遥か 先 へ 歌詞。 fripSide only my railgun 歌詞

【特別寄稿】映画『HELLO WORLD』野﨑まど書き下ろし小説「遥か先」|映画『HELLO WORLD』|note

遥か 先 へ 歌詞

GReeeeNはHIDE、navi、92、SOHの4人からなるグループ。 共同作業者にJINがおり、主にGReeeeNのトラック作成を手掛けている。 HIDEの実の兄でもある。 所属事務所は株式会社ハイスピードボーイズ、所属レーベルはZENMUSIC。 歯科医師と両立しており、顔を一切出さないアーティストとして有名。 また福島県出身ということもあり、東日本大震災での遺体の検死作業に、歯科医師の1人としてメンバーのHIDEが参加したことも話題になった。 グループ名の由来は、「まだまだ未完成であり続ける、未知の可能性」という意味でGReeeeNと名づけられた。 ロゴマークの4つの「e」は、メンバーの人数を表している。 さらにメンバーが歯学部出身であることから、笑顔になるときに見える歯並びをイメージしてデザインされており、「smileを届けられる存在でありたい」という気持ちが込められている。 2002年にHIDEとnaviが、JINのサポートの下で「GReeeN」を結成し、2004年に92とSOHをメンバーに加えてグループ名を「GReeeeN」に改めた。 2007年1月24日に「道」でメジャーデビューする。 2008年には「キセキ」を発売し、この曲はテレビドラマ「ROOKIES」の主題歌に起用された。 また日本国内で最も多くダウンロード販売されたシングルとして「キセキ」がギネス記録に認定されている。 HIDE、navi、92、SOHの男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。 2007年1月24日シングル『道』でメジャーデビュー。 メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。 『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。 『キセキ』は今も日本国内においてもっとも多くダウンロード販売されたシングルとしてギネス記録を持っている。 デビュー10周年を迎えた2017年1月には、さいたまスーパーアリーナ公演「あっ、リーナ、ども。 はじめまして。 『クリビツテンギョウ!? その後もMLBのニューヨーク・ヤンキース田中将大選手の登場曲 ももいろクローバーZ「背番号」、NHK「いないいないばぁっ!」番組オリジナル曲「バンバンザイ」をそれぞれ楽曲提供。 そして夏には前年を上回る23公演に及ぶ7度目の全国ツアー「GReeeeNと不思議の管 ~配水の人~」を開催。 9月には初の海外公演となる中国・上海公演を開催し、盛況のうちに終了した。 2020年3月30日から放送開始のNHK 連続テレビ小説「エール」の主題歌を担当する。 星影のエール 02. カップリング曲 収録内容は後日発表します 03. 過去のツアーよりメンバーのMCを一部収録.

次の

Official髭男dism イエスタデイ 歌詞

遥か 先 へ 歌詞

心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 限界など知らない 意味無い! この能力 チカラ が光散らす その先に遥かな想いを 歩いてきた この道を 振り返ることしか 出来ないなら…今ここで全てを壊せる 暗闇に堕ちる街並み 人はどこまで立ち向かえるの? 加速するその痛みから 誰かをきっと守れるよ Looking! The blitz loop this planet to search way. Only my RAILGUN can shoot it. 今すぐ 身体中を 光の速さで 駆け巡った 確かな予感 掴め! 望むものなら残さず 輝ける自分らしさで 信じてるよ あの日の誓いを この瞳に光る涙 それさえも強さになるから 立ち止まると 少しだけ 感じる切なさに 戸惑う事 無いなんて嘘はつかないよ 宇宙 そら に舞うコインが描く 放物線が決める運命 打ち出した答えが今日も 私の胸を駆け巡る Sparkling! The shiny lights awake true desire. Only my RAILGUN can shoot it. 必ず 貫いてく 途惑うことなく 傷ついても 走り続ける 狙え! 凛と煌く視線は 狂い無く闇を切り裂く 迷いなんて 吹き飛ばせばいい この心が叫ぶ限り 誰ひとり邪魔などさせない 儚く舞う 無数の願いは この両手に 積もってゆく 切り裂く闇に 見えてくるのは 重く深く 切ない記憶 色褪せてく 現実に揺れる 絶望には 負けたくない 私が今 私であること 胸を張って 全て誇れる! Looking! The blitz loop this planet to search way. Only my RAILGUN can shoot it. 今すぐ 身体中を 光の速さで 駆け巡った 確かな予感 放て! 心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 限界など知らない 意味無い! この能力 チカラ が光散らす その先に遥かな想いを.

次の

Official髭男dism イエスタデイ 歌詞

遥か 先 へ 歌詞

こんにちは。 シンガーソングライターの福島亮介です。 今回の曲は「遥か」 ドラマ「Love Story」主題歌。 ザテレビジョンドラマアカデミー賞の第29回主題歌賞を受賞した曲。 2014~2015年で配信限定として「愛のことば-2014mix-」や「雪風」がリリースされていますが、この曲もCD発売に先行して実験的なDL販売がされていたようです。 発売は2001年、そんな時期からDL配信を行っていたんですね。 ひたすら伸びるサビのメロディと、少し寂しげなメロディが印象的。 バンドや弾き語り、シンプルでも少し凝ったアレンジでもあいそうな万能な曲。 それだけ無駄がなく、洗練された曲とも感じられる1曲です。 それでは、 今回も詳しく歌詞を見ていきたいと思います。 html このAメロから感じるのは、主人公の言ってしまえばさえない毎日。 「夏の色」とは絵に描いたようなキラキラした人生を表す比喩であり、そんな人生に憧れるだけの繰り返しの毎日。 「細い道」という表現も、例えば会社と家の往復だけ、休みの日にすることも大体決まっていて、という生活の幅がないような印象を受けます。 そんな細い道の中で、周りに流されたり、逆境に立たされたり、ストレスが耐えない毎日を過ごしていたのでしょう。 続くBメロでは、そんな主人公に転機のきっかけが訪れます。 html 「巡り合う」という意味をあらためて調べてみると 「思わぬところで遭遇する」「偶然かのように出あう」というような説明がありました。 ここでの「君」というのは、いろいろな解釈ができそうです。 愛しい人・大切な人とも取れるし、夢や新しい目標などとも置き換えることができます。 個人的には、あえて巡り"会う"ではなく"合う"が使われていることから、そしてこの後に続く歌詞からも、後者の線が濃厚かなと感じます。 どちらにせよ、そんな「君」にばったり出くわした主人公は、そこで 「もう一度サナギに」なります。 サナギとは一般的に幼虫から成虫へ変わるる間の時期、つまり「君」と巡り合った主人公は、また新しい自分に生まれ変われるような気分になったのではないでしょうか。 その衝撃的な出来事から、今まで積み重なったしがらみやストレス、不純物が一気に取り払われて、まるでサナギに戻りまた一から生まれ変われるような気分になったのです。 このBメロからは、Aメロで感じた悲観的な様子が払拭されるような、希望的な印象を受けます。 そしてこの後続くA~Bメロで、この状況は更に加速していきます。 html 「悲しいダイヤリー」という歌詞が目立つので、少し切ない部分に思いがちですが、むしろここは主人公が生まれ変わる傾向がわかる前向きな部分です。 そしてこのAメロで重要なのが次の歌詞。 でも主人公は、「少し怖いけど」と言いながらあえてカギもかけず旅立とうとしています。 これは何を表しているのか。 盗まれても構わない、盗まれて困るものは何もない。 つまりは、ここのシーンは主人公が過去 今までのさえない日常 と決別する様子を表しているのではないでしょうか。 「君」と巡り合い、生まれ変ることへの希望を感じた主人公の、過去への執着を取り払うような強い意志のように感じるのです。 html 今までのA~Bメロを経て、主人公の生まれ変わったような希望的な心境が伝わる場面。 背中に翼が生えたような、そしてその翼ですぐに飛べそうな気分。 とても清々しいです。 そしてその翼は、 「夢から醒めない」ための翼。 ここで言う夢とは、主人公が「君」と巡り合い一度サナギとなり、新しい自分に生まれ変われるような、力強い前向きな気持ちになれたこと、その一連を指しているのだと思います。 つまり、まるで飛べそうなくらい清々しいな気持ちであることを表しつつ、同時にこの夢からは醒めない、「君」と巡り合う前の自分には戻らないという気持ちが示されている部分なのです。 少し話が反れますが、この曲もまた、スピッツあるあるの「自殺や心中」説を耳にしますが、歌詞をじっくり読み進めるにつれて、個人的にはどうもそうは感じませんでした。 なので今回はそっちの説は少し控えて進めたいと思います。 html この2番では、「君」と巡り合う前の時期に一旦戻っているか、または一周してまた別の「君」と巡り合う前の状況にいるのかなという印象です。 退屈な時間から思わす出たあくび。 とても目に浮かびやすい風景です。 退屈を塗りつぶすようなあくびも、野暮と言いながら「幸せ」を胸に抱いたままでいることも、すべては満たされていない現状を示すサインであり、現状を抜け出したいという気持ちや憧れの裏返しなのだと感じます。 html Aメロでの解釈を固めるようなこのBメロ。 崩れそうな未来=代わり映えのない今の現状から、未来に不安を感じている様子 裸足で駆け抜ける=何にも守られていない素足でも、傷つかずに乗り越えられるという表現 まさにそんな裏ワザのような自信はないけど、 「明日にはきっと」と期待を抱いています。 明日にはきっと・・、と含みをもって終わりますが、それではこの後に続くものは何か。 1番に戻りますが、ここでもやはり「君」と巡り合うことへの期待なのではないでしょうか。 明日にはきっと「君」と巡り合い、こんな現状から抜け出したい。 そんな期待を感じる場面です。 html このサビで、今まで見てきた主人公の心境からもっと全体を見る視点に切り替わります。 そしてこの曲の本質にも触れているような部分でもあります。 「僕ら」とは今を生きる人間の総称。 それぞれ別の「君」と巡り合い、新しい自分を見つける。 そしていつかそれも日常となり、また新しい「君」と巡り合う。 そして、そこにあるのはいつも 「夢から醒めない翼」だと。 最後に サビが繰り返され、最後は 「遠い 遠い 遥かな場所へ」と締められ曲は終わります。 ここまで歌詞を見てきて、この曲はつまり人生の縮図なのだと感じました。 人でも夢でも、新しい何かと巡り合い、そこから変わっていく自分。 「遠い 遠い 遥かな場所」 つまり人生が終わるそのときまでそれは永遠繰り返されるものなのだと。 冒頭で書いたMVでの物々交換の意味ですが、これもまさにそう。 りんご=愛情、何かを想う気持ち ランプ=信念や自分らしさ、アイデンティティ 鳥かごの小鳥=大切な命、また狭い世界で行き来する日常 金の腕時計=お金 馬=力、権限や権力など 他にも色々解釈のしようはありそうですが、こういったものを日々与えたり与えられたり、奪ったり奪われたり、それが人生でありそれは果てしなく繰り返されるもの。 この約4分半の中で、こうした人生の縮図を歌っているのがこの 「遥か」という曲なのではないでしょうか。 誰にでもある 「夢から醒めない翼」、大切にしなければと思わされる1曲です。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の