かくしごと ジャンプ。 『かくしごと』アニメ全話のサブタイトル元ネタ。姫の母親の名前も判明? | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

『かくしごと』7巻 タイトルの隠し事は「隠し子と」って100万回言われてたけど!?

かくしごと ジャンプ

『かくしごと』10巻 そんなわけでアニメ化が楽しみな『かくしごと』(久米田康治)10巻読了しました。 安定の本編。 漫画家マンガとしても父娘ものとしても面白く、8年後(進級したので7年後か?)の姫ちゃんシリーズはいよいよクライマックスとなっております。 <関連記事> 10巻のサブタイトル 10巻収録のサブタイは以下の通り。 FULLSUIMIN」、41号「ムリのアサガタ」、42号「無表情でおやすみ」 元ネタは「かりあげクン」「神聖モテモテ王国」「ついでにトンチンカン」「咲-Saki-」「うしろの百太郎」「おはよう! スパンク」「進撃の巨人」「とってもラッキーマン」「道士郎でござる」「恋は雨上がりのように」「神のみぞ知るセカイ」「Mr. FULLSWING」「????」「魔王城でおやすみ」かな。 「ムリのアサガタ」がちょっと思いつかんなあ。 >より 姫ちゃんが5年生になりました 29号「くりあげくん」 姫ちゃん進級して5年生となる。 まあ、だからといえって特に変わることなく、良い意味で 「ん、いつも通り」って感じなんですけどね。 とはいえ、娘の成長を見守る父・可久士にとってはとても重要なことでもあります。 父娘のホームドラマとして温かい! なんのかんのでグッときてしまう姫ちゃんと可久士の親子はええね。 それに絡めてきっちりギャグ漫画としても漫画家ネタとしても発展させる手腕は見事としか言いようがない。 進級する春は漫画雑誌も新連載攻勢をかける。 新規読者を取り込みたいから。 ちぃ覚えた。 まあ、実際は「作者も読者も変わらないままただ一つずつ年だけ取っていく」という久米田先生の実体験(?)は言葉に重みがあります。 『かくしごと』メイン読者は何歳なんだ…。 若い新規読者を取り込まないといけないと思ったマンガジン編集の十丸院は古い作家は切り捨てて若い作家をどんどん起用しようと編集長に直談判するのであった。 少なくともそう考える編集は多いとか。 そこで十丸院は爆弾発言をするわけですね。 30、40のおっさんが中高生がチューしたのしないのって話を描くのは気持ち悪いんじゃないかと。 ちなみに現在連載中の主な人気ラブコメの作者年齢は以下のようになります。 あ、 「ウィキペディア」で調べました。 ゆらぎ荘の幽奈さん ミウラタダヒロ先生(年齢非公開) ぼくたちは勉強ができない 筒井大志先生(37歳) ドメスティックな彼女 流石景先生(38歳) 川柳少女 五十嵐正邦先生(非公開だがなので…) 彼女、お借りします 宮島礼吏先生(非公開だが踏まえると…) 五等分の花嫁 春場ねぎ先生(28歳) それでも歩は寄せてくる 山本崇一朗先生(33歳) ネクロマンス 堂本裕貴先生(非公開だが、前々踏まえると…) トニカクカワイイ 畑健二郎先生(44歳) 天野めぐみはスキだらけ! ねこぐち先生(33歳) 古見さんは、コミュ症です。 オダトモヒト先生(28歳) ポンコツちゃん検証中 福地翼先生(39歳) よふかしのうた コトヤマ先生(ガチで不明) あつまれ! チューどことかウコチャヌプコロしたかどうかも含まれてますが、おおよそのメインラブコメの作家様です。 もちろん、他意はまったくありません(お目々キラキラ)。 中にはおっさんでない人も含まれているかもしれませんが、今のメインラブコメの作者層は30、40のおっさんが多いのは事実です。 『UQホルダー』の赤松健先生は51歳です。 それを気持ち悪いって久米田先生が言ってました。 相変わらずヤベー方向にケンカを売ってる(ように見える)。 ちなみに読者の若返りをってベテラン作家を切って若手作家を登用して散っていった編集長も、読者の若返りをって作風を若者向けに本人は思って切り替えて散った作家も星の数ほどいるそうです。 正解はないんですねぇ(とってつけたように)。 他にも漫画家あるある(?)ネタとヤベーネタが満載です。 流石は久米田先生だと思いました。 描く仕事の本当のところを描く仕事 12巻完結予定なのにアニメ化するって単行本の販促としてどうなのかといかそういう業界の事情など、今巻も久米田先生の文章はキレキレです。 そして漫画家とデビューすることも、やっていくことも、その他諸々(売れること、アニメ化) すべては「運」であると断言するのです。 過去に売れなかった作品『ポカポカ』『伯爵』も 運が無かっただけとポジティブなんだかネガティブなんだかよく分からん姿勢よ。 確かに久米田先生ぐらいヒットしたと思ったら次は速攻で短期打ち切り食らって、またヒットしたりアニメ化したりと売線作家になったと見せかけ、またまた秒速で打ち切りだったり…と、 ゾンビのように何度も立ち上がる(褒めてます)のは近年では珍しいかもしれませんね。 私は『ポカポカ』も『伯爵』も好きですよ。 『絶望先生』大ヒットの後に 伯爵が星のように一瞬で消えても、またまたアニメ化作品を出す久米田先生はすごいと思いました(小並)。 意地でもボールに食らいつく2番バッターのようだ(賛辞)。 いわく前作の「運」を使わずに溜めておいたである。 打ち切り作品は運が悪かった。 その「運」を溜めて次回作…。 素晴らしい思想ですね。 この辺の人生観は漫画家としてだけでなくすべての人に通じる真理かもしれません。 上手くいくかいかないかは運だけ!久米田先生にとって最大の不運は弟子です。 僕の最大の不幸といえば弟子の成功。 『トニカクカワイイ』がもっと売れてアニメ化しますように!そうすれば正負の法則でチャラ。 でも嫌だな。 すごく嫌だ。 <関連記事> そっからの文章の持っていきかたとオチも芸術的でしたわ。 姫ちゃん高校生編 姫はまだ10歳だ そしてキモは本編から8年後(7年後)の物語でしょう。 あと2巻で終わる予定だけあって、ガチのマジでクライマックスです。 生死不明だった可久士が生きてて目覚めたものの、記憶は10歳の姫ちゃんと過ごした時の記憶しかなく、高校生の姫ちゃんを姫ちゃんと認識できません。 そこからのやり取りは切なくも…見事なオチでありまして。 アニメ化するけど、あと2巻で完結! 我らは座して待つのみ。 次巻もめちゃくちゃ楽しみです。 <こちらもどうぞ> 『かってに改蔵』が無料で読めます ちなみにサンデー公式アプリ「」なら久米田康治先生の代表作『かってに改蔵』が無料で読めます。

次の

【かくしごと】は、80年代「少年ジャンプ」の名作漫画が隠し事?

かくしごと ジャンプ

【内容紹介】 ちょっと下品な漫画を描いてる、漫画家の後藤可久士先生は、一人娘の姫ちゃんが何にもまして、最優先。 そんな親バカの後藤先生が、この世で1番恐れていることは、娘に仕事がばれること。 漫画家だなんて知られたら、もしかしたら娘に嫌われるのでは!? アシスタントや編集者を巻き込んで、今日も心配症の後藤先生の1日が始まります! 第一印象としては、キャラが多い。 というのも読み続けていけば分かるが、 主人公とその娘さん、漫画の担当とアシスタント達、そしてハーレム要員のヒロイン達と、メインキャラの多くは1巻の時点で大半が出揃っている。 ハーレム要素があったことに少し驚きましたが、 花屋さんみたいに1巻で登場以降ほぼ出番がないキャラもいたりと、そこはあまり重要視していなさそう。 絵に関しては絶望先生の頃からほぼ変化がなく、 漫画家としての絵柄は、もう完成しているご様子。 ストーリー性はあまり高くない作品なので、 1巻が合わなければ今後も楽しめない可能性は高いです。 なので気になっている方は、とりあえず1巻を読んでみて判断するのが吉だと思いますね。 第2巻感想 【内容紹介】 漫画家の後藤可久士先生は、娘の姫ちゃんのこととたると超がつくほど心配性。 後藤プロの若手スタッフたちや、ご近所の女性の皆様を巻き込んで、毎日がトラブルの連続! 成長した18歳の姫ちゃんの、謎多き過去をめぐる旅の続編も、フルカラー8Pで描き下ろし収録!久米田康治のおまけエッセイ「描く仕事の本当のところを書く仕事」も1巻に続き、大好評掲載です! らしさを発揮というかなんというか(笑)。 キャラにイェーガーみたいな格好良い名前を付けるのは中学生みたいで恥ずかしい、背景を書いていないジャンプの人気作を「息を止めて1話で読める」と評するなど、「進〇の巨人」や「ブ〇ーチ」などを小ばかにしたようなシーンがあるこの第2巻(笑)。 確かに打ち切りだった作品だし、ロボアニメとしては微妙ですが、 ヒューマンドラマは一級品なんですけどねー。 話が逸れましたが、8年後の高校生編では先生が行方不明?っぽかったりと、 続きが気になる要素が多い巻でもありました。 【内容紹介】 漫画家という仕事を、娘の姫ちゃんにひた隠す後藤可久士先生。 そんな折、後藤家に届いた謎のランドセルの送り主は、姫ちゃんの母親の関係者!? 新たな登場人物とトラブル発生で、後藤家や後藤プロダクションに激震走る第3巻! そして今巻もフルカラー8P描き下ろし収録の「18歳の姫ちゃん編」。 鎌倉で見つけた箱には、どんな親子の「かくしごと」が!?大好評・漫画業界の裏事情を暴露するエッセイ「描く仕事の本当のところを書く仕事」も4本収録! 漫画家ネタが多め。 確かにそういうこともあるのかもしれないと思わされる。 「なんで売れているのか不思議な漫画は7つどころじゃない」かー。 まあそうかも(笑)。 といっても、仮にそういうアンケートとかを取れば、 上位は人気作で埋め尽くされるでしょうけど。 人気な分アンチも多いわけで。 今だったら、ジャンプの某鬼退治漫画がトップになりそう。 結局そういうのは主観なんですよね。 第4巻感想 【あらすじ】 漫画家という仕事がバレないように、育児にいそしむ後藤可久士先生。 授業参観や秋のレジャーへお出かけで、小4の娘・姫ちゃんと、忙しくも楽しい毎日だ。 そんな後藤家に突然、新しい家族が増えることになりそうで!? まさかまさかの急展開!! 巻末カラー連載「18歳の姫ちゃん編」には、ついにあの先生が登場!? 「言いやすいジャンル言いづらいジャンル」のピラミッドは、 確かにそういうのはあるなと思わされる(笑)。 スポーツものは知人レベルの人にも読んでいると言いやすいけれど、 エロや下ネタものはなあ(笑) かなり親しい間柄じゃないと中々言えないとは思う。 いずれにせよラブコメは言いづらい。 ぶっちゃけ、上記ピラミッドで最下層に置かれている、下ネタ、エロ系よりもラブコメのほうが言いづらいところがあるように思う。 なんだろう、オッサンになるとセックスよりもキスのほうが、何か気恥ずかしい響きをもつような気がするのだが、それと同じじゃなかろうか。 微妙にピュアっぽいところが、気持ち悪さを加速させるのか? 年を取ってくると、エロ系よりラブコメの方が人に言いづらい説。 ある・・・のかな? ただ、奇しくも本作と同クールで放送される「イエスタデイをうたって」みたいのだとどうなんだろう。 この理論だとああいう純愛は、よりアウトな気がするが。 第5巻感想 【内容紹介】 漫画家・後藤可久士先生、連載100回記念!でも誰も祝ってくれなくて?「逆風」の漫画家パパと「成長」の小4娘物語、最新刊! 連載100回を認識していなかった担当が相変わらず酷いw 今回新しい家族となった犬の名前が決定しますが、 小学生とはいえさすがにそんなことは無いのではと感じてしまった(笑)。 本来癒されるべきシーンなんでしょうけども。 編集さんが漫画家を先生と呼ぶのは蔑称なのかー。 確かにこの巻で挙げられた例だと蔑称だなと思わされますが、極端な例なだけな気も(笑)。 第一印象を超えられないっていうのは、物作りをやる人なら共感できそうなお話。 ゲームのキャラクリエイトなんかでも、上手く言ったキャラを間違って消しちゃって新しく作り直すと、どうしても前の方が良かったように感じてしまいますからね(笑)。 第6巻感想 【内容紹介】 後藤先生が朝起きたら、姫ちゃんがいない。 家出!? パパの心配MAXな第7巻! 描き下ろしカラー「高校生姫ちゃん」編は急展開! 前巻で登場した弟君は、正確には弟ではなく従妹でした。 家を整理していたのはこの従妹君なのでしょうか? そして、後藤先生が隠し子だったことも判明。 親は有名な歌舞伎役者なのか・・・。 主人公の出生が明らかになったことによって、これまでの伏線が繋がり始める第7巻。 出生のシリアスさを隠すために裸で漫画を描いたりしていたと・・・。 なるほどなー。 そして、今の漫画家はネトゲに逃げ込んでいるというお話。 実際どうなんだろ? 某ゲームのシナリオライターがフロムゲーのハマってサボってるというような噂話はよく聞いたけど(笑)。 しかし、深刻な話なのに笑えてしまうのは何故だろうかw 昔の漫画が今更アニメ化となるのは、昔の読者が業界に入って力を得たからという話。 そういうことなのかな? 原作が枯渇しているというのもありそうだけど。 最後は8年後パートで、 後藤先生の過去が週刊誌にスクープされ、最悪の結果になった事が判明します。 ネットでの叩かれようが、妙にリアルで怖い。 しかし実際どうだろ。 奥さんが亡くなっても読者のために漫画を描き続けたって評価されそうな気もするけど。 ただ下ネタ漫画だからなぁ。 こういう反応になる可能性はあるか。 【内容紹介】 漫画家バレを防ぐため、仕事場引っ越し計画中の後藤先生。 というか、実際キャラの数だけは多くてそれぞれの掘り下げは全くできていない作品は枚挙にいとまがない。 スポーツが例として出てきますけど、 実際「スラムダンク」が名作なのは、5人制スポーツであるバスケを題材にしたからというのも大きいと思うんですよね。 そこから共通認識の話へ。 こういうものだと分かっていれば、無駄な説明が省けて中身を濃く出来る。 それが現代の異世界転生なのだとか。 ただ個人的には、異世界に転生したばかりの主人公から「ステータス」なんて言葉がいきなり飛び出す共通認識は、どうかと思っていますけどね。 なんかお約束みたいになっていますけど、違和感しかないですし。 8年後パートでは、後藤先生が昏睡状態であることも明らかに・・・。 8年後の後藤先生、ついに目覚める。 昏睡状態にあった後藤先生ですが、いよいよ目を覚まします。 しかし、記憶は現在(8年前)まで退行してしまっていました。 そのころが一番楽しかった時期だから?なるほど。 長年続いた漫画は読者が入りづらいというのは確かに。 ただ最近ではアニメ化によってブーストがかかる作品も多々あるので、 良い企画と制作会社に恵まれれば、ワンチャンあると思いますけどね。 というか長年続いた漫画もそうですけど、 途中で他紙から移籍してきた漫画とかどうなんでしょうね。 新しい読者とか付いたりするのだろうか。 第11巻感想 アニメ第1話と第2話のペース配分から、アニメは大体原作でいうところの5巻か6巻くらいまでの内容になると予想できます。 から、TVアニメが1クールであることは確定していますから、とりあえずはそこで一区切りということになりますね。 「かくしごと」の原作漫画は全12巻での完結が予告されているので、てっきり同じ雑誌で連載されていたみたいに原作とアニメが同時に終了する手法を取ってくるのかと思っていましたが、思ったより丁寧なアニメ化となっていました。 しかしそうなってくると、アニメで完結まで描かれるかどうかは確定していないということになるため、人気が出るかどうかが重要になってきます。 今後の盛り上がりに期待したいところです。

次の

今週の新刊:アニメも人気の「かくしごと」最終巻 話題の「かぐや様」「カッコウの許嫁」も

かくしごと ジャンプ

新刊コミックス情報をお伝えする「今週の新刊」。 7月13~18日に発売される主なコミックスは約250タイトル。 テレビアニメも話題になり、7月に約5年の連載に幕を下ろした久米田康治さんの「かくしごと」最終12巻、アニメ化、実写映画化された「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」19巻、「ヤンキー君とメガネちゃん」「山田くんと7人の魔女」などで知られる吉河美希さんの話題のラブコメディーマンガ「カッコウの許嫁」2巻が登場する。 7月13日は、アニメも人気の「はたらく細胞」のスピンオフ「はたらく細胞フレンド」4巻、80歳のベテラン作家・まり子がヒロインの「傘寿まり子」13巻、実写映画化された「午前0時、キスしに来てよ」12巻、テレビアニメ化された「セントールの悩み」20巻などが発売される。 7月16日は、産婦人科医院が舞台の長寿作「いのちの器」82巻、ドラマ化された「信長のシェフ」27巻、こもとも子さんの食マンガ「ごほうびごはん」12巻などが出る。 7月17日は、「かくしごと」最終12巻、「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」19巻、「カッコウの許嫁」2巻のほか、「かぐや様は告らせたい」の作者・赤坂アカさんが原作、「クズの本懐」などの横槍メンゴさんが作画を担当する新作「【推しの子】」1巻、テレビアニメ続編が7月から放送されている「炎炎ノ消防隊」24巻、実写映画化、テレビアニメ化が発表された「東京卍リベンジャーズ」18巻、テレビアニメが今年放送される「魔王城でおやすみ」15巻、「恋は雨上がりのように」の眉月じゅんさんの「九龍ジェネリックロマンス」2巻、テレビアニメが10月にスタートする「不滅のあなたへ」13巻と話題作が続々と登場する。 他にも野球マンガ「プレイボール2」9巻、「ダイヤのA act2」22巻、「MAJOR 2nd」20巻、サッカーマンガ「BE BLUES! ~青になれ~」40巻、八神ひろきさんの人気バスケットボールマンガ「DEAR BOYS」の新作「DEAR BOYS ACT4」5巻とスポーツマンガも刊行される。 更に、花林ソラさん原作、久世蘭さん作画の新作「トーキョーバベル」1巻、「風夏」などで知られる瀬尾公治さんの「ヒットマン」10巻、人気推理マンガ「金田一少年の事件簿」の外伝「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」10巻、アニメ化された「Levius/est」8巻、田中芳樹さんの人気SF小説が原作で、「封神演義」などの藤崎竜さん画の「銀河英雄伝説」18巻、ドラマ化された「あおざくら 防衛大学校物語」17巻、「うしおととら」の藤田和日郎さんの「双亡亭壊すべし」18巻などが登場する。 7月18日は、長寿作「ミナミの帝王」158巻、「天牌」105巻などが店頭に並ぶ。

次の