プロテインクッキー レシピ。 プロが教える「クッキー作り」最大のコツとは? 意外なテクニックがサクホロ食感を作り出すレシピ

卵・砂糖は不使用!簡単プロテイン入りオートミールクッキーのレシピ

プロテインクッキー レシピ

タンパク質を美味しく&手軽に!自分で作る「プロテインクッキー」のススメ。 プロテインは筋トレの必需品である。 鍛え抜かれた身体を手に入れるためには、たんぱく質の補給が欠かせない。 プロテインは食事よりも効率的にたんぱく質を補給できるが、ドリンクタイプの場合は容器がかさばったり、外出先で手軽に摂取できなかったりすることもあるだろう。 そんな時におすすめなのが、プロテインクッキーである。 そこで今回は、筋トレやダイエット中のおやつに最適なプロテインクッキーについて紹介する。 プロテインクッキーって何? そもそもプロテインクッキーとはどのようなものなのだろうか。 まずは、プロテインクッキーの概要を紹介する。 粉末タイプのプロテインは種類豊富 一般的に市販されているプロテインは粉末タイプである。 スーパーやドラッグストアで見かけたことがある人も多いだろう。 粉末タイプのプロテインは、水などに溶かしてドリンクとして飲むことがほとんどだ。 味のバリエーションが多いので気分によって味を変えることができるが、毎日のように飲んでいると次第に飽きてくることもある。 そんなときはプロテインクッキーで食感を変えてみるとよいだろう。 プロテインクッキーとは プロテインクッキーとは、プロテイン粉末を水や牛乳などで伸ばして固めたものである。 オーブンでさっくりと焼き上げることで、プロテインをおやつ感覚で食べることができる。 食べごたえがあるので、ダイエット中のおやつにもおすすめだ。 たんぱく質の含有量が多く、糖質や脂質は控えめなので間食として食べても罪悪感が少ないのもポイントである。 プロテインクッキーは市販されているものも多いが、手持ちのプロテイン粉末で作ることもできる。 比較的簡単に作ることができるので、ふだんお菓子作りをしない人でも失敗のリスクが低い。 コストを抑えたい場合は、手作りプロテインクッキーにも挑戦してみよう。 プロテインクッキーの作り方 ここでは、プロテインクッキーの作り方を紹介する。 基本の材料と作り方を参考に、自分好みにアレンジしてみよう。 プロテインクッキーの材料 用意するものはプロテイン粉末、水、バターの3つだけだ。 プロテインクッキーの作り方 材料をすべて混ぜ、まとめる。 ビニール袋を使えば洗い物が出ないので便利である。 バターの代わりにバナナやピーナッツバターなどを使用してもよい。 バターだけで生地がまとまる場合は水を加えなくてもよいので、生地がベチャベチャにならないように注意しよう。 生地がまとまったら、ビニール袋から取り出して成型する。 プロテインの種類や生地の厚さ、オーブンの種類によって焼き時間は変わるので、様子を見ながら調整しよう。 プロテイン粉末の味を変えれば楽しみも広がるので、ドリンクに飽きた人は試してみてほしい。 アレンジレシピ 手作りのプロテインクッキーは、自分の好みに合わせてアレンジできるのが魅力である。 生地をまとめる際にお好みでナッツやグラノーラを加えれば、食感のアクセントになり、栄養もアップする。 また、水の代わりに牛乳や豆乳を使えばマイルドな風味に仕上げることもできる。 基本のプロテインクッキーで物足りない場合は、さまざまなアレンジを楽しんでみよう。 市販されている評価の高いプロテインクッキー プロテインクッキーは気になるけど、自分で作るのは難しいという人は市販品を試してみてもよいだろう。 市販のプロテインクッキーは手に入れやすく、食べやすいのが特徴だ。 ここでは、市販されているプロテインクッキーの中でも評価が高い、GOLD'S GYM(ゴールドジム)の「プロテインクッキーバー」を紹介する。 ゴールドジムとは ゴールドジムは初心者からプロアスリートまで、あらゆるニーズに対応できる設備を備えている。 トレーニングマシンが充実しているだけでなく、頼りになるトレーナーも多く配属されているので、わからないことの多い初心者でも安心できるのが魅力だ。 筋トレだけでなく、健康維持やストレス解消のために通う人もいる人気のトレーニングジムである。 プロテインクッキーバー ゴールドジムのプロテインクッキーバーは、公式オンラインショップやコンビニなどで購入することができるので、ゴールドジムに通っていない人でも購入することができる。 一袋2本入りで、しっかりとした食感が特徴のプロテインクッキーだ。 一袋で、たんぱく質22gやビタミンB群を摂取することができるので、外出先などで気軽にエネルギー補給したい時におすすめだ。 ビタミンB群の役割 プロテインクッキーバーに含まれているビタミンB群は、エネルギーの代謝に関わる非常に重要な栄養素である。 とくにビタミンB6は、たんぱく質の代謝を促進させる働きがあるので、たんぱく質と一緒に摂取するのが望ましい。 プロテインクッキーバーなら、たんぱく質とビタミンB6を同時に摂取できるので、効率的に栄養を補給できるのがポイントだ。 結論 プロテインクッキーのたんぱく質含有量は、プロテインドリンクと比較しても遜色ない。 食べごたえがあるので、ダイエット中の間食にもおすすめだ。 味や食感をアレンジしたいなら、自分で作ってもよいだろう。 プロテインドリンクに飽きたら、プロテインクッキーを試してみよう。 【関連記事】•

次の

プロが教える「クッキー作り」最大のコツとは? 意外なテクニックがサクホロ食感を作り出すレシピ

プロテインクッキー レシピ

タンパク質を美味しく&手軽に!自分で作る「プロテインクッキー」のススメ。 プロテインは筋トレの必需品である。 鍛え抜かれた身体を手に入れるためには、たんぱく質の補給が欠かせない。 プロテインは食事よりも効率的にたんぱく質を補給できるが、ドリンクタイプの場合は容器がかさばったり、外出先で手軽に摂取できなかったりすることもあるだろう。 そんな時におすすめなのが、プロテインクッキーである。 そこで今回は、筋トレやダイエット中のおやつに最適なプロテインクッキーについて紹介する。 プロテインクッキーって何? そもそもプロテインクッキーとはどのようなものなのだろうか。 まずは、プロテインクッキーの概要を紹介する。 粉末タイプのプロテインは種類豊富 一般的に市販されているプロテインは粉末タイプである。 スーパーやドラッグストアで見かけたことがある人も多いだろう。 粉末タイプのプロテインは、水などに溶かしてドリンクとして飲むことがほとんどだ。 味のバリエーションが多いので気分によって味を変えることができるが、毎日のように飲んでいると次第に飽きてくることもある。 そんなときはプロテインクッキーで食感を変えてみるとよいだろう。 プロテインクッキーとは プロテインクッキーとは、プロテイン粉末を水や牛乳などで伸ばして固めたものである。 オーブンでさっくりと焼き上げることで、プロテインをおやつ感覚で食べることができる。 食べごたえがあるので、ダイエット中のおやつにもおすすめだ。 たんぱく質の含有量が多く、糖質や脂質は控えめなので間食として食べても罪悪感が少ないのもポイントである。 プロテインクッキーは市販されているものも多いが、手持ちのプロテイン粉末で作ることもできる。 比較的簡単に作ることができるので、ふだんお菓子作りをしない人でも失敗のリスクが低い。 コストを抑えたい場合は、手作りプロテインクッキーにも挑戦してみよう。 プロテインクッキーの作り方 ここでは、プロテインクッキーの作り方を紹介する。 基本の材料と作り方を参考に、自分好みにアレンジしてみよう。 プロテインクッキーの材料 用意するものはプロテイン粉末、水、バターの3つだけだ。 プロテインクッキーの作り方 材料をすべて混ぜ、まとめる。 ビニール袋を使えば洗い物が出ないので便利である。 バターの代わりにバナナやピーナッツバターなどを使用してもよい。 バターだけで生地がまとまる場合は水を加えなくてもよいので、生地がベチャベチャにならないように注意しよう。 生地がまとまったら、ビニール袋から取り出して成型する。 プロテインの種類や生地の厚さ、オーブンの種類によって焼き時間は変わるので、様子を見ながら調整しよう。 プロテイン粉末の味を変えれば楽しみも広がるので、ドリンクに飽きた人は試してみてほしい。 アレンジレシピ 手作りのプロテインクッキーは、自分の好みに合わせてアレンジできるのが魅力である。 生地をまとめる際にお好みでナッツやグラノーラを加えれば、食感のアクセントになり、栄養もアップする。 また、水の代わりに牛乳や豆乳を使えばマイルドな風味に仕上げることもできる。 基本のプロテインクッキーで物足りない場合は、さまざまなアレンジを楽しんでみよう。 市販されている評価の高いプロテインクッキー プロテインクッキーは気になるけど、自分で作るのは難しいという人は市販品を試してみてもよいだろう。 市販のプロテインクッキーは手に入れやすく、食べやすいのが特徴だ。 ここでは、市販されているプロテインクッキーの中でも評価が高い、GOLD'S GYM(ゴールドジム)の「プロテインクッキーバー」を紹介する。 ゴールドジムとは ゴールドジムは初心者からプロアスリートまで、あらゆるニーズに対応できる設備を備えている。 トレーニングマシンが充実しているだけでなく、頼りになるトレーナーも多く配属されているので、わからないことの多い初心者でも安心できるのが魅力だ。 筋トレだけでなく、健康維持やストレス解消のために通う人もいる人気のトレーニングジムである。 プロテインクッキーバー ゴールドジムのプロテインクッキーバーは、公式オンラインショップやコンビニなどで購入することができるので、ゴールドジムに通っていない人でも購入することができる。 一袋2本入りで、しっかりとした食感が特徴のプロテインクッキーだ。 一袋で、たんぱく質22gやビタミンB群を摂取することができるので、外出先などで気軽にエネルギー補給したい時におすすめだ。 ビタミンB群の役割 プロテインクッキーバーに含まれているビタミンB群は、エネルギーの代謝に関わる非常に重要な栄養素である。 とくにビタミンB6は、たんぱく質の代謝を促進させる働きがあるので、たんぱく質と一緒に摂取するのが望ましい。 プロテインクッキーバーなら、たんぱく質とビタミンB6を同時に摂取できるので、効率的に栄養を補給できるのがポイントだ。 結論 プロテインクッキーのたんぱく質含有量は、プロテインドリンクと比較しても遜色ない。 食べごたえがあるので、ダイエット中の間食にもおすすめだ。 味や食感をアレンジしたいなら、自分で作ってもよいだろう。 プロテインドリンクに飽きたら、プロテインクッキーを試してみよう。 【関連記事】•

次の

お味はまるでカ〇リーメ〇ト?チョコレート味のプロテインバーレシピ

プロテインクッキー レシピ

咀嚼(そしゃく)による健康効果 一般的なプロテインは飲んで栄養をチャージしますが、お菓子の場合は咀嚼による健康効果が期待できます。 かむことにより酵素を含む唾液がたくさん出ることも健康効果を上げる要素の一つです。 酵素は、消化を助ける働きをします。 また、ダイエットのためにプロテインを摂取したい人は、噛むことにより満腹感を感じやすくなる点も大きなメリットです。 プロテインのお菓子を食べるときの咀嚼は、健康やダイエットのためになります。 プロテインの飲みづらさの解消 プロテインは健康やダイエットにもよいと注目されていることもあり、さまざまな種類のプロテインが販売されています。 味も豊富で以前よりもおいしく飲めるプロテインが増えています。 中には味が合わないものや、飲みづらいものもあります。 そのようなプロテインの場合は、お菓子にすると味も気にならなくなります。 プロテインバーのように市販されているお菓子もありますが、ホットケーキやクッキーなどを作るときに混ぜ込む方法がおすすめです。 普段の間食をプロテインのお菓子に置き換えるだけで、簡単に摂取でいます。 プロテインのお菓子の購入方法 プロテインのお菓子を手に入れる方法を調べました。 コンビニやスーパーでは、プロテインバー、ゼリー、ドリンクが売られています。 定番はプロテインバーで、いろいろな味が販売されています。 購入前にバリエーションをチェックし、いくつか食べ比べをしてみるのも楽しいです。 低脂肪・低カロリーのグラノーラバーも人気があります。 また、運動後には、ゼリータイプのウィダーinゼリーのプロテインシリーズ、飲みやすい味のドリンクもおすすめです。 ネットなど通販での購入 ネットなどの通販で購入したいなら、Amazonや楽天などで購入することができます。 ただし、一箱単位での購入が多く、長く続けたいと思っている人におすすめです。 逆に、とりあえず1つ試してみたいという人や、味の違うバーを1つずつ食べ比べしたい人は、Amazonや楽天などからの購入は向いていません。 1箱12本入りのものであれば、すべて同じ味ですので1本ずつ違う味を食べ比べしてみたいという人は、箱買いだと余ってしまう可能性があります。 まずは単品で試し、自分好みのお菓子かどうかを確認してから、箱買いをしたほうがよいです。 愛用のプロテインを使って自分で作る 市販のプロテインのお菓子もよいのですが、自分で作る方法もおすすめです。 自分の飲んでいるプロテインや味が合わなくて飲みきれなかったプロテインで、お菓子を作ることができます。 お菓子作りといっても、複雑な作り方ではなく、誰でもできる簡単な方法があります。 例えば、フルーツなどを使った自作のスムージーの中にプロテインを混ぜたり、ホットケーキミックスに混ぜ込んで、プロテイン入りのパンケーキを作ったりと、料理初心者でもおいしいプロテインのお菓子が簡単に作れます。 市販されているおすすめのプロテインのお菓子 口コミで味がよいと評判のプロテインのお菓子ばかりを選んでいます。 携帯できるサイズというのも、厳選する際に重視したポイントです。 これらのお菓子は、プロテインを効率よく摂取できます。 ウイダーinバー プロテイン 口コミでおいしいと評判のお菓子です。 Amazonでもベストセラー1位になっています。 高品質なプレミアムプロテインが20g、総炭水化物が約23gが含まれており、総カロリーは約230calです。 230calというと多い気がしますが、シュガーはわずか4gしか含まれていません。 また、炭水化物として、ライスクリスピーが含まれていますが、その独特の食感を楽しめるのも、このお菓子の魅力。 ネット購入価格は、4,000円前後です。 自作のプロテインのお菓子のメリット 自作でプロテインのお菓子を作ることは、市販のプロテインのお菓子にはないメリットがあります。 カロリーと味が調節可能 自分で作れば甘さや油を調節できるので、カロリーを減らすことが可能です。 レシピサイトを検索すれば、作り方がいろいろ載っており、その中から自分でできそうなレシピを選ぶ楽しみもあります。 市販のお菓子でも、いろいろな種類が販売されていますが、ずっと食べ続けていると飽きてしまう可能性が高いです。 自作できれば、いろいろな味のお菓子を作れるので、飽きる心配はありません。 無添加のプロテインのお菓子を作れる 市販のものは添加物が入っているものが多いです。 そのため、自然の食材を使ってお菓子を作れば、無添加で体に安全なお菓子を作ることができます。 例えば、卵、砂糖、牛乳などを使ったクッキーや、サツマイモやカボチャなどの甘い食材を使ったカップケーキなど。 自分で食材を選んで作れるので、植物アレルギーがある方にも、自作のお菓子はおすすめです。 おすすめのプロテインのお菓子のレシピ 自作のプロテインのお菓子に挑戦したい人は、おすすめのレシピを参考にしてみてください。 初心者でも簡単に作れるプロテインパンケーキ 簡単にプロテインパンケーキを作る方法があります。 レシピは、プロテイン2スプーン、卵1個、豆乳または牛乳少量、ベーキングパウダーまたは重曹など少量、ヨーグルト1? 2スプーンを混ぜて焼くだけ。 ただ混ぜて焼くだけなので、料理の苦手な男性でも作ることができます。 【参照リンク:】 チーズ味のプロテインバー 甘いものが苦手な男性には、チーズ味のプロテインバーがおすすめです。 基本的には、材料を全部混ぜてオーブンで焼くだけなので、慣れてしまえば簡単に作れます。 【参照リンク:】 仕事の合間に取れるプロテインクッキー 砂糖不使用で、バターの代わりに植物油を使い、さらにナッツをたくさん入れたヘルシーなクッキーです。 材料は、オートミール30g、押し麦またはさらにオートミールを30g、好きな味のプロテイン30g、豆乳または牛乳70ml、油大さじ2、素焼きミックスナッツ50g、ドライフルーツ50gです。 はじめにナッツとドライフルーツを細かく砕き、あとは混ぜて、一口サイズにシートに並べて、オーブンで焼きます。 【参照リンク:】 簡単手作りプロテインお菓子で男をあげよう 今までお菓子作りをしたことがないと、手作りなんてとてもできないと思いがちですが、簡単に作れる方法はたくさんあります。 レシピサイトで検索してみると、ただ混ぜて焼くだけなど、簡単に早く作れる方法がたくさん載っているので、ぜひ検索してみてください。 簡単手作りプロテインお菓子で男をあげてください。

次の