充放電をくりかえすとバッテリー容量も徐々に減ってくるので、できれば容量の多いタイプを選びたいですね。 バッテリーの容量は、10Ahから容量の多いものは20Ahくらいまであります。 自転車はまだまだ乗れるのにバッテリーが劣化してきたときは、バッテリーのみの交換もできます。 充電時間が短いといつでも乗れる 充電にかかる時間が長いと、乗りたいときに充電が終わっていない可能性があります。 急速充電器がついていると、約2倍も充電時間が削減できるものもあります。 タイヤのサイズは身長に合わせる タイヤのサイズは20インチ〜26インチが主流です。 シティサイクルやスポーツタイプは、走破性のよい大きめのタイヤが使われています。 同じ商品でも、タイヤサイズが複数あるモデルも登場しているので、乗る人の身長に合わせて選びましょう。 子どもを乗せる場合や小柄な人が乗る場合は、操作性がよく重心が低めで安定感がある小さめのタイヤがおすすめです。 車体重量をチェック 通常の自転車に比べると、バッテリーの搭載分や性能上で、どうしても重たくなってしまいます。 電動自転車は走っている間は軽快ですが、止まったときの駐車や方向転換は重たい分だけ大変になります。 さらにチャイルドシート付きだと、子どもを乗せた分の10数キロの重さも加わってくるので、安全に取り回しができるかどうか確認してから購入しましょう。 シフト切り替えの有無を確認 ペダルの回転をサポートしてくれる機能はありますが、やはり急な坂道などではシフトの切り替えがあると便利です。 内装ギアなら、走行中の切り替えもスムーズです。 坂が多い場所にお住まいの人は、切り替え付きを選ぶとより快適に乗ることができます。 電動自転車の主なメーカー YAMAHA(ヤマハ).

次の