ク ヘリョン。 韓国ドラマ 新米史官ク・ヘリョン あらすじ全話 感想ネタバレ

新米史官ク・ヘリョン20話最終回あらすじ

ク ヘリョン

今回は、子役から始まりベテラン女優へ階段を上っているシン・セギョンと 顔の天才といわれている、ASTROのメンバー チャ・ウヌが主演の 「新米史官 ク・ヘリョン」を視聴しました。 韓国ドラマ通の方からおススメされて見ることにしましたが、 結論からいうと、すごく良かったです! 見てよかった! ハマりました! 話が進むにつれて、どんどん面白くなって、 常に続きが気になる状態でした。 ロマンス・ミステリー・王座(地位争い) 色んな要素の入っているフィクション時代劇でした。 ラブストーリーもありつつ、 過去の謎が話のかなめになっていると思います。 ハラハラ・ドキドキの場面もあり、 色んな面白いが詰まったドラマでした。 この2人が書物を共通として出会うんだけど、 始めの数話は、まぁ、そこまでのめり込む感じではなかった。 話の道筋を見ている感じですね。 話の背景にあるものをちらつかせる感じ。 ドラマの定番ですよね。 でも、ある程度道筋が見えてきてからの方がどんどん 面白くなってくる感じ。 始め面白くて、後半失速。 ってことはよくあるけど、 「新米史官 ク・ヘリョン」は、話が進むにつれて 面白くなってくる感じ。 始めの道筋。 も、ここを見ていないと後半の面白さが薄れるので、 もちろん初めの道筋をみておかないと始まらないしね。 全話見終わった後に面白かった!と率直に思える作品でした。 作品情報 韓国題名: 신입사관 구해령(シニプサグァン・クヘリョン) 日本作品名:新米史官 ク・ヘリョン 韓国平均視聴率:5. 29% 最高視聴率:7. 3% 脚本:キム・ホス 他作品名「ソロモンの偽証」 演出:カン・イルス 他作品名「ソロモンの偽証」 視聴率に関しては、私としては、もっと上がっているかと思いました。 が、視聴率は参考にはなるものの、自分が面白いと感じたかは、別なので。 好きなタイプのドラマもあるし、視聴率すごく良いのに、 私には合わなかったドラマもあるし。 もちろん、視聴率が良い=たくさんの方がみている。 ということなので、面白いと感じた方は多いとは思いますが。。 私は、このドラマは、すごく面白かったと思います。 脚本家のキム・ホスさんと演出家のカン・イルスさんが 以前に同じ作品に関わっておられるようなので、 このドラマで再タッグ。 といった感じでしょうか。 演出でいうと、すごく効果音がメリハリがついていた印象です。 笑いの部分。 シリアスな部分。 場の雰囲気を役者さんの演技と効果音が うまく合わさっているのが印象的でした。 スポンサーリンク あらすじ・みどころ あらすじ 両班でありながら女性達の前で小説の読み聞かせをしている ク・ヘリョン(シン・セギョン)。 しかし、女性達が求める恋愛小説より西洋書が好きな変わり者で 客からは不人気でお金も貰えず追い出される始末。 一方、世子の弟であるトウォン大君ことイ・リム(チャ・ウヌ)。 宮中で孤独を埋めるために恋愛小説を書くことに没頭し、 梅花(メファ)というペンネームで人気小説家として名を馳せていた。 ある日、貸本屋を訪れたトウォン大君ことリムは、 そこで、自分の本を読んでいるヘリョンと出会う。 が、そこで、リムはヘリョンに散々けなされる。 最悪な出会いとなってしまったが、 そこから2人の関わりが始まっていく。 また、ヘリョンは兄から結婚を進められていくが、 結婚をしたくないヘリョン。 このタイミングで、今まで男性しかなれなかった 芸文館の史官を選ぶ科拳(試験)が行われることになり、 相手の男性にも協力してもらい結婚破棄をして 結婚式から逃げ出し、試験を受けにいく。 ここから、史官としての仕事、男社会で働く洗礼、 宮内のできごと、トウォン大君(リム)との関わり合い 禁書の謎など、さまざまな出来事がおこっていく。。 もう、話が進むにつれて面白くなっていきます。 内容が面白いので、どんどんハマっていきます! フィクション時代劇ということもあって、 時代劇ならではの衣装や言葉使い、ルールなどもあって、 歴史的面白さもありつつ、昔だからこその権力争いや 理不尽なことも表現されていました。 時代劇なので、女・男の扱われ方なんかも問題提起され、 ヘリョン達が初めての女史官で、 先輩男史官からも洗礼をあびるんだけど、 そこに怯まない。 平等に扱ってもらう方法をとる。 男社会の中で女性が活躍していく第1歩を描かれていて こうやって、歴史が作られていくんだな。 というところも垣間見れました。 ヘリョンが立ち向かっていく姿や 史官としての役割や歴史を守る為 権力に負けず戦っていく史官達の姿には 心熱くなるものがありました。 もちろんイライラさせてくれる腹黒官僚なんかもいます。 でも、その中で人としての器の大きい人。 が発する言動や行動にとても目がいきました。 私は、世子(パク・ギウン)も好きでした。 こんな世子が国政に携わってくれていたら 安心だろうな。 と思いながら見ていました。 初の女史官) その他、王様役にキム・ミンサン、大妃役にキム・ヨジン、 リムの内官役にソン・ジルなど個性豊かなキャスト陣。 私的に、リムの内官ホ・サンボ役のソン・ジルさんが 面白くてツボでした。 リムとの掛け合いがよくて、リムへの愛情深さも表現されていて とても良い関係なのが見ていて和まされました。 チャ・ウヌがK-POPのASTROというグループだと知り、 グループでの活動も見たくなりました。 チャ・ウヌのプロフィール、他作品は 視聴情報 2020年4月現在、DVDレンタルや販売などは未定のようです。 『新米史官ク・ヘリョン』は、動画配信サービス 『Netflix』にて 動画視聴が可能のようです。 私は、動画配信サービスはU-NEXTを利用していますので、 『Netflix』には、あまり詳しくなく申し訳ないです。 こちらに、記載させていただいてる情報は、 私が知りたくて調べたこと、DVDを選ぶときに参考にすること。 などなどをまとめてます。 そして、感想なども私が視聴して感じたことを思いのたけに 語っています。。 なので、他の評価と異なることも多いかと思いますが、 私の感想。 ということで、参考程度に、拝見ください。

次の

新米史官クヘリョン あらすじと感想 視聴率 キャストと相関図

ク ヘリョン

『新米史官ク・ヘリョン』のネタバレ トウォン大君が度々うなされていた悪夢。 徐々に鮮明になっていく夢を追ううちに、トウォン大君はある小屋を見つけ、その中に先王イ・ギョムの肖像画を発見。 ヘリョンはその肖像画を見て、一目でそれが先王であることがわかりました。 なぜすぐにわかったのか尋ねるトウォン大君に、ヘリョンは初めて自分は逆賊の娘であることを告白。 父が逆賊として亡き者にされ、逃げているところ父の弟子だったジェギョンがヘリョンを引き取り育ててくれたと話し、記憶の中に残る先王と父の優しい笑顔を思い出し涙します。 そこで、ほとんどが左議政の手により消された中で、唯一命をかけてまで事実を記した史官がいたことを突き止めます。 彼は20年前の出来事のありのままを記録したものを隠し、命を奪われる最後の瞬間までその史草の在り処を誰にも伝えず、この世を去った正義感の強い人物でした。 ヘリョンはこの事件の真相を知るためヒントを集めていき、史草がトウォン大君が軟禁されている緑嶼堂に隠されていることを確信。 遂に史草を見つけ真実に近づくものの、史草は史官以外は王でさえ読むことが禁じられていました。 真実を明らかにするために、ヘリョンは上訴という大胆な行動に出ます。 「20年前の史官が提出した史草が操作されたという証言と、それを証明する史草を発見した。 歴史を歪曲するように史官に強制したのが誰なのか、真実を明らかにして下さい。 」 そんな内容の上訴を読み上げたウウォン。 怒った王は二度とその議題をあげるなと去っていき、左議政は息子のウウォンを拘束させます。 こうして現王が自分の本当の父ではないと知ったトウォン大君は大妃に真相を聞き、20年前リムが生まれた日の事実を知るのでした。 その塾は、身分や男女の格差が全くない万民が平等な世界が作られた、先王の夢の第一歩のような場所でした。 ところが当時の社会には到底受け入れられるものではなく、それらを排除しようとした左議政は先王の代わりに現王イ・テを王として立てることを決意。 そうしてやってきた運命の日、塾にいた人物はヘリョンの父も含めみな敵の刃に倒れました。 ところが、生け捕りにされたヘリョンの父の弟子であった少年ジェギョンは、命を脅されながら先王の密書の書き換えを強要され、従った代わりに一命を取り留めます。 こうして自分だけが生き残ってしまった罪悪感から、師匠の娘であるヘリョンを自分の妹として大切に育てたのでした。 ジェギョンが書き換えた密書には、先王が清と内通し売国行為をした証拠が書き記されていました。 それを先王につきつけた左議政は、責任を問いその手で先王に剣を突きさします。 名家でなくても官職に就くことができる世を夢見た先王の野望は、ここで終わったのでした。 様子もわからないトウォン大君が心配であり自分も父を亡くした当事者であるヘリョンは、20年前の事件を明るみに出すため、兄ジェギョンともう1人の生き残りである医女モファに協力することに。 ヘリョンの味方となってくれる大将の協力の元、監禁されているトウォン大君を外へ連れ出し、彼に従うすべての臣下と対面を果たします。 そして、大妃が自分の息子である先王の直系であるトウォン大君を王に立てる計画を、王の即位20年の式典で実行することをモファが伝えます。 反対に、左議政はその式典でトウォン大君と大妃を亡き者にする計画をしていたのでした。 現王の即位20周年式典の当日。 突如ジェギョンが前に出て、20年前の事件で自分が左議政の指示で先王の密書を書き換えたことを自白します。 20年前の罪人を信じるべきでないと主張する左議政一派、さらに大妃がトウォン大君を王位に就けようと逆心を抱いていると主張し始める始末。 するとそこへ、トウォン大君がやってきて自分はトウォンではなく先王の息子イ・リムであると言い放ちます。 過去20年間、王はいつでも自分を亡き者にすることができた、それでも自分を生かしたのは何の罪もない先王を廃位した罪悪感からではないかと問い詰めるトウォン大君。 王はそんな彼の言葉に怒り心頭し、そんなやり取りをしている間も筆を止めない史官たちに書くのをやめろ、筆を止めない史官はこの場で首をはねると叫びます。 その言葉に反抗するように、ヘリョンはトウォン大君の隣にひざまずき王の前で筆を動かします。 kstyle. ksn? 私が死んだこの場所に他の士官が来て座り、その士官を殺せば別の士官が来て座ることでしょう。 王様がこの地のすべての士官を殺し紙と筆を奪っても、決して防ぐことはできません。 人々の口から口へ、師匠から弟子へ、親から子へ、伝わっていくのです。 それが真実の力です」 涙ながらにそう訴えるヘリョンの後ろに、同じくひざまずいていく史官たち。 それに対し全員を討つように訴える左議政の言葉を遮り、止めに入ったのは世子でした。 すべての元凶が左議政だとまだわからないかと、トウォン大君と史官たちの訴えを受け入れ20年前に起こった誤りを正すよう訴えます。 そんな世子の訴えにより、20年前の出来事がすべて正されたのでした。 涙ながらに全力で反対する大妃を前に何も言えないトウォン大君でしたが、彼は既に緑嶼堂を出る決心をしていました。 緑嶼堂に戻りヘリョンと合流し、「これが終わりではない、これからが始まりだ」と言う彼女と共に緑嶼堂での思い出を懐かしむのでした。 それから3年後。 史官たちは相変わらずで、ヘリョンも変わらず仕事に精を出す日々。 サヒは史官を辞め、貧しい子供たちに勉強を教え先王の夢を引き継いでいました。 そして、亡き左議政のお墓参りに来ていたウウォンを迎えに行く芸文館の史官たちの面々は、王様になった世子から復職の命令が出たと伝えます。 一方のリムは、今も怒っている大妃に手紙を送りつつ、王宮を出て様々な場所へ放浪の旅に出ていました。 そうして1ヶ月ぶりにヘリョンと再会し、愛を確かめ合う2人。 3年前の出来事の後も愛を育んできた2人は、晴れて自由な恋愛を楽しんでいました。 一緒に眠りにつき、出勤するヘリョンを見送るリム。 走ってきたヘリョンが中に入るのを止めた門番に「史官ク・ヘリョン」の札を堂々と見せたヘリョン。 こうして彼女は、今日も史官としての任務を全うします。 kstyle. ksn? 初回からハツラツとしていて学ぶことに貪欲だったヘリョン。 王宮に入ってからも、王様を前にしても物怖じせず真実を追求していく姿はかっこよかったです! 色白で純粋すぎるトウォン大君よりも遥かに男らしかったですね 笑 そんなトウォン大君も、始めは自分の人生に甘んじているように見えたのですが、実は心の奥底にずっと疑問を抱いていたことがわかってきたところは胸がじーんとしました。 なぜ父が自分を嫌うのか、そしてなぜ軟禁されなければいけなかったのか、聞きたくても聞けないもどかしさが最後に大爆発! ヘリョンと出逢ったことで本当の自分の人生を取り戻していき、最終回はすっきりした気分でした。 あくまでフィクションなので、よくある時代劇の苦しすぎる展開はなくすっきり見れたのはこのドラマの良いところでした^^ 正義の勝つ最高のエンディング、そしてヘリョンとトウォンの終始らぶらぶな様子には大満足! これまでとはまた一味違った感覚の時代劇、綺麗な映像とキャストの美しさに癒され軽い気持ちで見ることができる素敵な作品です。 最後に 朝鮮初の女性史官を軸に描かれたフィクション時代劇ロマンス『新米史官ク・ヘリョン』。 シンセギョンとチャウヌのカップルはとにかく美しく、終始見入ってしまう作品です。 フィクションだからこそ重すぎず、真実の力を見せてくれるメッセージのこもったドラマでした。

次の

Rookie Historian Goo Hae

ク ヘリョン

新米史官ク・ヘリョン-韓国ドラマ-あらすじ-最終回まで感想あり-初回視聴率6. この【新米史官ク・ヘリョン】のドラマは..。 時は19世紀、激動の朝鮮の王朝時代のお話しです。 本を読むことが大好きで読書家のヘリョン! そんなヘリョンは、ガリレオを尊敬しています。 そして、王朝の政府が、女性の史官を登用する!と大々的に公表して..。 その情報を聞いたヘリョンは、まだ足を踏み入れたことがない世界に挑戦したい!と決めたのです。 ところが問題がいっぱいあるヘリョン。 反面、王子様のイ・リムは、今まで1度も恋をしたことがなくて..。 しかもイ・リムは王様でありながらメファ!というペンネームで恋愛小説を書いている大人気の恋愛小説家です。 そして本を読むことが大好きな読書家のヘリョンと出会うのだが..。 ク・ヘリョンは幼少期、この激動の朝鮮時代には希で、清で過ごしたことがあったのです。 そして気高く衆に優れている性理学が蔓延している漢陽不満を抱いてて..。 そこで自分自身に与えられた運命を受入れる代償に、心の中で女史!になりたいと希望をしていたのだった。 その後、夢が叶い胸を張って宮中に入るク・ヘリョン!! そんな中、イケメンで王様のイ・リム! ノクソ堂で芸術的な意欲を燃やしてて..。 だがイ・リムは、宮中の中にあるノクソ堂に監禁されて生きている孤独な王子なのです。 しかも今まで恋愛をしてことがなくて..。 ところがイ・リムは、外の世界では、漢陽で大人気の恋愛小説家で..。 メファ!というペンネームで恋愛を小説を書いている恋愛小説家のイ・リム! そしてイ・リム!は、王子様&恋愛小説家の2重の生活を展開しているのだった。 その頃、自分の書いた小説が、宮中の外では、どんな反響があるのか?知りたくて仕方がなかったイ・リム! そこで監視の目を盗んで、ノクソ堂を脱けだしたのです。 そして自分の目で直接、読者の反応を確かめたイ・リム! イ・リムは大満足で..。 その後、イ・リムは自分自身が書いた本「月夜密会」を読んでいる女性ヘリョンを見かけたのです。 しかもヘリョンは、イ・リムが書いた本「月夜密会」を読みながら〜あくびをしてて..。 イ・リムと目が合ったヘリョン! ところが自分の目の前にいる男性が、まさか恋愛小説家のメファとは夢にも思わなくて..。 さらにヘリョンは、イ・リムに【本がつまらなくて思わずあくびをしちゃいました!】と捨て台詞を吐きながら〜本を投げてしまったのです。 そんなヘリョンを目の当たりにしたイ・リム! 自分の書いた本は、常に大人気!と思っていただけにショックを受けてしまい..。 ヘリョンの想定外の反応に、返答することもできなかったのです。 そして趣味は西洋の本を読むことです。 ヘリョンの尊敬する人物は、ガリレオ・ガリレイ。 王様の地位の継承の序列は2番目です。 左議政との闘いの後、批判的な無能な王様になってしまったのです。 笑顔とは裏腹に、常に自分の心と葛藤しています。 貧困な家庭に誕生したけれど〜自分自身で最高権力者の地位まであがったのです。

次の