クロック タワー ゴースト ヘッド ネタバレ。 プロフィール2(通常ではわからない)ネタバレです

クロックタワーゴーストヘッド

クロック タワー ゴースト ヘッド ネタバレ

概要 [ ] 監督のホラー映画をモチーフにした古典ホラー的世界観がベースであった前作に対し、今作ではサイコホラー的な世界観が取り入れられ、平穏な日常が殺人鬼の出現によって一瞬にして非日常に変貌してしまう恐怖が描かれている。 グラフィックの3D化により、演出、音響面も大きく向上し、前作とは一味違う雰囲気を演出している。 ストーリー [ ] 「事件」が全土に一大センセーションを巻き起こしてから1年後のが舞台。 そんなある日、死んだはずのシザーマンが再びジェニファーの前に現れる。 15歳。 幼い頃に両親と離別しで育った長い黒髪の美少女。 クロックタワー事件の生還者。 友人を惨殺され自らも命を狙われたショックによるトラウマを患うが、現在はヘレン・マクスウェルの保護の元で落ち着きを取り戻している。 可憐で儚げな容姿とは裏腹に、精神的にはタフで逆境に強い。 機械や読書など頭を使う作業は苦手で、大量の本を見ると頭が痛くなるらしい。 30歳。 サミュエル・バートン研究室の助教授。 ゼミ参加がきっかけで才能を認められ研究室に入ったが、最近ではバートンのやり方を疑問視しており、対立している。 知的で凛とした美女。 オスロウィーク新聞社の三流記者。 クロックタワー事件に強い関心を持ち、ジェニファーに近付いたことで事件に巻き込まれてしまう。 精悍で甘さを湛えた顔立ちゆえに軽薄な印象を与えてしまうのは否めないが、記者としての洞察力に優れ、ジェニファーたちを積極的にサポートする。 実は妹をクロックタワー事件で亡くしており、事件の真相の公表を動機としてジェニファーに接近してきたことが小説版にて明らかにされた。 上記のこともあって根は真面目な性格だが、普段は主語が「ぼく」で軽薄な印象が強く、主語が「俺」になったり、度を越したホラー映画マニアぶりで取材に支障をきたすティムを「ホラーオタクのデブ」呼ばわりしたりと、少々粗雑な一面も描かれている。 クロックタワー事件担当の警部補。 事件発生当事警部が入院中だったため捜査を担当することになった。 よくジェニファーに警部と間違えられる。 経験至上主義者でなどは一切信じないが、そんな彼もまたシザーマンの恐怖に巻き込まれてしまう。 南オスロ大学犯罪心理学教授。 クロックタワー事件を引き起こした犯人に興味を持ちを行う。 ジェニファーとエドワードの治療も受け持っている。 学者としては優秀なものの、強引さもはらんだ研究手法については批判も多く、ジェニファーの催眠療法の件で弟子のヘレンと対立している。 ヘレン編において物語の核となる。 その他の人物 [ ] ハリス・チャップマン Harris Chapman 声 - 35歳。 研究助手。 優秀だが陰気で挙動不審であり、女性であるヘレンが助教授への昇進を先取りしてしまったこともあり、研究室では浮いた存在となっている。 ロリコン気質の持ち主でジェニファーに対して屈折した愛情を抱いている。 クロックタワー事件の現場から救出されたもう一人の生存者。 見る者に恐れを感じさせるほどの雪肌を持つ金髪碧眼の美少年。 発見時、事件を含むすべての記憶を失っており、身元不明のままグラニットに引き取られた。 「エドワード」はケイが与えた仮の名前。 ジェニファーと同じく、バートンの治療を受けている。 実は本作におけるシザーマンで事件の犯人。 正体は前作に登場したシザーマンこと「ボビィ・バロウズ」の双子の兄である「ダン・バロウズ」。 バロウズ家の信仰する邪教の神の使徒として生を受けた存在で、前作では「さなぎ」と呼ばれる巨大な胎児の姿で成長の途上にあったが、ジェニファーが転げ落とした灯油缶の爆発がもたらした熱により成長が促進され短期間で成体に成長した。 成体は極普通の人間と変わらない容姿であり、それを利用して生存者を装って屋敷を抜け出した後、ジェニファーに執着していたハリスとクロックタワー事件に強い関心を持っていたバートン教授を唆して操り、一連の事件を引き起こした。 ベス Beth 声 - 23歳。 ゼミ生。 仮眠室に自分用の枕を持ち込むなど子供っぽさを残し、事件にも面白半分で首を突っ込む。 ダニー Danny 25歳。 ゼミ生。 興味本位でバートンのゼミに参加する。 クラッシュしたを修復するなどパソコンに強い。 ローズ Rose 30歳。 フィエロ研究室の一員でヘレンの友人。 異性に軽率で仮眠室に恋人を連れ込むこともしばしばである。 ベイカー Baker 32歳。 フィエロ社会学研究室の一員でローズの恋人。 ジェニファー編には登場しない。 ティム Tim 27歳。 ノランの相棒にして抑え役のカメラマン。 太めの体型と赤い帽子が特徴。 小説版ではホラー映画マニアとして描かれており、ゲーム版とは逆にそのホラー映画マニアぶりでノランを辟易させている。 クロックタワー事件の現場となった時計塔屋敷に10年前まで執事として仕えていた、バロウズ家の秘密を知る数少ない人物。 引退後は何かから隠れるように暮らしていた。 のビクターをに飼っている。 サリバン Sullivan 声 - 72歳。 市立図書館館長でバートンの師の同僚。 者としても有名で、16歳のときに書いた論文『に見られる親族の基本構造』が人類学の教科書に掲載されている。 冒険好きでさばけた人物だが、ジェニファー曰く「話が長い」。 サンドラ Sandra 声 - 守友都 市立図書館の役員。 ケイ・サターホワイト Kay Satterwhite 声 - マヤ・ムーア 26歳。 グラニット孤児院の教師でエドワードの後見人。 ゲームシステム [ ] カーソルとクリックポイント 常に画面に表示されている矢印(カーソル)の移動とクリックの組み合わせによって、移動、アイテムの入手・使用、選択肢の決定などの全てのアクションを行う。 イベントの設定された場所はクリックポイントと呼ばれ、その上ではカーソルの形が変化する。 カーソルは色の変化で体力を表示するほか、激しい点滅によってキャラクターが状態に陥っていることを知らせる。 アイテムウインドウ 所持アイテムを表示するウィンドウ。 画面上部の黒帯の部分が表示領域となっており、カーソルをそこへ移動させることで入手アイテムが表示される。 アイテムをクリックするとアイテムのアイコンがカーソルの先端に付き、この状態で使用対象をクリックすることでアイテムが使用される。 表示中もゲームの進行は止まらず、シザーマン出現の不安を常にプレイヤーに与え続ける。 一部、入手してもアイテムウインドウに表示されず、特定の箇所をクリックした際に自動で使用されるアイテムもある。 シナリオ シザーマンに襲われた主人公が閉じ込められた建物からの脱出を図る、ゲームの主軸となるパート。 プロローグ・シナリオ1・シナリオ2・ラストシナリオの4部構成。 プロローグのみシザーマンは出現しない。 通常状態 シナリオ中、シザーマンが出現していない状態。 調査や脱出への立てはこの状態でしか行えない。 逃走状態 主人公がシザーマンに追跡されている状態。 クリックポイントが通常状態と異なり、何らかのイベントによってシザーマンを撃退、もしくは回避しない限り解除されない。 シザーマンの出現パターンは特定のイベントによる「イベント出現」、撃退後の時間経過による「ランダム出現」、特定の地点をクリックした時の「トラップ出現」、の三種類。 パニック状態 主人公が生命の危機にさらされている状態。 連打に失敗した場合は死亡する。 体力が最低値の場合は連打に関わらずゲームオーバーとなる。 メニュー画面に戻った後、コンテニューを選ぶと殺された地点に入室した直後の状態から再スタートとなる。 なお、階段等の段差がある場所でシザーマンに追い詰められた場合、連打の有無に関わらず殺されてしまう事がある。 また、本作ではクリックしても必ず殺されてしまう罠の回避ポイントや、回避の成功がランダムで決まる回避ポイントの他、カーソル点滅中に特定の手順を踏まないと回避できないトラップも数多く仕掛けられている。 スタッフはこのボタン連打による緊急回避を「 Renda Sezuniwa Irarenai(連打せずにはいられない)」の頭文字を取って RSIシステムと命名している。 オープニング状態 シナリオの冒頭部分。 日常と非日常の境目。 主に人物との会話を行ってフラグを立てる半自動進行で、シザーマンの出現をもって逃走状態に移行する。 通常状態と異なり、移動地点及びシザーマンの回避・撃退に有効なクリックポイントしか表示されなくなる。 プロローグとラストシナリオにはこの状態は存在しない。 インターミッション シナリオとシナリオの間に挿入されるパート。 オスロ市の俯瞰図から施設に入り、そこにいる人物と会話をすることで次のシナリオへのフラグを立てていく。 大学研究棟 南オスロ大学の研究棟。 サミュエル・バートン研究室がある。 1階には警備員が2人常駐している。 大学職員官舎 ヘレンとジェニファーが住む南オスロ大学の職員寮。 市立図書館 サリバンが館長を務める図書館。 シンボルの大時計は長い間動かされていない。 ノルウェー国際ホテル ケイとエドワードが滞在しているホテル。 オスロウィーク新聞社 ノランとティムが勤める新聞社。 警察署 ゴッツが勤務する警察署。 リックの家 オスロ郊外に位置する邸宅。 その後もプレイヤーの行動によって展開は変化し、それぞれA〜Eまで用意されたエンディングのいずれかを迎えることになる。 また、主人公以外の人物の生死もその多くがプレイヤーに委ねられている。 シナリオの分岐 [ ] プロローグにおけるプレイヤーの行動によって主人公がジェニファーもしくはヘレンに決定され、前者なら「ジェニファー編」、後者なら「ヘレン編」として以降の物語が進行する。 物語は双方で独立しており、謎解きの手順やシナリオの展開、各エンディングの内容などは異なる。 プロローグ 大学研究棟(サミュエル・バートン) 何としても事件の手がかりを得たいバートンはジェニファーに退行催眠を施す。 ヘレン編:仮眠室で休んでいたヘレンは何者かのノックの音に目を覚ます。 ヘレン編:ヘレンの依頼でリック宅を訪れたゴッツはイギリスにあるというバロウズ城の話を聞かされる。 市立図書館(ヘレン・マクスウェル) シザーマンの手がかりを得るために図書館の希覯本閲覧室を訪れたヘレンは歴史書にバロウズ城の記述を発見する。 ヘレンたちは急いでバロウズ城へと向かう。 キーワード [ ] これらは後述のノベライズ版にて明らかにされた設定である。 バロウズ家 15世紀初頭、バーシー家の従臣からとして起こったイングランドの。 との国境を5世紀に渡り統治していた。 1912年にイギリスからノルウェーへ移住。 セオドール・バロウズ バロウズ家初代城主。 百年戦争から帰還した後、極端に死を恐れるようになり邪教を崇拝するようになる。 死と恐怖を求める神にそれらを献上するという信仰の元、領地の子供を誘拐しては虐殺したため「人喰いバロウズ」と畏怖された。 バロウズ城 北部、に面した崖の上に立つ城。 15世紀半ば、当時この地方の領主だったセオドール・バロウズがから帰還した際に建造。 簡素で戦闘的であるにもかかわらず城壁や堀を持たない外観は、非物理的な力による防衛が図られていたことを示しているという。 偉大なる父 バロウズ家が信仰する宗教における神。 人々に死を与え、彼を崇拝する者には魂の不死を与えると言われる。 偉大なる父の息子 バロウズ家が信仰する宗教において、崇拝者に死と恐怖をもたらす存在。 「偉大なる父の使徒」とも。 神学におけるのような存在で巨大なハサミを持ち、扉を開いて降臨すると言われる。 彼らに肉体を滅ぼされることで崇拝者は魂の不死を獲得し、人々の恐怖を糧に永遠の時を生きるとされる。 バロウズ家の女の腹を通じて生まれ、生後10年をかけて「サナギ」と呼ばれる巨大な嬰児の姿に成長したのち、羽化して成体となるが、生殖機能はない。 「強力なを有し、その肉体は物理的衝撃の一切を無効化する。 また、成体は極普通の人間の姿だがそれは擬態に過ぎず、粘液に塗れた肉体と鋭い牙を備えた獣のような姿が正体である。 人間と異なる次元に潜む存在であり、生まれ出る時とは逆に「次元の扉」を通じて元いた次元に追放することで倒すことができる。 しかし異次元の存在ゆえに魂そのものを滅ぼすことはできず、いずれまた人の世に生れ落ちる時が来るとされている。 13代目クウェンティン・バロウズの代に、彼の手によって「偉大なる父の息子」の追放が果たされて以来、その後80年近くバロウズ家に異変が起きることはなかったものの、サイモン・バロウズの代になって再びシザーマンが生れ落ちることになる。 クェンティン・バロウズ バロウズ家13代目城主。 初代セオドールから4世紀に渡り続いてきた邪教信仰に反対した人物。 自らの代に生まれた偉大なる父の息子を滅ぼし邪教信仰を根絶しようと試みたが、邪教派により暗殺された。 邪教の使徒であるシザーマンを追放する手立てに関する秘密を城内に密かに残しており、シザーマン打倒を目指すジェニファーら一行にとって大きな手掛かりとなる。 グラニット孤児院 ジェニファーが育った孤児院。 ケイはジェニファーがバロウズ邸に引き取られた後にここに就任した。 時計塔屋敷 巨大なに由来するバロウズ邸の別名。 クロックタワー事件の事件現場となった。 付近の人々はこの鐘の音を合図に生活していた。 大きな城のリトルジョン バロウズ城の怪物をモチーフに周辺地域で歌われた童歌。 ラストシナリオで聞くことになる。 3番まであり、『』攻略本に歌詞が掲載されている。 スタッフ [ ]• ディレクター -• メインプログラマー - 樋口正樹• ビジュアルディレクター - 島崎洋一郎• サウンドディレクター - 高添香織• ミュージックコンポーザー - 新倉浩司 メディア展開 [ ] ラジオドラマ [ ] 番組『』でがオンエアされた。 リスナーの投票で放送されるシナリオが決まるというもので、同作品を収録したドラマCDには未放送分も完全収録されている。 予告で披露したヘレンの物真似の元ネタは、「1」は、「2」はである。 小説 [ ] が手がけたノベライズ版『クロックタワー2 アドベンチャーノベル』が、『ジェニファー編』と『ヘレン編』の2作発売された。 選択肢によって展開が分岐する方式でゲームの雰囲気を再現する試みがなされている。 ストーリーはゲームにほぼ忠実だが、ゲーム中では語られなかった多くの設定が明らかにされている。 ゲーム同様に両者ともにでシナリオの細部の展開や結末は独立したものになっている。 脚注 [ ].

次の

クロックタワーゴーストヘッド

クロック タワー ゴースト ヘッド ネタバレ

出典: クロックタワーは1995年にヒューマン・エンターテインメントからスーパーファミコン専用ソフトとしてリリースされたサバイバルホラーゲームである。 クロックタワーシリーズの第1作である。 孤児である主人公のジェニファー・シンプソンが同じく孤児である子供達と養育先となるバロウズ一家の元へ向かうところから物語は始まる。 ゲーム内の敵キャラクターである、シザーマンの登場とともに他の子供達が殺され始める。 ジェニファーはシザーマンの攻撃を避けながらバロウズの屋敷から脱出するべく方法を見つけ、いくつかあるゲームのエンディングを目指す。 クロックタワーはゲームシステムとして、ジェニファーに求めるアクションを画面上のカーソルで指示をするポイント・アンド・クリック方式を採用している。 クロックタワーのプロットや絵のスタイルはイタリアの映画監督ダリオ・アルジェントの作品にインスパイアされている。 クロックタワーのディレクター河野一二三はダリオ監督の映画を好んでおり、今作にも同じような雰囲気を出すのが目的だったと言われる。 ゲーム内の多くのキャラクターのグラフィックは実際の人間の写真をデジタル処理して使用されている。 ジェニファーのデザインはダリオ監督の作品「フェノミナ」の主人公ジェニファー・コルビノからとられている。 今作はリリース当初、爆発的なヒットとはならなかったが、まずまずの売り上げを見せた。 後に今作をアップデートした「クロックタワー 〜The First Fear〜」がプレイステーション、ワンダースワン及びウィンドウズ対応ソフトとしてリリースされた。 Wiiのバーチャルコンソールでも配信されている。 今作はファンが翻訳したものは存在するが公式には日本国外でリリースされていない。 当時のレビューでは謎解きや屋敷の徘徊がやや退屈であるとの意見もあった。 しかしながら、その特異な雰囲気は後に出るホラーゲームやサバイバルゲームの先駆的作品であると称賛されている。 あらすじ・ストーリー 孤児のジェニファー・シンプソンはノルウェーのロムスダールにある孤児院で暮らしていた。 ジェニファーは同じく孤児であるローラ、アン、ロッテと共に1995年9月に時計台がある屋敷、通称クロックタワーに住むサイモン・バロウズによって養育されることになった。 屋敷に着いた後、子供達を引率してきた女性であるメアリーはバロウズを探すため、子供達の元を離れる。 なかなか戻ってこなかったため、ジェニファーはメアリーを探すことに決める。 部屋を離れて少し経つと、ジェニファーは元いた部屋から悲鳴を聞いた。 元の部屋に戻ると電気が消え、他の子供たちは消えていた。 アンが無残な姿となって見つかった後、ジェニファーはシザーマンという大きなハサミを持った、子供のように体の小さい殺人鬼に追われていることに気がついた。 ジェニファーは屋敷の中を徘徊しつつ、メアリーが自分たちを屋敷に連れてきた本当の意図を探った。 そして自分たちを引き取るはずだったサイモン・バロウズが牢屋に囚われているのを発見する。 また、密室ではカバンとカルテとともに白骨死体を発見する。 カルテには、この人物は医者であり、屋敷へはある女性の出産の手術のために来たことが記されていた。 女性の名前はメアリー・バロウズ。 そしてメアリーはバケモノのような双子の子供を産んだことが記されている。 ここでシザーマンはメアリーの双子の息子のうちの1人だったことが判明する。 白骨死体のそばにあるカバンにはウォルター・シンプソンと書かれた名札があり、ジェニファーは白骨死体が父親であったことを知る。 父親は生まれて間もない双子に腕を食いちぎられ密室に閉じ込められたのだ。 監禁されているサイモン・バロウズはメアリーの夫で、化け物である双子の息子を葬りさろうとしたため、子供に情があるメアリーによって監禁されていた。 メアリーは二人の息子の殺しの欲求を満たすために孤児院から子供を連れて来たのであった。 その後、ジェニファーは「儀式の部屋」と呼ばれる場所を訪れる。 そこで屋敷の地下にある墓地への道を見つける。 地下にある道を進んでいくとロッテが死んでいるのを発見した。 彼女のためにも生き延びようと決心したジェニファーは更に奥へ進むとカーテンのかかった部屋を見つけた。 カーテンを開けると中にはメアリーの双子の息子のもう1人である巨大な人間、ダン・バロウズがいた。 ダンはジェニファーを高くそびえる崖まで追い詰める。 彼女は奇跡的にそれを乗り越え、油の入った缶を投げ落とし、ダンを焼き殺すことに成功する。 彼女は近くにあったエレベーターに乗り込み、時計塔がある3階へと向かった。 3階に着くと背後からシザーマンが現れた。 目の前には動きが止まった時計の心臓部がある。 シザーマンがギリギリまで迫ったところでジェニファーは機械をオンにした。 動き出した時計台の音にシザーマンは反応し、頭を押さえ苦しむような表情をしながら、時計塔の歯車まで落下していった。 先に向かうとローラが倒れていた。 ローラの元へ向かうと暗闇からメアリーが現れ、ジェニファーの首を絞めつける。 しかしながら間一髪のところでカラスの大群がメアリーを襲い、メアリーも時計台から落下した。 ジェニファーとローラは再会と生還を喜び、クロックタワーをあとにした。 Hランク ゲームが始まり友人とはぐれた後、シャワー室でローラの死体を見付ける。 その後車庫でエンジンキーを発見し、車で脱出する。 エンディングムービーではジェニファーが車のバックミラーを覗いた瞬間、大きなハサミが映り込み、後部座席にシザーマンが乗り込んでいることが示唆される。 ジェニファーの悲鳴とともに画面が暗くなる。 Gランク ゲームが始まり友人とはぐれた後、シャワー室でローラの死体を見付ける。 渡り廊下でアンの悲鳴を確認し、窓から突き落とされたのを目撃する。 その後車庫でエンジンキーを発見し、車で脱出する。 エンディングムービーでは何らかの事故によって脱出の3日後にジェニファーが遺体となって発見されたことが述べられる。 エンディング中では死因は明らかにされていないが、後にディレクターの河野は、このエンディングのジェニファーの死にはメアリーが関わっていると述べている。

次の

くもへび 「ゴーストヘッド 登場人物紹介」

クロック タワー ゴースト ヘッド ネタバレ

鎧武者を調べる、もしくは鷹野マサハルの死体を確認後、鎧武者を調べておかないと、最終ステージの研究所のあるエリアで強制BADエンドになってしまい、先に進めない仕様になっています。 何故ここになって今更鎧武者が関与してくるのか。 これについては明確な情報が提示されていないため、何とも言えないというのが現状です。 もしかしたら「危険を回避ばかりしてたら真相には辿り着かせないようにしたい。 出来る限り怖がらせたい」というスタッフの意地悪な仕様なのかも知れません。 ちなみに鎧武者の中には(死体を確認していないのであれば)鷹野家の長男、マサハル君が狂った千夏に怯えて隠れています。 しかし彼もまた千夏同様、黄金像の幻覚作用で狂人化しています。 それで彼の死体を確認する前に鎧武者を調べると、無言のまま襲い掛かってくるのですが…千夏と違って出現する箇所が決まっており(基本的に廊下のみ)、部屋の中まで執拗に追いかけては来ないので比較的怖くは無いかもしれません。 (でもドアを開けた途端に廊下で待ち構えていたァーーーッ、というビックリな演出もあるので中々侮ることはできません。 銃も効きませんが、簡単に逃げれるのでそこまで酷くは無いかな?).

次の