会社員 確定申告 必要。 会社員のための確定申告入門「年末調整との違い」や「必要な人」を解説

確定申告が必要な方|国税庁

会社員 確定申告 必要

サラリーマンに関係のある確定申告の項目は、医療費控除や住宅ローン控除だけではありません まず、確定申告とは何かから簡単に説明します。 「」の額は、1年間の所得をもとに決められます。 サラリーマンの場合、給与やボーナスからあらかじめ所得税が差し引かれていますが、年末にならないと1年間の所得が確定しませんから、とりあえずおおよその金額が差し引かれています。 また、生命保険料や医療費の支払い額に応じて所得税を少なくしてもらえることになっていますが、これらは給与やボーナスの段階では考慮されていません。 そこで、1年間の所得が判明する年末に、会社経由で「」という形で税金の調整を行います。 しかし、この年末調整でも精算できないものがあります。 例えば、副業など会社以外からの収入に関するものや、年末調整後に発生した事柄への対応などです。 それらを含めて最終的に調整する手続きが「確定申告」です。 2019年分の確定申告期間は2020年2月17日 月 ~2020年3月16日 月 です。 確定申告が義務付けられているサラリーマン(下記を参照)はこの期間に確定申告をする必要があります。 義務付けられていない人が、納めすぎた税金を返してもらうために行う確定申告(=還付申告)は、2020年1月1日から5年間です。 国税庁のサイト上で入力して印刷した書類や手書きした書類を税務署に郵送や直接提出、またはすべてネット上で行うこともできます。 還付される税金は、自分が指定した銀行口座に申告後1カ月くらいで振り込まれます。 確定申告の義務があるサラリーマン サラリーマンでも、確定申告が義務づけられている場合があります。 申告や納税を忘れると、本来支払うべき税金にペナルティが上乗せされることがあります。 確定申告期間中は税務署などに確定申告書作成コーナーが設けられ、税理士に教えてもらいながら申告書を作ることができます。 無料で利用できます。 確定申告すると得する可能性のあるサラリーマン 以下に該当するサラリーマンは確定申告が義務ではないけれど、確定申告すれば税金が一部戻ってくる可能性があります。 住宅ローン控除の適用1年目も確定申告が必要。 2年目以降は年末調整で処理されます。 扶養控除の対象になるのは16歳以上の親族なので、出産による家族の増加は対象外です。 (妊娠・出産に関する「医療費」については医療費控除の対象になります)。 また、配偶者が結婚と同時に無職になったとしても、その年にすでに扶養の要件を上回る収入を得ている場合には、その年は扶養に入ることはできません。 家族全員分をまとめて、家族の誰かが確定申告します(所得が多く税率が高い人が行ったほうが、税金の還付額が多くなる可能性が高い)。 下記のセルフメディケーション税制と、どちらかを選択して利用します。 また定期健診は対象外だが、それで重大な病気が見つかれば対象になる。 特定一般用医薬品等購入費は、指定の市販薬や医師に処方された薬のこと。 対象の医薬品は厚生労働省のサイトで確認できます。 イブ、ジキニン、ベンザブロックなどCMでよく見る風邪薬や頭痛薬、目薬、点鼻薬、バンテリンなどの筋肉痛等の薬、水虫の薬など、様々な薬が対象になっています。 しかし同じベンザブロックでも、シリーズによって対象内のものと対象外のものがあります。 購入時のレシートに記載があるので確認してください。 参考:タックスアンサー 厚生労働省 ページ中ほどに対象品目一覧表へのリンクがあります。 ただし、本業の給与所得にかかる所得税率が20%以上の人は、確定申告をすると追加で納税しなければならない可能性があるので注意(副収入が20万円超の場合は確定申告が義務になります)。 通勤費、転居費、研修費、資格取得費、単身赴任者などの帰宅旅費、書籍代や交通費などのうち会社が必要経費と認めた費用の合計額が「同年の給与所得控除額の2分の1」を超えた場合、その超えた分の金額を所得から控除できます。 を使う場合は確定申告は不要。 ワンストップ特例は、5つ以内の自治体にふるさと納税をし、納税先の自治体に特例適用の申請書を提出しておいた場合に確定申告無しで控除が受けられる制度のことです。 「6つ以上の自治体にふるさと納税をした人」はこの特例は使えず、全てのふるさと納税について確定申告する必要があります。 「ふるさと納税以外の理由で確定申告する人」もこの特例が使えなくなり、ふるさと納税の金額を含めて寄附金控除の欄に記入することになります。 また、2015年3月までにふるさと納税をした分にはワンストップ特例は使えません。 相殺しきれない場合は、翌年以降3年間繰越して損益通算できます。 ひとつの特定口座(源泉徴収あり)内で管理している株式等については、確定申告をしなくても損益通算が行われますが、損失を繰り越す場合は、毎年確定申告が必要です。 また2016年分から債券についての税制が変更され、債券も株式と同様に特定口座内で管理できるようになり、債券投資による利益・損失も、株式等と一緒に損益通算および3年間の繰越控除ができるようになりました。 配当控除を受けることによって実質的な税負担率が所得税10%、住民税7. 2%(計17. 2%)以下になる方(課税所得金額が695万円以下の人)は、申告するメリットがあります。 確定申告すれば配当控除が受けられますが、給与所得に対する税率が20%以上の人には申告のメリットがなくなります。 また、課税対象になった配当金を含めて給与所得以外の所得が20万円超あった場合は確定申告が義務づけられます。 家や家財の損失の一部を、所得から控除できます。 すでに、災害減免法による「源泉徴収の猶予や免除」を受けている人は、確定申告を必ずしなければなりません。 適用1年目は確定申告が必要。 2年目からは年末調整で処理されます。 住宅ローン控除との併用もできます。 通算してもなお損失分が余っているときは、翌年以降3年間、繰越できます。 通算してもなお損失分が余っているときは、翌年以降3年間、繰越できます。 新たに買ったマイホームには、条件を満たせば住宅ローン控除が利用できます。 参考:タックスアンサー「」 以上、主だったものをご紹介しました。 なお、各控除を受けるには様々な条件がありますので、国税庁のサイト「タックスアンサー」などで確認してください。 確定申告をするほうが得かどうかは一概にいえないケースもあります。 また、上記以外にも確定申告で税金の還付が受けられるケースがあります。 【関連記事をチェック!】.

次の

確定申告が必要なサラリーマンとは

会社員 確定申告 必要

教えて!会社員・サラリーマンでも確定申告をしなければいけない条件 本来、確定申告は事業を行っている人が対象となるため、会社に勤めていて給料を受け取っている会社員・サラリーマンであれば、毎月の給料から税金を源泉徴収していて会社で年末調整を行うため原則必要ありません。 ただし、以下に当てはまる方は、会社員・サラリーマンでも確定申告が必要です。 配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合• 給与収入が2,000万円を超えている場合• 2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合• 医療費控除、雑損控除などを受ける場合• 住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行う)• その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合• ふるさと納税の納付先自治体が6ヵ所以上の場合 特に副業所得が20万を超えている方は、『 利益が年間(1月1日~12月31日)20万円以上』であることにご注意ください。 通年は3月中旬までが申告期間ですが、2020年は新型コロナウイルスの影響で期間が延長され、 4月16日 木 までに申告が必要です。 副業をしても確定申告をしなくても不要な条件とは?逆に申告がした方がお得な条件は? 売上が年間で20万円を超える場合ではなく、売上から必要経費を差し引いた額が利益です。 例えば、せどりでネットオークションで商品を仕入れた合計金額、アフィリエイトであれば手数料や広告費は必要経費です。 この必要経費を差し引いた利益が年間20万円を超えない場合は、確定申告が不要です。 また、必要経費を差し引いた際に赤字の場合は、確定申告をしなくても大丈夫です。 赤字の出た所得の区分が「事業所得」、「不動産所得」、「譲渡所得」などに該当する場合には、確定申告をしたほうが得です。 赤字を申告すると、給与所得からその赤字が差し引かれ、全体の所得が減額されるため、既に納めた税金の一部を戻してもらうことができます。 私 の場合は、副業所得で20万を超えていたため、雑所得で1年間の合計の利益を計算して確定申告しました!ふるさと納税をやられている方は以下の記事にやり方や計算方法を図解してますので、ぜひご覧ください 確定申告をした方が得する会社員・サラリーマンの条件 確定申告をした方が得をするケースがいくつかあり、控除が適用されます。 還付申告と呼ばれ、 給与等から源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金が、年間の所得金額について計算した所得税及び復興特別所得税額よりも多いときは、 納め過ぎとなっている所得税及び復興特別所得税の還付を受けることができます。 還付を受けるには書類が必要で、該当するケースがあれば関連書類は大切に保管してください。 年末調整後に子供ができた( 医療費控除)• 年末調整後に結婚した( 扶養控除)• 医療費の支払いが、年間10万円を超えた人( 医療費控除)• 住宅ローンを組んだ人( 初年度のみ自ら確定申告。 2年目以降は会社で年末調整してくれる)• 寄付やふるさと納税をした人( 寄付金控除)• 災害や盗難で資産に損害を受けた場合( 雑損控除)• 中途退職した人( 年内に再就職してなければ会社に年末調整をしてもらえないので、自分で確定申告をすると税金が還付される場合がある)• 確定申告書A• 確定申告書の様式には「A」と「B」があり、「確定申告書A」は主に会社員・サラリーマンやアルバイト・パートの方が使用し、「確定申告書B」は主に個人事業主の方が使用します。 所得に関する書類• 給与所得や公的年金などの源泉徴収票(原本)• 保険会社から送付される個人年金の支払調書、年金支払証明書• 所得控除に関する書類(各種控除を受ける場合)• 医療費の領収書• 生命保険料控除証明書• 寄附した団体などから交付を受けた寄附金の受領証など 確定申告においては「確定申告書A」が完成できれば、あとは必要書類を集めて税務署に提出すれば終わりです。 確定申告書Aの書き方について(パソコンで作成する場合) 会社員・サラリーマンの方は確定申告書Aを使いますが、この書類の作成に必要な情報をまとめる必要があります。 こちらの書類に、 収入金額、所得金額、所得から差し引かれる金額、税金などを記入します。 それぞれの情報は基本的には『 源泉徴収票』 を見ればすぐにわかります。 源泉徴収票はお勤めの会社から受け取ることができます。 控除を受ける場合は、それぞれの領収書や受領書をご自身で保管しておく必要があります。 それぞれの項目に記入してください もっとシンプルにケース別で確定申告の書類の出し方を理解されたい方は、こちらの記事もご覧ください。 書類作成は でもできますので、併せてご覧ください。 確定申告書Aの書き方について(書面に直接記入する場合) 確定申告書A第一表の書き方 まずは、『 申告書A第一表』の書き方についてです。 第一表は、主に所得金額や税金の計算結果など を記入します。 結論、源泉徴収票を見ながら書けば、申請に必要な以下の情報は埋まります。 住所・氏名等• 収入金額等• 所得金額• 所得から差し引かれる金額• 税金の計算• その他• 延納の届出• 還付される税金の受取場所 それぞれの項目の概要と記入方法について整理します。 住所・氏名等 氏名や住所などは、当たり前ですが申請者ご本人の情報を記載します。 「個人番号」にはマイナンバーを記入します。 本人確認書類(マイナンバーカードまたは番号確認書類 + 身元確認書類)の提示、または写しの添付が求められます。 収入金額等 「給与(ア)」欄に源泉徴収票の「支払金額」の金額を記入します。 給与収入以外に、株や競馬の配当金などがあった場合は、雑所得(イ)(ウ)や配当(エ)、一時(オ)の欄に記入します。 所得金額 「給与(1)」欄に源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を転記します。 その他の所得がある場合は、(2)以降も記入して合計額を算出します。 所得から差し引かれる金額 源泉徴収票の「配偶者特別控除の額」「社会保険料等の金額」「生命保険料の控除額・地震保険料の控除額」をはじめとする金額を、該当の欄に転記します。 年末調整で保険料控除の申告忘れなどがあり、 源泉徴収票の数字から変更がある場合は、変更分の控除額を計算して記入します。 また、配偶者控除は配偶者の所得によって金額が決まり、下記の表に従って算出されます。 基礎控除は一律で38万円です。 医療費控除は「医療費控除(18)」に、ふるさと納税の控除を受ける場合は「寄付金控除(19)」に記載します。 また、配偶者が障害者の場合には、配偶者控除のほかに障害者控除27万円(特別障害者の場合は40万円、同居特別障害者の場合は75万円)が控除できます。 税金の計算 「課税される所得金額(21)」を計算し、 を参考に「上の(21)に対する税額(22)」を計算します。 源泉徴収票の「住宅借入金等特別控除の額」に記載がある場合は「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除(24)」に転記します。 「源泉徴収税額」は「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額(38)」に転記します。 あとは計算式に沿って数字を算出すれば、確定申告の「申告書A第一表」は完成です。 第一表の 記載内容を下図にまとめましたので、ぜひ参考にしてください! 確定申告書A第二表の書き方 続いて、『 申告書A第二表』の書き方についてです。 第二表は、 所得の内訳、社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、扶養控除などの詳細を記入します。 引用元: 所得の内訳 「源泉徴収票」にある「支払金額」の金額を「収入金額」欄に転記します。 そのほかの収入がある場合は、所得の内訳欄に沿って記入します。 源泉徴収された金額がある場合はそれも記入し、第一表の「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額(38)」欄に合計額を記入します。 所得から差し引かれる金額に関する事項 「源泉徴収票」に記載されている社会保険料等の金額を、「源泉徴収票のとおり」と記入します。 国民健康保険など、そのほかにも支払った保険料があれば記入してください。 源泉徴収票は会社に申告すればもらえますので、事前に用意しておきましょう! また、生命保険料控除や地震保険料控除などを受けた場合は、こちらに記載します。 ただし、生命保険料または地震保険料については、実際に支払った金額を記載する必要があるので注意しましょう。 配偶者控除などを受けている場合なども、こちらに記載します。 自然災害などで受けた損害があった際に適用される「雑損控除(17)」、「医療費控除(18)」、ふるさと納税などの「寄附金控除(19)」がある場合も記載しましょう。 住民税に関する事項 16歳未満の子供がいる場合は「住民税に関する項目」に必要事項を記載します。 以上で、確定申告の「申告書A第二表」は完成です。 完成した確定申告を印刷し、必要書類と一緒に税務署に提出すれば、確定申告は完了です。 お疲れ様でした。 より詳しい書き方については 国税庁の 「 」をご覧ください! まとめ• 会社員・サラリーマンが確定申告をする必要がある場合は、以下条件の方• 副業所得が20万円を超える場合• 給与収入が2,000万円を超えている場合• 2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合• 医療費控除、雑損控除などを受ける場合• 住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行う)• その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合• 確定申告をした方が得になる可能性がある会社員・サラリーマンは、以下条件の方• 年末調整後に子供ができた(医療費控除)• 年末調整後に結婚した(扶養控除)• 医療費の支払いが、年間10万円を超えた人(医療費控除)• 住宅ローンを組んだ人(初年度のみ自ら確定申告。 2年目以降は会社で年末調整してくれる)• 寄付やふるさと納税をした人(寄付金控除)• 災害や盗難で資産に損害を受けた場合(雑損控除)• 中途退職した人(年内に再就職してなければ会社に年末調整をしてもらえないので、自分で確定申告をすると税金が還付される場合がある)• 会社員の場合、確定申告では確定申告書A、 源泉徴収票(原本)、 医療費の領収書などが必要書類• 確定申告書Aは、源泉徴収票を参考に、 第一表、第二表それぞれ記載する 会社勤めの方を対象に確定申告で必要な書類や書き方について解説しました。 初めて確定申告をする方からすると、何から取り掛かれば良いのか分からないことが多いと思います。 正しい確定申告のやり方を理解していれば、還付や税金対策などあらゆるメリットがあります。 どんな控除があり、どんな条件であれば適用できるかは国税庁のホームページにも記載がありますので、確定申告の時期までにしっかりと抑えておきましょう。

次の

会社員が確定申告すべき場合&還付を受けるための申告を徹底解説!

会社員 確定申告 必要

サラリーマンで確定申告が必要な人とは バイト以外の副業・2ヶ所以上の給与 サラリーマンで確定申告が必要な場合で特に多いのが、副業をしている場合と2ヶ所以上から給与を受けている場合です。 給与を2ヶ所以上から受けている場合は、 年末調整がなかった分の合計が年収20万円超えたら、確定申告が必要です。 ア ルバイト以外の副業は、所得20万円超えであれば確定申告が必要となります。 収入2,000万以上・猶予や控除を受ける時 年間の給与収入が2,000万円以上、災害減免法で源泉徴収の猶予を受けている場合は確定申告が必要です。 なお、 住宅ローン控除をはじめて受ける場合、 医療費控除を受けたい場合も確定申告が必要です。 税金を正しく申告することで、税金が還付されることもあることは知っておきましょう。 サラリーマンの確定申告の流れ サラリーマンの場合、どのように確定申告を行っていくべきなのか、簡単な流れをご紹介します。 申告期限を確認する 確定申告には、申告期限があります。 期限をすぎてしまうと、受けられたはずの控除などが受けられなくなってしまいます。 確定申告の申告期限や納期限は、年によって変ります。 ただし、 会社員の場合、申告期限は控除が発生した年の翌年から5年間となります。 情報収集をする まず始めたいのが、情報収集です。 仕事の掛け持ちや副業をしていても年収によっては確定申告の必要がないと説明したように、実際の年収は資料がないと判断できません。 また、どこの税務署に提出しないといけないのか、管轄の税務署を確認しておくことも重要です。 所轄の税務署は、国税庁ののページで確認できます。 申告に必要な書類の準備 確定申告に必要な書類の準備をします。 掛け持ちであれば源泉徴収票、医療費控除があれば病院の領収書、住宅ローンであればローン関連の書類などが必要になります。 1つ1つ揃ったらチェックをつけていくと安心です。 申告書の入手・記入 準備が整ったら、申告書を入手します。 確定申告書はインターネットからでも入手可能です。 年度によって書式が異なる場合があるので、必ず国税庁のサイトから最新のものを入手するようにしましょう。 無事確定申告書が入手できたら、提出の段階です。 必要事項を記入していき、管轄の税務署宛に郵送か直接持っていきます。 既に申請しており、専用のカードリーダーやマイナンバーカードがあれば、電子申告も可能です。 確定申告の必要書類 サラリーマンの確定申告用意したい書類をご紹介します。 ケースによって異なるので、自分が必要な書類を用意しましょう。 源泉徴収票 2ヶ所以上から給与をもらっている場合に必要です。 年末調整で1ヶ所は計算が終わっているので、 年末調整を受けない会社の源泉徴収票をもらっておきましょう。 社会保険料 年金保険料 控除証明書 支払った社会保険料は、全額が控除の対象となります。 社会保険料の控除証明書や生命保険の控除証明書などを用意しましょう。 控除証明関係は年末調整を受けていれば必要ありません。 社会保険料の控除は以下の5種類です。 自分または家族の国民年金保険料と厚生年金保険料• 自分または家族の健康保険料(税)• 国民年金基金の掛金• 後期高齢者医療制度の保険料・介護保険料• 労働保険料 保険料控除申請書 社会保険料の他に、民間の保険料も控除の対象です。 生命保険、介護医療保険、個人年金保険に入っている人は、会社から「保険料控除申告書」をもらっておきましょう。 保険会社の名前や、保険に支払った金額などを記入します。 住宅ローン控除関係の書類 確定申告によって、住宅ローンで支払ったお金を控除できます。 そのためには、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」を記載する必要があります。 さらに、登記事項証明書や売買契約書の写しなどが必要です。 借入金があるかないか、認定住宅の特例を利用するかどうかでも必要書類が異なるので注意しましょう。 会社員であれば、 一度確定申告で住宅ローンの控除手続きをしてしまえば、2年目以降は年末調整で手続きできます。 医療費の領収書の原本 1年間の医療費が10万円を超えている場合、医療費の控除を受けることができます。 医療費の控除は、会社の年末調整で行うことはできません。 そのため、会社員であっても自分で手続きをしなければなりません。 また、確定申告をする場合、経費と認められるものを抑えておけば、かかる税金を少なくできる可能性もあります。 こちらでは、FXにかかる税金の種類や、確定申告の条件、経費と認められる項目について紹介しています。 副業で事業を営んでいる場合は、決算書が添付で必要です。 決算書を作成するためには、経費や収入を明らかにして計算する必要があります。 会計ソフトの利用が便利です。 確定申告書はどうやって手に入れる? 税務署やインターネット 確定申告書は、税務署はもちろん、インターネットからも入手できます。 忙しくて税務署に取りに行けない場合で、自宅にコピー機があれば、インターネット経由で印刷するのがおすすめです。 インターネットで印刷する際は、旧式の確定申告書を誤って出力しないために、必ず国税庁の確定申告書コーナーから印刷するようにしましょう。 最新情報であることが確認できていて、かつすでに利用している会計ソフトがあれば、会計ソフトから印刷するのも便利です。 なお、継続的に確定申告を行うことが予想される場合は、 確定申告書の送付を希望し、翌年から郵送で確定申告書一式を税務署から送ってもらうこともできます。 確定申告のやり方がわからない時は? 国税庁のサービスを利用 国税庁が用意しているでは、税金に関するよくある質問とその回答を読むことができます。 また、国税に関する相談を電話ですることもできます。 所轄の税務署の窓口で相談することもできますが、確定申告時には混雑が予想されるため、事前予約をしておきましょう。 訂正しやすいパソコンで作業 税金の申告は誤りがあってはいけないものです。 故意でなくても、仮に誤った額で申告を行ってしまうと、追徴課税が課される場合があります。 だからこそ、できれば手書きではなく、計算や文言のコピーができるパソコンを使って作成する方が便利です。 国税庁の確定申告書コーナーにいって、直接入力していくこともできます。 インターネットやパソコンを利用すれば、誤りがあればすぐに修正できるので、何度も間違って書き直してということもありません。 もし、専用のカードリーダーを持っていて、すでに申請も終わっているのであれば、作成後電子申告を利用するのも良いでしょう。 まとめ サラリーマンの場合、確定申告が必要なときと、確定申告をした方が良いときがあります必要がある場合で可能性が高いのは、副業や掛け持ちで働いている場合。 年末調整したからと安心せずに、自分自身でしっかり確認するようにしましょう。

次の