注釈 類語。 故事・ことわざ『商人は損していつか倉が建つ』

「くすみ」の注釈について

注釈 類語

「備考」は「備」と「考」でできた熟語です。 「備」は「備蓄」「備品」「備忘録」「予備」「完備」などの熟語の構成語でもあります。 「あらかじめそなえること」「そろう」「必要なものがそろうこと」「そなわる」といった意味があります。 「考」は「かんがえること」「かんがえ」以外にも「調べる」「調べる事柄」という意味合いがあり、「備考」の「考」は後者にあたります。 「考査」や「選考」「参考」と同様の使われ方と説明できます。 また「備考」の述語の成り立ちとしては、後の漢字の意味が前の漢字の目的(「~を」「~に」)を表す形式となっています。 つまり「調べる事柄」を「あらかじめ備えること」となります。 今後のために準備をしておく、前もって整えておく、足りないところがないよう持っていることを意味し、誤解されたり理解してもらえない、質問される可能性がある箇所について先に追記を入れておくのが「備考」です。 「備考」と似た言葉との違い 「備考」の意味が分かったところで、「備考」と似たように使われる言葉がたくさん思いつくのではないでしょうか。 同意語として使われていることが多いですが、それぞれどのような意味合いがあるのでしょう。 それぞれの持つニュアンスや、使われ方の違い、それぞれの注意点をご紹介します。 「備考」と「補足」の意味の違い ほぼ「備考」と同じ意味として理解されがちな「補足」ですが、「補足」とは「不十分なところを付け足して、補うこと」という意味をもつ名詞です。 「補足して説明します」「補足いたしますと」などとして使われます。 「備考」との大きな違いは「事前に」付け足しているかどうかという点でしょう。 補足は一度説明をし、その上で不足した部分を加える形ですが、「備考」はあらかじめ付記をしておく形です。 「備考」はあくまでも参考のためにする付記であり、本文自体に不足があったわけではありませんので、「補足」のほうが重要度は高いと考えられます。 また「備考」は基本的に本人のみが付記します。 一方、補足は質問や誤解されたりしたときは自分で行いますが、身内側の他の人間から補足するパターンもあります。 また、基本的に「備考」は文中で使用されると前述いたしましたが、「補足」は話し言葉として使用することができます。 「備考」と「付記」「補記」の意味の違い 「付記(ふき)」とは読んで字のごとくで、「本文に付け加えて書きしるすこと」を意味します。 同じく「補記(ほき)」も「補って書き足すこと」で、「付記」「補記」ともに書き記したり書き足した箇所そのもののことも指します。 本文とは別に、補助的な部分を設けて記入されます。 本文には記載しなかったが、割愛するのは惜しいと思われる内容や情報を記すものです。 後から付け足して記載する、というよりは当初よりそのように構成されていることが多いため、「備考」とかなり近い意味合いであると言えます。 「備考」と「追記」「加筆」の意味の違い 「追記(ついき)」も前述の「付記」「補記」と同じように、本文に付け加えて書き足すことを意味しますが、「付記」「補記」とは違い、最初の構成では予定されていなかった部分で、「追加して」加えられるため「備考」とは意味合いが異なります。 また「加筆(かひつ)」も後から書き加えられるという点では「追記」と同じ意味になりますが、本文の校正時や改訂時に本文の文章そのものに手を加えるため全く別物であるといえます。 「備考」と「摘要」の意味の違い 「補足」よりは頻度は少なくとも時折耳にする「摘要」と言う言葉についてです。 「摘要」は「てきよう」と読み、「全体の中の大事で重要な部分のみを抜き出したもの」「重要な箇所を抜き書きしたもの」を指します。 条約や法律など本文の長いものに用いられ、伝票などには「摘要欄」が設けられていることもあります。 「摘要」は本題中の重要な部分そのもののことを指し、対して「備考」は本題の補足・付け足しであるのが大きな相違点です。 つまり「摘要」は本文と同じ内容が形を変えて書かれており、一方「備考」は本文を補うための別の内容が書かれています。 それぞれそれのみを読んだ場合、「摘要」であればその本文が言わんとする内容や本題をおおよそ理解することができますが、「備考」だけを読んだとしても、その内容を理解することはできなくなっています。 また、「概要」は文章の重要な部分だけでなく全体を要約するものです。 「備考」と「参考」「引用」の意味の違い 「参考」とは「何かの事柄を考える時、他人の意見、他の事例や資料などを引き合わせてみて、考えを決定する手がかりにすること」であり、そのための材料のことを言います。 「参考にする」などのように使われます。 「備考」は「参考のために」添えられる補足であり、「参考」の一部であると考えて良いでしょう。 文章に添付する場合の目次としては「備考」が使われることが多く、その文章を作成する上で参考にした資料を紹介する場合には「参考文献」「参考図書」などとして文末に添えられます。 近いニュアンスで「引用」「参照」とも混同されがちですが、「参照」は何かと「照らし合わせて参考にすること」ですので「参考」よりも若干狭義の意味合いとなります。 「引用」は参考にしたものをそっくりそのまま使用することを言い、文章やHPで引用をする場合はその文献やURLを記載することが必要です。 「備考」と「注釈」の意味の違い 「注釈」は「既述の文章や専門用語についての記述」であり、「備考」のひとつですがかなり狭義の意味合いの語句です。 わかりづらい業界用語や、専門的過ぎて理解が難しいものに対して付けられるもので、参考と言うよりかは「説明」といったニュアンスのものとなっています。 「備考」と「特記事項」の意味の違い 勘違いしている方も多いですが、「特記事項」(とっきじこう)とは、特別重要なことや注意を要することなどを特別に書き出すことをいいます。 文書を読むうえで重要な事項や、読んだだけでは誤解が生じたり意味が理解されない恐れのある箇所がある場合に、それらについて文書の最初、または別紙にまとめて記載する項目のことを「特記事項」といます。 「特記事項」は書くことで、読み手に注意喚起をすることができます。 「備考」は本文の内容を補足する内容を記載するため、「特記事項」とは意味合いが異なるものであり、言い換え語として使用することはできません。 「備考」の意味の類語 先に紹介した語句以外にも「備考」と同じような意味合いで使われているものは数多くあります。 「備考」と同様に使えるものをご紹介していきますので、それぞれの意味やニュアンスを知り、用途に合わせて使い分けられるようにしておきましょう。 履歴書は書式がある程度定型となっており、内容もほとんど変わらないため、学歴や職歴、資格が同等の場合、あまり他の人と差を付けにくい特徴があります。 そんな中で個性を出しやすいのが「備考欄」、また希望勤務地や出勤日など、定型の書式にはない項目も書くことができるので、積極的に使いましょう。 また、希望だけでなく「御社を第一希望に考えております。 よろしくお願いいたします。 」や「面接のお時間を頂きありがとうございます、何卒よろしくお願い申し上げます。 」など書き添えることも可能です。 「備考欄」は有効に活用しましょう。 「備考」の意味を理解して間違いなく活用しましょう.

次の

「申し送り」の意味とは?「申し送り」と「引き継ぎ」の違い・類語・読み方・英語

注釈 類語

「」も参照 で伝統的に行われてきたの世界では、注釈は重要な存在である。 などには、 単注本と呼ばれる、経典の本文などを載せず純粋に注釈のみで構成された書物が盛んに作成された。 訓詁学にて行われる経典への注釈は、主に、歴史の過程で字体や字義が変化した漢字に解説を加えるものである。 このほか、知名度の低下した人名・地名の解説や、理解しづらい文章の要約なども注釈の範囲に含まれていた。 また、が『』に付した注釈など、語句の解説ではなく、本文の補足や加筆のための注釈も存在した。 あるいは、のによる『』への注釈など、客観的な解説を装いつつ、ささやかに自説を入り込ませる学者もいた。 注釈の内容によっては経典の教義の根本的な理解が左右されうるため、国定の解釈のみが認められる時代もあった。 なお、単注本は同時に二冊の書物をひもとかねばならない不便さのため、には姿を消したとされる。 それ以降は、本文が書かれているのと同じ書物にそのまま注釈を挿入する形式が主流となった。 日本での歴史 [ ] 日本では室町時代に五山僧や公家学者などによって、和歌、物語、式目、医学書、漢籍など多岐にわたる分野で注釈書が出版された。 組版における注 [ ] 注(註)とは、言葉の意味、文章の解釈、本文の補足、文献の出典(典拠・文献・)などを明らかにするために付される文をいう。 内容による分類 [ ] 注には次の4種類がある。 資料からの直接引用のを示すもの(図表、統計なども含む)。 資料からの要約の出典を示すもの。 自分の意見ではない意見の出典を示すもの。 本文に入れると叙述の流れを妨げるが、本文の事項の理解に役立つ補足情報ないしコメント。 注の内容にさらに補足を行うために付ける注を 補注という。 形式による分類 [ ] 記述本文を補足する注釈の記載箇所は、本文文中に挿入記載する・、本文同頁の末尾に記載する、書籍末尾の末尾に記載する後注(または尾注)などがある。 傍注、頭注、脚注、後注などの場合、本文と注を対応させるためを付けたり(複数あるときはアステリスクの数で区別)、注番号の数字を付ける。 挿入注 本文の説明を要する箇所のすぐそばに付けられる注。 縦組みでは同じ行に直接付ける形式と右側の行間に出して付ける方法(行間注)がある。 本文よりも小さい文字で2行に分割して組み込む方法は割注という。 傍注 縦組みでは奇数ページの小口寄り、横組みでは本文の小口寄りに欄を設けて付けられる注。 頭注 縦組みの図書で用いられる形式で本文上部に付けられる注。 脚注 主に横組みの図書で用いられる形式で本文下部に付けられる注。 多くは罫によって本文の領域と区別する。 説明を行うための語句と本文の指し示す注は原則として同一ページに収める必要がある。 後注 本文が一区切りとなる編、章、節などの終わりにまとめて入れる注。 注の文章が長い場合に適している。 本文の段落と段落の間に置く段落注も後注の一種である。 なお、この記事のようなウェブページにおける注釈は、「脚注」と呼ぶべきか「後注」と呼ぶべきかについて議論がある。 原注と訳注 [ ] 翻訳書では、原書に付けられている注を 原注、訳者が付けた注を 訳注という。 プログラミング [ ] 「」も参照 におけるは、プログラムのの内容を補足・説明・解説する注釈の役割を持つ。 コンパイラなどの処理系はコメントの記述内容を意識せず、ソースコードからプログラムを生成する。 ソースコードを読む人間はコメントの記述内容を意識・理解し、ソースコードおよびプログラムの本質を解釈する。 には処理系が記述内容を意識しないコメントの注釈文法の他に、記述内容を意識するという注釈文法がある。 Javaのアノテーションはソースコード本文に「 命令文」で記述し、コンパイルオプションや依存ライブラリの指示に従って処理系が必要に応じて解釈する。 アノテーションの命令は必ずしもプログラムの動作に影響を与えるものではなく、コメントと同様に処理系が記述を無視する場合もある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 張小鋼「第五章」『中国人と書物 : その歴史と文化』、2005年。 田中 尚子. 愛媛大学. 2020年2月15日閲覧。 『論文の書き方』〈〉、1977年、144頁。 小林敏 2013年5月20日. www. jagat. 日本印刷産業連合会. 2018年8月1日閲覧。 日本エディタースクール『新編 校正技術〈上巻〉校正概論・編集と製作の知識・縦組の校正編』日本エディタースクール出版部、1998年、314-315頁。 Penny Grubb, Armstrong Takang 2003. Software Maintenance: Concepts and Practice. World Scientific. 7, plese start120—121. 2011年9月30日閲覧。. 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

注釈の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

注釈 類語

スポンサーリンク 抜粋とは? 抜粋とは、 本文の中から必要な箇所だけを引用する方法です。 そのため、抜粋した文章を勝手に付け加えたり、直したりしてはいけません。 それでは抜粋した意味がなくなります。 例えばレポートの場合、その抜粋した内容を用いることで、自分の意見が正論であることを展開していくわけです。 もし、この抜粋した内容を変更してしまうと、その著者の意見を自分寄りに改ざんしてしまうことにも繋がるのです。 だからこそ、抜粋する場合は本文からそのまま転用する必要があります。 抜粋すると要約するの違い 抜粋するときは変更してはならないと紹介しましたが、要約するときは問題ありません。 要約するとは、 本文の内容を分かりやすくまとめ、短くすることを意味する方法だからです。 ここに抜粋すると要約するの違いがあります。 ただし、何でもかんでも短くすれば良いというわけではありません。 文章を短くしても、本文の意味が通じるように配慮しなければならないからです。 つまり、要約することは抜粋することよりも難しいといえます。 抜粋と引用の違い 抜粋と引用の意味を等しく考えている方は多いようです。 確かに、広い意味でいえば、抜粋も引用と同じ意味になります。 抜粋もまた、他人の文章を引用する行為だからです。 ただし、本来の引用は一部の文章ではなく、 本文をそのまま写す方法となります。 引用のほうが、より著者の意図をそのまま反映させることができます。 抜粋の使い方と方法 抜粋、要約、引用に共通することは、他人の文章を借りているということです。 そのため、しっかりと引用方法を知らなければ無断引用となり、著作権問題にもなりますので注意しましょう。 引用方法はとても簡単です。 まず、抜粋でも要約でも引用でも方法は同じとなります。 なので、抜粋の使い方を理解すれば、あともそのまま利用することができます。 例文 私は登山家のタケル。 今まで制覇してきた山は、世界も入れたら100箇所以上はある。 山に育ててもらったと言っても過言ではない。 山登りをしたことがない人間には、山の魅力は理解できないだろう。 その道が険しければ険しいほど、山頂から見える風景は格別なのだ。 例えば、この文章の著書が『山に愛された男・タケルが語る登山の世界』で、著者の猿山タケルが2010年に発売したものとします。 そして、『山登りをしたことがない人間には、山の魅力は理解できないだろう』という文章を抜粋に使いたいと思ったとき、このような使い方をします。 例文 『山登りをしたことがない人間には、山の魅力は理解できないだろう(猿山 2010)』の言葉から感じたのは、やったことがない人間には見えない世界があるということだ。 このように、文末に著者名と年を()を使って書き出すことで、誰の文章を抜粋したのかが分かるのです。 著者名は名前でも構いませんが、一般的には苗字を利用します。 今回は抜粋の使い方を紹介しましたが、要約でも同じく書き出すことができます。 ただし、レポートのように参考資料を書き出す必要があるときは、レポートの最後に書籍のタイトルもしっかりと明記しておきましょう。 抜粋の類語 抜粋の類語は、『要約』『引用』だと思う方も多いようです。 ただ、これらは方法であって類語とは異なります。 抜粋の意味は、本文から一部を抜き取ることです。 そのため、 『書き抜き』『抜き写し』『抜き出し』のような言葉が抜粋の類語といえるでしょう。 抜粋の例文 抜粋の意味や使い方を詳しく紹介するため、例文を使って解説していきます。 何より、大事なのは どの範囲を抜粋するかでしょう。 例文 僕は数分おきに電話をし、彼女が出るのを待った。 しかし、まったく反応がない。 10分前に送ったLINEが既読にならないのが心配になったからだ。 僕はいてもたってもいられず、雨の中を走った。 彼女のアパートにたどり着くと、明かりが灯っていた。 とりあえず、事件に巻き込まれていないようで安心した。 この例文から、『彼女』が自宅にいるのに留守を装った理由が分かる『僕』の性格を抜粋するとき、どの文章が適切でしょうか? 正解は『10分前に送ったLINEが既読にならない』です。 『数分おきに電話をし、彼女が出るのを待った』『僕はいてもたってもいられず、雨の中を走った』も『僕』の異常な性格が現れていますが、その行動を移したそもそもの原因は、10分までに既読しなければならないことを『彼女』に強要している点でしょう。 このように、抜粋するときは文章を理解する力も重要となるのです。

次の