片瀬那覇 昔。 沢尻エリカ、クラブで“ガン吸い”動画がネットで拡散! とばっちりを受けた「親友女優」

片瀬 那覇

片瀬那覇 昔

シューイチで中山ヒデちゃんとコンビを組み、息のあった司会進行は定評があり、薬の噂とは無縁でした。 しかし今回、近しい友人二人が立て続けに逮捕されたことを受け 「知らないはずがない」「違和感がある」 など片瀬さんも薬物に関わっているのではないかと噂されています。 「悲しくてもうショックで何で、驚きと本当に渦巻いていて、これだけ近くにいて何も知らなかったのは本当に悲しいし、何か裏切られたような気持ち。 近かったからこそ言えなかったのか、私は言って欲しかったし、私は怒りたかったし…」 片瀬那奈さんのシューイチ生放送でのコメント。 本当に知らなかったのか? 様子がおかしいのはわからなかったのか? と視聴者から疑問が噴出しています。 片瀬那奈のシューイチのコメントみたが「私はその場にいなかったんですが」と必死にアピールしてるのが不自然。 クラブに一緒に行っててその場に居なかったと言うのは意味が分からん。 沢尻エリカの逮捕のせいで片瀬那奈まで疑われていい迷惑だよね。 シューイチでコメント求められて必死で答えてるのに、 なんの根拠もなく「どうせやってんだろ?」って。 俺もやってると思うわ。 なかなか辛辣ですね。 沢尻容疑者カップルとのWデート その証拠に、沢尻容疑者と、横川直樹容疑者と片瀬那奈さんと彼氏のWデートの現場がスクープされています。

次の

片瀬那奈「シューイチ」で沢尻エリカ逮捕のコメント?薬物疑惑は否定?|アレって気にならない?

片瀬那覇 昔

略歴・人物 [ ] 芸名の由来は、姓は母親が出身であることから。 名は「典子」の「のり」をひっくり返したもの。 大学在学中にCMモデルとしてデビューし 、やなどのCMに出演。 豊満な肉体で人気を集める。 後に、『』にカバーガールとして出演。 その後、に入り、『』でドラマデビュー。 グラマラスな肢体を生かした「肉体派女優」として活躍し、『』シリーズなど、口跡が強い女性役を多く演じて人気を決定付けた。 女性らしい、メリハリのある肉感的なプロポーションを保つため、きちんと食事をして運動することを心がけており、特に水泳を好んでいる。 中高年女性向けの水着にデザイン性や機能性を豊富にしたいと提案し、と提携(ブランド「Pretty pica pica」のプロデュース兼モデルを務めた)。 私生活では多くの俳優たちとの恋愛説が噂されたが、一度も結婚はしていない。 共演が多かったを「 お姉ちゃん」と呼んでおり、公私共に仲が良い上にメール友逹でもある。 1990年代以降は主役を支える名脇役として活躍。 関連の音楽作品も発表しており、未だにコミックソングとして一部の熟年層にカルト的な支持を誇っている。 出演 [ ] テレビドラマ [ ] NHK [ ]• (1979年) - 小観音 役• (1985年) - 岩崎(野島)せい子 役• (1994年) - 役• (2003年) - お甲 役• (2015年) - 小田村志乃 役• (1982年)• (1984年 - 1985年) - 國分時子 役• (1986年2月 - 3月)• (1987年1月 - 3月) - 梅子 役• (1993年4月 - 7月) - みさ 役• (1995年1月3日)• メナムは眠らず 前後編 1995年7月22日/7月29日 - フィクサー 役• (1996年9月 - 10月)• BSドラマ「ご就職」 1998年5月16日~6月20日 - 希子 役• (2001年6月 - 7月) - 鳴海万里子 役• 2001年11月24日• 正月時代劇「おらが春~小林一茶」 2002年1月3日• (2004 - 2006年) - お登世 役• (2009年) - 佐伯駒子 役• (2011年) - 大勢頭部 役• (2013年) - 吉安美代子 役• (2016 - 2017年) - 如月直子 役• 第5話 2019年7月28日、) - 今出川惇子 役 日本テレビ [ ]• (1980年)• (1981年4月12日)第234話「金の鯱鉾の女」• (1982年3月 - 9月)- 主人公の義姉 役• (1982年) - おらん• (1983年 - 1984年)• (1989年 - 1990年) - 小蝶(鶴羽)• (1992年) - 青山寿子• 疑惑のカルテ 1994年5月• (1994年) - 栗原小夏• (1995年、) - 芝川映子 役• 保護観察・少年A 2000年3月• (2012年1月-3月) - 香山靖子 役• (2016年、読売テレビ) - 朝城涼子 TBS [ ]• 「」(1995 - 2017年) - 十津川直子 役• 「」(1996 - 2006年) - 希麻倫子 役• 「被害者の妻・夫は二度殺された」(2001年) - 中山聡子 役• 「」(2011年) - 有賀弥生 役• 「・有馬温泉殺人事件」(2016年) - 吉崎波満子 役• (1981年) - 新藤ミカ 役• (1982年 - 1983年) - 宮本ゆき 役• 第9話「悪を蹴散らす南部駒-八戸-」(1983年12月26日) - 百合 役• (1985年)- 花千代(芸者)役• (1988年) - 役• (1989年) - 役• (1989年) - 役• (1990年) - もみじ 役• (1992年1月1日) - 役• (1993年) - 役• (1988年) - 小早川美智 役• (1993年、) - 廻耀子 役• (1994年) - 宝田絹子 役• (2002年) - 池野三沙子 役• (2005年 - 2006年) - 加納麗美 役• (2009年12月14日、MBSテレビ共同制作) - 堀田真紀子 役 フジテレビジョン [ ]• 「・夜のオツトメが怖い」(1992年5月15日) - 主演・田丸エツ子 役• 「獣医・佐久間亜里 ペット誘拐殺人事件」(1998年2月13日) - 佐久間亜里• 「シリーズ」(2006年 - ) - 主演・橘朝子• 「」(2007年) - 松本陽子• 「」(2011年5月20日) - 佐伯紀子• 「」(2012年 - ) - 江夏冬子• (1981年 - 1983年)- 弁天小僧 役• (1983年 - 1984年、) - 弥生 役• 第12話「吉原恋心中」(1984年)• (1988年、カンテレ)• (1988年)- 島崎佳織 役• (2003 - 2004年) - 佐々木よし江• 「雨が来る」(2004年) - 智子 役• (2009年) - 青池リカ• (2012年、カンテレ) - 高嶺薫• (2013年) - 塩見鞠子• (2017年) - 向井史子• (2018年) - 野々宮ナンシー• 「・死刑台の美女」(1978年) - 川手民子 役• 「江戸川乱歩の美女シリーズ・妖しいメロディの美女」(1986年) - 大道寺綾子 役• 「検察事務官 小錦ヤエ子シリーズ」(1997年 - 1998年) - 主演・小錦ヤエ子 役• 「」(2007年 - ) - 弁天祐美子 役• 「」(2008年)- 宮木由子 役• 「」(2014年) - 朝倉響子 役• 「5」(2016年、) - 三上玲央• 「17」(2016年) - 鳥居貴美子 役• 第10話「凶弾復讐の女豹」(1978年3月14日)• (1985年 - 1986年) - 密偵お蘭 役• (1989年) - 寺沢奈津子 役• (1993年、ABCテレビ) - 夏村陽子 役• (1999年)• (2007年、ABCテレビ共同制作) - 藤村佐和 役• (2007年) - ある家の女 役• (2008年) -• (2010年) - 霧島• (2010年) - 今西素子• (2011年) - 高村政江• (2012年) - 鷲尾小夜子• (2018年) - サトエ・マルケス• (2018年) - 中森瑞恵 テレビ東京 [ ]• 「」(2001年) - 松浦時枝 役• 「」(2001年) - 北守礼子 役• 「」(2002年) - 秋津順子 役• 「」(2002年 - 2004年) - 崎山知子 役• 「」(2005年 - ) - 華岡万里子 役• 「」(2015年) - 河原民子 役• 「2」(2016年) - 原恵 役• 「3」(2017年) - 多喜遼子 役• 「嫁姑いびり温泉ふたり旅」(1987年)• (1991年) - お紺 役• (1998年) - 山崎晴海 役• (2006年) - 役• (2008年) - 役• (2008年) - お勢伊 役• (2011年) - お蔦 役• (2013年、) - 竹井コーチ 役• (2014年) - 椿サキ 役• (2015年) - 松島 役• 2017年 - 真野みすず バラエティ番組 [ ]• (日テレ)• (日テレ)• (フジテレビ)• (テレビ朝日) - 不定期出演• (ABCテレビ) - でに参加した元の小野盛氏と対面している。 (MBSテレビ)• (2017年5月31日、フジテレビ) - 「かたせ梨乃(秘)魅力をロバート秋山が暴走授業」• () - イメージVTRに多く出演。 ゲストパネラーとしても数回出演。 (日本テレビ)• (TBS)• オールスター感謝祭'99 超豪華!クイズ決定版 この秋お待たせ特大号(1999年10月2日・『』)• オールスター感謝祭'15秋 チーム対抗サバイバル! クイズ王座決定戦!!(2015年10月3日・)• (テレビ朝日)• ABC創立65周年記念 芸能人格付けチェック 2016 お正月スペシャル (2016年1月1日・チーム熟女優)- パートナーは。 芸能人格付けチェック 2020 お正月スペシャル(2020年1月1日・チーム日本のカタセ)- 本来出演予定だったが収録前日に不祥事で取りやめ、急遽ピンチヒッターとして参加。 パートナーは苗字つながりで。 映画 [ ]• (1978年) - 相良 役• (1979年) - おりん 役• (1982年) - 淀君 役• (1982年) - 沙織 役• (1984年) - 小野正子 役• (1985年) - 百合 役• (1986年) - 池真琴 役• (1987年) - 菊川 役• (1988年) - 浅田せん 役• (1989年)• (1990年)• (1990年)• (1991年) - 千代春 役• 渋滞(1991年)• (1991年)• (1992年) - 松崎みね 役• (1993年)• (1994年) - 宮典子 役• (1994年) - 鶴 役• (1996年) - 李蘭 役• (1996年)• (1997年) - 岡本綾 役• (1998年)• 赤い殺意(1999年)• (1999年) - 村野ミロ 役• (2001年) - 大后 役• (2001年) - クラブのママ 役• 風の外側(2007年)• (2010年) - 山城陶子 役• (2010年) - 真山恭子 役• (2015年) - サト 役• 劇場版 2018年 - 雪村沙代 役 歌 [ ] EPレコード• ムキムキマンのエンゼル体操(1978年、ビクター)• B面「わたしのムキムキマン」(作詞:かたせ梨乃) 歌:亜沙田キム CD• CM [ ]• 「めんコク」 1979年• (1994年・1995年)• 「・4126体操篇」(1976年)• インナーサイエンス• 水着 2012年 - 2015年 着物 2012年 -• 薬用養毛剤 柑気楼(2010年 -2019年 )• サプリメント しじみの入った牡蠣ウコン(2019年 - ) 脚注 [ ].

次の

片瀬 那覇

片瀬那覇 昔

「悲しくて、ショックで、なんで?……驚きと、もう本当に渦巻いていて。 私はそのときに一緒にいることはなかったんですけれども、これだけ近くにいて何も知らなかったというのは本当に悲しいし……なんかこう、裏切られた気持ち」 これは朝の情報番組『シューイチ』で中山秀征とともにメインMCを務める片瀬那奈が、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者へのコメントを求められて発した言葉だ。 10年以上前から(合成麻薬の)MDMAやLSD、大麻、コカインを使用していたというだけに、スタジオの空気も重い。 彼女は続けて 「近くにいたからこそ言えなかったのか。 近かったからこそ私は言ってほしかったし、怒りたかったし……」と目を赤くした。 今、SNSを中心に拡散されている1本の動画のせいだ。 カメラが映し出すのは音にノリながら器用に機材をいじっているDJ……ではなく、そのすぐそばで人目も気にせず無心に踊る沢尻エリカの姿だった。 まさかのシチュエーションにカメラは完全にDJそっちのけで彼女の動きをアップにしたり、下から上へとカメラを振ったりしているのである。 撮影者(男性だろうか)のカメラワークさえも惑わせてしまうあたり、さすがエリカ様といったところか。 しかし、ドリンクの入ったプラスチックカップ片手に電子タバコのようなものから何らかの煙を吸引したり、奇妙な動きのダンスを踊ってみせたりと、逮捕された後だとどれもが薬でキマった人間のアクションにみえてしまうから不思議だ。 この動画は逮捕後まもなく削除されたが、すでにネットでは拡散されてしまっている。 でもって、片瀬である。 その動画には沢尻の隣でノリノリになっている彼女もバッチリ写り込んでしまっているのだ。 興奮しながらマイクを持ってDJを紹介する姿が大写し。 最前列で音に合わせて肩揺らし。 きわめつけはDJプレイのすぐ側で肩をゆらしながら、左手に持ったスナック菓子『ばかうけ』を貪る奇行(?)までもが放送されている。 クラブのDJイベントという空間から最も遠い存在なんじゃないかというくらい浮いている『ばかうけ』のパッケージ。 しかも、袋によく目を凝らすと『ペヤングソースやきそば風味』とある。 こんなコラボ商品が発売されていたことを片瀬那奈により認知するというチンプンカンプン。 クラブで『ばかうけペヤングソース焼きそば風味』を一心不乱に食べる片瀬那奈(YouTubeより) さらに驚くことに、再び彼女が映ったかと思えば、今度は『堅あげポテト うすしお味』をバリバリとやっているのである。 人気女優がこんな庶民的なお菓子を立て続けに食べるんか、と謎の親近感さえ沸いてしまう。 しかし、この動画をみた人は色々と感じるところがあるのか、SNSでは 《何度も海外旅行やクラブに行っている大親友が知らないわけない》と、逮捕されるまで気づいてやれなかった彼女を責めるコメントも少なくない。 かつて片瀬は『シューイチ』で沢尻について 「私にとっては親友ではあるんだけど、それよりも本当の家族に近い。 完全に妹だと思っている。 (中略)好き嫌いの領域じゃない」とまで語っていた。 〈皿乃まる美・コラムニスト〉.

次の