東京 メディカル スポーツ 専門 学校。 2020年度の開講について

東京メディカル・スポーツ専門学校 / AOエントリー

東京 メディカル スポーツ 専門 学校

基礎分野 専門基礎分野 科学的思考 の基盤 人間と生活 人体の構造と機能及び心身の発達 疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 保保健医療福祉とリハビリテーションの理念• ITリテラシー、• スタディスキル、• 理学療法• 基礎科学、• 医療統計• いのちの倫理、• 心理学、• 文章リテラシー、• 保健体育、• 医学英語、• 障がい者スポーツ指導論• 生理学、• 運動生理、• 運動学、• 基礎医療用語• 演習、• 人間発達学• 理学療法論、• 病態運動学、• 関節の運動学• 理学療法評価• 概論、• 理学療法検査・測定法、• 理学療法検査・測定法実習• 動作観察法、• 動作観察演習、• 動作分析法、• 動作分析法演習 専門分野 他 理学療法 治療学 理学療法 評価学 地域理学 療法学 臨床実習 必須 選択 臨床柔道整復学• 理学療法評価概論、• 理学療法検査・測定法、• 理学療法検査・• 動作観察法、• 動作観察演習、• 動作分析法、• 動作分析法演習• 運動療法学、• 物理療法学、• 義肢装具学、• 義肢装具学実習、• 日常生活動作学、• 日常生活活動学実習• 臨床評価実習、• 臨床総合実習• 国家試験• コンディショニング• 介護予防、• トレーナースキル講座、• スポーツ理学療法評価法、• トレーニング論、アスレティックトレーニング論• ろう者サッカー男子日本代表トレーナー 林 恭平 さん 日本のデフサッカーがさらに強くなり、今よりもっと世界に知られるようになったら嬉しいですね。 そのために、自分自身もトレーナーとして成長し続けるよう努めています。 TMSは、先生方が実際に経験した様々なお話を聞けるのが魅力のひとつ。 治療のことで悩んだとき、在学時の先生方のお話を振り返ると、ヒントになることがあります。 これからも選手・チームと共に、世界と戦います。 ハンドボール日本代表トレーナー 薄 勝也 さん 病院のリハビリテーション部に勤務しながら、トレーナーとしてハンドボール日本代表に帯同しています。 在学中、とくに印象に残っているのが、テーピングの授業。 そのとき習った技術は、いまでも現場ですごく役に立っています。 理学療法士の働く場は、病院や施設だけではありません。 皆さんの活躍に期待しています。 東京都立昭和高等学校サッカー部トレーナー 田中 五大 さん 理学療法士科とアスレティックトレーナー専攻に通っていたので、たくさんのクラスメイトと接する機会があり、様々な考え方や価値観に触れることができました。 実習では社会人サッカーチームに帯同させていただき、そのときの経験が現在の活動に活かされています。 整形外科クリニックの勤務に加え、高校や中学のサッカー部でトレーニング指導やメディカル面でのサポートを行っています。

次の

東京メディカル・スポーツ専門学校|東京の専門学校を探そう

東京 メディカル スポーツ 専門 学校

ケガを治して選手を支える ・スポーツ選手のケガに強い「柔道整復師」 柔道整復術は、もともと柔道競技者の治療を目的として発展した技術ですが、治療にスポーツ競技者としての経験が生かされている点、スポーツ外傷・傷害を素早く回復させることに特化している点が特徴です。 ・スポーツ業界における柔道整復師の活躍の場 柔道整復師の活躍の場は、プロスポーツチーム、スポーツ系関連企業、整骨院・接骨院、整形外科など多岐に渡ります。 特に、TMS卒業生のスポーツ分野での活躍の場としては、プロのスポーツチームのトレーナーや、治療院に属しながら社会人チーム、大学、高校などの部活などに派遣されるなど様々な形があります。 柔道整復師の活躍の場として、他に「接骨院・整骨院の開業」の開業もあげられます。 TNS卒業生も数多く開業しています。 注目すべきは、その整骨院の特色です。 本校での学びを活かして、スポーツ選手の治療に強い接骨院を開業し、自分のスタイルでスポーツと関わっています。 身体状態を整え、選手のプレーを支える ・スポーツ選手のコンディショニングに強い鍼灸師 鍼灸師は、鍼・灸を用いて全身状態を改善させることで、選手のコンディションを整えケガを予防することができます。 また、鍼灸治療は、血流・リンパの流れを改善することで、筋肉の張りを和らげ 体力増進も促します。 スポーツ選手が常に最高のコンディションを維持するために、高い鍼灸技術とスポーツ医学に関する広い知識を有する鍼灸師の力が求められます。 ・スポーツ業界における鍼灸師の活躍の場 鍼灸師はスポーツ業界をはじめ、さまざまな活躍の場があります。 鍼灸治療院に数年勤務し、その後自ら鍼灸治療院を開業することもできます。 また、整形外科のリハビリや、内科や神経内科などの疾患の治療に「鍼灸」を取り入れている病院に勤務することも。 トレーナーとしてチームに所属するには、プロチームと個人契約する方法の他に、スポーツ現場へのトレーナー派遣契約を行っている治療院に勤務することでも叶えることができます。 他にも、激しいダンスを踊るアイドルや、アクションが多い俳優などのパーソナルトレーナーとして芸能界で活躍する鍼灸師もいます。 また、美容分野などでも鍼灸師は求められています。 選手のケガの予防と競技復帰を支える ・スポーツ選手のリハビリと予防に強い理学療法士 理学療法士は、痛みやケガの根本原因を分析する「動作分析」「傷害の評価」のプロフェッショナル。 スポーツ現場での需要が高く、多くのプロチームでトレーナーとして活躍しています。 スポーツ選手の動きや姿勢、身体のゆがみなどを分析し、問題となる箇所を改善することで、競技のパフォーマンスを向上させることが出来ます。 また、効果的な運動メニューを考案し、リハビリを実施します。 さらに、ケガ原因となる動作を改善することにより、ケガを未然に予防することができます。 ・スポーツ業界における理学療法士の活躍の場 理学療法士の活躍の場は、病院やクリニックなどの医療現場、介護老人保健福祉施設などの医療福祉分野だけでなく、Jリーグなどのスポーツ分野など多岐に渡ります。 また、病院・クリニックといっても幅広く、スポーツ選手が治療・リハビリのために多く訪れる病院や、プロチームに帯同するチームドクターが開業しているクリニックなど、その特色は様々です。 トレーナー派遣に力を入れている病院や整形外科もあり、いずれはプロスポーツに携わりたいという方は、そのような病院に勤め、理学療法士としての力をつけていくことがお勧めです。 理学療法士は、障がい者スポーツや傷害予防の分野でも求められており、今後活躍の場はどんどん広がっていくことが予想されます。 この学校で目指せる職業・資格.

次の

東京メディカル・スポーツ専門学校|東京の専門学校を探そう

東京 メディカル スポーツ 専門 学校

現在の資格を取ろう!と思ったきっかけは? スポーツに関わりたいと思い、色んなスポーツの関わり方を調べていく中で、選手と密に関わることのできる「トレーナー」に興味を持ちました。 トレーナーは医療の資格を持っていないと、スポーツ選手が言うことを聞かなくなるという話を知り合いのトレーナーに聞いて、医療資格の必要性を強く感じました。 そこで、怪我の処置に強い「柔道整復師」の資格を取ろうと思いました。 TMSに入学を決めた理由は何ですか? スポーツに強いからです!実際にTMSのオープンキャンパスに来てみて、学校がスポーツを押していることを、肌で感じ、スポーツを仕事にするならこの学校だなと感じました。 また、TMSにはスポーツの最前線で仕事をしている先生がたくさんいて、この先生たちと関わり、学べることに魅力を感じました! TMSに入学する前に不安だったことはありましたか? 高校時代全く勉強していなかったので、勉強できるか不安でした。 しかし、入学前に行う「プレカレッジ」や学校説明会で卒業生や在校生に話を聞くことで不安はやる気に変わりました!また、友達が出来るかも心配でしたが、たくさんのオリエンテーションを通して、「みんなで国家資格の合格を目指していこう!」という雰囲気を感じ、今ではとても充実した学校生活を過ごしています。 TMSに入学して良かったことは何ですか? 勉強をする習慣が身についたことです。 毎週行われる小テストに向けて、毎日家に帰ってからその日の復習することが増えました。 また、普段から行っているサッカーチームの実習では、毎回先生から厳しいアドバイスを受けています。 その中で、自ら考えて行動できるようになったこともTMSでしか学べないことだと感じています! TMSってどんな学校? 自分のやる気次第で何でも出来る学校です!TMSにはたくさんのスポーツコンテンツが揃っています。 自分がそのコンテンツをどのように学んで、実践していくかが大事だと感じています。 日々大変ですが、この学校に入って本当に良かったと感じています!.

次の