マランツ マイク。 マランツプロ USB コンデンサー Umpire マイク 買いました

【マランツ】PS4やスイッチで使えるスタンド付きコンデンサーマイクPOD PACK 1をレビュー【激安】

マランツ マイク

あらすじ でフレンドと円滑なコミュニケーションを取るためにはVCが必須とわかり、ヘッドセットのないぼくは急遽 (カラオケ用途として)手元にあったSonyのコンデンサーマイクECM-PCV80Uを使用。 しかし、どうにもホワイトノイズが気になるため、今度はマランツのPOD PACK1を購入。 笑っちゃうほど音質は向上したし、マイクアームは便利だが、距離40cmくらい離れるとやや声が遠いのが気になる。 ミュートボタンがないのもVC用途としては少々困る…。 恐ろしい仕組みである…。 さっそく型番「FIFINE K670」でYouTubeを検索してみると出るわ出るわレビューの嵐。 個人的には商品レビューの場合、ブログ等の文字情報のほうが一覧性が高くてありがたいのですが、マイクとなると話は別。 うちみたいにブログ記事に音声を貼り付けるケースはそれほど多く見ないし、ピンポイントで探すのも大変。 その点、YouTubeでマイクレビューとなれば録音した音声の紹介をしてくれるのはほぼ間違いないので、かなりお世話になりました。 メーカーからの商品提供を受けてレビューをしている動画も増えてきたので、なかなか評価を鵜呑みには出来ませんが、録音した音声を加工まではしないでしょう。 自分の耳で確認させてもらえるのだから提供動画だろうと何だろうとありがたいことに変わりはありません。 というわけで、FIFINE K670の動画を見はじめたのですが、どれもこれも絶賛、絶賛、で全部怪しく見えてくるから困ります。 20件ほど動画レビューを見た後、印象に残ったのはほとんどの人がFIFINE K670で録音した後に「え?」と一瞬真顔になっている点。 昔から有名メーカー+Made In Chinaは当たり前でしたが、いまどきは中国ブランド&中国製造もどんどんAmazonに出てきて売れまくっています。 FIFINEもそういったブランドのひとつで、単なるMade In China以上に品質には気をつけないといけません。 そういった先入観があるからか、中国メーカー製のガジェットがまともに動くと「え?」と驚いてしまうんですよね。 ぼくも中国メーカーの怪しげなタブレットPCをレビューするサイトを運営していたこともあるので動画配信者の気持ち、すごくわかります。 さて、問題のFIFINE K670ですが、ぼくが重要視している録音距離とミュート機能についてはほぼ問題なさそうだったのでポチることに決めました。 本当はミュートボタンが付いていると一番良かったのですが、ボリュームつまみを最小にすればミュートされるそうなので、ギリギリ許容範囲かな、と。 何より5,299円とコンデンサーマイクとしては格安ですしね。 FIFINE K670のパッケージと中身 Amazonで購入といっても中国製品の場合、中国本土から発送されるケースもあり、そこはちょっと警戒しましたが、発送はAmazon倉庫からだったのでポチった翌日には届きました。 FIFINE K670の箱 ファイファイン、と読むのかな? FIFINE K670の開梱 なんかマイクスタンドの台座部分が緩衝材から外れてマイクのほうまで寄ってる…。 配達中に中身がズレたっぽいですね。 まぁこのくらいは中国製品なら許容範囲。 箱がつぶれてたって驚かない。 説明書をどかして、マイクスタンドの台座を本来あるべき位置へ戻してみた。 台座はビニールで包まれているのにマイクとUSBケーブルが包まれてないのは何でなんだぜ、まさか中古じゃないよね、とは思うものの、動けばいいや、ということでそのまま作業を進めます。 FIFINE K670の同梱物• マイク本体&アームやスタンドに付ける首振り• USBケーブル• マイクスタンドのポール (3つに分割できるので3段階の高さ調節が可能)• マイクスタンドの台座• 説明書とサポート窓口のしおり 説明書は完全日本語化されていて驚きました。 中国版の漢字が使われている箇所はあるものの、文脈などにおかしなところはなく、普通に役立つ感じ。 説明書の左下に「改善版」とありますが、このK670はバージョン2みたい。 後で触れますが、ヘッドホンジャックの遅延が改善されたバージョンです。 それから、マイクスタンドは金属製で重量があるため、ちょっと指が当たった程度では動かない安定感があります。 FIFINE K670の外観 K670とマイクスタンド マイク本体を含めて、高さ25cmくらい。 K670のボリュームつまみ このボリュームつまみが硬いというレビューもあったのですが、うちに届いたK670のボリュームつまみは軽く、動かすのもスムーズでした。 前のバージョンから音質も改善されているらしいし、ボリュームもスムーズに改良されたのかも知れません。 K670-IIとか型番変えれば良いのにね。 K670のヘッドホンジャック マイクに何でヘッドホンジャックが付いてるんだよ、と思う方もいるかもですが、これすげーですよ。 ここにヘッドホンジャックを繋げると自分の声が聞こえるんです。 そのわりに改良される前のバージョンでは声に遅延があったそうなのですが、うちに届いた改善版とやらは遅延を全然感じられません。 しゃべった声が即座にヘッドホンに聞こえる感じ。 更にマイクとPCをUSBで繋げているとUSBオーディオとして認識されるので、マイク自体がヘッドホンアンプにもなるわけです。 PCで音楽とか流したらマイク経由でヘッドホンから鳴るんですよ。 なんだこれ。 この機能にはまったく期待してなかったのですが、密閉型のヘッドホンとか使っている人にはすごく良いんじゃないですかね。 ほら、密閉型だと自分の声聞こえないし。 自分の音声がマイクからループバックしてヘッドホンで聞こえるなら便利じゃないですかね。 K670は無駄に光る 電源スイッチはないので、USBでマイクを繋げるとすぐに光ります。 写真ではわかりやすいように部屋を暗くして撮りましたが、明るい部屋だとさほど目立たない程度の光量です。 FIFINE K670のマイクテスト 、と同じく、距離40cmでのテストです。 但し、あまりにも感度が高かったので、ボリュームを半分くらいの位置、Windowsの録音レベルは80まで落としています。 いやぁ、想像以上ですわ。 音質についてはECM-PCV80Uより良いのは間違いありませんが、マランツと比べてどうか、というのはぼくの残念な耳ではいまいちわかりません。 でも、わからない程度の差異なら、マイクから離れていてもVCができ、ボリュームつまみでミュートもできるK670のほうが良いと思いました。 参考までにマランツのPOD PACK1 距離40cmでマイクテスト 参考までにECM-PCV80U 距離40cmでマイクテスト FIFINE K670を机に設置してみる 付属のマイクスタンドで設置した場合 マランツのPOD PACK1とFIFINE K670を並べた場合 FIFINE K670をマイクアームに付けた場合 マランツのときは距離20cmくらいまで近づけないと声が遠く感じたので、圧迫感がありましたが、K670の場合は写真の位置くらいでも余裕で声が入るので、ゲーム中もマイクの位置を気にせずにプレイできそうな感じです。 まとめ• それでもかなりの距離の音を拾うので、だら~んとした姿勢でVCやりたいぼくのような人には最適かと。 あとはミュートボタンもあれば完璧だったなぁ。 ボリュームつまみを最小にすることでミュートにはなるのですが、そうすると戻すときにボリュームの位置どこだったかなぁと気を使うじゃないですか。 とりあえず、デフォルトの位置をつまみの半分とか、4分の1とか決め打ちして、離席から戻ったらその位置に戻す、というのに慣れないといけませんね。 まだ届いて2日くらいしか使っていないので、しばらくVC用として使いまくってみようと思います。

次の

マランツプロ MPM

マランツ マイク

MPM2000Uにはミュートボタンが無い ミュートは声が全く入らなくなるモードのことで、 ミュートボタンを押すだけで声や周辺の音が入力されなくなります。 PCやPS4等でゲーム配信をするなら必須の機能です。 例えば 配信中にトイレに行きたい時とか、急にAmazonから荷物が届いた時にミュートボタンを押すだけで「視聴者に聞いてほしくない音(個人情報)」をシャットアウトできるからです。 別にミュートボタンが無くても配信ソフトの方で音声をミュートにすればいいのですが、はっきり言ってミュートボタンの方が10倍くらい楽で便利です。 これは一度やってみれば分かります。 ミュートボタンの無いマイクなんて使いたくない…と思うようになります。 そして何より、Razer Seiren Xでミュートボタンを押すと ミュートボタンが赤く光ります。 「ちゃんとミュート出来てる!」という安心感があるのがとにかく良いのです。 音質はどちらもほぼ変わらず 正直、Razer Seiren Xの音質には期待していませんでした。 しかし実際は1万円程度のMPM2000Uとほぼ変わりません。 なんとなくMPM2000Uの方がいい気がしますが、 凡人の耳には違いが全く分かりません。 Razer Seiren Xは音が大きい またMPM2000Uと比較した場合、入力された 音声の大きさはRazer Seiren Xの方が大きく、大きな声を出さなくても声を拾ってくれます。 個人的にはこれには大変助かりました。 地声がとても小さい方なので。 「大きな声を出そうと思えば出せるけど、体力を使うからしんどい」という人にはRazer Seiren Xがぴったりです。 ただ音声の大きさは配信ソフト側で調整できます。 例えば(旧:ShadowPlay)やなら設定でマイク音声の大きさを簡単に変えられます。 しかし Razer Seiren Xの方が出力される音声が大きいので調整幅が大きく扱いやすいです。 また、Razer Seiren Xには音声を上げるゲイン機能ようなツマミがあり、そこを調整することでも音声の大きさの上げ下げが可能となっています。 しかし 音声調節のツマミは常に最小にした方がいいです。 ツマミを右の方に回して音声を上げると 明らかに音が悪くなるからです。 音声を上げる場合は配信ソフト側でゲインを上げるのがベストでしょう。 Razer Seiren XやMPM2000Uを使っていても、結局音声の大きさは配信ソフト側で調整します。 ただ実際に両方とも使った感想としては出力された音声の大きいRazer Seiren Xの方が便利でした。 動画に音声を吹き込む場合でも、 音声の大きさを調整しなくてもそのまま使用することができ手間が減ったのです。 MPM2000Uの場合は動画編集ソフト側()でゲインをMAXにしてやっと、音声をちょうどいいくらいの大きさに出来ました。 しかし、それなら 同じくらいの音質のRazer Seiren Xを使った方がゲイン無しにできるので音質を高めることができるような気がしました。 (このへんはよく分かりませんが) Razer Seiren Xはコンパクトサイズ Razer Seiren Xは USBマイクの中でもトップクラスに小さく、机に置きやすいです。 机が散らかっている人にはうってつけと言えるでしょう。 MPM2000Uだと大きいです。 MPM2000U単体だけでも重くて大きいのに、それにプラスしてオモリの入ったマイクスタンドに取り付けることになります。 取り回しが悪いです。 現在使用しているオーディオインターフェイス(ヤマハの「AG03」)。 音量調整のスライダーが大変使いやすいですが、ヘッドセット端子から音を聞くと確実にホワイトノイズが入るので、PCから鳴る音は別の機器で聞くか、AG03のモニター側の音量を下げることで対処しています ただ、その答えにたどり着くまでいくらか金銭を使うことになるでしょう…。 私はUSBマイクのRazer Seiren Xから使い始めました。 しかしさらなる音質の良さを求めて、結局はオーディオインターフェイス(ヤマハの「AG03」)とコンデンサーマイク(オーディオテクニカの「AT4040」)を買いました。 「 ゲーム配信程度ならコンデンサーマイクは1万円台の物で十分なのではないか」と思いました。 なぜならオーディオテクニカの「AT4040」は3万円以上したからです。 地声を他人に自慢できるものじゃない限り、コンデンサーマイクはコストパフォーマンスに優れた物で十分だと思います。 恥ずかしながら私の声はそもそもノイズに近いタイプなので、高いマイクを買ってもあまり意味がなかったのです。 「最初からオーディオインターフェイスとコンデンサーマイクを買え」と言われても買う人はほぼいないでしょう。 なぜならオーディオインターフェイスとコンデンサーマイク、そしてXLRケーブルを含めると最低でも2万5000円以上掛かります。 とりあえず上の機材があれば配信できます。 マイクスタンドは別にアーム式じゃなくてもOKです。 コンデンサーマイクはオーディオテクニカのAT2035くらいがちょうどいいかと。 専用設計のショックマウントが付いてきます。 マイクスタンドは高い物の方が長期的に考えたら得をするはず。 マイク以外にも必要な道具 生配信をせず、動画に声を入れるだけならマランツプロのMPM2000UかMPM1000Uを買えば十分です。 しかしマイクスタンドも必要となってくるので、そちらも合わせて購入する必要があります。 マイクスタンドは机に置けるタイプが扱いやすいです。 最初からアーム式マイクスタンドを買うのはあまりおすすめしません。 安い物はもっとおすすめしません。 しかし最初は安価な物からスタートするのも悪くはないでしょう。 何が良くて何が悪いのか理解するのに役立つはずです。 ちなみにアーム式マイクスタンドはRODEの「」(約1万円)、そしてポップノイズフィルターはTOMOCAの「MS-130 」(2,462円ほど)が最高に良かったですが、最初はこれらが無くても全然やっていけます。 ちなみにこういった高額なアーム式マイクスタンドや、Amazonにも載っていないポップノイズフィルター等はではあったりします。 Amazonよりも安い価格で。 実際に「PSA1 Studio Arm」はサウンドハウスの方がAmazonよりも3,000〜4,000円の方が安かったので、私はサウンドハウスで買いました。 なるべくポップノイズフィルターはあった方がいいです。 ポップノイズフィルターがないとパ行などを発声した際にポップノイズ(「ボフッ」という音)が入ってしまいます。 ポップノイズフィルターをマイクに付けるとポップノイズを防いでくれます。 Razer Seiren Xにポップノイズフィルターを取り付けるとこんな感じ ポップノイズフィルターは金属製の方が音声がこもらなくなるので良かったです。 布が使われている500円程度の安物だと音質も悪くなりますし、あまりポップノイズを抑制できないので微妙です。 金属製ならポップノイズを完全に防ぐことができて音質も大変良いです。 Amazonにも金属製のポップノイズフィルターはありますが、サウンドハウスの方が1,000円程度安く買えるかもしれません。 時期やタイミングによって価格は変わってきますが。 マイクに直接取り付けるタイプのは Razer Seiren XとMPM2000Uに対応。 実際に取り付けて試したので間違いないです。 ただ、似たような安いポップノイズフィルター(布が使われている物)は他にもありますし、GOMILE製である必要性はそれほど高くないと思います。 GOMILEというメーカーは聞いたことがないですし、安いポップノイズフィルターは恐らくどれを買っても似たような物でしょう。 とにかく配信してみないと何も分からない 「ゲーム配信でもやってみようかな」という段階の人は、とりあえずRazer Seiren Xを使ってみてゲーム配信というものがどんなものなのか体験してみましょう。 高いマイクを買うかどうかはそこから考えてみてもいいと思います。 とは言ってもRazer Seiren Xはネット通販では1万円以上もします。 ちょっと高いです。 余談:AviUtlからAdobe Premiere Elementsに乗り換えた理由 ちなみに動画を編集する際はを使用しています。 無料のAviUtlを使っていましたが、 1時間を超える動画を読み込む際に異常に時間が掛かるので乗り換えました。 Adobe Premiere ElementsならAviUtlよりも編集しやすく、さらに動画の読み込みも早いので編集作業のスピードが上がりました。 どうせなら最初からAdobe Premiere Elementsを買っておけば良かったと正直思いました。 AviUtlはプラグインの管理などが面倒ですし、慣れるまで時間も掛かりますし…。 他にも編集ソフトはがありますが、こちらは月額2,480円(年間プランだと月額2,180円)と高額なので断念。 しかし Adobe Premiere Elementsでも様々な機能が備わっているので私にはこれで十分でした。 ではAdobe Premiere ElementsとAdobe Premiere Proの体験版をダウンロードできます。 AviUtlで満足している人も一度試した方がいいかもしれません。 長い目で見ると 膨大な時間を節約できる可能性が高いです。

次の

【マランツ】PS4やスイッチで使えるスタンド付きコンデンサーマイクPOD PACK 1をレビュー【激安】

マランツ マイク

コンテンツ• 突然のヘッドセット故障・・・ これまで通話に使用していたのはSteelSeries製のワイヤレスヘッドセット。 マイク性能は並だったが、バッテリー持ちの良さとワイヤレス特有の取り回しの良さがお気に入りだった。 特に不満なく利用していたものの、 ヘッドセットに音声を転送するUSBレシーバが突然の故障。 おそらく、モニター裏のUSB端子(ハブ)に接続していたケーブルが、モニタアームの稼動による過度なテンションによって断線したのだろう。 とはいえ、ヘッドセット本体はまだまだ使えるので、断線したレシーバのみ交換することに。 しかし、レシーバ単体で 本体3000円+送料3000円=計6000円もすることが判明。 日本で販売されておらず、海外から取り寄せる必要があるらしい。 こんな想定外の理由もあり、せっかくなのでマイクを買い換えてみることにした。 コスパを最優先。 6,000円で購入できるマイクを探す 様々なマイクを検討したが、今回は「 コンデンサーマイク」を購入することに。 コンデンサーマイクは一般的に高音質で、 録音やストリーミングなどの幅広い用途で活用される。 プロの現場でよく使われるのもこのタイプだ。 しかし、「コンデンサーマイク」は高性能である分、 比較的高価という欠点も。 Amazonなどの通販サイトには安価なコンデンサーマイクも多いが、ほとんどは中国メーカーのもの。 いくら安いとはいえ、知らないメーカーのマイクを購入するのには正直不安がつきまとう。 そんな中、音響機器メーカーとして有名な、Marantz(マランツ)製のコンデンサーマイク「 Pod Pack 1」を発見。 レビューこそ少ないものの、 「信頼できるメーカー製」「音質に定評がある」「なおかつ高コスパ」 という理由から購入してみることにした。 マイクアームにもロゴ入り 見た目の安っぽさは皆無。 黒色の本体に金のロゴがゴージャスで、マイクとの統一感は抜群。 可動部の位置調整は非常にスムーズで、止めたいところでピタリと止めることができる。 マイクアームの可動域が広く、使用時は口元、未使用時は壁に寄せる、といった操作をスムーズに行うことができる。 一般的なスタンドタイプのマイクに比べ、 デスクを圧迫しないため邪魔になりにくく、デスクを広く使うことができる。 正直、購入前は「オマケだし使えればいいや」程度にしか考えていなかったが、ここまで使えるモノが付いてくるとは思わなかった。 このクオリティのスタンドとマイクがセットでこの価格というのは破格。 音質は安心のMarantz(マランツ)。 録音から通話までなんでもござれ USBマイクはPCに接続して利用する場合がほとんど。 PCの場合用途は幅広く、音声収録や通話など幅広い用途での利用が想定されるため、ノイズや指向性などの性能面は気になるポイントだろう。 この価格帯のUSBマイクは通話などのカジュアルな用途向けが多く、性能を抑えることで低価格を実現している製品が多い。 そんな製品がひしめき合う価格帯ながら、「 Pod Pack 1」はプロ向けのマイクに近しい性能を実現。 ストリーマーやアナウンサーでも満足できるはずだ。 「Pod Pack 1」の指向性は「 単一指向性」。 配信者の天敵である窓から聞こえる風切音や、洗濯機の動作音などのノイズを拾いにくい様になっている。 「マイク正面以外から聞こえる音」を拾いにくいため、自宅で配信するストリーマーには非常におすすめだ。 コンデンサーマイクとしては珍しく、 外部電源を必要としないのもポイント。 USB接続さえできれば、 ドライバ不要・即利用可能なので、iPhoneなどのスマホにつなぐだけで使用することができた。 まとめ こんな人にオススメ!.

次の