ぎゅう 肩 ロース ブロック レシピ。 牛肉の肩ロースとはどんな部位?簡単でおいしい牛肩ロースレシピを紹介!

【みんなが作ってる】 牛肩ロースのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ぎゅう 肩 ロース ブロック レシピ

豚肩ロースブロック肉を柔らかく仕上げるコツ 安いブロック肉でも簡単に柔らかくするためには、いくつかの方法があります。 代表的な3つの方法を簡単にご紹介していきます。 筋切りや肉叩き• ビールや炭酸飲料などを使う• やり方としては肉の脂と赤身部分の間に、繊維と直角に包丁で数か所切れ目を入れます。 分厚い肉の場合は裏返して、裏側の筋切りも行ってください。 こうすることで、切った部分から味がしみ込んだり、肉が反り返ったりするのを防ぐとともに肉自体が柔らかくなる効果があります。 また肉の表面を専用の肉叩きで叩いたりしても、同じ効果を得ることが出来ます。 専用の器具が無い場合には、包丁をひっくり返してミネの部分で叩くと適度に繊維を切断することが出来ます。 調理する際にひと手間加えることで、肉の柔らかさが変わってくるので是非試してみて下さい。 一般的に肉が固くなる原因の一つとして、ph値が高い(アルカリ性に傾く)ということがあります。 なので酸性のビールや炭酸飲料で調理前の肉を漬けることで、肉のph値を低く(酸性に近づける)する効果が得られます。 他にも肉をコーラで煮るのも、この効果を活用して柔らかくする方法です。 さらにレモン水を使うやり方や、ビネガー(酢)に漬けるやり方もあります。 肉を短時間で強火で加熱すると、肉のタンパク質成分がギュッと固くなり、肉の水分が抜けてしまうことで固くなってしまうのです。 それを防ぐには酵素を使って、タンパク質を分解する必要があります。 酵素とは果物や乳製品、発酵食品に含まれている成分のこと。 そのため、乳酸が多いヨーグルトや発酵食品である塩麴に肉を漬けることで柔らかくすることが出来ます。 他にもパイナップやキウイなどの果物、玉ねぎなどの野菜にも多く酵素が含まれているので、細かく刻んで肉に付けると良いでしょう。 調理する際には、ヨーグルトや果物などはキッチンペーパーなどで軽くふき取ってください。 豚肩ロースのブロック肉はどんな調理法がおすすめ? さて、豚肩ロースブロック肉にはどんな調理方法が合うのでしょうか。 圧力鍋で煮込む• オーブンレンジで焼く• 炊飯器を使ったアイデア• フライパンで煮込み料理• 火を通すことで固くなりがちなブロック肉も、圧力鍋を使ってほろほろととろけるような食感に。 また通常の鍋で調理するよりも、グッと短時間で仕上がるのもありがたいですね。 遠赤外線でじっくり調理できるオーブンレンジもあるので、思ったより柔らかく仕上がると人気です。 豚肩ロースブロック肉もその例外ではありません。 材料をまとめて入れてスイッチのボタンを押すだけで、一品出来てしまうという便利さが人気に。 また水を貼った炊飯器に、調味料をまぶしたブロック肉をジップロックなど密閉出来る入れ物に入れて調理する方法もあります。 こちらは効率的に味が染みて、しかも後片付けも簡単なので挑戦したくなる方法です。 あらかじめ果物や玉ねぎなどに漬けておくことでより柔らかい仕上がりになると人気です。 野菜など他の材料と一緒に煮込むことで、旨味が野菜にもしみ込みます。 塩コショウをした豚肩ロース肉の表面に、フライパンで焼き目を付けます。 熱いうちにアルミホイルに包んで、弱火に熱していた魚焼きグリルで10分、取り出して余熱で10分放置するだけ。 余熱で中まで火が通って、ちょうど良い食べごろになります。 ただし直火に掛けるので、火加減や火との距離には十分注意してください。 豚肩ロースのブロック肉の人気レシピ【圧力鍋を使ったレシピ】 ブロック肉の人気レシピといえば、圧力鍋を使った煮込み料理があげられます。 豚肩ロースブロック肉の緑茶煮• 豚肩ロースブロック肉と大根のスープ• 豚肩ロースブロック肉の醤油漬け• 豚肩ロースブロック肉の角煮• 圧力鍋に投入して、緑茶・ネギの青い部分・生姜の皮を入れて加熱。 火を止めて一旦冷ましてから再び緑茶や醤油、砂糖、ネギやニンニクを入れて、今度はフタをせずに加熱していきます。 この時ゆで卵を一緒に入れると、煮汁がしみ込んでおいしい煮卵になります。 ある程度煮汁が少なくなったら火を止めて、一晩放置すれば完成です。 放置することで一層味がしみ込み、角が取れてまろやかな味わいに。 味付けは鶏ガラスープの素やコンソメを使うほか、和風だしで煮込んでも和風になります。 豚肩ロースブロック肉からも旨味が出るので、スープごと頂くことで余すところなく食べることが出来る人気レシピです。 粗熱が取れたらタコ糸を外し、漬けダレに一晩付ければ出来上がりの簡単レシピです。 漬けダレにはにんにく・醤油・酒・唐辛子などをひと煮立ちしたものを使用します。 漬けダレを甘くすれば、子供も食べられるメニューになります。 粗熱を取ってから、食べやすい大きさに豚肩ロースブロック肉をカットして醤油や砂糖などの調味料と一緒に煮込みます。 簡単だけど人気の角煮は、圧力鍋でしっかり煮込みましょう。 また煮込む際に八角などの香辛料を一緒に入れると、より本格的な豚の角煮になります。 豚肩ロースブロック肉を煮込んだ煮汁にそのままカレールーを投入すると、肉のうまみを一層感じられるカレーに仕上がるでしょう。 いつも作っているカレーとは一味違ったカレーが出来上がります。 豚肩ロースのブロック肉の人気レシピ【オーブンを使ったレシピ】 オーブンレンジも豚肩ロースのブロック肉を調理するには最適。 低温でじっくり長時間焼くことが出来るので、中まで火が通ります。 豚肩ロース肉の焼き豚• 豚肩ロース肉のローストポーク• 豚肩ロース肉の塩麴漬け• 豚肩ロース肉の味噌ダレチャーシュー• 半日~一日経ったらオーブンレンジで焼けば完成です。 中までじっくり火を通したい方は、加熱後にアルミホイルで包むとしっかり火が通ります。 低温の110Wで80分加熱が中まで火を通す秘訣です。 そのまま食べても、サラダに合わせてもおいしそうな一品です。 調味料を醤油やみりんに変えれば、和風なローストポークにもなります。 表面に塩麴をまぶしたら、しばらく冷蔵庫で寝かせるのがポイント。 後はそのままオーブンに入れて焼くだけの、簡単だけどおいしいと人気のレシピです。 ラーメンスープの素はあらかじめ様々な調味料が配合されているので、時短レシピとしても人気。 あとは一晩漬けこんだらオーブンレンジで焼くだけです。 お好みでわさびで頂いてもアクセントになります。 こちらも漬け込んでオーブンレンジで焼くだけ。 カリっと仕上がり、甘辛いソースと良く合います。 子供も大好きな味付けなので、ご飯のお共にもぴったり。 豚肩ロースのブロック肉の人気レシピ【炊飯器を使ったレシピ】 炊飯器を使った料理レシピは多いですが、豚肩ロース肉でもおいしく仕上げることが出来ます。 豚肩ロース肉のコンフィ• 豚肩ロース肉のローストポーク• 豚肩ロース肉と根菜の煮物• 豚肩ロース肉の焼き豚• ひたひたのオリーブオイルと塩コショウをした豚肉、ローリエを炊飯器に入れてスイッチを入れれば数時間後にはコンフィが完成します。 人気フレンチレシピが炊飯器で作れちゃうなんて驚きです。 塩コショウしてスライスニンニクとオリーブオイルをまぶした豚肩ロース肉をジップロックに入れてよく揉み混みます。 あとはジップロックの空気をしっかり抜いて、お湯を張った炊飯器に入れたら40分~1時間ほど保温にするだけ。 密閉されているので、効率的に味がしみ込むと人気のレシピです。 低温で調理出来るので、中までしっかり味が染みて手を掛けたような煮物が完成しました。 あとはお湯を張った炊飯器に入れて、保温で3時間。 夕方に仕込めば、夕飯には味のしみた焼き豚が食べられます。 後はロース肉をほぐして煮汁と絡めれば、サンドイッチやチャーハンの具材として使用できます。 豚肩ロースのブロック肉の人気レシピ【簡単時短レシピ】 他にも豚肩ロース肉を使った簡単でおいしい料理があるので紹介していきます。 塩豚の焼き肉• ローストポーク丼• 豚肩ロース肉のトマト煮込み• 豚肩ロース肉の茹で豚• 食べる直前に薄くカットしてフライパンで焼いたり、ブロックのままザワークラウトと一緒に煮込み料理に使えます。 ザワークラウトとはドイツの伝統料理で、キャベツを乳酸により発行させて作った漬物のようなもの。 乳酸で漬けてあるのでブロック肉を柔らかくしてくれそうです。 また塩を表面にまぶすことで、味を付けるだけでなくさらに肉を柔らかくする効果もあり一石二鳥です。 中までしっかり火が通っていて脂の香ばしさも感じられます。 野菜と一緒にご飯の上に乗せれば、一品でもボリューム満点の料理になります。 ガッツリ肉を食べたい時は厚めにカットしたりと、肉のカット方法によって食べ応えを変えられるのが楽しいレシピです。 味付けはコンソメのみですが、肉や野菜から出た旨味がスープに溶け込みます。 こちらは圧力鍋で10分加圧したブロック肉に、ニラたっぷりのソースをかけて頂きます。 ピリ辛なソースが茹で豚と良く合いそうな人気レシピです。 炊飯器に豚肩ロースブロック肉を500mlのコーラ1本と共に醤油や酒、みりんなどの調味料を入れて炊飯後、一時間で完成です。 材料を入れるだけで簡単調理が出来ると人気の炊飯器レシピ、ぜひ挑戦してみて下さい。

次の

【みんなが作ってる】 牛肩ロースのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ぎゅう 肩 ロース ブロック レシピ

砂糖なし、みりんなし、にんにくや八角など香辛料もなしのシンプル・イズ・ベスト! 煮汁の黄金比は「酒1: しょうゆ1: 水2」のたったこれだけ。 拍子抜けするほどの単純なこの比率が、シェフ直伝・煮豚の煮汁! 「長年料理を手がけてきて、私が辿り着いたのがこの比率です。 余計な味を加えないことで、豚肉本来の美味しさが引き出されます」 【保存版】シンプルな煮豚のレシピ 「昔の豚肉は臭みが強かったため、にんにくや香辛料を臭み消しのために加えていましたが、今の豚肉は質がよくなっているので、香味野菜は長ねぎだけで十分です」 今回は肩ロースを使いましたが、バラ肉でも脂のコクが堪能できる煮豚が楽しめます。 材料(作りやすい分量)• バラ肉の場合はネット不要• 長ねぎ(白い部分・4~5cm長さに切る)…2本分• そのままラーメンの汁にするのもおすすめです。 ・とろ~り味つき卵の漬け汁に 煮豚が煮込み終わったら火を止めて粗熱を取り、半熟のゆで卵を入れてひと晩おけば、とろっとろ~の味つき卵が完成。 【おまけ】半熟卵の作り方 沸騰した湯に塩、酢を適量入れ(酢を入れることで、卵のタンパク質の凝固が促される)、卵をそっと入れる。 ゆらゆらと対流が起きるくらいの弱火で6分ゆで(黄身を中央にしたい場合、ゴムべらなどで鍋のふちをなぞるように卵の周辺の湯をゆっくりかき混ぜ、やさしく転がすとよい)、冷水に6分つけてから流水に当てながら殻をむく。

次の

【みんなが作ってる】 牛肩ロースのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ぎゅう 肩 ロース ブロック レシピ

低温調理で豚肩ロースを調理する工程 今のところ、こんな感じで肩ロースを使ってローストポークを作っているよ、という工程です。 豚肩ロースの重さを量って、その 重さの1. 塩胡椒をしたら、ラップをして冷蔵庫で30分ほどおきます。 30分経ったら、豚肩ロースから出た水分をキッチンペーパーで拭き取ります。 にんにく、玉ねぎ、人参、セロリなど香味野菜を薄切りにして、薄切りにした野菜と一緒に豚肩ロースをフリーザーバッグに入れ、真空パックにします。 設定した温度の設定した時間、低温調理をします。 低温調理が終わったら、豚肩ロースを取り出し香味野菜を取り除いて、余計な水分をペーパーで拭き取ったあと、バターだけで中火強で表面を焼きます。 薄く切って盛り付けます。 温かいうちに切った、ローストポーク。 しっかり冷まして、コールドポークとして盛り付け。 【メモ】 (ローストポーク)柔らかさの中に、噛みごたえというか肉らしい質感が残っている。 安い肉がこの仕上がりにあれば上等だと思った。 脂やスジの部分はちょっと硬いところもあった。 ローストポークらしい仕上がり。 (コールドポーク)悪くはないけれど、特に良くもない。 温かいうちにローストポークとして食べたほうが美味しく感じた。 温かいうちに切った、ローストポーク。 しっかり冷まして、コールドポークとして盛り付け。 【メモ】 (ローストポーク)柔らかい。 すごく柔らかいので、厚めに切っても食べやすい。 食感的には、僕がイメージしているローストポークというよりは、ほぼハム。 (コールドポーク)もうハムと言っていい。 柔らかくて美味しい。 この火入れならコールドポークのほうがいいのかもしれない。 もうちょっといい肩ロースで次回は作ってみたい。 正直、これまで作っていたまあまあいい豚さんの肩ロースを使ってオーブンで作ったローストポークを超えては来ない。 この豚肩ロースの低温調理には、 を使っています。 はじめまして。 その豚肉自体の持っている旨味等々を引き上げたり、豚臭さを取り除いたりはしないようです。 ので参考にしてみてください。 あ、経験的にですが、必ずしも銘柄豚が豚臭くないということでも、国産豚が豚臭いということでもありません。 あとは一般的な、お肉の臭さを抜く、ワインでマリネとか香味野菜でマリネといった方法も有効かと思います。

次の