目の下 の クマ 子供。 目の下のクマは病気のサイン?

目の下のクマを取る方法は簡単です。青クマ茶クマ黒クマを取るには。 | lapis lazuli

目の下 の クマ 子供

スポンサーリンク 子どもにおける目の下のクマ たとえば、貧血が原因の場合、 「栄養バランスを考えているわ」、という方もいらっしゃると 思いますが、 良く動く、活発な子どもだと、鉄分が不足した状態に なることもあるそうです。 意識して、鉄分を食卓に出してあげてください。 ドライアイは、 テレビやゲーム、スマホなどが原因していることも 多いと思います。 日本小児科学会は、現代の日本の子どもがテレビを 見ることをあまり推奨していません。 この機会に、絵本に切り替えるものよいかもしれませんね。 あとは、体質は、生まれながら、皮膚が薄く肌の色が白いために、 クマができる子どももいるそうです。 これは、大人のクマのできる方と同じですね。 アトピーも体質なので、クマというよりは、アトピーを改善することで、目の下のくまも改善していきます。 食事アレルギーも、毎日一緒に食事をする親が 気づいてあげないといけないですね。 子どもの目の下にくまができたら?対処法は? 貧血が原因の場合は、食事を意識するしかありませんね。 鉄分の多いものを食卓に出してあげてください。 食事アレルギーの場合は、母親が注意深く、 子どもが何を食べたら クマの程度がひどくなるか、 見てあげてください。 アトピーは かゆくなっても、 こすらない、 ひっかかないことが大切なようです。 体質の場合は、血行不良などもあるそうなので、 子どもを十分に遊ばせてあげることも必要かもしれません。 ドライアイの場合は、 意識してまばたきをすることだそうです。 それか、テレビを控えるのも良いかもしれませんね。 いずれにしても、 上記の対策をとっても改善しない場合は、 一度はご近所の、優しい小児科医を探されて、 診察を受けてください。 話しやすい小児科医の先生が良いですね。 カテゴリー• 888• 408• 119• 187• 148•

次の

目の下のクマ、その種類別の対処法について

目の下 の クマ 子供

こんな場合にもクマは出来るんです 血行不良であることが多くの原因ですが、目の下にクマができた場合、時に、それは病気のサインであることが考えられます。 疲れやストレスがクマを引き起こすことがありますが、過度の疲れやストレスは神経系にまで悪影響を及ぼします。 ストレスが原因となる病気では胃炎や胃潰瘍、うつ病や拒食症など、その病種の数は図り知れません。 また、無理なダイエットなどで栄養失調になると、その症状として目の下にクマが現れます。 病気だけでなく、女性の場合は、月経前にもクマが出ることもあるなど、クマは体の変化を伝えるサインでもあるのです。 目の下のクマ自体は病気ではないのですが、どんなに睡眠をとっても改善が見られない場合は、病院へ行ってみてください。 こんな症状には 要注意 どんなに睡眠をとっても、目の下のクマが解消されないということはないでしょうか?その場合、ただの血行不良ではなく、何らかの病気の症状でクマが出ているかもしれません。 色素沈着が原因となる茶クマは常に目の下に居座っているものですが、それ以外が原因でクマが居座り続けている場合は注意が必要です。 まずは、クマ以外に体の不調はないか、以下の項目をチェックしてみましょう。 常にだるく、体が疲れやすい• めまいや立ち眩みが頻繁におこる• 日々ストレスを感じている• 気分が沈み、やる気が出ない• クマだけでなく顔全体が青白い• 体がむくんでいる• 食欲がない• 体重が減った、痩せた• 皮膚がかゆい• トイレが近くなった 1つでも当てはまる項目があれば、病気によるクマの可能性があります。 中には大きな病気の初期症状ということも。 中でも、クマが黒ずんだシミのようになってしまったり、クマだけでなく顔色自体が悪かったり、疲労感が取れず痩せてきた、というような症状が出てきた時には注意が必要です。 肝臓病、腎臓病、糖尿病、バセドウ病の初期には、目の下にクマが現れ、疲労感や体重の減少などを伴います。 そのまま放置していると、自覚症状のないまま症状は悪化していき、取り返しのつかないことにもなりかねません。 クマの改善がみられない場合は睡眠不足だと自己判断をせず、体に異変がないのかチェックし、できるだけ早い段階で医師と相談するようにしましょう。 クマが出る 病気って? 前述したように、クマは睡眠不足以外にも病気の症状の1つとしてあらわれることがあります。 ここでは、具体的にクマがあらわれる病気をいくつか紹介します。 鉄欠乏性貧血 鉄分が不足し、血液中のヘモグロビンが減ることで青クマができます。 若い女性に多い病気です。 体が疲れやすい、だるいなどの症状と共に、青クマができたら注意しましょう。 腎臓病 上記でも少しふれましたが、腎臓の状態が悪いとクマができます。 また腎臓は悪化しても痛みを訴えることは稀なので、クマで病気に気づくケースも多いようです。 むくみや頻尿、血尿などの症状と共にクマがあらわれたら注意しましょう。 うつ病 うつ病は自律神経が乱れるので、血行不良を起こし、クマができやすくなります。 またクマだけでなく、顔色も悪くなるのが特徴です。 やる気が起きない、気分が沈んだまま、喜怒哀楽がないなどの症状と共にクマができたら注意しましょう。 これらの他にも、様々な病気でクマはできます。 睡眠をしっかりとってもクマがとれない場合は、他に異常がないか自分の体調をチェックしましょう。 クマの色別、 疑われる病気 クマの濃さや色は症状によってバラバラです。 なので、出るクマの色によって自分の病気や状態が分かることもあります。 ここでは「赤クマ」「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」が出た場合に疑われる病気を、それぞれの色ごとに紹介します。 赤クマの場合、こういった病気が疑われる• 血栓症 目の下にある毛細血管に血栓ができてしまうと、赤クマになります。 眼精疲労 長時間PCやスマホを見て目が疲れると、赤クマができやすくなります。 赤クマは、静脈と動脈両方のうっ血により起こります。 クマの中では軽症なものなので慌てることはありませんが、油断すると青クマや黒クマになってしまうので気をつけましょう。 青クマの場合、こういった病気が疑われる• 貧血、低血圧 ヘモグロビンの減少、血行不良により青クマができます。 肝臓疾患、腎臓疾患 肝臓や腎臓へ過度な負担をかけ、機能を低下させてしまうと、血流が悪くなり青クマができます。 静脈が鬱血し血行不良が起きると、青クマができやすくなります。 クマの中でも一番よく見かけるタイプでしょう。 睡眠不足や疲労以外にも、上記で紹介したような病気が原因で青クマができることもあるので、十分な睡眠をとっても青クマが消えない場合は注意しましょう。 黒クマの場合、こういった病気が疑われる• バセドウ病(甲状腺機能亢進症) バセドウ病の症状で、眼球が突出することがあります。 眼球が突出すると眼窩脂肪も出てくるので、目の下に影ができ、黒クマができてしまいます。 黒クマは、実際に真っ黒なクマができるのではなく、目の下にできる影がクマのように見えるもの。 一番の原因は、加齢による目の下のたるみです。 最近では、美容外科で簡単に目の下のたるみを取ってもらえるので、黒クマが気になる方は検討してみると良いでしょう。 また若い女性でも涙袋が大きい人は、黒クマができやすくなります。 茶クマの場合、こういった病気が疑われる• アトピー性皮膚炎 ハウスダストなどのアレルギーを引き起こす物質が、目の周りに付着し、炎症を起こして茶クマになることがあります。 目の周辺が全体的にくすんでいる場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が高いので要注意です。 花粉症皮膚炎 アトピー性皮膚炎と同じように、花粉が目の周辺の皮膚に付着することで、茶クマになることがあります。 茶クマは、色素沈着によりできるもの。 上記で紹介した病気でなくても、目を強くこすりすぎると茶クマになりやすくなります。 目の周辺の皮膚はとってもデリケートなので、優しく触るように心がけましょう。 こんな症状には 要注意 どんなに睡眠をとっても、目の下のクマが解消されないということはないでしょうか?色素沈着が原因となる茶クマは常に目の下に居座っているものですが、それ以外が原因でクマが居座り続けていることもあるということを知っておきましょう。 中でも、クマが黒ずんだシミのようになってしまったり、クマだけでなく顔色自体が悪かったり、疲労感が取れず痩せてきた、というような症状が出てきた時には注意が必要です。 肝臓病、腎臓病、糖尿病、バセドウ病の初期には、目の下にクマが現れ、疲労感や体重の減少などを伴います。 そのまま放置していると、自覚症状のないまま症状は悪化していき、取り返しのつかないことにもなりかねません。 なかなかクマが解消されない時にはただの睡眠不足だと軽視せず、他にも体に変化がないかを確認し、早め早めに医師に相談するようにしましょう。 ここまで来たら 病院へ! 先にも紹介したように、目の下がドス黒くシミのようになってきたり、顔色全体が悪かったり、体重減少を伴うような場合には、その目の下のクマは病気の前ぶれ、もしくは既に病気であることのサインであるため、必ず病院に行くようにしましょう。 また、クマだけでなく、目の充血や痙攣にも要注意! 長時間テレビやパソコン画面を見て目を駆使していると、目が痙攣したり、充血することがあります。 少し目が疲れているだけ、と見逃しがちですが、一時的な目の疲れだけが原因ではないこともあるのです。 目の疲れがたまりすぎると眼精疲労を引き起こし、痙攣だけでなく肩こりや視力低下を伴ったり、症状が進むと吐き気や食欲の低下を招きます。 目の痙攣や充血が長引く場合には、症状が進まないうちに病院で診察を受けるようにしましょう。

次の

子供の目の下のクマの5つの原因と対処法は?何かの病気?

目の下 の クマ 子供

目の下にクマができる原因は? 目の下のクマには、大きく分けて3つの種類があります。 それぞれのクマの特徴と改善方法を紹介します。 青クマ 青いクマは目の周りの 血行が悪くなり血流が滞ることでできるクマです。 目の下の皮膚は薄いので、この部分にある毛細血管に血液がしっかり届かなくなると、青黒いクマができてしまいます。 血行不良は、寝不足、生活習慣の乱れ、疲労、ストレス、貧血など、さまざまな原因で起こるといわれています。 また、パソコンやスマホの画面の見すぎも大きな原因です。 鉄分を多く含んだ食事を摂ったり、目の周りをやさしくマッサージしたりして、目の周りの血流を良くすることで青グマも改善していきます。 黒クマ 黒っぽいクマは加齢などによって、目の周りの皮膚がたるんだり、涙袋が突出したりすることでできるといわれています。 もろに老けて見えるので美容には大敵ですね。 皮膚の色が黒いわけではなく 影ができて黒く見えている状態です。 コンシーラーなどで無理に厚塗りするのではなく、くぼんだ部分に明るい色をそっとのせる程度のお化粧がおすすめです。 また、表情筋を鍛えるトレーニングも効果があるようです。 ただし、やりすぎると逆にシワが深くなって影がより目立つようになることもあるので、適度に行いましょう。 どうしても黒グマを根本から解決したい!という場合は、くぼんだ部分へのヒアルロン酸の注入や、突出した涙袋からの脂肪吸引など、外科的な方法を試してみる手もあります。 茶グマ 茶色のクマは目の下の皮膚への色素沈着でできるといわれています。 手でゴシゴシと目をこすったり紫外線を浴びたりすることで、皮膚の表面や奥に色素が沈着して シミのようになってしまった状態です。 茶グマの基本的な対策は通常のシミ対策と同じです。 ビタミンCを摂取したり、美白化粧品を使ったり、ピーリングを行ったり。 根本から解決したい場合は、やはりレーザー治療などの外科的な方法によって改善することができます。 子供ならではのクマの原因は? 子供の目の下にクマができているとびっくりしますよね。 何か大変な病気にかかってしまったのかと心配してしまいます。 あまりにもひどいときには、「病院に行ったほうがいいかも!」と慌てるお母さんもいるようです。 ある意味アザができているのと同じ状態で、血液のヘモグロビンの色素が皮膚に沈着してしまって青っぽく見えてしまいます。 画面をじっと見続けているとまたばきが極端に少なくなり、 まぶたの筋肉が運動不足になってしまうために血行不良となるのです。 外出先での待ち時間の解消や知育のためにも、スマホはとっても重宝するアイテムですが、やはり適度な時間で使用したほうがよさそうです。 クマが出たら、目を温めたりストレッチすることで改善をはかりましょう。 小さい子にこするなと言ってもやめさせるのは難しいですが、できるだけ気を付けてあげたいですね。 アトピーのケアはまめな保湿が第一です。 アトピーが改善すると同時にクマも改善していくそうですよ。 鉄分の多い食事を取り入れて、健康的な生活を心がけましょう。 栄養状態を改善することで、クマも改善できます。 ちょっとした体調の変化でクマが人よりも出やすい子もいるようです。 あまり心配しすぎるのもよくありませんね。 めったにあることではないとはいえ、クマが長引くようなら一度診察を受けたほうがいいですね。 たとえ大きな病気じゃなかったとしても、適切なクマの改善方法を教えてもらえると思いますよ。 まとめ 子どもはまだまだ循環器も未発達ですし、最近は生活習慣の乱れなどから、体が冷えて血行不良になっている子どもが多いといわれています。 目の下のクマの改善のために何かをするというよりも、まずは健康な体づくりを目指していけば、自然にクマは解消していきます。 親である私たちが、気を付けてあげましょうね。

次の