良性発作性頭位めまい症 ためしてガッテン。 [mixi]こんな事をして良くなったよ

良性発作性頭位めまい症は完治しますか? めまい症になりかれこれ5年に

良性発作性頭位めまい症 ためしてガッテン

良性発作性頭位めまい症の原因 耳の奥には耳石というカルシウムの結晶でできた組織があります。 耳石の役割は平衡感覚を感知するためのものです。 この耳石のかけらが良性発作性めまい症の原因になります。 はがれ落ちた耳石が体の回転を感じる三半規管の中に入っておこるめまいが「良性発作性頭位めまい症」。 耳石のかけらが神経を刺激して、体の回転しているように感じさせるのです。 良性発作性頭位めまい症かどうかを見分けるポイントが、めまいが1分未満で収まるかどうか。 これは耳石のかけらが移動する範囲が三半規管内であるため、めまいは30秒ほど、長くでも1分以内で収まるからです。 良性発作性頭位めまい症患者の特徴 耳石というのは粉の固まりのようなものです。 このため、ふだんの動きのなかで耳石の一部はかけるもの。 そのまま砕けて細かくなります。 小さな粒になってしまえば、少々動いても体に悪影響を及ぼしません。 しかし、寝相がよい人は別の話。 寝ているあいだに砕けていた耳石が一箇所に集まって、再び固まりになるのです。 そして朝起きたときに、めまいがおきてしまうというわけです。 「運動不足」「パソコンをよく使う」という特徴は良性発作性頭位めまい症の患者に共通しています。 これこそが耳石が砕かれにくくなる要因です。 スポンサーリンク 良性発作性頭位めまい症の治療法 さらに、良性発作性頭位めまい症の人はめまいがおきると安静にしようとしてしまいます。 これもまた、耳石のかけらが砕けることを妨げることになるのです。 そこで良性発作性頭位めまい症を自分で治療する方法です。 1つは、顔を左や右に傾けて10秒数えるというもの。 具体的には、天井を見て10秒、顔を右に向けて10秒、また天井を見て10秒、左に向けて10秒…と動きます。 耳石のかけらを三半規管内で移動させて、徐々に砕けさせるのです。 もう1つの治療法に、枕を高くするというものがあります。 三半規管を耳石よりも高い位置にキープしておけば、耳石のかけらが三半規管に入ることはありません。 こうすることで、良性発作性頭位めまい症を予防するわけです。 良性発作性頭位めまい症を見分ける 良性発作性頭位めまい症は、めまいがどれだけ続くかで見分けることができます。 良性発作性頭位めまい症の場合は30秒から1分ほど。 吐き気を催すことはあっても、難聴や耳鳴りなどの聴覚の症状はおこりません。 めまいが1~2時間続く場合、内耳の病気であるメニエール病の可能性が大。 多くの場合が難聴や耳鳴りを伴うのが特徴です。 めまいが1日~1週間も続く場合は、内耳の前庭と呼ばれる部分に炎症がおきる前庭神経炎が疑われます。 吐き気や嘔吐、冷や汗を伴うのが特徴です。 原因はウイルス感染と考えられています。 スポンサーリンク 良性発作性頭位めまい症の耳鼻科診療 一般的に、良性発作性頭位めまい症は耳鼻科で診療してもらいます。 そして、良性発作性頭位めまい症の診断に使われるのが「フレンツェル眼鏡」という眼球を拡大する装置です。 フレンツェル眼鏡は、めまいの時に眼球が異常に振れる眼振という現象を観察するゴーグルのような装置。 フレンツェル眼鏡で眼振をチェックすると、良性発作性頭位めまい症の原因部位が特定できます。 そして、頭をさまざまな方向に向けながら、元の耳石の場所までかけらを移動させるのです。 耳石のかけらは縦方向に関する三半規管に入ることが多く、次に多いのが左右に関する三半規管だといいます。

次の

良性発作性頭位めまい症の原因はストレスじゃなかった?!

良性発作性頭位めまい症 ためしてガッテン

良性発作性頭位めまい症を治す「寝返り体操」 耳の奥にあるバランスを感知する感覚器「前庭」に異常が生じることで発症する。 前庭には回転運動を感知する「三半規管」と、直線運動や傾きを感知する「耳石器」がある。 耳石器には「耳石」という小さなカルシウムの粒が数百個付着しているが、これが何らかの理由で剥がれ落ち、三半規管に入り込む。 すると、三半規管内を満たしているリンパ液の流れが乱れ、目の動きを調節する神経が刺激されて、めまいが起こる。 リンパ液の流れが落ち着けば、症状はすぐに治まる。 耳石が剥がれる理由は不明だが、睡眠時に頭の位置が低いと下側の耳の三半規管に耳石が入りやすくなる。 そのため「いつも同じ向きで頭を横にして眠る人や、横向きに寝た姿勢でテレビを見る習慣のある人は、発症しやすくなります。 また、中高年の女性に好発するため、加齢に伴うホルモンバランスの変化や骨粗しょう症との関連性も指摘されています」と小川教授は説明する。 耳石の位置は特殊な機器で眼球の動きを観察すれば把握でき、三半規管から耳石を追い出すことができれば、めまいは大抵起こらなくなる。 頭位治療をしなくても、耳石の塊が崩れて細かくなるか、リンパ液の乱れが生じなくなるか、自然に耳石器に戻るため、4週間ほどで自然に軽快することも多いという。 また、自分で頭を動かす「寝返り体操」を行う方法もある。 ただし、耳石が再び三半規管に入り、再発することがしばしばある。 小川教授は「再発予防には、睡眠時にいつも同じ向きで寝ないよう注意する、枕を高くしたり、上半身に傾斜をつけたりして頭を高くして寝るなどの工夫をするとよいでしょう。 頭を動かすと耳石が1カ所にたまりにくくなるため、寝返り体操も有用です」とアドバイスする。

次の

良性発作性頭位めまい症原因と治療法

良性発作性頭位めまい症 ためしてガッテン

めまいは、日常のちょっとした動作で起こり、どなたでも経験したことがありますよね。 心配なのは、めまいの影に、大きな病気が隠れているのではないかということ。 特に脳が関係している場合もあるので、注意が必要です。 心配になって病院で検査すると、原因不明と診断されどうすればいいのか悩んでいる人も、多いようです。 中高年の女性の場合には、更年期障害の症状としても起こることがあるので、見極めが難しいですよね。 でも、耳の中にある石(耳石)が問題で、めまいが発生している場合には、自宅でカンタンに診断し治すことができるそうです。 その見分け法は、わずか1分。 解決法とは、寝返りと枕をうまく使って耳の中の石をコントロールする方法です。 激しいめまいの53. 8%の人は自宅で治せるめまいです。 その人達は、運動不足、パソコンをよく使う、寝相が良いという傾向があるそうです。 その自宅で治せるめまいの解決法が、今回のテーマです。 そのめまいの人は、病院でも診察しても原因不明、でも、毎朝起きるときに、めまいが発生します。 その原因となっているのが、耳の中に入っている耳石です。 耳石は耳の内耳部分に2つ入っていて前後左右の動きを感知し脳に信号を送っています。 この耳石が、衝撃や老化によって壊れてしまった破片が三半規管のなかに入ってしまい、間違った位置情報を脳に送ってしまうために起こります。 めまいには、「自宅で治るめまい」ときちんと「病院で治療を受けなければならないめまい」があります。 目安として、めまいが1分以内に治まるか、1分以上継続するかで、おおよそ判断できるそうです。 激しいめまいを起こす病気 ・1分未満で治まるめまい 53. 良性発作性頭位めまい症(BPPV でおこるめまいの治し方 【寝返り運動】 天井を見て10秒、右を向いて10秒、天井見て10秒、左を向いて10秒。 これを、朝晩10セット行うと1日でめまいが改善するようになります。 これは、頭を動かすことで耳石のかけらを砕いて細かいツブにしてしまうため、耳石を感知しなくなるためです。 【枕を高くしてめまい改善】 これは、頭を高くすることで、耳石のかけらが三半規管に入りにくくなるためです。 じっとしていれば1分以内でめまいが治まる人は、良性発作性頭位めまい症(BPPV です。 BPPVは、女性の場合は男性の3倍だそうです。 これは、女性の場合には閉経後にカルシウムが不足するため耳石がもろくなり、剥がれやすくなるためです。 メニエール病の最新診断と治療法 メニエール病は、めまい、耳鳴り、難聴が起こり、症状が悪化すると改善できなくなってしまいます。 しかも、適切な診断法が確立されていなかったため治療が遅れて悪化するケースが多かったといいます。 最新診断法 普通の2倍の解像度のあるMRIで、耳を撮影することにより確実に診断できるようになりました。 水溜めホルモンが改善されるためだそうです。

次の