千葉市 霊園。 千葉市(千葉県)の霊園・墓地

千葉東霊苑|千葉市の公園墓地と高級霊園|永代供養墓|ペット霊園

千葉市 霊園

桜木霊園合葬墓(がっそうぼ) 使用者が定められた区画内を使用する従来の墓地(普通墓地・芝生墓地)とは異なり、墓地の承継の心配がなく、一つのお墓に多くのご遺骨を一緒に埋蔵する新しい形の墓地です。 ご遺骨は、建物内に設置した納骨棚に30年間安置後、ほかのご遺骨と一緒に合祀し、永年に埋蔵されます。 また、将来、自己のための埋蔵場所として利用したい方は、生前の申込みができます。 令和2年6月30日(火曜日)に区分D(75歳未満)及び区分Eの抽選会を行いました。 なお、区分A、区分B、区分C及び区分D(75歳以上)については「無抽選による当選」となります。 詳しくは、をご覧ください。 申込資格と募集数 市内に1年以上継続(区分Cは1年以内でも可)して居住しており、現在、本市営(桜木霊園、平和公園)の一般墓地の使用許可を受けていない方(合葬式墓地以外の墓地)。 また、下記の資格を満たすことが必要です(区分Cを除く)。 【焼骨をお持ちの方】 祭祀(さいし)を主宰する方が申込みできます。 また、分骨での申込みはできません。 申込区分 募集数 申込資格 A(1体分 焼骨1体分 120枠(120体) 申込者と焼骨との続柄は配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか。 B(2体分) (ア)焼骨2体分 (イ)焼骨1体分と申込者本人分 120枠(240体) (ア)申込者と焼骨との続柄が配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか。 (イ)申込者と焼骨との続柄が配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか。 本人分については、申込者本人が使用すること。 C(市営墓地返還) 20体 現在、本市営(桜木霊園、平和公園)の一般墓地の使用者であり、使用している墓地を返還すること。 【生前に申し込まれる方】 申込区分 募集数 申込資格 D(1体分) 75歳以上 40枠 (40体) 申込者本人が使用すること。 D(1体分) 75歳未満 100枠 (100体) 申込者本人が使用すること。 E(2体分) 120枠 (240体) 申込者本人が使用し、申込者と一緒に埋蔵される生前予約者(使用予定者)との続柄が配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか(申込者と一緒に埋蔵される方は、市外の方でも可)。 区分Dの75歳以上は、生年月日が昭和21年4月1日以前の者とする。 申込区分AまたはB(焼骨1体分+生前予約1体分を除く。 )の申込みの方で、配偶者及び2親等内の血族に存命者がいないなどの場合は、申込みのしおりをご参照のうえ、桜木霊園管理事務所にご相談ください。 (資格審査の際に、親族関係を証する戸籍等の提出が必要です。 ) 1体につき70,000円(施設の維持管理費を含む) 使用開始後の費用は不要です。 また、一度納めた使用料については、返還できません。 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、電子申請または郵送での申込みをお願いします。 電子申請で申込む 電子申請で申込むことができます。 下記のリンクからのページへ進むことができます。 お申込みの際には をご一読ください。 電子申請申込みページ スマートフォンの方は、下記QRコードから申込みしてください。 郵送または持参して申込む 申込みのしおりと一緒に配布している申込書に必要事項を記入し、桜木霊園管理事務所に郵送または直接持参して申込むことができます。 申込みのしおりは、5月7日(木曜日)桜木霊園管理事務所、生活衛生課、平和公園管理事務所、各区役所地域振興課で配布します。 郵送(持参)により申込みする場合は、申込みのしおりと一緒に配布する専用の申込書やハガキ等が必要となりますので、ご注意ください。 郵送先、持参先はをご覧ください。 申込みのしおり(申込書等一式)は、郵送でお取り寄せ可能です。 封筒の表に「合葬墓申込みのしおり希望」と朱書し、返信用封筒(角形2号、140円分の郵便切手を貼り、送付先の郵便番号、住所、氏名を明記したもの)を同封の上、桜木霊園管理事務所宛てに請求してください。 (申込期限に注意して請求してください。 ) 申込多数の場合は抽選を行います。 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、入場を制限します。 抽選会の立会を希望される方は、合葬墓使用申込書に記載の上、申込みしてください。 立会人決定者には、合葬墓受付票に印字の上、通知いたします。 日時:6月30日(火曜日)午前9時から 抽選会場:千葉市役所8階正庁 抽選結果は、当ホームページに掲載します。 また、7月下旬に申込者全員に通知します。 過去の抽選結果等 令和元年度(平成31年度) 平成30年度 平成29年度 当選された方は、申込資格の審査(当選結果通知書(はがき)到着後~8月17日(土曜日))が必要です。 なお、合葬墓の使用開始は11月上旬になります。 *詳しくは、をご確認ください。 先 千葉市桜木霊園管理事務所 〒264-0028 千葉市若葉区桜木1-38-1 電話043-231-0110.

次の

千葉市(千葉県)の霊園・墓地

千葉市 霊園

いわゆる「一都三県」に名前を連ねる千葉県ですが、土地の価格や人口密度、交通事情等は首都東京とは大きな差があり、その違いが霊園事情にも反映されています。 首都圏のなかでは比較的土地の価格が低いのが千葉。 そのため造成される墓地も中型から大型のゆったりとした公園墓地タイプのものが多く、そのような墓地では、お年寄りや足の不自由な方に配慮したバリアフリー設計や法事法要に対応した施設の完備など、設備も充実している墓地が殆どです。 また、千葉特有の穏やかな気候と緑豊かな環境を生かし、園内を四季の草花で美しく整えた、宗旨宗派不問のいわゆる「霊園」が多いのも特徴です。 土地に余裕があるため、地下カロートにして骨壺を地下に納めたお墓や洋風な芝生墓地にしている霊園も多く見受けられます。 地下カロートでは墓石の高さがある程度抑えられるため、圧迫感が少なくゆったりお参りできるのも千葉ならではの良さといえるでしょう。 お墓を建てるにあたって気になるのは、やはり価格です。 一概にはいえませんが、一般墓地を比較すると、安いものでは東京都心部の約1/4程度(60万円前後)で納まる場合もあり、千葉の方が手頃な価格でお墓を求められるといわざるを得ません。 しかし、電車や地下鉄、バスなどの公共交通網が発達している都心部隣接地域では、交通の便がよい分永代使用料(土地代)も高くなり、墓地購入の総額は東京郊外部の3/4程度にまで近づきます。 価格的な観点から、都内に住みながら千葉での墓地購入を検討する人もあります。 お参りの便利さを優先するか、環境と価格を優先するか、が千葉での墓地選びのポイントとなりそうです。 現在、千葉市内の市営霊園で募集を行っているのは、千葉市営平和公園墓地のみとなっています。 夏頃募集が行なわれ、秋に抽選となるのが例年のスケジュールです。 応募にあたっては、千葉市の居住年数やご遺骨の有無などの条件がありますので、注意が必要です。 また、当選したとしても、区画の場所を自由に選べないなどの制約もありますので、詳細を確認してから応募しましょう。 その他の民営霊園は、緑豊かな自然あふれる東部の若葉区や緑区、都内から1時間以内でお参りできる花見川区や稲毛区に多く開設されています。 お墓は大切な家族の御霊がやすらかに眠れる場所でありたいもの。 民営霊園を検討する際には、今考えている予算やご自身の状況だけでなく、将来を見据えて「経営主体は明確か」「園内の清掃などの管理は行き届いているか」「宗教に制約があるか」「法要や法事への対応はできるか」「墓地周辺の環境が変わる心配はないか」「承継が途絶えたときの対応はどうか」など広い視点にたって見学しましょう。

次の

千葉市営 桜木霊園【墓地使用者】募集とお申し込み|美郷石材

千葉市 霊園

桜木霊園合葬墓(がっそうぼ) 使用者が定められた区画内を使用する従来の墓地(普通墓地・芝生墓地)とは異なり、墓地の承継の心配がなく、一つのお墓に多くのご遺骨を一緒に埋蔵する新しい形の墓地です。 ご遺骨は、建物内に設置した納骨棚に30年間安置後、ほかのご遺骨と一緒に合祀し、永年に埋蔵されます。 また、将来、自己のための埋蔵場所として利用したい方は、生前の申込みができます。 令和2年6月30日(火曜日)に区分D(75歳未満)及び区分Eの抽選会を行いました。 なお、区分A、区分B、区分C及び区分D(75歳以上)については「無抽選による当選」となります。 詳しくは、をご覧ください。 申込資格と募集数 市内に1年以上継続(区分Cは1年以内でも可)して居住しており、現在、本市営(桜木霊園、平和公園)の一般墓地の使用許可を受けていない方(合葬式墓地以外の墓地)。 また、下記の資格を満たすことが必要です(区分Cを除く)。 【焼骨をお持ちの方】 祭祀(さいし)を主宰する方が申込みできます。 また、分骨での申込みはできません。 申込区分 募集数 申込資格 A(1体分 焼骨1体分 120枠(120体) 申込者と焼骨との続柄は配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか。 B(2体分) (ア)焼骨2体分 (イ)焼骨1体分と申込者本人分 120枠(240体) (ア)申込者と焼骨との続柄が配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか。 (イ)申込者と焼骨との続柄が配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか。 本人分については、申込者本人が使用すること。 C(市営墓地返還) 20体 現在、本市営(桜木霊園、平和公園)の一般墓地の使用者であり、使用している墓地を返還すること。 【生前に申し込まれる方】 申込区分 募集数 申込資格 D(1体分) 75歳以上 40枠 (40体) 申込者本人が使用すること。 D(1体分) 75歳未満 100枠 (100体) 申込者本人が使用すること。 E(2体分) 120枠 (240体) 申込者本人が使用し、申込者と一緒に埋蔵される生前予約者(使用予定者)との続柄が配偶者、2親等内の血族、千葉市パートナーシップ宣誓をしている者のいずれか(申込者と一緒に埋蔵される方は、市外の方でも可)。 区分Dの75歳以上は、生年月日が昭和21年4月1日以前の者とする。 申込区分AまたはB(焼骨1体分+生前予約1体分を除く。 )の申込みの方で、配偶者及び2親等内の血族に存命者がいないなどの場合は、申込みのしおりをご参照のうえ、桜木霊園管理事務所にご相談ください。 (資格審査の際に、親族関係を証する戸籍等の提出が必要です。 ) 1体につき70,000円(施設の維持管理費を含む) 使用開始後の費用は不要です。 また、一度納めた使用料については、返還できません。 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、電子申請または郵送での申込みをお願いします。 電子申請で申込む 電子申請で申込むことができます。 下記のリンクからのページへ進むことができます。 お申込みの際には をご一読ください。 電子申請申込みページ スマートフォンの方は、下記QRコードから申込みしてください。 郵送または持参して申込む 申込みのしおりと一緒に配布している申込書に必要事項を記入し、桜木霊園管理事務所に郵送または直接持参して申込むことができます。 申込みのしおりは、5月7日(木曜日)桜木霊園管理事務所、生活衛生課、平和公園管理事務所、各区役所地域振興課で配布します。 郵送(持参)により申込みする場合は、申込みのしおりと一緒に配布する専用の申込書やハガキ等が必要となりますので、ご注意ください。 郵送先、持参先はをご覧ください。 申込みのしおり(申込書等一式)は、郵送でお取り寄せ可能です。 封筒の表に「合葬墓申込みのしおり希望」と朱書し、返信用封筒(角形2号、140円分の郵便切手を貼り、送付先の郵便番号、住所、氏名を明記したもの)を同封の上、桜木霊園管理事務所宛てに請求してください。 (申込期限に注意して請求してください。 ) 申込多数の場合は抽選を行います。 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、入場を制限します。 抽選会の立会を希望される方は、合葬墓使用申込書に記載の上、申込みしてください。 立会人決定者には、合葬墓受付票に印字の上、通知いたします。 日時:6月30日(火曜日)午前9時から 抽選会場:千葉市役所8階正庁 抽選結果は、当ホームページに掲載します。 また、7月下旬に申込者全員に通知します。 過去の抽選結果等 令和元年度(平成31年度) 平成30年度 平成29年度 当選された方は、申込資格の審査(当選結果通知書(はがき)到着後~8月17日(土曜日))が必要です。 なお、合葬墓の使用開始は11月上旬になります。 *詳しくは、をご確認ください。 先 千葉市桜木霊園管理事務所 〒264-0028 千葉市若葉区桜木1-38-1 電話043-231-0110.

次の