公認会計士 暗記。 【会計士】公認会計士試験の短答式試験を合格するためのコツ

暗記とか理解とか

公認会計士 暗記

こんにちは。 公認会計士講座 監査論の専任講師の齊藤です。 3月も終わりに差し掛かり,5月の短答式試験を受験する方にとっては,直前期になってきました。 これからの時期は, 暗記するための時間が増えてくると思います。 しかし,暗記しても忘れてしまって,なかなか点数が伸びないし,暗記に頼る勉強は楽しくないから,暗記は苦手。。。 という方も多いのではないでしょうか。 そのため,今回は,「短答式試験の直前期における暗記作業を行う際の心構え」と「暗記しなければならない論点を減らすために,自分が心掛けていたこと」を書いてみました。 そのため,短答式試験の直前期は,勉強をあまり楽しめなかったことを覚えています。 また,暗記に多くの時間を費やしても,自分が成長していると実感できなかったことも,直前期の勉強を楽しめなかった理由の一つでした。 しかし,そのような自分であっても,一緒に勉強していた先輩からの一言によって,直前期も学習量を落とさずに暗記作業を繰り返すことができました。 その一言とは, 「自分が成長しているか分からないくらいのレベルに達していることは幸せなことなんだよ。 合格者の多くが,その時間を過ごして合格を勝ち取っているんだから。 」 という言葉でした。 自分は,その言葉を信じ, 「公認会計士試験に合格するために必要な勉強(修行)だ!合格者の多くが同じ状況なんだ!」と自分に言い聞かせて,直前期の勉強をしていました。 しかし,今思い返してみても,会計士の受験勉強の中で短答式試験の直前期が一番辛かったな~と思っています。 特に,直前の2週間くらいは,早く試験を受けたいという気持ちでいっぱいだったと。 ですので,5月の短答式試験を受験する方にとっては,勉強をあまり楽しめない時期に入ってきてしまいますが,「公認会計士試験に合格するために必要な勉強(修行)だ!合格者の多くが同じ状況なんだ!」と自分に言い聞かせて,短答式試験の直前期を乗り切ってほしいと思っています。 それは, 「理解すること」と 「定着させること」です。 1 理解すること まず,自分は, 「各論点の前提となる基本的な考え方を納得するまで徹底的に考える」ことを何よりも重視していました。 このように,各論点の前提となる基本的な考え方から考えるようにしてからは,暗記する量が圧倒的に減ったような気がしています。 また,様々な規定について, 出来る限り 具体例を考えていました。 具体例を考えることによって,自分の理解の間違いに気付くこともありましたし,矛盾に気付くこともありました。 自分は,このような学習をして一番良かったと思う点は,各論点の前提となる基本的な考え方からしっかり理解できた論点が増えることによって, 自分が成長していることが実感でき,楽しく勉強ができたことです。 暗記嫌いな方にとっては,細かいところを暗記するよりも,各論点の前提となる基本的な考え方からしっかり考えるという勉強法の方がストレスを感じずに勉強することができると思います。 暗記嫌いな方は,このような勉強法を是非試してみてください。 2 定着させること 自分は,学習したことを,その日のうちに電車やお風呂の中で テキストを見ずに確認するという, 知識を整理する時間を取ることも大事にしていました。 そのような作業を行うことによって, 日々,学習した内容が頭に定着するようになり,直前期の暗記量は減ったと思っています。 このように,短答式試験の直前期における暗記作業を減らすために, 論点の理解に割ける時間が多い時期に,各論点をしっかり理解し定着させるように工夫して学習することをオススメします。 しかし,注意してほしいことは,当たり前ながら,いくら工夫をして学習したとしても, 暗記しなければならない論点がゼロになるわけではないということです。 どの科目であっても,暗記した方が効率的な論点もありますし,短答式試験の直前期は,どんな方でも暗記しなければならない修行の期間があります。 その点は注意しておいてください。 その合格者を見ていても,やはり理解のステップを踏んで,暗記の量を減らしてから暗記のステップに入っている方が多いと感じています。 しかし,最も大事なことは, 皆さんが「楽しく勉強する」ことです。 そのため,自分は,「理解して納得するよりも暗記する方が楽しい」という方は,早い段階から暗記を重点的に行ってもよいと思っています。 齊藤 慶三.

次の

企業法は公認会計士試験の鬼門!?僕がやった要約と使い回し勉強法!

公認会計士 暗記

どうも。 公認会計士の朝比奈です。 私は公認会計士試験に、大学在学中のときに一発合格しました。 会計士試験の最終関門たる論文式試験には、大学3年生の時に合格いたしました。 しかしながら論文式試験は、人によってはものすごくハードルの高い試験になっています。 そう、 5月の短答に合格した人のことですね。 5月短答合格の人は、8月の論文式試験まで 3ヶ月しか勉強する期間を取れないので、本番までめちゃくちゃタイトな勉強をこなさないといけないんですよね。 かくいう私も5月短答合格組だったので、3ヶ月という短い時間で論文の勉強を仕上げなければいけませんでした。 他の受験生は、短答が終わる前から租税法や経営学などの論文の勉強を始めている人もいるわけですが、私の場合は短答の勉強だけで手一杯で、短答前に論文の勉強をする余裕なんて一切ないわけで。 5月短答が終わってから論文の勉強を始めた時点で、本当に、全く論文の知識はゼロの状態でした。 しかしその状態からでも、3ヶ月間うまく勉強を進めることで、無事に論文式試験にも一発合格することができました。 というわけで、そのためにどんな勉強法をやっていくべきかってことを、これから論文の科目別にお話ししていきますね。 論文式試験の全体像 論文式試験は、その名の通りすべて記述式の問題になります。 問題の内容も、短答式試験のようなマークシートで答えれば済む話ではなく、用語やキーワードを正確に書かせたり、制度の定義を答えさせたり、一定の事例を出題し、それに対する見解を述べさせたりなど、専門家になるのにふさわしい知識を持っているかを試してきます。 また企業法に至っては、しっかりとした文章構成までも要求してきて、長文の論述を書かせるような問題が出題されます。 つまり論文式試験では、短答式試験のように与えられた文章の正誤を判断する能力があるだけでは不十分で、 自分の力で、ゼロから正しい解答を書き上げていく能力が必要になるのです。 このような論文式試験を、短期間の勉強で突破するためのポイントとして、以下の3つがあります。 暗記すべき箇所をターゲッティングすること• ターゲッティングした箇所の暗記を素早く終わらすこと• 書く量をできるだけ減らすこと 順番にお話ししてきますね。 暗記すべき箇所をターゲッティングすること ゼロから正しい解答を書き上げるためには、 解答を書き上げるための材料、すなわち専門用語や制度の趣旨など、事前にテキストやレジュメなどから暗記しておかなければなりません。 十分に暗記出来ていない状態で本試験に挑んだところで、中途半端な解答しか書けず、 爆死するだけです。 とはいえ、暗記という行為にはものすごく時間がかかります。 本番まで限られている時間の中で、テキストに書いてあること全てを丸暗記しようなんて、とてもじゃないですができません。 やりたい人はやってみてもいいですが、おそらくすぐに挫折することでしょう。 そこで、暗記すべき箇所を事前に絞っておく、すなわちターゲッティングしておいて、暗記する量を必要最小限にすることが必要になってきます。 ターゲッティングした箇所の暗記を素早く終わらすこと 暗記すべき箇所のターゲッティングができたら、後は絞った箇所の暗記だけにひたすら集中しましょう。 ターゲッティングした箇所にマーカー引いて、何度も繰り返し眺めたり、暗唱したり、場合によっては声に出して覚えるなどの工夫をして、とにかく素早くその箇所の暗記を終わらせることです。 論文試験の勉強は、暗記することだけではありません。 計算のメンテナンスもしないといけないし、租税法や経営学の勉強も、同時並行で進めていかなければならないのです。 答練を解いたりもしないといけませんからね。 そう考えると、暗記だけに時間をかけていてはいけません。 うまく工夫して、暗記にかける時間は最小限にしていきましょう。 書く量をできるだけ減らすこと 「書く」という勉強には、無駄に時間がかかります。 特に論文式試験の勉強でやってはいけないことが、 用語や定義などを書いて覚えようとすることです。 文章を書いている暇があったら、何度も繰り返し読んで覚える方が効率的な勉強です。 読むほうが早くできますからね。 答練もクソ真面目に丁寧に全部書こうなんて、そんな馬鹿な真似をしてはいけませんよ。 ただでさえ時間が足りないのに、解答で要求されているような長ったらしい文章を一から全部丁寧に書いてるなんて、そんな時間もったいなさ過ぎですからね。 答練の解答は、書くべき要素を箇条書きにして、簡単な解答構成をやってしまえばもうそれで十分です。 それなのに、無駄に全部書こうとしているから時間が足りなくなるんですよ。 さらに詳しい論文式試験の勉強法については以下の記事で説明していますので、こちらもあわせてご覧ください。 それでは、論文の科目別の勉強法について解説していきますね。 会計学の勉強法 会計学は、短答科目の財務会計論と管理会計論が一緒になった科目です。 とはいっても、論文式試験の当日、午前中に 会計学<1>として管理会計論の試験を受けて、午後に 会計学<2>として財務会計論の試験を受けるので、実質的には別の科目なんですけどね。 勉強する内容は計算と理論に分かれていますが、短答式の時とは違って、理論の配点の方が大きいです。 計算の対策としては、短答の時に使っていた問題集や答練を使って、定期的にメンテナンスする程度で十分でしょう。 理論の対策では、さっきお話ししたように、暗記すべき箇所をターゲッティングして、ターゲッティングした箇所を効率的に暗記できるよう工夫するのが大事です。 このとき、キーワードを意識して覚えるようにすると、早く暗記できます。 解答用紙として、ほぼ白紙の用紙が配られるのですが、その解答欄を全て埋めるくらいの勢いがなければ合格点は取れないでしょう。 他の論文科目では、多少文章がめちゃくちゃでも、キーワードを書いてさえいれば部分点をもらえる場合がありますが、企業法はしっかりと答案構成をして、ちゃんとした論述を書く必要があります。 問題集や答練の問題や解答例を見て、大体の出題パターンと、パターン別の答案構成ができるように、普段から訓練しておきましょう。 なお、条文や用語の定義などは、試験本番の時に配られる法令基準書に載っていることが多いので、普段の勉強のときに暗記しておく必要はありませんが、定義の趣旨などは基準集に載っていないので、きちんと暗記しておく必要があります。 また、普段から条文を引く練習もしておきましょう。 条文を何度も引いているうちに、必要な条文を探すスピードも早くなってきますのでね。 理論中心の問題に対応するには、普段からテキストに書いてあることを理解したり暗記しておけば事足ります。 しかし、実務中心の問題に対応するのは、結構難しいです。 実務経験のない受験生にとっては、少しハードルの高い問題が出題されるからです。 中々こなれた答案を書くのは難しいのですが、普段講義で聞いたことや、テキストに書いてあったことから想像力を働かせて、 「普通に考えて、多分こうだろうな」という解答が書ければそれで及第点でしょう。 というか、ちゃんとした答案が書ける受験生も少ないと思うので、まあ、そこまで神経質になる必要はありません。 そしてその中でも、法人税法の勉強が最も大きなウエイトを占めます。 予備校でも、租税法の講義は短答式試験の前から始まることが多いですし、そのペースに合わせて短答前から勉強を始めておくのが理想的ですが、短答の勉強だけで手一杯の場合は無理して租税法の勉強に手をつける必要はありません。 租税法の計算の勉強では、複雑な公式や小数点の処理など、非常に細かい部分の暗記が要求され、それらのことを覚えるだけでも一苦労です。 しかしその一方で、暗記してさえいれば解けるような問題が多く、慣れたら簡単です。 というわけで、租税法は努力すればするほど点数が返ってくる科目と言えます。 要は、 努力が報われやすい科目なんですよ。 また租税法には理論問題もあるのですが、まあ、ほぼ計算の勉強だけやってれば十分だと考えてもらえれば良いです。 何故なら理論問題への対応力は、計算の勉強をやっているうちに自然と身に付いていくからです。 理論の対策としては、普段答練を解く時や、過去問をチラッと眺めたときに、問題の出題形式や答案の書き方を見ておけば十分対応できるでしょう。 何にせよ、租税法の理論の勉強にはあまり時間をかけなくていいです。 そして私も、 経営学を選択するのをオススメしておきます。 なんといっても、科目のボリュームが少ないからです。 ボリュームが少ない=必要な勉強時間を減らすことができるわけですね。 経営学を選択しておけば、仮に5月の短答が終わってから勉強始めても、十分間に合うくらいです。 それほどボリュームが少ないのです。 他の選択科目だと、そうはいきません。 短答前からしっかりと勉強しておかないと間に合いません。 なんせ、ボリュームが多いですからねw というわけで、他の選択科目について、大学などで専門的に勉強していたとか、特別な理由がない限りは経営学を選択しておきましょう。 経営学は計算と理論に分かれるのですが、どちらも難易度は低いです。 計算はいくつか公式を暗記して、その公式を問題に当てはめて答えを出していくだけです。 理論も予備校で配られるうっすいテキストを一通り通読して、あとは問題集や答練でアウトプットしていけば良いです。 本気を出せば一週間ぐらいで合格レベルにまで持っていけるほどの軽い科目です。 癒やし科目ですね。 以上が論文式試験の勉強法でした。 5月短答に合格した人は特に、論文式試験までの期間がたった3ヶ月しかなくて、もしかしたら 「今年は論文の合格までは無理だろうな・・・」と思っている人がいるかもしれません。 しかしここで私は、そんな人に 「あきらめんな!」と喝を入れてやりたいところです。 私も実際、ほぼゼロの状態から3ヶ月で論文式試験に合格しましたからね。 うまく勉強を進めていくことができれば、論文の勉強期間が3ヶ月でも、十分に合格可能性はあります。 センスのない人は論文式試験の勉強を1年以上続けていても、2回も3回も落ちてたりするのですが、私に言わせれば 勉強のやり方下手くそ過ぎだろって感じです。 短答式試験とは違って3人に1人は合格できる試験なのですから、ここまで来たら、どうせなら一発で合格しましょうよ。 短答合格からの論文一発合格が一番きれいです。 より確実に論文式試験に合格したいって場合は、以下からうまい勉強のやり方を身に付けて下さい。 試験に 短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。 【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】 ・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは ・『正しい勉強法』の身につけ方 ・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき ・短期合格者たるマインドセットとは ・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由 ・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由 ・周りの受験生を見ていてはいけないという話 など この講座は会計士試験に 在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ 簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。 本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、 受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。

次の

【会計士】公認会計士試験の短答式試験を合格するためのコツ

公認会計士 暗記

こんにちは。 公認会計士講座 監査論の専任講師の齊藤です。 3月も終わりに差し掛かり,5月の短答式試験を受験する方にとっては,直前期になってきました。 これからの時期は, 暗記するための時間が増えてくると思います。 しかし,暗記しても忘れてしまって,なかなか点数が伸びないし,暗記に頼る勉強は楽しくないから,暗記は苦手。。。 という方も多いのではないでしょうか。 そのため,今回は,「短答式試験の直前期における暗記作業を行う際の心構え」と「暗記しなければならない論点を減らすために,自分が心掛けていたこと」を書いてみました。 そのため,短答式試験の直前期は,勉強をあまり楽しめなかったことを覚えています。 また,暗記に多くの時間を費やしても,自分が成長していると実感できなかったことも,直前期の勉強を楽しめなかった理由の一つでした。 しかし,そのような自分であっても,一緒に勉強していた先輩からの一言によって,直前期も学習量を落とさずに暗記作業を繰り返すことができました。 その一言とは, 「自分が成長しているか分からないくらいのレベルに達していることは幸せなことなんだよ。 合格者の多くが,その時間を過ごして合格を勝ち取っているんだから。 」 という言葉でした。 自分は,その言葉を信じ, 「公認会計士試験に合格するために必要な勉強(修行)だ!合格者の多くが同じ状況なんだ!」と自分に言い聞かせて,直前期の勉強をしていました。 しかし,今思い返してみても,会計士の受験勉強の中で短答式試験の直前期が一番辛かったな~と思っています。 特に,直前の2週間くらいは,早く試験を受けたいという気持ちでいっぱいだったと。 ですので,5月の短答式試験を受験する方にとっては,勉強をあまり楽しめない時期に入ってきてしまいますが,「公認会計士試験に合格するために必要な勉強(修行)だ!合格者の多くが同じ状況なんだ!」と自分に言い聞かせて,短答式試験の直前期を乗り切ってほしいと思っています。 それは, 「理解すること」と 「定着させること」です。 1 理解すること まず,自分は, 「各論点の前提となる基本的な考え方を納得するまで徹底的に考える」ことを何よりも重視していました。 このように,各論点の前提となる基本的な考え方から考えるようにしてからは,暗記する量が圧倒的に減ったような気がしています。 また,様々な規定について, 出来る限り 具体例を考えていました。 具体例を考えることによって,自分の理解の間違いに気付くこともありましたし,矛盾に気付くこともありました。 自分は,このような学習をして一番良かったと思う点は,各論点の前提となる基本的な考え方からしっかり理解できた論点が増えることによって, 自分が成長していることが実感でき,楽しく勉強ができたことです。 暗記嫌いな方にとっては,細かいところを暗記するよりも,各論点の前提となる基本的な考え方からしっかり考えるという勉強法の方がストレスを感じずに勉強することができると思います。 暗記嫌いな方は,このような勉強法を是非試してみてください。 2 定着させること 自分は,学習したことを,その日のうちに電車やお風呂の中で テキストを見ずに確認するという, 知識を整理する時間を取ることも大事にしていました。 そのような作業を行うことによって, 日々,学習した内容が頭に定着するようになり,直前期の暗記量は減ったと思っています。 このように,短答式試験の直前期における暗記作業を減らすために, 論点の理解に割ける時間が多い時期に,各論点をしっかり理解し定着させるように工夫して学習することをオススメします。 しかし,注意してほしいことは,当たり前ながら,いくら工夫をして学習したとしても, 暗記しなければならない論点がゼロになるわけではないということです。 どの科目であっても,暗記した方が効率的な論点もありますし,短答式試験の直前期は,どんな方でも暗記しなければならない修行の期間があります。 その点は注意しておいてください。 その合格者を見ていても,やはり理解のステップを踏んで,暗記の量を減らしてから暗記のステップに入っている方が多いと感じています。 しかし,最も大事なことは, 皆さんが「楽しく勉強する」ことです。 そのため,自分は,「理解して納得するよりも暗記する方が楽しい」という方は,早い段階から暗記を重点的に行ってもよいと思っています。 齊藤 慶三.

次の