予言 漫画 都市伝説。 【アインシュタインの都市伝説】天才が残した人類滅亡の予言とは!?

人気漫画が予言!?都市伝説

予言 漫画 都市伝説

大人気漫画「 ジョジョの奇妙な冒険」を皆さんはご存知でしょうか? 1986年に週刊『少年ジャンプ』に掲載され、その後『ウルトラジャンプ』へと引き継がれ現在に至る、 長編漫画です。 超能力「スタンド」を持った人々の戦いを描いた冒険漫画で、様々な媒体で映像化されてきました。 この作品を知っている人も多いのではないでしょうか? 実はこの漫画には多くの 都市伝説が絡んでいると言われています。 それは、どの様な内容の都市伝説なのでしょう? 今回はそれらついての検証をしていきたいとおもいます。 スポンサーリンク 9. 11を予言していた? 30年以上の歴史を持った「ジョジョの奇妙な冒険」。 その中でも最も人気があるのは 第3部「 スターダストクルセイダーズ」なのですが、これに絡んだある都市伝説が有名になっています。 この話の中で、黒幕から派遣された 未来を予知する能力を持った悪役「 ボインゴ」がでてきます。 彼の能力は 未来を予知する漫画を出現させ他の悪役に有利な情報を与えるというキャラクターなのですが、その内容があの「 同時多発テロ」を予言していたのではないか?と話題になっているのです。 問題のシーンがこちらです。 ボインゴは主人公たちと遭遇する前に脇役に自分の能力である「未来予知の漫画」をみせつけます。 そこにはのちに 死ぬキャラが「 9・11」という数字の書かれたシャツを着て「 10時半だ」というセリフを発するシーンがありました 覚えている人は多いと思いますが、「同時多発テロ」というのは別名「 9. 11」ともいわれています。 そして「10時半」という時間はなんと 9. 11が起きたアメリカの時刻とされているのです。 これだけでは、まだわかりませんが次のコマでは 衝撃的なシーンがうつります。 なんと電柱に刺さって死ぬと書かれています。 一部のマニアがこの電柱が 世界貿易センタービルにみえ、さらには 飛行機が左下にうつっていることなどから「9. 11」に類似しているのではないか?という噂が語られています。 さらによくみると、左上に三日月がありますが イスラムの証として三日月のイラストはよくつかわれることからこのシーンは9. 11を暗示していたのではないか?といわれております。 ちなみに本作は1989年~1992年に制作されたものです。 これはファンの間でもかなり有名な噂であるらしく、作者の荒木飛呂彦さん曰く「なんでこんなものを描いたのかわからない」と本人が 薄気味悪がっているそうです。 実際に起きた事件と似ている? もうひとつ有名な噂は、ジョジョ 4部「 ダイヤモンドは砕けない」という話に出てくる 小林玉美というキャラクターの行為が、日本で起きた史上最悪といわれる犯罪を行った主犯によく似ているという噂があります。 ずいぶん愛想がいいですが相手の罪悪感に対して 錠前を仕込みそれを利用しお金をだまし取ったり、洗脳する家を乗っ取ろうとするという 嫌なタイプの男です。 彼は主人公の一人である広瀬 康一にターゲットをしぼり、彼やその家族を おどして破滅させようとしますが失敗し敗北してからは広瀬の弟分となります。 と書けばよくあるキャラですが 実は彼とよく似た犯罪を起こした人間がいて、起こした事件が「 日本史上最悪の事件」ともいわれております。 さらに、なんと二人もいるようです。 それは1998年に起きた北九州市で起きた「 北九州監禁殺人事件」なのですが、主犯の松永太は金持ちの家庭や知人を狙いふとしたことから因縁をふっかけ、相手の 精神をコントロールし家族同士を監視させ財産を奪うと、用済みになったので 殺し合わせたという衝撃的な事件がありました。 さらにその後、2011年に「 尼崎事件」が起きます。 この主犯となった角田美代子容疑者は裏で暴力団とつながっていて、彼らからノウハウをもらいながら 20年以上も知人一家をターゲットにしてちょっとしたことからすぐにクレームを入れ家族同士を監禁し 殺し合わせた事件だといわれています。 と、書くとただの偶然の一致にみえますが実は作者の荒木飛呂彦は過去作「 魔少年ビーティー」で主人公の親友一家に 当たり屋行為を行い、そこから財産や家を脅し取り一家を乗っ取ろうとする悪役の「 そばかすの不気味少年」がでてきます。 ファンの間では 小林玉美や そばかすの不気味少年はこういった事件にそっくりだと話題になっています。 ちなみに「魔少年ビーティー」は1982年、「ダイヤモンドは砕けない」は1992-1995年に制作されたので実話をモデルにしたとは考えにくいです。 こういったことに関しては作者の荒木さんからのコメントはありません。 もしかしたらこういった事件が起きることも予言していたのか?あるいは過去に被害にあったのかもしれませんね? スポンサーリンク コーランをネタにして国際問題に!? 長い歴史があるジョジョですが、最も人気の高い「 スターダストクルセイダーズ」のアニメ版で、あのイスラムの経典である「 コーラン」をネタにしたのではないか?という都市伝説がありました。 もっとわかりやすくいうと本作最大の悪役である DIOがアラビア語で書かれた本を読みながら失敗した部下を脅すというシーンがあるのですが、そこで読まれている本こそ「 コーラン」なのではないか?という議論が日本国内外で問題になり一時、 国際問題になりかねない騒ぎでした。 ファンの中でも「あれはコーランじゃない」「コーランだ」という派で別れ問題になりました。 では、本当にコーランをネタにしていたのでしょうか? これが問題になったシーンです。 アラビア語なのかなんなのか少し理解できません。 ですが、さらに アップにするとこうなります。 これは間違いなく アラビア語でしょう、右ページの下には、こう書かれているそうです。 「 これらの信仰した者たちは,アッラーを唱念し、心の安らぎを得る。 アッラーを唱念することにより、心の安らぎが得られないはずがないのである。 」 つまり、最高神アラーは安らぎを与えるが、与えないこともある。 とのことです。 なるほど、確かにコーランをネタにしているのは間違いないようですね。 ですが、このシーンの前後では部下のホルホースがDIOの態度に怒り彼を 暗殺しようとするシーンがありました。 DIOはコーランをみせつけて「自分に従わないなら命はないぞ」と脅していたのです。 ちなみにこのシーンは原作ではこうなっています。 こっちの方だと、何を読んでいるかは 理解不能ですね。 これについては都市伝説というよりかなり事実に近いかもしれません。 作者は吸血鬼? ジョジョの作者である 荒木飛呂彦さん。 彼が 吸血鬼ではないか!?という都市伝説があります。 かつてジョジョでは吸血鬼がメインの敵だったこともあります。 まさか、本当に吸血鬼なのでしょうか? 作者である荒木飛呂彦さんが若いころからあまり顔が変わっていないということから、多くのファンがジョークのネタにしているというのが事実のようです では、本当に若いころから顔が変わっていないのでしょうか? これは変わっていませんね、ファンの多くはこの若いころから顔が変わっていない事をネタにして「 実は荒木先生はひょっとして不老不死の吸血鬼ではないのか?」とネット上で話しているようです。 これには裏があり、スポーツマンで健康に気を使っているという漫画家らしくない 健康法を心がけていると、その後のインタビューで明かしています。 そして、ジョジョ以外の連載をとらないことで 余計な労働をしないことも健康の秘訣として明かしています。 さらに午後10時に寝て、午前5時に起きるという 生活習慣を守っているそうです。 なるほど、睡眠と運動こそ健康の証なのですね。 でも、本当に吸血鬼かどうかはわかりません。 もしかしたらそうかもしれません・・・。 まとめ ジョジョに関する都市伝説の数々をまとめました。 色々な噂がある漫画ですが、そういった噂が出てくるのも 人気があるからであり、多くのファンが彼の漫画を愛しているからこそ勝手に都市伝説がでてくるのかもしれません。 また、その中には事実だったものがあるのでこういったところも含めてやはり 歴史に残る漫画だなと感心させられますね。 これからも面白い漫画をがんばって書いてほしいものです。 スポンサーリンク.

次の

【スカイツリーの都市伝説】塔の建設は江戸時代から予言されていた!?

予言 漫画 都市伝説

東京オリンピック中止は予言されていた?! 東京オリンピックの中止について予言されていた本や映画っていうのもたくさんありますが、話題になっているものをピックアップしていきます。 日本の漫画が東京オリンピック中止を予言していた都市伝説 この予言についてはもうたくさんの人が取り上げていますね。 そう漫画 「AKIRA」です。 話はネオ東京を舞台とした暴走族の話だそうですが。 もうここで意味わかりません笑 多分、読まないと理解できない世界でしょう。 ざっくり、ストーリーを紹介すると新型爆発を起こした東京湾に新しく都市を作ろうとするわけですが、漫画内でもちょうどおんなじ2020年に東京でオリンピックが開催されようとするわけですが、 この後に出てくる漫画の中の絵が予言といわれているんですが、すごいんです! まず、 オリンピックが中止されることが書いてある。 そして、 WHOが発表した伝染病のことも書いてあるんです。 この後で紹介するアニメもそうですが、漫画や映画などのフィクションが揃いも揃ってこんなこと書くのはなんかあったんですかね。 1000円くらいでこんなことを知れる、しかも漫画なのでどんどん読んじゃうのにすごいですよね そんな詳しく予言されていたAKIRAを見たい方はこちら ウイルスとパンデミックは予言されていた?! ウイルスとパンデミックの予言を描いていた映画と実話を紹介 洋画が東京オリンピック中止を予言していた都市伝説 最近、よく話題になっている映画ですね 「コンテイジョン」 僕も何回か見ている映画ですね。 ざっくり、紹介すると主人公の奥さんが香港に出張してアメリカに戻ってきたときに最初は体調を崩しただけと放置していたのですが、痙攣して亡くなってしまい、さらに息子もなくなる。 主人公は免疫があったのか、感染せずにいるのですが、同時に世界中でも同様の感染症が起こるわけです。 そこであるジャーナリストが「これは化学兵器だ」というわけですが、どこも取り合ってもらえず、政府機関も陰謀論を浮上させながら調査を進めていきWHOも独自に調査を進めるのです。 ネットでは様々な憶測が飛び交い買い占めや封鎖など様々なことが起きます。 強奪が町中で起こり、警察までも強奪にスーパーにいるのです。 コウモリが病気の発生源だと突き止めるとワクチンの開発に成功するのですが、数が足りず抽選でワクチンを受けるのです。 結局、誰が元々の感染者だったのでしょうか。 見てみると意外なところから始まっていたことがわかります。 ぜひ見てみてください。 コウモリが発生源とかすごい酷似してますよね。 強奪が起きないだけマシではありますね。 トランプの当選も予言されていた?! トランプの予言についてもたくさん予想されているのでご紹介していきます。 シンプソンズという都市伝説 これも有名な話ですよね。 アメリカで放映されているアニメ・シンプソンズについてです。 トランプの当選などを予想しているシーンがたくさん出てきます。 例えばこんなシーンがあります。 これは2000年のアニメで2015年のトランプを予言しています。 すごいですよね。 他のこともそうですけど、たくさんの予言があります。 シンプソンズとトランプ大統領で検索してみてください。 たくさんの未来を示唆した事柄を描いています。 そんな内容を説明してくれているのがこちら 引用: ものすごいのがまず トランプの息子と同姓同名の子が出てくる。 そして、 五番街出身というのがニューヨークの五番街にトランプタワーがある。 予想を大方覆して大統領になる。 120年も前に書かれたと思うと、鳥肌ものですね。 しかも名前まで一致するという 嘘だろ。。。 と思わせる内容がたくさんある。 英語の練習をしているのなら、購入して読み進めていくのも面白いかもしれない。 60ページというそんなに長くない小説なので読み易いと思う。 これから起こること from George これから起こることがもしかしたら載っているかもしれない作品を紹介しておこうと思います。 ジョン・F・ケネディの息子が出版した雑誌 前々から陰謀論者の間では有名だった雑誌の表紙と中身があります。 それがこちら。 奇妙な点がいくつかある。 まず、これが1997年に発行されていてどうやって未来を生きるかみたいなタイトルがついている。 緑の枠で囲まれているところには ビルゲイツとジョンFケネディがマードックとお金と世界の覇権のことについて話たと表紙にはあり、 さらに内容は 過密した星、噛み砕くともしかしたら人口が溢れかえった星とも捉えられるかもしれない星に肺炎ウイルスで攻撃すると書いている。 もう一個、 起訴日にヒラリーは逮捕されるとある。 ヒラリーはなにを疑われていましたか? メールの中にはなにがありましたか? ここまできたら大体、わかってくると思いますが当然まだ確証はないので何とも言えませんが、ありえなくはないストーリーですね。 ある日本人が書き上げた予言 岡本天明という人が自動書記現象というもので 日月神示という文書がある。 原文はほとんどが、独特の、そして、若干のの混じった文体で構成され、な絵のみで書記されている「巻」も有る。 終戦後の日本を予想していたり、そのあとの景気回復とバブルなのかリーマンショックなのか景気が落ち込むことも書いている。 なにせ解読方法が難しく、全てを解読できている訳ではないらしいです。 そんな解読が難しいのを簡単にしてくれているのがこちら 評価も高く、感動したと言っている人が結構います。 予言書でもあり、バイブルでもあるのかもしれません。

次の

未来を予言していた漫画5選【911・311・福島原発事故・新型コロナ・東京五輪】

予言 漫画 都市伝説

アインシュタインとは? アインシュタインを知らない人はいないでしょうが一応補足的に説明しておきましょう。 アインシュタインは本名「 アルベルト・アインシュタイン」で、1879年3月14日 ドイツ生まれの理論物理学者。 「 20世紀最高の物理学者」や「 現代物理学の父」 と評されており、それまでの物理学の認識を根元から変えるほどの偉業を達成している。 そんな彼はユダヤ人だったので第二次世界大戦ではアメリカに移住している。 そして彼は1955年に科学技術を平和的に利用する「 ラッセル=アインシュタイン宣言」に署名し同年に76歳の生涯を終えます。 ちなみにこの時 ドイツ語で言葉を残しているが、最後に傍にいた 看護師がドイツ語を理解できなかったので内容自体は不明になっています。 [スポンサーリンク] アインシュタインは原子爆弾の発明者ではない ここ管理人が勘違いして書いてしまっていました。 原子爆弾を開発する「マンハッタン計画」には一切関与していないです。 というのも、彼自身は戦時中は戦争を正当化する発言をしていましたが、それ以前は平和主義でした。 ですが、こういった 意見の変更が秘密を守れないと判断されたため、計画への参加は求められなかったんです。 その後は核兵器・戦争の廃絶を願う為,科学技術を平和利用のために利用する「ラッセル・アインシュタイン宣言」に署名しています。 恐らく彼が原子爆弾の発明と結びつけられた理由は• アインシュタインがエネルギーの関係式を発見• その式が核分裂反応の観測実験で実証された• アインシュタインが核爆弾開発をしていた• 彼は原子爆弾が利用されたのを知って後悔した• 核兵器の廃絶を願う「ラッセル・アインシュタイン宣言」に署名 ここから「 アインシュタインが原子爆弾を作ったんだ」となっていったんじゃないかなと思います。 [スポンサーリンク] アインシュタインが予言者という都市伝説 そんな天才アインシュタインは 実は予言者でもあった、という都市伝説があります。 といっても、普通に考えたらここまで天才な人ならなんとなくそういった未来になるかもしれないと想像は出来そうですけどね。 そんな彼の予言は主に四つあります。 蜂が消えると人類は滅亡する?• 舌出しの写真は人類滅亡の意味があった?• 世界政府を日本が担う?• 第四次世界大戦 それぞれ見ていきましょう。 [スポンサーリンク] アインシュタインの予言1:蜂が消えると人類は死ぬ 管理人的にはこれを都市伝説にしていいのかは不明ですが、非常に興味深い内容なので記しておきます。 アインシュタインは もし蜂が地球上からいなくなれば人間は4年以上は生きれない。 と言っています。 これには理由があり、「 蜂がいなくなると受粉が出来なくなるので植物がいなくなり、人間がいなくなるという」のが主な理由。 確かに蜂がいなくなり受粉がされなければ、確かに植物は死滅していきますがそんな直ぐに人類は消えるのでしょうか? 専門家ではないのでその点を憶測だけでは言えません。 実際に世界から蜂が消える事例が発生 この現象は「 蜂群崩壊症候群 CCD 」と名付けられていて、実際に各地で起きています。 アメリカは野生種のミツバチはほぼ存在しない• ヨーロッパ各地でミツバチが減少• 2010年代には日本でもミツバチが減少する こういった現象は 72歳の時の写真 そしてアインシュタインと言えばあの舌をだしている写真ですね。 実はあの写真にもあるメッセージが隠されている。 それは 人間は愚かな生き物というメッセージです。 それはどうしてなのか? 人類滅亡の鍵は「反重力装置」? 人間は100年周期で歴史的な発明をしてきました。 今世紀中に可能かどうかはおいといて21世紀には「 反重力装置」が発明されると予想されています。 この装置は 世の中のものすべてが浮くという、人類にとっては夢のような技術でもあり、反重力装置単体ならおそらく問題ありません。 しかしながら二つの反重力装置を同時にくっつけて離すとどうなるかという話です。 反重力装置の理論からすると話は簡単で、 ビックバンが起きる とのこと。 もし、ビックバンが起きると四次元空間が誕生してもう一つの宇宙が誕生。 そして、人類がもう一つの宇宙で過ごすことになり、今の 地球は完全に無人の星になる。 つまり、理論物理学者の天才のアインシュタインにはこの未来が見えていたんです。 「 人間は愚かな生き物ですね」という意味を込めて舌を出しているんです。 「ビックバン=超新星爆発」で地球は消える? だが管理人は思うんですがビックバンが起きる時、超新星爆発が起きるのではありませんでしたっけ? そうなると地球自身消えてしまいますので、人類は滅んでしまいます。 どのみち人類にとっては最悪な結末でしょうね。 ですが、人類を滅ぼす可能性が最も高い 核爆弾などを発明したのは人間自身です。 アインシュタインが「人間は愚かですね・・・・」と、人類に向けてのメッセージなのかもしれませんね。 アインシュタインの予言3: 世界政府の発足と日本の台頭 これはかなり否定されていますが、都市伝説としてあります。 ちょっと長いので要点だけ伝えておきます。 アインシュタインが「 世界政府が発足されると、日本がその盟主を担うだろう」と発言したと言われていました。 ですが、この発言が行われた確かな証拠はありません。 ドイツ文学研究者曰く、 第三次世界大戦については分かりません。 ですが、第四次世界大戦ならわかります。 石と棍棒でしょう。 これの真意は、全面核戦争などで文明が崩壊するのは避けられません。 その後、どのような世界的な戦争を起こしても、武器は「石と棍棒」ぐらいしかないという・・・・・。 第三次世界大戦で核が大量に使ったらこうなるぞ、というアインシュタインなりの「 警告」と捉えることが出来ます。 [スポンサーリンク] まとめ: アインシュタインの都市伝説 アインシュタインは天才なので、もしかしたらこういったものは容易に想像できたんでしょう。 それも考えると、やはり アインシュタインは本当の意味で天才なのかもしれませんね。 信ぴょう性が都市伝説なのでお察しかもしれませんが、もし事実ならアインシュタインは本当の予言者と言えるのかもしれませんね。 というわけで今回のまとめ.

次の