スロットル バルブ クリーナー。 スロットルバルブの清掃でアイドリング正常化~ソニカの整備記録

Wako's スロットルバルブクリーナー施工

スロットル バルブ クリーナー

2019年3月12日 「ダイハツのKFエンジンの電スロは清掃してはいけない」 ナリタです。 これは整備業界では通説になっているかもしれません。 YouTube動画でも説明しています! さんがスロットルバルブクリーナーを発売して間もなく、 アイドリング時の回転数が基準値まで下がらなくなるダイハツの電子制御スロットル車が続出したのだそうです。 理由はスロットルバルブクリーナーで清掃したあとのこの写真。 (スロットルの反対側から光で照らしています) 逆に清掃前というか、新車状態を再現したスロットルの写真がこちら。 清掃後と清掃前で、スロットルボディと弁の 隙間から漏れる光の量が全然違うことがわかりますよね。 こちらがダイハツKFエンジンの電子制御スロットル ミライース発売から採用されたらしい製電子制御スロットルですが、弁が全閉状態でボディと弁の隙間がかなり大きいのです。 樹脂が熱等による影響で、将来的に多少の変形が起こってしまっても動きが悪くならないよう、わざとこのくらいの大きな隙間という仕様なのでしょうか。 この隙間を埋めるために、モリブデンコートという 隙間埋め剤が新車時から塗布されています。 隙間埋め剤が塗布された状態 スロットル清掃をすると、 汚れと共にモリブデンコートが落ちてしまうのです。 結果、隙間が大きくなり、アイドリングが下がらなくなるということになってしまうのです。 スロットルバルブクリーナーの成分的にモリブデンコートに影響は少ないと言っても、多少なりとも柔らかくなってしまうのか、 ウエスで力いっぱい拭けば汚れと一緒にモリブデンコートも剥がれ落ちてしまいます。 更に、スロットル清掃時、黒い汚れが取れなくなるまで、 ウエス等で思いっきり拭き拭きされているWEB記事の写真をよくみかけます。 まあ、ナリタオートでも、思いっきりウエスでスロットルを清掃した写真を使っていたりしますが。 (インスタ映えならぬ記事映えを狙ってるので) 清掃前(ナリタオートで説明用に使用している写真) 清掃後(ナリタオートで説明用に使用している写真) 汚れを拭き取ったウエス(ナリタオートで説明用に使用している写真) 弁のまわりが真っ黒いスロットルから、 ピッカピカに拭き上げられたスロットルは見ていて気持ちいいですよね。 それが スロットル清掃方法のイメージの逆効果になっているのではないかと思うのです。 以上のことをふまえ、ナリタオートではスロットル清掃時、 スロットル清掃は歯ブラシでやさしく擦るだけ で、済ませるようにしています。 歯ブラシは毛先が細くなっているタイプを愛用しています。 スロットルを全開にして(車種によっては開かないものもありますが)、歯ブラシでこすってパーツクリーナーで洗って終わりです。 仕上げにウエスで拭いたりはしません。 これだけで済ませれば、モリブデンコートを洗い落とす心配はほとんどありません。 もしモリブデンコートを洗い落としてしまった場合は・・・ これを使いましょう! さんのスロットルコート その名の通り、スロットルの隙間埋め剤です。 これを塗れば、万事解決です! ちなみに、一般的に流通しているモリブデングリスやモリブデンスプレー等は固まらないので、スロットルコート剤としては使えません。 まとめ ・KFエンジンの電スロのモリブデンコートを洗い落とすと隙間が大きい! ・モリブデンコートを落とさず清掃するには歯ブラシ! ・モリブデンコートを洗い落としてしまったら東名パワードさんのスロットルコートで対処!.

次の

WAKO’S スロットルバルブクリーナー

スロットル バルブ クリーナー

呉工業 クレ 1本 170mL レビュー: 33 【特長】デリケートなエアフローセンサーの汚れを簡単・確実に除去する洗浄剤。 強力な洗浄力でスラッジやホコリなどの汚れをすばやく落とします。 エンジン効率を適正化し、アイドリングの安定、レスポンスの向上を実現します。 速乾性なのでエアフローセンサーを傷めず、クリーニング後の残渣もありません。 金属パーツやプラスチックパーツの洗浄にも効果的です。 有機則規制外商品【用途】ホットワイヤー式およびフラップ式エアフローセンサーの洗浄。 金属パーツ、プラスチックパーツの洗浄。 燃料に添加するだけで燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻します。 また燃料の酸化劣化や燃料タンクの腐食を抑制し、潤滑性を高めることが可能で、燃料に必要な性能全般を総合的に引き上げることができます。 原液量を増やしたことでたっぷり使えます。 軸受け、チェーン等の機械部品や自動車のディスクブレーキ、ドラムブレーキに付着したオイルやグリースなどの汚れをすばやくきれいに落とします。 オゾン層の破壊や環境汚染の原因となるフロン及びトリクロロエタンを一切含まない有機溶剤中毒予防規則適用外の洗浄剤です。 有機溶剤中毒予防規則適用外。 ノンフロン・ノントリクロロエタン。 逆さ噴射OK。

次の

D.I.Y.メンテナンス エンジン周り<スロットルバルブの洗浄>

スロットル バルブ クリーナー

ドアの閉め方 ドアの内張りは、薄手のMDF材をビニール製の内装で化粧しており、プラスチック製のクリップで留められている。 このMDF材はかなり軟弱で、ドアを強く閉めることを繰り返すことで、内張りの上部のプラスチックのネジ部分が折れ、修復不能となる。 できるだけ、必要最小限の力でドアを閉めることを心掛ける。 オイル交換 でも記載しているが、オイル交換を怠るとの原因となる。 チューニングメーカーのがカプチーノを使用して以下の実験を行い、実証している。 共通事項• :エンジン スズキ F6A• :走行距離やO/H歴に関係なく、タービンを交換するまでの期間でOIL管理が不明もしくは粗雑だったエンジンが搭載されていた車両。 :原因としてOILストレーナーからターボまでの間で大量のスラッジが発見された事。 :他車種で発生しなかったこと。 :実テストで同結果が得られたこと。 テスト内容・・・• 第一テストはOIL交換を5000km以上行わないでその後、タービン交換。 第二テストは5000km以上OIL交換を行わないで、OIL交換をしてフラッシングをしてからタービン交換。 このテストを車両を変えて2回づつ行った結果、4台共にしました。 (タービン交換時も当然OIL交換しています。 ) また、同じ状態のエンジンでフラッシングを2回行い、さらに2000kmの定期OIL交換を3回行ったあとにタービン交換した車両ではブローしませんでした。 (テスト期間5ヶ月) 以上を理由に特定させていただきました。 尚、対策は中古車においては対策のしようがないので、過去の詳細が不明な車両についてはOILパンからタービンまでのラインを新品に交換することをお勧めします。 オイル漏れ止め剤 漏れ止め剤の中には内部でゲル化して被膜を作り強力かつ即効でエンジンオイル漏れを止める商品もありますがオイルラインを詰まらせる可能性が高くオススメできません。 特にカプチーノのタービンへのオイルラインは細く詰り易いため、の原因になります。 極寒時の空ぶかし 北海道の冬のようにマイナス10度以下になると、オイルは水飴のように硬くなる。 この状態で無理にエンジンを空吹かしするとオイルラインに高圧がかかり、特にオイルエレメントを支える板バネが繰り返し高圧を受けることで、伸びきって支えきれなくなります。 それが原因で濾過されないオイルがエンジンの各部を回り、いろいろな部品の磨耗を早めてしまいます。 ですから早く暖めたいからといっても空吹かしは絶対にしてはいけません。 十分注意して下さい キャブクリーナー スロットルボディにはセンサ類が多数あるため、泡状のキャブクリーナー類を使用するとまれにセンサ類がショートすることがあり、過大な電流がECUに流れECUの故障の原因になる。 このため、スズキのディーラーではキャブクリーナー類は使用しないようになっている。 整備作業上の留意点 スロットルボデーの清掃時の注意点 (スズキ株式会社資料)• スロットルボデー清掃時の注意事項 スロットルボデー内に付着したカーボン類の清掃作業において、スプレ一式洗浄剤(石油系溶剤)を直接スロットルバルブやISCバイパス通路に吹き付けるとISCバルブ内部に洗浄剤が浸入し、コイル線の絶縁皮膜が溶解してショートし、ISCバルブが作動不良となる場合があります。 また、コイル線がショートするとエンジンコントローラ(ECU)のISCバルブ駆動用回路に過電流が流れエンジンコントローラ(ECU)が破損する場合があります。 つきましては下記の作業ポイントに注意してスロットルボデーの清掃作業を実施してください。 請掃作業ポイント ・スプレー式洗浄剤(石油系溶剤)を直接スロットルボデーのボア内に吹き付けない。 ・スロットルバルブ及びボア内に付着したカーボンは綿棒に洗浄剤を染み込ませて清掃する。 ドアミラー脱着 ドアミラーを脱着するためには、ミラーの付け根のカバーを外す必要がある。 このカバーは、小さな爪で引っ掛けているだけなので、簡単に脱着ができるのだが、経年劣化により必ずといって良いほど外すときに爪が折れてしまう。 爪が折れてしまうとカバーの取り付けが出来なくなってしまい、付いているつもりでも走行中に脱落してしまう。 カバーは部品供給されておらず、手に入れるためにはミラーとのアッセン交換となり、17,000円必要となる。 鍵穴に潤滑油 鍵穴は、イグニッション、ドア、トランク、グローブボックス、センターコンソール小物入れにあるが、特にドアの鍵は経年使用により動きが渋くなる。 この時、CURE5-56に代表される潤滑油の類を注入し、一時的に鍵の動きをスムーズにする人が多いが、シリンダー錠の構造上、潤滑油を注入することによりゴミが付着しやすくなり、逆に故障の原因となる。 基本的なメンテナンスは、パーツクリーナーで洗浄するだけで十分である。 また、鍵専用のパウダー状の潤滑剤が売られているので、こちらを使用することを推奨する。 オープンでのスポーツ走行 カプチーノはオープンカーであることから、オープン状態で走ることを前提に作られているが、屋根がない状態でのスポーツ走行では、車体に歪みが発生する。 このため、サーキットをはじめとするスポーツ走行では、クローズ状態で走ることを必須としないと、最悪の場合スポット溶接部分が剥離することもある。 クラッチ・ディスク 純正相当品として販売されているクラッチ・ディスクには、ダンパースプリングが3本しか着いていないものがあり、カプチーノで使用すると、我慢出来ないほどのバイブレーションが発生することがある。 これは、同じエンジン型式のNA車や横置きエンジンで使用されるクラッチ・ディスクもサイズが同じであることから装着可能であり、しかも安価であることから流用されているケースが考えられる。 純正品のダンパースプリングは4本で、しかもダブルスプリングとなっており、振動を抑える効果が高い。 同じ症状がジムニーでも確認されており、使用は避けたほうが良い。 関連情報.

次の