グレート コン ジャンクション と は。 2020年以降の風の時代について グレート・コンジャンクションを中心に

トリプルコンジャンクション グレートコンジャンクション 2020年

グレート コン ジャンクション と は

こんにちは、i です。 今日は以前から書きたいと思っていた、風の時代への転換点、グレートコンジャンクション&ミューテーションについて見て行きたいと思います。 2020年12月22日に水瓶座で起こるグレートコンジャンクション。 その影響は、2020年から徐々に発揮されていくと思います。 今は、まさに時代が切り替わる時期なんです。 物質的豊かさを追い求める地の時代から、精神性や叡智を拡散していく風の時代へと地球が突入していきます。 わくわくしますね~。 どんなことが起こるとか、そういう未来予知みたいなことはできませんが、星はこんな形で地球にエネルギーを働きかけていますよ、という観点から書いていけたらと思います。 グレート・コンジャンクションとは まず、グレート・コンジャンクションですが、これは約一年かけて星座をひとつ移動する木星と、およそ29年前後で12星座をひとまわりする土星が、ぴったり同じ位置で重なることを言います。 コンジャンクション=ぴったり重なる、です。 公転周期が遅い天体同士ほど、コンジャンクションする周期も長くなるのですが、木星と土星はおよそ20年周期で重なります。 それで、何故木星と土星が重なることがこんなにピックアップされるのかというと、二つの星は相反する性質を持っているからです。 木星は、夜空にひときわ大きく輝いていること、そして一年同じ星座にいることから、古くから幸運を表したり、拡大、発展、善意の星と呼ばれています。 木星がそのサインに来ると運気がいいとか、今年はあちらが吉方だとか、指標にしやすいのですね。 そして、個人的には木星が自分の星座に帰ってくる年というのは、それまで育ててきた自分の成果を振り返り、かつ自分の本来の願いや夢に向けて、可能性をもっと広げていく努力を始めやすい時、という印象があります。 チャンスや気運を掴みやすいときなのですが、「幸運の女神には後ろ髪がない」というように、運ばれてきたチャンスをきちんと掴む姿勢が重要だと思います。 待っているだけではせっかくの木星効果も半減してしまいますし、チャンスを掴んだらそれを大きくしていけるように努力することも必要です。 反対に土星は、凶星とされてきました。 土星には物事を建設的に固める、とか、いらないものは削ぎ落す、というような意味があります。 その削ぎ落しが、私たち人間にとっては結構大変な課題だったりするのです。 今まで大切に育ててきたものが突如失われたり、価値観の変更を迫られたり。 余談ですが、だから29歳前後って、人生の転換期だったり、ちょっと辛いような出来事が立てつづけに起こったりすると言われています。 私自身、その頃を境に人生の軌道が大きく変わっていったと実感しています。 それは、出生図の土星の場所に、今の空を動いている土星が帰ってくる時期だからなんですね。 これをサターンリターンというのですが、29年かけてたくさん広げてきたものを、未来に向けて焦点を絞っていくために、余計な荷物をそぎ落とされていく。 そんな感じです。 さて、「広げる」と「そぎ落とす」の相反する星が重なるとはどういうことでしょう。 おそらく解釈はたくさんあると思うのですが、私なりのイメージです。 木星は、自分の夢や希望を拡大する星、そして土星はそれを現実の中に建設していく星。 それが重なるということは、夢、希望、才能、そんなきらきらしたものたちを、この大地に根づかせて実際の機能として建設していく時。 そんなふうに感じます。 もちろん、夢を現実化するときには変化や変革を迫られたりするかもしれません。 社会をいう大きな枠組みで見ると、やはり変化には痛みがつきものだと言えるでしょうが、そこを乗り越えて見えて来る次のステージには、やはり感動があるような気がします。 ちなみに今、サグラダ・ファミリアのことが何故か頭によぎって調べてみたのですが、1881年の牡牛座でのグレート・コンジャンクションの年に、ビリャールという人がサグラダ・ファミリアの設計を始めたのだそうです。 彼はクライアントとの意見の違いから地下の聖堂を建設したあたりで退任し、そのあとをガウディが引き継いだのだとか。 もともとサグラダ・ファミリアは、コレラの流行に際して祈りのために建設が計画されたものだそうです。 それまでの祈りがグレコンの年に現実化していくなんて、ちょっと感動してしまいました。 建設というのも、地のエレメントの牡牛座っぽいですね~。 さて、話が脱線気味ですみません。 グレコンのことについてはおおよそご説明できたかなと思います。 今度は、ミューテーションという、エレメント交代についてです。 これを説明するには、まずエレメントのお話からしなくてはならないのですが、わかってるよという方は飛ばして次を読んでください。 【地から風へ】エレメントとは? 占星術において、牡羊座から始まる12星座にはそれぞれ四大エレメントが振り分けられています。 火: 牡羊座、獅子座、射手座 地: 牡牛座、乙女座、山羊座 風: 双子座、天秤座、水瓶座 水: 蟹座、蠍座、魚座 と、わけられています。 火は生命力や情熱、上へ向かう意識。 地は安定や建設、物質的な意識。 風は思考と拡散、横へ広げる意識。 水は共感と混沌、すべてが混ざり合う意識。 本当にざっくり書くとこんな感じです。 今は太陽が天秤座に位置していて風のエレメントなので、「自分のアイデアを広めるべく記事を書いている」という今の私の行為はまさに風っぽいですね 笑 グレート・コンジャンクションのミューテーション 不思議なことにグレート・コンジャンクションは、これら四つのエレメントを200~240年くらいの周期で移動していくのです。 つまり、200年くらいは同じエレメントでグレコンが起こり続けます。 宇宙のロマンを感じますね~。 銀河のリズムですね~。 このエレメント交代のことをミューテーションと言います。 直近のグレコンは2000年、牡牛座で起きています。 ずーっとさかのぼっていくと、1802年くらいから「地」のエレメントでグレコンが起きています。 つまり、ざっくり1800年代から2020年までは、「地の時代」だと言えるわけです。 シンプルに言えば、「地」は物質的な豊かさを求めて、目に見えるものを建設していくというイメージです。 この200年間、世界は急速に近代化し、産業革命などを経て大きな発展を遂げました。 生活は便利に、そして豊かになりました。 しかし、逆に言えば今の私たちの周りには、物があふれています。 断捨離が流行するのは、物があふれすぎて本当の自分がどこにあるのか、わからなくなってしまったからではないでしょうか。 地球の資源は限られているのですから、誰かが物を際限なく欲しがれば、どこかでは足りなくなる人がいる。 当たり前のことなのに、私たちはそれを時々忘れてしまいます。 さて、来年はそんな地の時代から、風の時代に移っていきます。 2020年は水瓶座でグレートコンジャンクションが起きるので、風星座の中でも特に水瓶座的な要素が強くなりそうです。 水瓶座というと、性別や国籍、年齢や肩書など、あらゆる「差」を越えて、フラットに関係性を築いていく。 「個人」と「個人」は全く対等な存在であることが、大前提。 そんな印象があります。 また、水瓶座の星をつないでいくと、少年が肩に担いだ水瓶から水の流れを創り出している、そんな絵が浮かび上がります。 古代より、水の流れを創り出すことは市街地をつくる重要なポイントでした。 水の流れを変えること、それは革命的な技術革新です。 水瓶座が革命のサインとも言われるのが分る気がします。 でも、それはひとりよがりの革命ではなく、真に人のために役に立つ革命だと思うのです。 そんな水瓶座で起こるグレート・コンジャンクション。 真の公平さに向けての革命が起きていくような、そんな気がします。 個人が何者にも抑えつけられることなく、当たり前に幸福を感じながら生きていくこと。 自分のやりたいこと、才能を活用して社会の中で対等に関係を築いていくこと。 スピリチュアル的に言えば、魂の使命を思い出して、社会の中でそれを実行していくこと。 そんな風にもとれます。 風ですから、そういったアイデアや思想を世の中に拡散していくことで、社会全体がそういった方向へシフトしていくような感触です。 ここまで聞いて、なんとなくIT革命やSNSなどを連想した方はいませんか? インターネットの拡大とか、SNSでのつながりって風っぽいですよね。 でも、今はまだ地の時代なんじゃなかったっけ? と疑問に思った方。 そうなんですよ、実は1981年に一度風のエレメントでグレコンが起きているのです。 エレメント交代というのは、面白いことに交代する前にワンクッションがあるんです。 ちょっと年表に起こしてみますね。 グレート・コンジャンクションが起きたエレメント 1663~1782 火 1802 乙女座 地 1821 牡羊座 火 1842 山羊座 地 1861 乙女座 地 1881 牡牛座 地 1901 山羊座 地 1921 乙女座 地 1940 牡牛座 地 1961 山羊座 地 1981 天秤座 風 2000 牡牛座 地 2020 水瓶座 風 どうでしょうか。 エレメント交代の前に、ワンクッションあるのがわかると思います。 火の時代から地の時代に移る時、 1802年で一度次の「地」のサインをはさんで、1821年に「火」に戻り、それから本格的に「地の時代」に突入しています。 同じように、これまでの「地」の時代から「風」の時代へ移る現在。 1981年に一度、風の天秤座でグレート・コンジャンクションが起きています。 それから2000年に「地」のサインに戻り、今度は2020年に本格的に「風の時代」に入っていくのです。 私は、このワンクッションが時代の転換期に必要なのだと感じています。 物事の価値観が大きく変わる時には、前の時代の価値観と、転換後の価値観をつなぐ、架け橋のような役目が必要とされているのです。 つまり、今の時代で言うならば、1981年から2000年のグレコン前に生まれた人たち、もしくはその年代に幼少・青春期を過ごした人たちは、 「地」から「風」の時代をつなぐ役割を担っているのだと思うのです。 IT革命が起こったのは90年代。 それからインターネットは瞬く間に普及して、誰もが自分の考えを世の中に発信できるシステムが出来上がりました。 それ以前には、日本ではバブルがはじけて長い不況の時代へと突入していました。 これらは、風の時代への前哨戦とも受け取れるのではないでしょうか。 中々に厳しいワンクッションですが、いつだって人間は苦しい時代を乗り越えて新しいものを創り出していきます。 私自身、この期間に生まれ育った人間なので、しみじみ感じてしまうのですよね。 時代の狭間にいるなあ~と。 そして、上の世代と下の世代の価値観の狭間であくせく橋渡ししています 笑 同じ世代の皆さん本当にお疲れ様です! さて、ここまでが占星術で来年のグレート・コンジャンクションを見てみたものです。 ここから、スピリチュアルの界隈で話題になっている、2020年のアセンションについても触れてみたいと思います。 苦手な方はここで読み終えてもらって大丈夫ですよ~。 2020年に地球がアセンションする? アセンションというのは上昇を意味し、意識というか、魂のレベルが上昇することを指すようです。 今の人間は物質世界の肉体というものの中に意識があって、これ以上のレベルには意識を自由に行き来させることができません。 この意識レベルを一段引き上げて、物質的でない階層に行けるようになること。 それをアセンションというのだと思います。 あくまで私の解釈です。 この辺は人それぞれの解釈があると思います。 そして、2020年には地球がアセンションする、という話題が最近よく登っています。 これは、どういうことでしょう。 要するに、地球という星のレベルが一段あがる、という感じでしょうか。 しかし、これまでにもこういった話題は度々ありましたが、現実的に見てアセンションしたのかどうか、いまいちよくわかりませんね。 私自身、今の自分の認識できる範囲では経験したことがないので、2020年に地球がアセンションするのかどうかはわかりません、というのが正直なところです。 でも、意識の階層にはレベルがあるというのは日ごろから感じています。 参考までに私の経験を書いてみますね。 瞑想をしていると、まぶたの裏に色々な光が現れて、それから体が上へ向けてぐいぐい浮上していくような感覚を得ることが頻繁にあります。 このまま浮上したら、意識が肉体を抜け出すのだろうなと予測しています。 また、そういった時には決まって、今まで感知したことのない非常に高密度で高圧な「何か」が全身を包んでいるように感じます。 また夢の中では、予知夢のようなものを見たり、信じられないくらい鮮明な宇宙の光景を見たりしました。 瞑想中に幾何学模様や梵字のようなものを見たこともあります(梵字の知識は全くありません)。 あとは、知らない景色をリモートビューイングしたこともありました。 これらの経験を踏まえて、やはり、今の私にはすべてを知覚することのできない、高次の領域があるのだろうと確信するようになりました。 特に予知夢に関しては、自身の全く知らない情報を夢で見るのですから、何か高次の存在から情報を得ているとしか思えないのですよね。 もともと身のまわりで不思議なことがよく起きたので、すんなり受け入れることができたのかもしれません。 占星術で見ても、見えない世界とつながりやすい体質なんですよね。 このまま意識を一段上の世界と自由につなげることができるようになったら、どうなるんだろうとワクワクしています。 ええと、地球アセンションでしたね。 今日は脱線しがちです。 2020年の地球アセンション、なんとなくグレート・コンジャンクションとミューテーションのことを表しているような気がします。 私も星とスピリチュアルを組み合わせて見てみると、これから風の時代に入り、精神性を高めていくこと、もっと言えば魂の求めることを地球上で実現していくことがスタンダードになっていくと感じています。 魂の求めることって何だろう。 そう考えると、私は「誰もが愛と幸福で満ち足りた、物に縛られることのない創造的な世界」を求めていると強く感じます。 これが私の魂の理想です。 ただ、今の地球で実現していこうとすると様々な問題に直面しそうですね。 でも、そうなりたい。 そうありたい。 皆さんの魂が求める世界は、どんな世界ですか? 今回のグレコンには、ものごとを根底から破壊して再生していくという「冥王星」も絡んでいるので、激しい変化になるのかな~と予想してはいます。 だから、今までの「地の時代」の価値観のままだと、取り残されてしまう。 「風の価値観」にチューニングしていかないと、波に乗れなくなってしまうのかもしれません。 そういったエネルギーの変化の事を、「地球がアセンションする」という表現で伝える人が多いのかな、と思っています。 でも私としては、地球がアセンションするから乗り遅れると大変だよ! とか、ミューテーションが起こるから今から準備しないと大変だよ! とか、脅すようなことはしたくないなあと。 だって、今の地の時代を楽しみたくて生まれてきた人も、大勢いるわけですよ。 特に今60~70代くらいの方たちは、物が少ない時代を経験したからこそ、バブル時代に物質的な豊かさを存分に味わうことができたと思うんです。 裏を返せば、そういう時代を経験したかったから、そこを選んで生まれてきたんですよね。 そして、不況が当たり前の時代に生まれたからこそ、今の若い世代はモノではなく心の豊かさを求めるようになったとも言えるわけです。 経済的にはとっても辛い時代ですが、魂的に成熟しているからこそ、成長を求めてこの時代に生まれてきたと言えると思うんです。 悟り世代、なんていうふうにも呼ばれるみたいですが、精神年齢の高い人が多いなあと私も思います。 だから、何が言いたいのかというと、目覚める予定で来ている人たちは自然と目覚めていくんだと思うんですよね。 ただ、あんまりにも深く眠り過ぎている人たちには、そろそろ起きようよ、と声をかけていく。 そういう節目が2020年くらいまでに来ているよ、くらいの感覚でとらえています。 たぶん目覚めている人は自然と発信をしていくし、起きる人が多くなればなるほど風の時代は生きやすくなる。 そんな気がしています。 水瓶座グレコンの話は、長くなりそうだと思っていて中々手をつけられなかったのですが、案の定長くなりました・・・。 読み疲れてしまった方、すみません。 私も座りっぱなしでそろそろ腰が痛くなってきたので 笑 、締めようと思います。 2020年に向けて、たくさんの夢や希望を実現していけますように! それではまた!.

次の

2020年以降の風の時代について グレート・コンジャンクションを中心に

グレート コン ジャンクション と は

グレートコンジャンクションについて 「グレートコンジャンクション」とは 占星術の専門用語では 木星と土星の会合のことで 20年に一度定期的にやってくる 世界規模の大変化のことです。 ただ 2020年12月22日に起きるといわれている グレートコンジャンクションは 今までのものとは違い 水瓶座の0度で起き 木星と土星に冥王星もコンジャンクションがあり さらには 四元素のグランドクロスがあります。 つまり 今世紀最大級のグレートコンジャンクションといえるのです。 じつは 1999年に出来ていたのが 不動宮四元素のグランドクロスというもの。 世の中では 何も起きなかったという面が強いのですが 実は この地球が 七の月に グランドクロスという 十字に掛けられているという見方があります。 振り返ってみてください。 1999年までに いろんな出来事がありましたよね? 水瓶座グレートコンジャンクションについて 今回のグレートコンジャンクションが さらに特別なものになるのが 実は 200年周期のスタートを切るからです。 1842年からスタートした 地のサインでの グレートコンジャンクションでしたが ここ100年は こんな感じです。 実は 200年周期というのは 国家や世界の流れを読むと ここで情勢が一気に変わっていくといわれています。 ちなみに グレートコンジャンクションにより 地から風のサインに移った時代に 起きたことといえば ローマ帝国の崩壊と ゲルマン民族の大移動や フランス、イギリスの建国 そして キリスト教の台頭があります。 20年周期にみる移り変わり 日本には「式年遷宮」といって 20年に一度 天照大御神様が本殿から新殿へと お遷りになる遷宮祭を行います。 東の御敷地「米座」に神様がおられるときは心豊かな「精神の時代」 西の御敷地「金座」に神様がおられるときは景気が良く「経済の時代」ですが 世界中に戦乱がある時代といわれています。 平成5年~平成25年(1993年~2013年)までは「東」に「米座」に遷り バブル崩壊後の失われた時代といわれていました。 平成25年10月~令和15年(2013年~2033年)の「西」への「金座」の遷御 アベノミクスで日本経済は活況をみせてはいますが 中国とアメリカや隣国との関係はどうでしょうか? 2020年12月22日水瓶座グレートコンジャンクションまでに起きること 今回の 水瓶座グレートコンジャンクションまでには いろんな段階があります。 まずは 2019年12月3日 山羊座でトリプルコンジャンクション(木星・土星・冥王星)を形成 2020年1月11日 土星と冥王星が山羊座で完全なコンジャンクションを形成 2020年3月 約30年ぶりに土星の水瓶座入り 2020年4月 木星と冥王星が山羊座でコンジャンクション(1回目) 4月4日にはグランドクロスの形成 2020年11月 木星と冥王星が山羊座でコンジャンクション(2回目) 2020年12月 木星の水瓶座入り 2020年12月22日 水瓶座でグレートコンジャンクションとなります。 2020年といえば 東京オリンピック そして アメリカ大統領選の年。 イギリスではEU離脱の問題がありますね。 2020年12月22日水瓶座グレートコンジャンクションまでにすべきこと 2019年12月3日には 山羊座でトリプルコンジャンクションが起きます。 特に 山羊座、水瓶座さんにとっては 激動の時代になるのではと思います。 地から風のサインにむけて 移動するというのは 物質から 精神の時代へと進んでいくということです。 2000年のグレートコンジャンクションが インターネット元年になったように 2020年は さらに VRやAIなど IT革命が進んでいきます。 ただ 今回の水瓶座グレートコンジャンクションは 社会システムの構造改革がなされていく 宇宙的なエネルギーがあるために 一筋縄ではいきそうにありませんね・・・。 なぜなら グレートリセットによって シリウス時代へと移行していくからです。 社会混乱の波に飲まれないためには あなたの中の覚悟が必要です。 水瓶座グレートコンジャンクションは 積み重ねられたものが 土台となる時であります。 特に 能力、技術に対する積み重ねが大切です。 水瓶座グレートコンジャンクション以降は 能力次第で生活できる状態になっていきます。

次の

グレートコンジャンクションとは?2020年は時代の変化があるって本当?

グレート コン ジャンクション と は

この前リピーターさんから略してTGCと呼ぶと 教えてもらいました。 で、それが何かと言いますと 2020年12月22日ころ水瓶座で木星と土星が コンジャンクション(重なる)します。 この木星、土星が重なるのは 20年に一度のイベントでグレートコンジャンクションと 呼ばれています。 しかし今回は20年に1度のイベントだけではないんです。 今までグレートコンジャンクションは 地星座(牡牛座、乙女座、山羊座)で 約250年くらい起きてきたらしい。 (ちゃんと年数調べていなくてごめんなさい) しかし!今年は水瓶座で起きるのです。 水瓶座は風星座。 今年からグレートコンジャンクションは 風星座で250年起こることになるんです。 木星、土星は社会、時代を創る星。 そうです!年末からいよいよ時代が変わって行くのです。 250年かけて変わって行くのです。 地星座は所有。 お金、不動産、地位、名誉など。 安定した企業に勤め、家を持って、車を持って・・・ これが人々の『豊かさ』でした。 しかし今年の年末から風の時代に変わって行きます。 『豊かさ』の象徴は『自由』になります。 これらはどんな会社に勤めて、年収がいくら?かより どれだけ自由か?が価値になっていきます。 風星座さん、火星座さんには非常にうれしい時代に なっていきますよ! で、このグレートコンジャンクションの近くに 冥王星いるんです。 その冥王星を含めて トリプル(木星、土星、冥王星)グレートコンジャンクションになると。 私も冥王星は離れすぎているなぁと思います。 でも山羊座に冥王星は確かに存在するので 個人個人の出生ホロスコープに対して 木星、土星のグレートコンジャンクションと 山羊座の冥王星がどのように絡んでいるのか見る必要は 当然あります。 なんてったて私の出生ホロスコープの 月、ドラゴンヘッドにグレートコンジャンクションが コンジャンクション。 (笑) ちょっと混乱しますよね。 2020年12月22日私の出生ホロスコープの 月、ドラゴンヘッド、現行の木星、土星が重なるのです。 4つ重なるのです。 ガッツリ重なります。 (ほぼ誤差なし) トリプルではなく4つです。 ドラゴンヘッドは星ではないですが、重要ですよ。 そして私の月、ドラゴンヘッドはグランドセクスタイルの 1つなので、グレートコンジャンクションは ほぼ私のホロスコープ全体に影響が出ます。 そのため私にとって年末のグレートコンジャンクションは 重要なイベントです。 なのでグレートコンジャンクションのことは時々書くようにします。 まず皆さんは自分のホロスコープのどこに グレートコンジャンクションの影響があるか 確認してみてくださいね。

次の