ジェフリー エプスタイン wiki。 「私は彼の奴隷だった」 エプスタイン裁判終了前に女性十数人が証言 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News

ジェフリー・エプスタインVI財団とは

ジェフリー エプスタイン wiki

ジェフリー・エプスタインVI財団(ジェフリーエプスタインブイアイざいだん、Jeffrey Epstein VI Foundation)は、ニューヨークの資本家及び有罪判決を受けた性犯罪者である によって2000年に設立された私立財団。 J・エプスタインVI財団という名前で公式に登記されており、「VI」は、エプスタインが所有していたが属し、財団が拠点を置いているヴァージン諸島(Virgin Islands)を意味する。 財団の理事会には、元知事の ()の妻であるセシル・デ・ヨングが含まれている。 活動 [ ] 2003年、財団は数学と生物学の教授であるによる進化ダイナミクス・プログラムを後援するために、に3000万ドルの投資を行うことを約束した。 ハーバード大学はこの約束の内650万ドルを受領した。 財団はまた、専門家を起用して脳に関連する問題について議論するビデオシリーズを制作しているNEURO. tvと 、のオープンソース・ソフトウェア・イニシアチブである ()プロジェクトにも出資している。 長年にわたって、この財団は多くの専門分野の科学者を招集し、重力や地球と言語に対する世界規模の脅威といった基礎科学の問題について議論する会議を組織した。 財団の代表者として、エプスタインはの心、脳と行動諮問委員会の役職を務め、、の理論生物学イニシアチブ、の量子重力プログラムに参加した。 エプスタインはまた、との委員も務めた。 参考文献 [ ]• Palm Beach Daily News. 2019年11月23日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 Epstein"• www. ped. fas. harvard. edu. 2019年11月23日閲覧。 www. thecrimson. com. 2019年11月23日閲覧。 YouTube. 2019年11月23日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 OpenCog Foundation 2010年4月27日. 2019年11月23日閲覧。 Hendricks, Drew. Forbes. 2019年11月23日閲覧。 National Review Online, July 10, 2013, "Evolution at Harvard: How Financier Jeffrey Epstein Changed the Course of Evolutionary Studies at Harvard University"• 外部リンク [ ]•

次の

ジェフリー・エプスタイン少女買春疑惑まとめ…日本では報道されない島と自殺の謎

ジェフリー エプスタイン wiki

エプスタインの半生と疑惑 ジェフリー・エドワード・エプスタイン Jeffree Edward Epstein は1953年ニューヨーク市で生まれました。 音楽の才能を示し、飛び級で高校を卒業する少年でした。 1974年に教師として働き始めたエプスタインは、1976年に金融業界に飛び込み、1988年には投資顧問会社を立ち上げ、巨万の富を築きます。 エプスタインが少女たちを性的に搾取している疑惑が出たのは2005年のことです。 フロリダの邸宅で彼は14歳の女の子に服を脱ぐように強要したのです。 そのほかにも多くの告発があり、FBIも捜査に乗り出しました。 しかし、当時南フロリダの連邦検察官だったアレクサンダー・アコスタがこの事件を連邦裁判所に持ち込まないと決定します。 エプスタインの被害者になった少女たちの多くは問題を抱えた貧しい家庭の出身でした。 ととの記事でも書きましたが、フロリダ州は貧富の差が激しく、貧困と犯罪の陰には薬物があります。 被害者には薬物依存症の親に虐待されていた少女もいたようです。 彼女たちは十代前半から、自分で稼ぐか、何か自立するすべがなければ生きていけませんでした。 エプスタインはこのような弱い立場にある少女たちを標的にし、性的に搾取したのです。 被害者の一人ヴァージニアは16歳でマララーゴで働いていたときに声をかけられたと語っています。 マララーゴ Mar-a-Lago はドナルド・トランプの別荘地で、エプスタインとトランプは昵懇でした。 トランプはエプスタインについて2002年に「彼はずいぶん若い子が好きみたいだねぇ」と語っています。 トランプ、メラニア、ジェフリー、ギレイン お金がもらえると聞いたヴァージニアはエプスタインの喜ばせ方を教えられ 、上達したところでエプスタインに引き合わされ、性的に搾取されました。 ほかの少女たちも、マッサージの名目で連れてこられて暴行されています。 被害者たちはフロリダのエプスタインの邸宅について同じ証言をしています。 螺旋階段を上がった先に寝室があり、寝室の奥にはドアがあって、もう一つの寝室がある。 そこにはマッサージ用のマットレスと風呂場があり、ローションと性具の入った引き出しがあった……そこで彼女たちは同じように性的に暴行されたのです。 もう一つ、彼女たちが共通して証言していることがあります。 毎日一人新しい娘を連れてこい、新しい性奴隷を連れてこいと言われたことです。 エプスタインは性欲が強く、一日7回セックスをしないと収まらなかったからだといいます。 もちろん、連れてこられたその少女も暴行されました。 彼女たちは生きるために、そそのかされて悪事に荷担させられていたのです。 まるでネズミ講のようだった、と被害者の一人は語っています。 監獄からの脱出 ヴァージニア・ロバーツ Virginia Roberts は16歳から19歳までエプスタインのもとで働かされていました。 Virginia Roberts その間、エプスタインの所有する島の別邸でくつろいでエプスタインと家族のよう暮らしたり、ハイキングを楽しんだりもしていたといいます。 エプスタインに心理的に支配され、疑似家族のようになっていたのでしょう。 ヴァージニアはエプスタインの相手をするだけでなく、いろいろなところに「貸し出されて」いました。 エプスタインの所有するカリブ海に浮かぶ島で大実業家・政治家・学者・王族の接待をさせられました。 彼らの名前はプライベートジェットの搭乗リストやエプスタインが所有していた顧客リストから判明しています。 チャールズ英皇太子の弟ヨーク公アンドルーもその中に含まれています。 政治家や企業家など各界の大物は人格的にも優れているのだろうと漠然と思っていた彼女は、彼らの振る舞いに失望したと語っています。 あるときヴァージニアはエプスタインの子供を産むようにもちかけられます。 契約書を見せられた彼女は、契約してもよいが、見捨てられたとき自活するために技術を身につけたいからマッサージの資格を取らせてほしいと言います。 エプスタインは彼女をタイに送ってマッサージの勉強をさせ、同時に彼女にタイの少女たちを連れてくるように命じました。 タイに渡ったヴァージニアは現在の夫と出会い、エプスタインに電話をかけて関係を切りました。 今は夫とともにオーストラリアに住んでいて、三児の母です。 エプスタインからの電話とFBIの捜査 ヴァージニアが真ん中の子を妊娠していたときのことです。 エプスタインと弁護士から、「あのこと」について口外していないかと尋ねる電話がかかってきました。 アメリカから離れて何年も経っているのに、なぜ自分の電話番号がわかるのか、恐ろしかったそうです。 翌日にはFBIを名乗る電話があり、エプスタインの性奴隷だったか、ほかの女の子を紹介したのか、と聞かれました。 ヴァージニアは、あなたがFBIかどうかわからないし、そんなことを聞かれても答えられない、と答えました。 半年後、FBIが書類と被害者リストを持ってきて事情聴取をしにきました。 そのとき、FBIは少女たちのリストを入手していて、自分が60から80人もいる被害者の一人だったと知ったそうです。 彼女は実名と顔を出して動画の中でエプスタインを告発しています。 非常に勇気のある行動ですが、これは娘を授かったときに、娘にはこんな思いをさせてはならないと思ったからだそうです。 名乗り出るのが被害から十数年後でもかまわない、訴え出てほしい、訴え出ることで被害にあう女性が減る、と言っています。 さらに、自分が紹介したせいで同様の被害に遭わせてしまった少女たちに大変申し訳ないことをした、とも話しています。 エプスタインをとりまく人々 このような大犯罪をエプスタインは一人でやってのけたのでしょうか? そうではありません。 不可解な釈放は強力な弁護団や有力者たちの後押しで可能になりました。 連邦裁判所で扱わないことを決めたアレクサンダー・アコスタもその一人です。 それだけではありません。 彼のパートナーとされるイギリス出身の女性、ギレイン・マックスウェル Ghislaine Maxwell も大きな役割を果たしていました。 マララーゴで働いていたヴァージニアに声をかけ、エプスタインの喜ばせ方を教えたのは彼女です。 エプスタインから電話がかかってくる前日にはギレインから全く同じ内容の電話があったそうです。 ギレイン・マックスウェル エプスタインの犯罪が悪質なのは、劣悪な家庭環境で苦しんでいる少女をさらに苦しめているからです。 彼女たちから選択肢を奪った上で、ほかの少女たちも巻き込ませ共犯関係を作りました。 彼女たちを性的に搾取していたのが各界の著名人だったことも許しがたいことです。 彼女たちを社会的に手助けする義務があるはずの政治家や富豪が彼女たちを食い物にしたのです。 性犯罪に遭った女性たちが声を上げられる時代になりつつありますが、依然として世界中の多くの女性は弱い立場にあります。 このような事件が今後防がれるような仕組みが作られることを願ってやみません。 では、エプスタインをとりまく人々に焦点を当てます。

次の

「私は彼の奴隷だった」 エプスタイン裁判終了前に女性十数人が証言 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News

ジェフリー エプスタイン wiki

新華社電によると、中国 上海市の警察当局は12日、同市の不動産大手、新城控股の王振華・前会長(57)らを児童にわいせつな行為をした疑いで逮捕した。 王氏は江蘇省人民代表大会(省議会)の代表(議員)を務めた共産党員で、労働者の模範として表彰されたこともあった。 総資産は170億元(約2670億円)。 報道によると、王氏は上海市内で知人女性に少女を誘うよう指示。 この知人女性は「上海ディズニーランドに連れていってやる」などと少女に声をかけて、ディズニーランドで遊ばせた後、ホテルに連れてきて、王氏と会わせていた。 今回の事件が発覚したのは、被害を受けた少女の母親が「王氏が娘にわいせつな行為をした」などと警察に告発したことからだが、報告を受けた上海市の中国共産党委員会宣伝部の幹部が上海市のメディアに対して「事件を報道しないように」と指示した疑惑が浮上。 これが中国の会員制交流サイト(SNS)に暴露され、炎上する騒ぎとなり、市委員会の対応に反発が強まっていた。 その後、上海市の警察当局は「徹底的に事件を調査する」と方針を転換し、事件が公にされている。 上海市警察が王氏を逮捕したことを受けて、投資家は同社株を売り浴びせ、時価総額40億ドル(約4310億円)強が吹き飛んだといわれる。 その後、新城控股も声明を発表し、王氏が会長職を辞任し、後任に息子の王暁松氏が就任することを明らかにしている。 上海市政治協商会議も9日、会議を開き、王氏が務めていた市政協委員の役職をはく奪することを決定。 中国メディアは12日、監獄内で囚人服姿の王氏の映像を公開しており、今後、余罪も含めて取り調べが始まるとみられる。 トランプ大統領とも交流か 一方、AFP通信によると、ヘッジファンド経営者として財を成した米国の富豪で、有力政治家や著名人らと交友関係のある ジェフリー・エプスタイン被告(66)が8日、未成年の少女数十人を性的に搾取した罪で起訴された。 同被告とこれまで交際のあった著名人としては、ドナルド・トランプ大統領やビル・クリントン元大統領、英国のアンドルー王子らの名前が挙がっている。 2008年の時点で、同被告の弁護士がエプスタイン氏の総資産について、「10億ドル(当時のレートで約1200億円)は下らない」と述べていた。

次の